沿線おでかけ情報

京都ツウのススメ

第百二十一回 京の石仏

石に刻まれた
庶民の願い
京都では、古くから石仏が彫られてきました。
今も広く信仰される石仏をらくたびの田中昭美さんが紹介します。

基礎知識

其の一、

境内や道端にまつられている石の仏像を石仏と言います

其の二、

京都には石仏が多く残り、古くは鎌倉時代のものもあります

其の三、

僧侶や仏師だけでなく、庶民によっ ても彫られました

京都は石仏の宝庫

石仏とは石に刻まれた仏像のこと。日本では古くから自然のものに神が宿るという考えがあり、石そのものをまつる風習がありました。仏教の伝来後、石仏を彫ることは僧侶の修行のひとつでしたが、江戸時代には庶民にも広がり、道端にも石仏が置かれるようになります。京都には石の阿弥陀如来像や地蔵菩薩像など多くの石仏が見られ、その数は数万体にも及ぶと言われています。

庶民の厚い信仰が受け継がれてきた証

国内にある石仏の多くは江戸時代以降に作られたものですが、日本仏教の聖地とも言える比叡山のふもとにある京都には、鎌倉時代に作られたとされるものも残されています。そのほとんどが白川石と呼ばれる軟らかい花か崗こう岩がんに彫られているため、風化しているものも多く、現在残っている石仏は文化財としても大変貴重です。今も人々に慕われている石仏からは、脈々と受け継がれてきた庶民の信仰心が感じられます。

京都で見る襖絵

京都では、寺院の境内をはじめ、町のあちこちに石の仏像を見ることができます。
その多くは、庶民の信仰心で守り続けられてきました。

1

真言宗の開祖・空海の作と伝わる

石像寺(しゃくぞうじ)の釘抜き地蔵

上京区

石像寺の釘抜き地蔵

苦しみを抜き取るという意味から「苦抜き地蔵」と呼ばれていた地蔵菩薩。江戸時代、京都のある豪商の両手が突然痛み出し、この地蔵を参拝しました。すると夢の中に地蔵菩薩が現れ『その痛みは前世で人を恨み、人形の手に八寸釘を打ち呪ったためだ』と告げ、その釘を抜きました。すると目覚めた時には痛みは消えていたそうです。このことから、苦抜きが転じて「釘抜き」となりました。

小町がまいたカヤの実から芽を出したと伝わるカヤの木

ここがツウ

願いが成就したら2本の八寸釘と釘抜きを貼り付けた絵馬を奉納するのが習わしです

1

説話のワンシーンを立体に

清凉寺の弥勒(みろく)宝塔石仏

右京区

清凉寺の弥勒宝塔石仏

高さ約2mの石の西側に弥勒如来、東側に宝塔が彫られています。塔身には釈迦如来と多宝如来の姿も見られます。これは釈迦が霊鷲山(りょうじゅせん)で説法をしていた時の逸話を表したもの。地面から宝塔が 湧き出し、中から現れた多宝如来が釈迦の説法を讃えて塔内に招き入れて談笑したと伝えられています。

ここがツウ

片方の面に石仏、もう片方に仏塔というスタイルの石仏は大変珍しいものです。京都では大徳寺境内でも見ることができます

3

庶民の信仰心が生んだ

清水寺の石仏群

東山区

清水寺の石仏群

清水寺の本堂手前に並ぶ石仏群。一部はもともと京都の町のあちこちにまつられていたもので、明治時代初頭の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)の際に、石仏を守ろうとした庶民の手によってこの地に集められたと言います。多くは室町時代から江戸時代に作られたもの。 今も色とりどりの前掛けが付けられた石仏からは、人々の仏を思う気持ちが伝わってきます。

1

商人の願いを受けて

西岸寺(さいがんじ)の油懸地蔵(あぶらかけじぞう)

伏見区

西岸寺の油懸地蔵※油をかけての参拝は金曜の13時~15時のみ

西岸寺の地蔵菩薩は油懸地蔵と呼ばれています。昔、山崎の油商人がお寺の門前で転んで油をこぼしてしまった際、残った油を地蔵に掛けて帰りました。その後、商売は大繁盛し、商人は大金持ちに。この言い伝えにあやかろうと、多くの人が油を掛けて参拝するようになりました。

ここがツウ

この言い伝えは江戸時代に発行された書物に記されています。長い間、人々が掛けてきた油は、現在2cm以上の厚さになっています

5

元豊臣家家臣の悲願から生まれた

広沢池の千手観音

右京区

広沢池の千手観音

1641(寛永18)年に、かつて豊臣家の家臣であった豪商・樋口平太夫(ひょうたゆう)の発願で刻まれました。仁和寺近くの蓮華寺から移されたもので、大坂の陣で亡くなった仲間の菩提を弔うための千手観音像だと言われます。通常42本ある手は28本。堅い石に丹精込めて彫った様子が目に浮かぶようです。

制作:2018年5月
バックナンバー
第百二十一回 京の石仏
第百二十回 京の襖絵(ふすまえ)
第百十九回 生き物由来の地名
第百十八回 京都の路面電車
第百十七回 神様への願いを込めて奉納
第百十六回 京の歴食
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ