沿線おでかけ情報

京都ツウのススメ

第百五十八回 陰陽師(おんみょうじ)

占いや呪術で平安京を守った陰陽師占いから呪術まで行った陰陽師や、平安時代の陰陽師・安倍晴明(あべのせいめい)についてらくたびの若村亮さんが解説します。

基礎知識

其の一、

国の役所に属し、占いなどを行ったのが陰陽師のはじまりです

其の二、

平安時代には、陰陽師が天皇や貴族に占いや祈祷(きとう)を行うこともありました

其の三、

安倍晴明は平安時代中期の天文博士で、陰陽師としても活躍しました

占いの専門家だった陰陽師

飛鳥時代から明治時代初期まで置かれた国の役所であった陰陽寮(おんみょうりょう)。設置当初は、天文観測を行う天文博士や、暦を作成する暦博士などの専門家が所属。その中で陰陽師は、占いや土地の相の判断などを行いました。平安時代に入ると、陰陽師は疫鬼を払うなどの祭祀も担当することが定められます。天文や暦、陰陽の知識に加え、呪術にも長けた陰陽師が登場し、賀茂忠行(かものただゆき)・保憲(やすのり)親子や忠行の弟子である安倍晴明が活躍しました。

数々の物話が残る陰陽師・安倍晴明

映画やマンガにもなった安倍晴明は、平安時代中期に実在した人物です。陰陽寮では長く天文を学び、52歳で現在の教授にあたる天文博士となり、後に陰陽師としても活躍。朱雀(すざく)天皇から一条天皇まで6代の天皇に仕え、病気の原因を占ったり、邪気を払うまじないを行いました。また、晴明には精霊である式神(しきがみ)を操ったり、天体の変異を見て天皇の退位を予知したという物話が伝わります。京都市内には晴明を祭神としてまつる晴明神社もあります。

平安時代の陰陽師

怨霊のたたりを恐れた人々は、陰陽師の力を頼りにしました。

内裏(だいり)のそばで占いや祈祷に従事

平安京では、天皇の住まいである内裏のそばに、宮中の事務を司 る中務省(なかつかさしょう)という役所があり、その中に陰陽寮が ありました。当時は、自然災害や疫病の背景には権力者同士の 争いなどに起因する怨霊のたたりがあると考えられ、占いを専門と する陰陽師に、災いを払う役割が求められるようになりました。

ここがツウ

かつて中務省が置かれた千本丸太町交差点近くの一帯 は、その名残から現在は「中務町」という地名になっています

陰陽師が行った占いや祈祷

六壬式占(りくじんしきせん)

式盤(しきばん)という道具を用いて、天皇の病気の原因、朝廷に動物が入り込んだ理由など、様々なことを占いました。

反閇(へんばい)

天皇が外出する際などに、呪文を唱えながら独特の足さばきで地面を踏みしめ、邪気を取り除きました。

泰山府君祭(たいざんふくんさい)

安倍晴明が始めたと言われる陰陽道を代表する祭り。病の回復や延命長寿など様々な祈願の際に執り行われました。

陰陽道関係の古文書群である若杉家文書には反閇の作法が記されています
『小反閇作法』 京の記憶アーカイブより

陰陽師が行った占いや祈祷

様々な知識と呪術を駆使する陰陽師が登場

賀茂忠行生没年不詳

安倍晴明の師。隠されたものを当てる射覆 (せきふ)が得意で、村上天皇の前でも披露。箱に隠されたものが水晶の玉であることを当てたと言います。

賀茂保憲917(延喜17)年〜977(貞元2)年

賀茂忠行の長男で安倍晴明の兄弟子と も言われます。陰陽寮の教えの中から、暦道を息子の光栄(みつよし)に、天文道を安倍晴明に継承しました。

安倍晴明921(延喜21)年〜1005(寛弘2)年

陰陽師としての活躍は60歳代半ばからと言われ、75歳で賀茂保憲の息子である賀茂光栄とともに、天皇直属の「蔵人所(くろうどどころ)陰陽師」に。85歳で亡くなるまで、天皇や貴族のために祈祷や占いなどを行いました。

ここがツウ

晴明の活動が記録されている文献のひとつが、国宝『御堂関白記(みどうかんぱくき)』。吉凶の判断の材料となる日付けや干支などが書かれた暦に、平安時代の公家・藤原道長が日々の出来事を書き込んだものです

安倍晴明(菊池容斎著)『前賢故実』 国立国会図書館蔵安倍晴明(菊池容斎著)
『前賢故実』 国立国会図書館蔵

物語の中の陰陽師・安倍晴明

『今昔物語集』『宇治拾遺物語』などには、安倍晴明にまつわる様々な物語が記されています。

草の葉で殺したカエル

晴明は式神という精霊を操ることができました。ある日、若い僧たちからその力を試すために「池のカエルを殺してみてほしい」と頼まれた晴明。やむなく草の葉をカエルに投げると、そのカエルはぺしゃんこになりました。晴明は式神の力を使いカエルを殺したのです。

ここがツウ

晴明は、妻が怖がることから式神を一条戻橋の下に封じ、必要な時だけ呼び出していました。晴明神社の境内には先代の一条戻橋の欄干の親柱が移されていて、そばには式神の石像があります

鬼を見つけ師を守った晴明

ある夜、賀茂忠行に伴いでかけた若き日の晴明が、下京の辺りで鬼たちが徘徊する様子を目にしました。驚いた晴明が牛車の中で寝入っていた忠行に伝えると、忠行は術法を用いて自分たちの身を隠し、無事に通り過ぎることができました。

百鬼夜行絵巻鬼や妖怪が深夜の町を徘徊する様子が
描かれた『百鬼夜行絵巻』
国立国会図書館蔵

天皇の出家を予知

わずか在位2年足らずで退位、出家を決めた花山天皇。出家する夜に晴明の屋敷の前を通りかかると、屋敷から「空に帝(花山天皇)が退位される兆候が出ている。宮中に知らせよう」という晴明の声を聞きました。晴明は天体の異変を見て、花山天皇の退位を予知していたのです。

コラム

晴明神社の社紋は
五芒星(ごぼうせい)

安倍晴明を祭神としてまつる晴明神社(上京区)では、「五芒星」「晴 明桔梗(ききょう)」と呼ばれる社紋を、井戸などに見ることができます。この形は、陰陽道に用いられる魔除けの祈祷呪符(符号)のひとつです。

晴明神社写真:晴明神社

制作:2021年9月
バックナンバー
第百七十一回 京都の通称寺
第百七十回 京都とキリスト教
第百六十九回 京都の札所(ふだしょ)巡り
第百六十八回 お精霊(しょらい)さんのお供え
第百六十七回 京の城下町 伏見
第百六十六回 京の竹
第百六十五回 子供の行事・儀式
第百六十四回 文豪と京の味
第百六十三回 普茶(ふちゃ)料理
第百六十二回 京都のフォークソング
第百六十一回 京と虎、寅
第百六十回 御火焚祭
第百五十九回 鴨川の橋
第百五十八回 陰陽師(おんみょうじ)
第百五十七回 京都とスポーツ
第百五十六回 貴族の別荘地・伏見
第百五十五回 京都の喫茶店
第百五十四回 京の刃物
第百五十三回 京都の南蛮菓子
第百五十二回 京の社家(しゃけ)
第百五十一回 京都にゆかりのある言葉
第百五十回 京のお雑煮
第百四十九回 京の牛肉文化
第百四十八回 京の雲龍図(うんりゅうず)
第百四十七回 明治の京都画壇
第百四十六回 京の名所図会(めいしょずえ)
第百四十五回 ヴォーリズ建築
第百四十四回 島原の太夫(たゆう)
第百四十三回 京の人形
第百四十二回 京の社寺と動物
第百四十一回 鳥居(とりい)
第百四十回 冬の食べ物
第百三十九回 能・狂言と京都
第百三十八回 京都と様々な物の供養
第百三十六回 京都とビール
第百三十五回 京都と鬼門(きもん)
第百三十四回 精進料理
第百三十三回 明治時代の京の町
第百三十二回 皇室ゆかりの建物
第百三十一回 京の調味料
第百三十回 高瀬川
第百二十九回 蹴鞠
第百二十八回 歌舞伎
第百二十七回 京都に残るお屋敷
第百二十六回 京の仏像 [スペシャル版]
第百二十五回 京の学校
第百二十四回 京の六地蔵めぐり
第百二十三回 京の七不思議<通り編>
第百二十二回 京都とフランス
第百二十一回 京の石仏
第百二十回 京の襖絵(ふすまえ)
第百十九回 生き物由来の地名
第百十八回 京都の路面電車
第百十七回 神様への願いを込めて奉納
第百十六回 京の歴食
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • 京阪沿線って?
  • K PRESSプレゼント
  • 京阪沿線ぶらり芸術(アート)めぐり
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪電車おでかけ情報 LINE
  • 京阪電車ファン情報 LINE
  • 京阪電車公式YouTube
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ