沿線おでかけ情報

京都ツウのススメ

第百三十五回 京都と鬼門(きもん)

京の街と鬼門風水の考え方に沿って造られた平安京。鬼の通り道として避けられてきた鬼門の方角には、都の災い除けの役割を担う社寺があります。らくたびの山村純也さんがそのいくつかをご紹介します。

基礎知識

其の一、

平安京は、風水の考え方のひとつ「四神相応」に基づき造営されました

其の二、

鬼門とは北東の方角を指し、風水では縁起の悪い方角とされます

其の三、

京都の街には今も鬼門除(よ)けの風習が多く見られます

四神相応の考え方に沿った平安京

794(延暦13)年、都が現在の京都市に移されました。この地が選ばれた理由のひとつに、地形が古代中国から伝わった風水の考え方「四神相応」に合致していたことが挙げられます。四神とは、青龍(東)・白虎(西)・朱雀(南)・玄武(北)という4つの方角を守る神獣のことで、それぞれに川・道・池・山を象徴しているとされます。京都では鴨川・山陰道・巨椋(おぐら)池・船岡山がそれに当たり、運気の良い地形だとされていました。

災難を避けるための知恵

日本で独自の発展を遂げた風水。中国では北東の方角に「鬼門」と呼ばれる鬼の村があったとされますが、日本では北東からは災難がやってくると言われており、北東の方角を鬼門と呼びます。また、南西の方角は裏鬼門と呼ばれ、同じく不吉な方角とされています。平安京の造営時には、都を守る役割として鬼門・裏鬼門の位置に社寺を配置しました。また、鬼門除けの知恵は今も民家などに見られ、京都では大切にされている風習のひとつだと言えます。

平安京の鬼門除け

平安京の鬼門除け

風水の考え方をベースに造られた京の都。災厄から都を守るために鬼門の方角に置かれた
神社やお寺があり、それらには様々な災い除けの知恵が見られます。

鬼門

平安京から北東の方角には比叡山があり、山一帯を寺域とする延暦寺は、都の鬼門除けの役割を持つとされています。

平安京の鬼門に鎮座する比叡山

赤山禅院 (せきざんぜんいん) [左京区]

平安京の北東に当たる場所に立つ古刹。都の鬼門を鎮護する寺院として古くから信仰を集めています。拝殿の屋根の上には猿の像が置かれています。

赤山禅院

吉田神社 [左京区]

平安京の北東にある吉田山に立つ神社。山そのものが都を守護し、神が宿る山として崇められました。

幸神社 (さいのかみのやしろ) [上京区]

京都御所から北東の方向にある神社。794(延暦13)年に鬼門除けの守護神として建立されたと伝えられます。本殿の北東角には木彫りの猿の像があります。

幸神社

京都御所 [上京区]

政治の中心であり、天皇の住まいでもあった京都御所。御所を囲む塀の北東部分には角がありません。これは「ツノ(角)を取って鬼を封じる」という考えからくる鬼門除け。軒下には魔除けの力を持つと言われる猿の木彫りが置かれていることから、この場所は「猿ヶ辻」と呼ばれています。

京都御所

ここがツウ

「猿ヶ辻」の猿は、御所の鬼門を守る日吉大社(滋賀県大津市)の使いと言われています。日吉大社の猿は「神猿(まさる)」と呼ばれ、「魔が去る」に通じることから鬼門除けになるのだそう。ただ、猿ヶ辻の猿は夜な夜な抜け出してはいたずらをするので、金網の向こうに閉じ込められたと伝えられています

壬生寺 (みぶでら) [右京区]

平安時代には白河天皇に厚く信仰され、天皇の発願により節分厄除大法会が始められました。

ここがツウ

壬生寺と吉田神社は、ともに節分祭で有名。豆まきには「魔を滅する」という意味があるとも言われます

石清水八幡宮 [八幡市]

平安京の南西の方向にある男山に鎮座する神社。対面の比叡山延暦寺とともに王城鎮護の神として崇められてきました。鬼門除けのため、本殿の北東角は欠けた形になっています。

石清水八幡宮

裏鬼門

南西の方角。鬼門同様、縁起の悪い方角とされます。裏鬼門という考え方は古代の中国にはなく、日本独自のものです。

平安京の鬼門除け

平安京の鬼門除け

南天

南天

南天は「難を転じる」と言われることから、鬼門によく植えられます。

ここがツウ

南天のほかに笹、竹が植えられることも。竹や笹は節でつながっていることから、「物事が続く」と縁起の良い植物だと言われます

白石

白石

建物の鬼門の位置を小さく区切り、白い石を敷き詰めます。

飾り瓦

飾り瓦

大きな寺院などでは鬼瓦を北東の建物に付けますが、一般の家庭では、その代わりとして鬼門の方角に飾り瓦を置きます。

※「鬼門除け」は、「鬼門封じ」と呼ばれることもあります

制作:2019年7月
バックナンバー
第百三十八回 京都と様々な物の供養
第百三十六回 京都とビール
第百三十五回 京都と鬼門(きもん)
第百三十四回 精進料理
第百三十三回 明治時代の京の町
第百三十二回 皇室ゆかりの建物
第百三十一回 京の調味料
第百三十回 高瀬川
第百二十九回 蹴鞠
第百二十八回 歌舞伎
第百二十七回 京都に残るお屋敷
第百二十六回 京の仏像 [スペシャル版]
第百二十五回 京の学校
第百二十四回 京の六地蔵めぐり
第百二十三回 京の七不思議<通り編>
第百二十二回 京都とフランス
第百二十一回 京の石仏
第百二十回 京の襖絵(ふすまえ)
第百十九回 生き物由来の地名
第百十八回 京都の路面電車
第百十七回 神様への願いを込めて奉納
第百十六回 京の歴食
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • 京阪沿線って?
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪電車公式LINE
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ