沿線おでかけ情報

おでかけナビ

  • 条件を
    指定する
    • カテゴリー

1〜10件 / 16件前へ12次へ

Glico創立100周年 江崎記念館特別展 第3弾 グリコのおもちゃ100年展 後期[江崎記念館]

Glicoグループ創立100周年を記念する特別展。常設の歴代のおもちゃ約4,000点に加え、1980年代から現在までのおもちゃを解説するパネルやパッケージ、普段は見られないおもちゃのデザイン画や試作品、当時のおもちゃを使ったジオラマなどが展示されます。 1987年 みんなのおもちゃ

2/29(木)まで 10時・11時30分・13時・14時30分 ※要予約。詳しくはホームページをご覧ください

エリア
その他
カテゴリ
展覧会

Glico創立100周年 江崎記念館特別展 第3弾 グリコのおもちゃ100年展 後期[江崎記念館]

Tablets & Bars ~板チョコで世界を旅する ─右衛門コレクションより─[felissimo chocolate museum]

ミュージアムに寄贈されたチョコレートパッケージの中から、板チョコ(Tablets& Bars)に魅せられたチョコレート愛好家・右衛門氏のコレクションに注目。世界の地域別に編集した選りすぐりの約100点が紹介されています。

4/7(日)まで 11時~17時30分(入館)

エリア
その他
カテゴリ
展覧会

Tablets & Bars ~板チョコで世界を旅する ─右衛門コレクションより─[felissimo chocolate museum]

ミ ュシャとパリの画塾[堺 アルフォンス・ミュシャ館 (堺市立文化館)]

チェコ出身の芸術家、アルフォンス・ミュシャの作品約500点を所蔵するミュージアム。本展では、ミュシャがフランス・パリで画学生として学んだ修業時代と、次世代にデッサンや構図を教えた画塾教師としての姿に着目し、貴重なデッサン・下絵・ポスター・油彩などのミュシャ作品が紹介されます。

3/31(日)まで 9時30分~16時30分(入館)

エリア
大阪
カテゴリ
展覧会

ミ ュシャとパリの画塾[堺 アルフォンス・ミュシャ館 (堺市立文化館)]

開館60周年記念 小林正和とその時代 ─ファイバーアート、その向こうへ[京都国立近代美術館]

テキスタイルの概念を超え、繊維による平面・立体・空間の表現へと展開したファイバーアート。その日本におけるパイオニアである小林正和の代表作や関連資料、関連作家の作品など、約100点が紹介されます。 小林正和 「W3」 1976年 京都国立近代美術館蔵

1/6(土)~3/10(日) 10時~17時30分(入館) ※金曜は19時30分(入館)まで

エリア
東山
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
三条駅

開館60周年記念 小林正和とその時代 ─ファイバーアート、その向こうへ[京都国立近代美術館]

特集展示 源氏物語と大津[大津市歴史博物館]

作者・紫式部が物語の構想を練ったとされる石山寺をはじめ、源氏物語ゆかりの地が点在する滋賀県大津市。関連資料やビデオに加え、フォトスポットやデジタルコンテンツなども展示され、気軽に源氏物語の世界に親しむことができます。 土佐光吉 「 源氏物語図色紙(「若紫」)」 安土桃山時代 石山寺蔵 ※展示は3/10(日) ...

2025年2/2(日)まで ※期間中展示替えあり 9時~16時30分(入場)

エリア
滋賀
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
大津市役所前駅

特集展示 源氏物語と大津[大津市歴史博物館]

特別展 新収蔵記念 全身画家 髙波壮太郎 ─見るもの、見えるもの、見えないものを描く─[髙島屋史料館]

絵の具を塗り重ねた激烈なマチエール(絵肌)の油彩画で知られる、髙波壮太郎の50年余りの画業をたどる特別展。油彩画のほか、手彩色木版画・立体・コラージュなど多彩な作品が一堂に会します。 髙波壮太郎 「落陽」 2021年 カンヴァス・油彩 20F 個人蔵

2/26(月)まで 10時~16時30分(入館)

エリア
大阪
カテゴリ
展覧会

特別展 新収蔵記念 全身画家 髙波壮太郎 ─見るもの、見えるもの、見えないものを描く─[髙島屋史料館]

よきかな源氏物語[嵯峨嵐山文華館]

源氏物語ゆかりの地・嵯峨嵐山の、日本の四季の美を感じられる空間で、物語の世界をゆったりと味わえる企画展。紫式部の人物像や、現代に続く物語の基本形を整理した藤原定家の仕事、物語の場面を題材にした日本画などが紹介されます。狩野山楽の秀作「源氏物語図押絵貼屏風」も見逃せません。 中村大三郎 「紫式部」 京都市学校 ...

4/7(日)まで 10時~16時30分(入館) ※2/17(土)は14時30分(入館)まで

エリア
洛西
カテゴリ
展覧会

よきかな源氏物語[嵯峨嵐山文華館]

進撃の巨匠 竹内栖鳳と弟子たち[福田美術館]

近代の京都画壇に西洋技法の新たな風を吹き込んだ竹内栖鳳と、上村松園や西村五雲、小野竹喬、福田平八郎、池田遙邨ら個性も才能も豊かな弟子たちの作品、計98点が勢ぞろい。無双の快進撃を続けた栖鳳一門の、力強い創作の軌跡に触れられます。 竹内栖鳳 「猛虎」 福田美術館蔵 ※展示は3/4(月)まで

1/18(木)~4/7(日) ※期間中展示替えあり 10時~16時30分(入館)

エリア
洛西
カテゴリ
展覧会

進撃の巨匠 竹内栖鳳と弟子たち[福田美術館]

京都市美術館開館90周年記念展 村上隆 もののけ 京都[京都市京セラ美術館 東山キューブ]

現代視覚文化の概念「スーパーフラット」を提唱し、現代美術の最前線で活躍を続ける村上隆の大規模個展。新たに描きおろした超大作や代表的シリーズ、国内初公開作品など約170点が一堂に展示され、アートの価値や本質的な意味を問いかける彼の活動に圧倒されます。 村上隆 「尾形光琳の花」 (参考画像) Ogata Kōri ...

2/3(土)~9/1(日) 10時~17時30分(入場)

エリア
東山
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
三条駅

京都市美術館開館90周年記念展 村上隆 もののけ 京都[京都市京セラ美術館 東山キューブ]

特別展 古代メキシコ ─マヤ、アステカ、テオティワカン[国立国際美術館]

中米・メキシコで繁栄した古代文明のうち、代表的なマヤ・アステカ・テオティワカンの3つが、近年の発掘調査の成果を交えて紹介されます。約140件の貴重な考古資料の数々により、メキシコ独自の世界観や造形美と、メキシコ古代都市遺跡の魅力が堪能できます。 死のディスク石彫 テオティワカン文明、300~550年 テオティ ...

2/6(火)~ 5/6(月・休) 10時~16時30分(入場) ※金・土曜は19時30分(入場)まで

エリア
大阪
カテゴリ
展覧会

特別展 古代メキシコ ─マヤ、アステカ、テオティワカン[国立国際美術館]

1〜10件 / 16件前へ12次へ

  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • 京阪沿線って?
  • K PRESSプレゼント
  • ぶらり街道めぐり
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ