沿線おでかけ情報

京都ツウのススメ

第百六十一回 京と虎、寅

京都ゆかりの虎たち今年の干支は寅です。京都ゆかりのある様々な虎についてらくたびの田中昭美さんが解説します。

基礎知識

其の一、

平安京の東西南北を守護した四神のひとつが西の方を守った白虎(びゃっこ)です

其の二、

毘沙門天をまつる鞍馬寺などでは、狛虎(こまとら)を見ることができます

其の三、

元離宮二条城の襖(ふすま)絵には、将軍家の権力を示す虎が描かれています

平安京を西から守護した白虎

2022年の干支は寅です。京都に縁のある虎と言えば、平安京の東西南北を守護した四神のひとつ・白虎が挙げられます。古代中国で発展した風水では、空想上の動物である四神に守られた土地が都にふわしいと考えられていて、白虎は都の西方を守りました。その名を冠した建物・白虎楼があるのが、平安京遷都1100年を機に創建された岡崎の平安神宮です。境内では、手水舎や神苑の池にも白虎の名を見ることができます。

珍しい狛虎が鎮座している寺も

虎は毘沙門天の使いで、その足の速さを生かし、毘沙門天の代わりとなり民衆の願いを聞いて回ったと伝えられます。このように虎は毘沙門天と関わりが深いことから、毘沙門天を本尊としてまつる鞍馬寺などでは、狛虎を見ることができます。また、京都御所の守護と将軍上洛の際の宿として築城された元離宮二条城の来訪者の控えの間には、虎が描かれた襖絵があります。将軍家の威厳を虎で表現したものと言われています。

平安京の西の方角を守った「白虎」

平安京の西の方角を守った「白虎」

空想上の動物・四神のひとつ

風水により、四神に守られた土地とされた京都。平安京における四神はそれぞれ川・道・池・山に相当するとされ、白虎が守護する西には大きな道があると良いとされました。

平安神宮にも白虎が

平安京への遷都1100年を記念して創建された平安神宮。境内には、都にあった朝堂院(大内裏の政庁)の様式を模して造営された建物・白虎楼があります。また境内西側の手水舎では白虎の像が迫力ある表情を見せています。

ここがツウ

京の四方と中央を守護する5つの社をお参りする「京都五社めぐり」。東の八坂神社、西の松尾大社、北の上賀茂神社、南の城南宮、そして平安神宮を詣でます。平安京の西の守り神である松尾大社(西京区)には、白虎のおみくじがあります

松尾大社の
白虎のおみくじ

平安神宮の手水舎の白虎

仏教と虎 仏教と虎

虎は毘沙門天の使い

勝利の神や福徳の神である毘沙門天の使いは虎。
また、毘沙門天がこの世に現れたのは寅の年、寅の日、寅の刻などの言い伝えがあります。

鞍馬寺(左京区)

奈良時代末期、鑑禎(がんちょう)上人が、正月四日の寅の夜に見た夢のお告げと白馬の導きにより鞍馬山に登山。鬼女に襲われたところを毘沙門天に助けられたことから毘沙門天を安置する草庵を作ったのが、鞍馬寺のはじまりです。

両足院(東山区)

建仁寺の塔頭寺院・両足院には毘沙門天堂があります。本尊の毘沙門天は元は鞍馬寺の毘沙門天の胎内仏だったと言われています。境内には阿吽(あうん)の狛虎があり、虎みくじの授与もあります。

両足院 毘沙門天堂の狛虎(上)と虎みくじ(右)

ここがツウ

毘沙門堂(山科区)の本尊の毘沙門天は、天台宗を開いた最澄の作で、寅の日には縁日が行われます。2022年最初の寅の日は1月1日。3日まで初寅参りが行われ、虎に乗った毘沙門天が描かれた絵馬や張り子の虎が付いた福笹が授与されます

虎を見る 虎を見る

強面も、愛嬌たっぷりも

虎は権力の象徴として絵画のモチーフにもなりました。
また、豊臣秀吉にまつわるエピソードを持つ虎の絵もあります。

『虎の間』元離宮二条城 二の丸御殿 遠侍

二の丸御殿最大の建物である遠侍は、来訪者の控えの間。一の間から三の間は「虎の間」とも呼ばれ襖絵に虎や豹(当時は雌の虎だと思われていました)が描かれています。猛獣の虎を描くことで、将軍家の権力を示したのです。

世界遺産二条城の早春

「国宝・二の丸御殿〈遠侍〉一の間(虎の間) 特別入室」
会期:1/24(月)まで
会場:元離宮二条城

〈遠侍〉一の間 障壁画
【竹林群虎図】(部分)

『竹虎図』 尾形光琳筆 | 京都国立博物館 

江戸時代の終わり頃まで、多くの日本人にとって虎は絵や物語の中でのみ触れられるものでした。江戸時代中期の画家・尾形光琳が描いた虎は、愛嬌たっぷりに表現されています。

新春特集展示 「寅づくし ─ 干支を愛でる ─」

会期:1/2(日)~2/13(日)
会場:京都国立博物館

ここがツウ

「なきとら」の通称を持つ報恩寺(上京区)には、寺宝の虎の絵「鳴虎図」があります。豊臣秀吉は、中国の画人が描いたこの絵を気に入り持ち帰りましたが、絵の中の虎が夜ごと吠えたため、寺に返したと言われています。「鳴虎図」は寅年の1月1日~3日のほか、2022年は1月8日(土)〜3月18日(金)に「京の冬の旅」でも公開されます
※1/17(月)からは複製を展示

寅の年や寅の日ってなに? 寅の年や寅の日ってなに?

古代中国では、1月から12月を十二支にあてはめて数え、次第に寅の年や寅の日、寅の刻のように年や日、時刻も十二支で数えました。やがて、漢字が読めない人も理解できるように、十二支それぞれに動物をあてはめるようになったと言われます。

制作:2022年1月
バックナンバー
第百七十一回 京都の通称寺
第百七十回 京都とキリスト教
第百六十九回 京都の札所(ふだしょ)巡り
第百六十八回 お精霊(しょらい)さんのお供え
第百六十七回 京の城下町 伏見
第百六十六回 京の竹
第百六十五回 子供の行事・儀式
第百六十四回 文豪と京の味
第百六十三回 普茶(ふちゃ)料理
第百六十二回 京都のフォークソング
第百六十一回 京と虎、寅
第百六十回 御火焚祭
第百五十九回 鴨川の橋
第百五十八回 陰陽師(おんみょうじ)
第百五十七回 京都とスポーツ
第百五十六回 貴族の別荘地・伏見
第百五十五回 京都の喫茶店
第百五十四回 京の刃物
第百五十三回 京都の南蛮菓子
第百五十二回 京の社家(しゃけ)
第百五十一回 京都にゆかりのある言葉
第百五十回 京のお雑煮
第百四十九回 京の牛肉文化
第百四十八回 京の雲龍図(うんりゅうず)
第百四十七回 明治の京都画壇
第百四十六回 京の名所図会(めいしょずえ)
第百四十五回 ヴォーリズ建築
第百四十四回 島原の太夫(たゆう)
第百四十三回 京の人形
第百四十二回 京の社寺と動物
第百四十一回 鳥居(とりい)
第百四十回 冬の食べ物
第百三十九回 能・狂言と京都
第百三十八回 京都と様々な物の供養
第百三十六回 京都とビール
第百三十五回 京都と鬼門(きもん)
第百三十四回 精進料理
第百三十三回 明治時代の京の町
第百三十二回 皇室ゆかりの建物
第百三十一回 京の調味料
第百三十回 高瀬川
第百二十九回 蹴鞠
第百二十八回 歌舞伎
第百二十七回 京都に残るお屋敷
第百二十六回 京の仏像 [スペシャル版]
第百二十五回 京の学校
第百二十四回 京の六地蔵めぐり
第百二十三回 京の七不思議<通り編>
第百二十二回 京都とフランス
第百二十一回 京の石仏
第百二十回 京の襖絵(ふすまえ)
第百十九回 生き物由来の地名
第百十八回 京都の路面電車
第百十七回 神様への願いを込めて奉納
第百十六回 京の歴食
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • 京阪沿線って?
  • K PRESSプレゼント
  • 京阪沿線ぶらり芸術(アート)めぐり
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪電車おでかけ情報 LINE
  • 京阪電車ファン情報 LINE
  • 京阪電車公式YouTube
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ