沿線おでかけ情報

京都ツウのススメ

第百二十五回 京の学校

地域の人々も支えた
京都の小学校
明治時代初期の京都には、全国でもいち早く小学校が開校しました。
その歴史的な背景をらくたびの山村純也さんが紹介します。

基礎知識

其の一、

1869(明治2)年、日本初の学区制小学校が京都に開設されました

其の二、

学区の単位は、住民の自治組織である町組(ちょうぐみ)(番組[ばんぐみ])です

其の三、

小学校の創設・維持費用を負担するなど、地域の人々が支えました

京都の復興は教育から

京都には江戸時代から寺子屋などの教育施設があり、子供に読み書きやそろばんを教えていました。しかし経済的な理由から通えない子供もいたため、幕末になると教育者や有力な商人などの間から「すべての子供が通える教育施設が必要」という声が上がります。明治時代に入ると、幕末の混乱による衰退からの復興を目指した京都府は、様々な政策に取り組みます。そのひとつが教育で、町衆の声も反映させ小学校建設に着手しました。

町組(番組)ごとに小学校が誕生

 当時、京都の市中には室町時代の自警団に由来する自治組織「町組」がありました。1869(明治 2)年、京都府はこれを再編成して「番組」とし、番組ごとにひとつの小学校を開校することを決定。学校には役所・消防・交番などの機能を持たせ、地域住民も学校の創設・維持費用を負担することになりました。こうして同年、全国に先駆けて 64の小学校が京都に誕生しました。地域ぐるみで子供を育てる伝統は今に受け継がれています。

小学校の誕生まで すべての子供に教育を

小学校が生まれた理由には、京都ならではの背景がありました。

教育者らの熱意

幕末、寺子屋で教えていた西谷良圃(りょうほ)らの有志は教育の重要性を説き、すべての子供が通える学校の必要性を奉行所に訴えますが、当時は受け入れられませんでした。

京都府も推進

1868(明治元)年に発足した京都府は、西谷らが提出した小学校建設構想を具体的に進めていきました。府は、町衆の意見をもとに小学校に町組の集会所を併設することも計画しました。

町組の再編成

天文年間(1532~55年)に自治組織である町組が生まれました。1869(明治2)年には京都府が、規模が均等になるよう再編成し、上京に33組、下京に32組の町組が誕生。2組でひとつの小学校を開いたところなどもあり、同年末までに64校が開校しました。

町組には番号が付けられ「番組」と呼ばれたことから、当時の小学校を「番組小学校」と呼びました。開校当初の校名はすべて「上京(下京)○番組小学校」でした

ここがツウ

京都ならではの小学校エピソード

校舎や学校名、地域の支えなどについて紹介します。

小学校は
コミュニティーセンター

小学校設立前に、京都府は校舎の基本図面を製作しました。1階には男女別の筆道場(教室)と交番が、2階には地域住民も利用できる講堂や役所の機能を持つ部屋が置かれ、地域のコミュニティーセンター的な役割を兼ねていたことがわかります。

1868(明治元)年12月、京都府による小学校の建築図面(「小学校設立様式の布達」より抜粋)

地域を見守った望火楼(ぼうかろう)

児童数の増加に伴い、どの小学校も開校後数年で改築や移転建て替えをしました。その際、設置されたのが「望火楼」(=火の見やぐら)。小学校は地域防災の役割も果たしました。

東山区の元有済(ゆうさい)小学校の屋上には、下京二十四番組小学校の望火楼があります。元番組小学校の望火楼として現存する唯一のものです

ここがツウ

大正時代の有済小学校

学校を支えた住民による寄付「竈金」(かまどきん)

小学校の建設費用は、京都府からの貸付金や住民の寄付などで賄われました。また、完成後に必要となる小学校の維持費は、その一部をそれぞれの町組の住民が負担。これが竈金と言われる制度で、すべての家が半年ごとに金1分(現在の2,500円相当)を負担しました。地域住民が小学校の運営を支えたことがうかがえます。

授業では日本画も勉強

1871(明治4)年、京都府は習字、算術など4科目を学ぶ独自のカリキュラムを定め、1887(明治20)年以降は図画で日本画を学ぶように。染め物、織物など伝統産業を基盤とする京都では、日本画の知識が必要とされたのです。

1893(明治26)年の図画の教科書

校名の由来は様々

1874(明治7)年頃から、小学校に“通称名”が登場します。地域名に由来する西陣小学校、平安京の町の区画名に由来する淳風(じゅんぷう)小学校など、様々な通称名がありました。

日彰(にっしょう)・成徳(せいとく)・立誠(りっせい)など、中国の古い本・漢籍に由来する小学校名も。第2代京都府知事の槇村正直によって命名されました

ここがツウ

槇村正直が書いた墨跡をもとに作られた開智(かいち)小学校の校名扁額(へんがく)。校名の由来は明らかではないそう

文化施設として今も活躍中の校舎

京都国際マンガミュージアムは、元龍池(たついけ)小学校の校舎を利用しています。ほかにも、元明倫(めいりん)小学校は京都芸術センターとして、元開智(かいち)小学校は京都市学校歴史博物館として活用されています。

京都国際マンガミュージアムのメインギャラリーはかつての講堂

資料提供:京都市学校歴史博物館、京都国際マンガミュージアム

制作:2018年10月
バックナンバー
第百二十五回 京の学校
第百二十四回 京の六地蔵めぐり
第百二十三回 京の七不思議<通り編>
第百二十二回 京都とフランス
第百二十一回 京の石仏
第百二十回 京の襖絵(ふすまえ)
第百十九回 生き物由来の地名
第百十八回 京都の路面電車
第百十七回 神様への願いを込めて奉納
第百十六回 京の歴食
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ