沿線おでかけ情報

おでかけナビ

  • 条件を
    指定する
    • カテゴリー

1〜10件 / 44件 前へ 1234 次へ

大阪城の櫓(やぐら) YAGURA 内部特別公開 [大阪城公園 (多聞櫓・千貫櫓・焔硝蔵)]

重要文化財指定の櫓の長期特別公開が今年も実施されます。「大坂の陣」以来、火災や戦火をくぐり抜けて現在に至った古建造物の中から、「多聞櫓(たもんやぐら)・千貫櫓(せんがんやぐら)・焔硝蔵(えんしょうぐら)」が公開されます。 連日公開:4月12日(日)まで、7月21日(火)~8月30日(日)の毎日(月曜を除く) 券売所: ...

2020年3月1日(日)〜11月29日(日)の土・日・祝・休日 ※連続公開期間あり 10時~16時(チケットの発売は15時30分まで、16時30分閉場)

エリア
大阪
カテゴリ
イベント
最寄り駅
京橋駅

大阪城の櫓(やぐら) YAGURA 内部特別公開 [大阪城公園 (多聞櫓・千貫櫓・焔硝蔵)]

2020年度のハイキングに関するお知らせ

2020年度の京阪ハイキングは新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止いたします。 2021年4月からのハイキングにつきましては改めて当HPでご案内いたします。

2020年度の京阪ハイキングは新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止いたします。 お知らせ内容はリンク先をご覧ください

エリア
その他

2020年度のハイキングに関するお知らせ

竹宮惠子監修 原画’(ダッシュ)展示シリーズ「もうひとつの原画」展 〜東浦美津夫・飛鳥幸子・ささやななえこ・忠津陽子〜[京都国際マンガミュージアム]

「原画’(ダッシュ)」とは、デジタル技術を駆使して制作されたマンガ原稿の複製。同館では、マンガ家・竹宮惠子をプロジェクトリーダーとして、京都精華大学国際マンガ研究センターと共同で、この「原画’プロジェクト」に取り組んできました。本展は、プロジェクト発足20周年を迎えることを記念した展覧会。東浦美津夫、飛鳥幸子、ささやな ...

2020年10月29日(木)〜2021年4月6日(火)

エリア
洛中
カテゴリ
社寺行事

竹宮惠子監修 原画’(ダッシュ)展示シリーズ「もうひとつの原画」展 〜東浦美津夫・飛鳥幸子・ささやななえこ・忠津陽子〜[京都国際マンガミュージアム]

特別展 「黒田泰蔵」 [大阪市立東洋陶磁美術館]

静謐(せいひつ)な白磁の造形で世界的に知られている黒田泰蔵。黒田の白磁作品は薄く緊張感のある輪郭線を持ちながら、表面には柔らかく美しい弧を描く轆轤目(ろくろめ)が見られ、見る者にそれぞれの作品の確かな存在感を印象付けます。本展では、イセ文化基金所蔵品、大阪市立東洋陶磁美術館所蔵品を中心に黒田白磁作品約60点が展示されま ...

2020年11月21日(土)〜2021年7月25日(日) 9時30分~16時30分(17時閉館)

エリア
大阪
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
淀屋橋駅、北浜駅、なにわ橋駅

特別展 「黒田泰蔵」 [大阪市立東洋陶磁美術館]

企画展 憧れのヨーロッパ旅行[京都府立堂本印象美術館]

1952(昭和27)年、堂本印象は新しい日本画のあるべき姿を模索するため、半年間にわたってヨー ロッパを歴訪しました。本展は帰国後の作品に注目した展覧会で、帰国直後に発表した「メトロ」をはじめ、ヨーロッパ旅行に関わりのある作品、スケッチ画、エッセイ、工芸作品などが展示されます。 堂本印象 ローマの宿の朝 1952年  ...

2020年11月28日(土)〜2021年3月28日(日) 9時30分~16時30分(17時閉館)

エリア
洛北
カテゴリ
展覧会

企画展 憧れのヨーロッパ旅行[京都府立堂本印象美術館]

日本の色―吉岡幸雄の仕事と蒐集―[細見美術館]

2019年秋に急逝した染織史家・吉岡幸雄氏を追悼し、その業績を回顧する没後初の展覧会です。染織史家でもあった吉岡幸雄は、古来の文献をひもとき、伝世の染織遺品をはじめ古今東西の美術工芸を研究して伝統の色彩を求め、社寺の祭祀、古典文学などにみる色彩や装束の再現・復元にも力を尽くしました。本展では、作家の美への憧憬と本質を見 ...

前期:2021年1月5日(火)〜2月21日(日) 後期:2月23日(火・祝)〜4月11日(日) 10時~16時30分(17時閉館)

エリア
洛北
カテゴリ
展覧会

日本の色―吉岡幸雄の仕事と蒐集―[細見美術館]

新春展 やわらかな、ぬくもり [樂美術館]

燃えさかる炎から引き出されることによって残される土の柔らかさと、手捏(づく)ねという手の柔らかさ。これらは樂茶碗の魅力のひとつです。本展では、樂茶碗の中でも特に柔らかさ、温もりを感じられるような作品が展示されます。 写真:初代 長次郎  黒樂茶碗  銘 面影 山田宗徧・石川自安 箱書付

2021年1月6日(水)〜3月14日(日) 10時~16時(16時30分閉館)

エリア
洛中
カテゴリ
展覧会

新春展 やわらかな、ぬくもり [樂美術館]

第55回「京の冬の旅」非公開文化財特別公開

第55回のテーマは「京の名宝 美の遺産」。国宝や重要文化財をはじめ、京都千年の歴史においてきらめきを放つ珠玉の文化財の中から、通常非公開の文化財が期間限定で特別に公開されます。 【主な公開場所】 方広寺 / 智積院 / 東福寺 龍吟庵 / 大徳寺 聚光院 / 大徳寺 瑞峯院ほか 写真:智積院 密厳堂(1月公開)

2021年1月9日(土)~3月18日(木) 10時~16時(16時30分終了) ※公開場所により公開期間・時間は異なります

エリア
その他
カテゴリ
社寺行事

第55回「京の冬の旅」非公開文化財特別公開

特集展示 蒐集家・高島唯峰(たかしまゆいほう)―明治期考古学の遺産―[大阪歴史博物館]

日本の考古学がまだ古物趣味や珍品目当ての蒐集などと未分化な状態にあった明治時代に、関東地方を中心に採集活動を行った高島唯峰。高島は東京銀座で歯科医を営むかたわら、縄文時代の貝塚出土品を収集していました。本展は、高島が行った採集活動をその遺品から探るとともに、彼のコレクションがたどった経過、さらにはコレクション研究の現状 ...

2021年1月13日(水)〜3月22日(月) 9時30分~16時30分(17時閉館)

エリア
大阪
カテゴリ
展覧会

特集展示 蒐集家・高島唯峰(たかしまゆいほう)―明治期考古学の遺産―[大阪歴史博物館]

平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ)1989-2019[京都市京セラ美術館(新館 東山キューブ)]

美術評論家の椹木野衣(さわらぎのい)が企画・監修を務める展覧会です。経済的な停滞と未曾有(みぞう)の災害に繰り返し見舞われた平成の時代にアーティストたちはどう応答したのでしょう。「うたかた」と「瓦礫」をキーワードに、アーティストたちの集合的活動にフォーカスし、椹木独自の視点で選定された平成年間(1989〜2019年)の ...

2021年1月23日(土)〜4月11日(日) 10時〜17時30分(18時閉館)

エリア
洛北
カテゴリ
展覧会

平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ)1989-2019[京都市京セラ美術館(新館 東山キューブ)]

1〜10件 / 44件 前へ 1234 次へ

  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • 京阪沿線って?
  • K PRESSプレゼント
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪電車公式LINE
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ