沿線おでかけ情報

京都ツウのススメ

第百五十六回 貴族の別荘地・伏見

平安貴族たちが心癒やした地平安貴族の別荘地として賑わった伏見。
その中でも代表的な伏見山荘と鳥羽離宮について、らくたびの森明子さんが紹介します。

基礎知識

其の一、

ふたつの天皇陵が築かれ、天皇や皇族、貴族とのゆかりの地になりました

其の二、

奈良・大阪への交通の要衝地で、風光明媚(ふうこうめいび)な遊興の地としても人気でした

其の三、

伏見山荘や鳥羽離宮など、多くの貴族たちの別荘地として栄えました

景勝地として知られた伏見

現在は鉄道や高速道路のインターチェンジ、住宅街や工場などがひしめく伏見。古代には渡来人・秦(はた)氏の農耕の拠点となり、奈良時代には交通の要衝として街道・水運が整備されました。そして平安時代から応仁の乱の頃までは、風光明媚な遊興地や景勝地として貴族たちでにぎわい、伏見の名が広く知られるようになります。その代表格が指月(しげつ)の丘の伏見山荘、そして桂川と鴨川の合流地点に造営された鳥羽離宮です。

伏見山荘と鳥羽離宮

指月の丘と呼ばれた地に建てられたのが、藤原頼通の息子で伏見長者と呼ばれた橘俊綱(たちばなのとしつな)の別荘・伏見山荘です。また鳥羽離宮は、白河・鳥羽上皇の院政期の政治・経済・文化の中心となった場所。広大な地に池を造って多くの殿舎を建て、さらに孫の鳥羽上皇も仏殿などを増築しました。現在では、伏見山荘・鳥羽離宮ともその名残はあまりありませんが、当時を思い浮かべながら散策してみると、違った風景に見えてくるかもしれません。

伝統文化の中で使われる刃物

伝統文化の中で使われる刃物

平安貴族たちが愛した当時の伏見

伏見の別荘地化 伏見の別荘地化

仁明(にんみょう)天皇が埋葬されたことで天皇や皇族との関わりが始まり、桃山丘陵には寺院の造営や貴族たちの別荘が増え、やがて「伏見」は別荘地の代名詞に。

深草陵(ふかくさのみささぎ)

平安時代初期の第54代仁明天皇陵。かたわらに天皇ゆかりの清涼殿を移した嘉祥寺(かしょうじ)[現在は、深草北陵の東側に移転]が置かれました。

深草北陵(ふかくさのきたのみささぎ)

天皇十二帝陵、深草法華堂(ほっけどう)などとも呼ばれ、第89代後深草天皇をはじめ、12人の歴代天皇とひとりの親王がまつられています。

ここがツウ

平安時代末期の歴史物語『今鏡』には、橘俊綱と白河上皇が、伏見山荘と鳥羽離宮のどちらが優れているか問答をした話が記されています

伏見山荘 伏見山荘

観月の景勝地に建てた別荘

現在の伏見区桃山町泰長老の一帯(観月橋駅北東付近)。「宵の天空に光る月」「宇治川の川面に映る月」「巨椋池(おぐらいけ)に揺れる月」「盃(さかずき)に浮かぶ月」という4つの月を1度に楽しめることから、四月(しげつ)と呼ばれ、それが指月になったという絶景地でした。日本最古の庭園解説本『作庭記』を書いたとされる橘俊綱が自ら造園を行った伏見山荘は、「これほど風流で趣のある庭はない」と人々から称賛されるほどでした。
後に白河上皇に献上され、伏見殿・船津御所・伏見離宮とも呼ばれました。南北朝時代には北朝に受け継がれ、その後、伏見宮家が譲り受けました。

平安時代の巨椋池とその周辺推定図

ここがツウ

葭島矢倉町・向島上林町・向島津田町・槇島などのような町名は、 この辺りがかつて巨椋池に浮かぶ島々だったことに由来すると言われます

鳥羽離宮 鳥羽離宮

政治・文化・宗教の中心に

平安時代の桂川・鴨川と鳥羽離宮推定図

安楽寿院は、鳥羽上皇が東殿を仏寺に改めた寺。今でも平安時代中〜後期の三尊石仏や五輪石塔などを見ることができます

ここがツウ

鳥羽離宮は1086(応徳3)年に白河上皇が創建した離宮。現在の京都市南区上鳥羽、伏見区竹田・中島・下鳥羽一帯の、約180万m²もの敷地に造営されました。当時の鴨川は今より東を流れていて、桂川との間の水郷地を利用し広大な池に沿って御殿・仏閣・庭園が立ち並ぶ壮麗なものとなりました。ここで舟遊びや歌会・雅楽・競べ馬などが頻繁に行われていたようです。
白河・鳥羽上皇による院政の拠点となった鳥羽離宮ですが、保元の乱(1156年)や承久の乱(1221年)によってその後は荒廃。現在は、鳥羽離宮の築山「秋の山」は鳥羽離宮公園に、また馬場殿跡は城南宮の境内となり、鳥羽上皇ゆかりの安楽寿院などが残されています。

制作:2021年7月
バックナンバー
第百六十八回 お精霊(しょらい)さんのお供え
第百六十七回 京の城下町 伏見
第百六十六回 京の竹
第百六十五回 子供の行事・儀式
第百六十四回 文豪と京の味
第百六十三回 普茶(ふちゃ)料理
第百六十二回 京都のフォークソング
第百六十一回 京と虎、寅
第百六十回 御火焚祭
第百五十九回 鴨川の橋
第百五十八回 陰陽師(おんみょうじ)
第百五十七回 京都とスポーツ
第百五十六回 貴族の別荘地・伏見
第百五十五回 京都の喫茶店
第百五十四回 京の刃物
第百五十三回 京都の南蛮菓子
第百五十二回 京の社家(しゃけ)
第百五十一回 京都にゆかりのある言葉
第百五十回 京のお雑煮
第百四十九回 京の牛肉文化
第百四十八回 京の雲龍図(うんりゅうず)
第百四十七回 明治の京都画壇
第百四十六回 京の名所図会(めいしょずえ)
第百四十五回 ヴォーリズ建築
第百四十四回 島原の太夫(たゆう)
第百四十三回 京の人形
第百四十二回 京の社寺と動物
第百四十一回 鳥居(とりい)
第百四十回 冬の食べ物
第百三十九回 能・狂言と京都
第百三十八回 京都と様々な物の供養
第百三十六回 京都とビール
第百三十五回 京都と鬼門(きもん)
第百三十四回 精進料理
第百三十三回 明治時代の京の町
第百三十二回 皇室ゆかりの建物
第百三十一回 京の調味料
第百三十回 高瀬川
第百二十九回 蹴鞠
第百二十八回 歌舞伎
第百二十七回 京都に残るお屋敷
第百二十六回 京の仏像 [スペシャル版]
第百二十五回 京の学校
第百二十四回 京の六地蔵めぐり
第百二十三回 京の七不思議<通り編>
第百二十二回 京都とフランス
第百二十一回 京の石仏
第百二十回 京の襖絵(ふすまえ)
第百十九回 生き物由来の地名
第百十八回 京都の路面電車
第百十七回 神様への願いを込めて奉納
第百十六回 京の歴食
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • 京阪沿線って?
  • K PRESSプレゼント
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪電車おでかけ情報 LINE
  • 京阪電車ファン情報 LINE
  • 京阪電車公式YouTube
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ