沿線おでかけ情報

京都ツウのススメ

第百五十七回 京都とスポーツ

京都にゆかりのあるスポーツ雅やかで静かなイメージのある京都ですが、 意外にもスポーツも盛んに行われてきました。
今回は、らくたびの谷口真由美さんと一緒に、 京都と深い関わりがあるスポーツを見ていきましょう。

基礎知識

其の一、

軟式野球に使われるボールは、京都の文具商が考案しました

其の二、

日本で初めて行われた駅伝のスタート地は京都でした

其の三、

京都にはスポーツに欠かせない必勝祈願の神社が多くあります

軟式野球のボールは京都生まれ

ゴム製のボールを使用する軟式野球は、京都で生まれ、全国へと広がったスポーツです。京都の文具商が子供たちのためにやわらかいボールを考案したことがきっかけで、1919(大正8)年には初の軟式少年野球大会が京都で開催されました。また、1917(大正6)年には日本初の駅伝「東海道駅伝徒歩競走」が行われました。この大会は東京遷都(せんと)と50周年を記念して開催された博覧会の協賛事業で、スタート地点は京都の三条大橋でした。

多くの人が必勝祈願に訪れる勝運の神も

バスケットボールは、アメリカから日本にもたらされました。同国に留学経験のあった旧制京都一中(現・洛北高校)の英語教師によって日本初のバスケットボールチームが結成されたことから、日本でのバスケットボール競技の始まりは京都だとも言われています。また、京都にはスポーツに欠かせない勝運の神をまつる神社も多くあり、選手やチームが必勝祈願に訪れることも。今回は、京都にゆかりのあるスポーツをご紹介します。

京都に関わりのあるスポーツ

京都に関わりのあるスポーツ

軟式野球をはじめ、京都にゆかりの深いものを紹介します。

軟式野球― 子供たちのために京都で生まれた軟球

明治時代にアメリカから伝えられた野球。大正時代には日本でも人気スポーツとして定着し、子供たちも軟式テニスのボールを代用するなどして、野球遊びを楽しんでいました。そんな中、京都では子供が安全に野球を楽しめるようにと「京都少年野球研究会」が発足。メンバーのひとりで、文具商を営んでいた鈴鹿栄(すずかさかえ)がゴムボールに靴底を張り付けて、手が滑りにくいボールを試作。これを改良して軟球が完成しました。

最初の軟式野球大会が行われた京都第二高等小学校跡(下京区)に立つ「軟式野球発祥の地」の記念像最初の軟式野球大会が行われた京都第二高等小学校跡(下京区)に立つ「軟式野球発祥の地」の記念像

ここがツウ

鈴鹿が考案したボールは、1919(大正8)年に子供用が製品化。同年夏には京都第二高等小学校(後の元・成徳中学校)の校庭で、軟球を用いた日本初の少年軟式野球大会が開かれました

駅伝― 初めての駅伝は京都からスタート

1917(大正6)年に行われた「東海道駅伝徒歩競走」が日本で初めての駅伝で、そのスタート地点は京都・三条大橋。東京・上野の不忍池(しのばずのいけ)までの約500kmを23区間に分け、関東組・関西組の2チームで争いました。3日間かけて行われたレースは、関東組が勝利しました。

三条大橋東詰の記念碑。背後の「駅伝発祥百年記念」の碑は最初の駅伝から100年後の2017年に建立三条大橋東詰の記念碑。背後の「駅伝発祥百年記念」の碑は最初の駅伝から100年後の2017年に建立

ここがツウ

「東海道駅伝徒歩競走」のスタート地点に三条大橋が選ばれたのは、東京遷都の際に天皇が行幸した道筋をたどり、走破しようとしたからだと言われています

バスケットボール― 日本初のバスケットボールチームを結成

バスケットボールは、キリスト教の理念に沿って教育・スポーツ事業などを展開するアメリカのYMCAによって日本に紹介されました。各地に普及する中で、旧制京都一中の英語教師・佐藤金一が京都YMCAで日本初のチームを結成しました。

京都YMCA三条本館(中京区) の敷地に立つ記念モニュメント京都YMCA三条本館(中京区) の敷地に立つ記念モニュメント

関西ラグビー― 親戚間で伝えられたラグビー

日本にラグビーが伝えられたのは1899(明治33)年。イギリス人・E.B.クラークが慶應義塾大学で指導したことに始まります。慶應義塾大学チームの真島進が、京都に下宿していた親戚の旧制三高(現・京都大学)生・堀江卯吉らを訪ね、下鴨神社境内の糺の森で一緒に練習したのがきっかけで、1910(明治43)年、三高にラグビー部が誕生しました。

糺の森にある雑太社のさい銭箱はラグビーボールの形糺の森にある雑太社のさい銭箱はラグビーボールの形

ここがツウ

下鴨神社の摂社・雑太社(さわたしゃ)には「第一蹴の地」の碑があり、2019年のラグビーW杯の組み合わせ抽選会が京都で行われた際、各国の代表がこの地を訪れました

スポーツに関わるご利益が得られる京都の神社

スポーツに関わるご利益が得られる京都の神社

スポーツをする前には訪れたい!
京都には勝運や技術上達のご利益がある神社が多くあります。

八大神社(左京区)

江戸時代に活躍した剣術家・宮本武蔵が1604(慶長9)年、京都の兵法家・吉岡一門と決闘する前に参詣したと伝えられ、武蔵の勝利にあやかって必勝祈願に多くの人が訪れます。

八大神社

白峯神宮(上京区)

蹴鞠の宗家・飛鳥井(あすかい)家の邸宅跡に立つ神社で、鞠の神である「精(せい)大明神」をまつります。サッカーや野球をはじめとする球技の上達や勝利を願う人が足を運びます。

白峯神宮

藤森神社(伏見区)

菖蒲(しょうぶ)の節句の発祥として知られる神社。菖蒲が「勝負」に通じることから勝運の神として有名で、例年5月に行われる藤森祭の際に奉納される駈馬(かけうま)神事にちなみ、馬主や騎手・競馬ファンの参拝も多くみられます。

藤森神社

制作:2021年8月
バックナンバー
第百七十一回 京都の通称寺
第百七十回 京都とキリスト教
第百六十九回 京都の札所(ふだしょ)巡り
第百六十八回 お精霊(しょらい)さんのお供え
第百六十七回 京の城下町 伏見
第百六十六回 京の竹
第百六十五回 子供の行事・儀式
第百六十四回 文豪と京の味
第百六十三回 普茶(ふちゃ)料理
第百六十二回 京都のフォークソング
第百六十一回 京と虎、寅
第百六十回 御火焚祭
第百五十九回 鴨川の橋
第百五十八回 陰陽師(おんみょうじ)
第百五十七回 京都とスポーツ
第百五十六回 貴族の別荘地・伏見
第百五十五回 京都の喫茶店
第百五十四回 京の刃物
第百五十三回 京都の南蛮菓子
第百五十二回 京の社家(しゃけ)
第百五十一回 京都にゆかりのある言葉
第百五十回 京のお雑煮
第百四十九回 京の牛肉文化
第百四十八回 京の雲龍図(うんりゅうず)
第百四十七回 明治の京都画壇
第百四十六回 京の名所図会(めいしょずえ)
第百四十五回 ヴォーリズ建築
第百四十四回 島原の太夫(たゆう)
第百四十三回 京の人形
第百四十二回 京の社寺と動物
第百四十一回 鳥居(とりい)
第百四十回 冬の食べ物
第百三十九回 能・狂言と京都
第百三十八回 京都と様々な物の供養
第百三十六回 京都とビール
第百三十五回 京都と鬼門(きもん)
第百三十四回 精進料理
第百三十三回 明治時代の京の町
第百三十二回 皇室ゆかりの建物
第百三十一回 京の調味料
第百三十回 高瀬川
第百二十九回 蹴鞠
第百二十八回 歌舞伎
第百二十七回 京都に残るお屋敷
第百二十六回 京の仏像 [スペシャル版]
第百二十五回 京の学校
第百二十四回 京の六地蔵めぐり
第百二十三回 京の七不思議<通り編>
第百二十二回 京都とフランス
第百二十一回 京の石仏
第百二十回 京の襖絵(ふすまえ)
第百十九回 生き物由来の地名
第百十八回 京都の路面電車
第百十七回 神様への願いを込めて奉納
第百十六回 京の歴食
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • 京阪沿線って?
  • K PRESSプレゼント
  • 京阪沿線ぶらり芸術(アート)めぐり
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪電車おでかけ情報 LINE
  • 京阪電車ファン情報 LINE
  • 京阪電車公式YouTube
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ