沿線おでかけ情報

京都ツウのススメ

第百七十回 京都とキリスト教

聖アグネス教会(上京区) J.M.ガーディナー設計
写真提供:学校法人 平安女学院

京都のキリシタンの足跡初めて京都にキリスト教が伝えられた室町時代から
明治時代にかけての歴史を、「らくたび」の森明子さんがご紹介します。

基礎知識

其の一、

京都では室町時代にキリスト教が伝えられました

其の二、

京都にはキリシタンが集う町「だいうす町」が作られました

其の三、

明治時代には、キリスト教系の学校が設立されました

将軍に謁見(えっけん)し布教を開始

日本にキリスト教が伝来したのは、宣教師フランシスコ・ザビエルが鹿児島県に上陸した1549(天文18)年です。京都で布教が始まったのは、宣教師ガスパル・ヴィレラが室町幕府の第13代将軍足利義輝から布教の許可を得た1560(永禄3)年。京都で実権を握っていた織田信長がキリスト教を保護したこともあり、市内には「南蛮寺」と言われる教会が建てられ、「だいうす町」というキリシタンが集まる町も作られました。

明治時代、再び宣教師が京都に

しかし、豊臣秀吉により宣教師が国外追放を命じられたり1612(慶長17)年から1873(明治6)年まで続いた幕府の禁教令によりキリスト教は弾圧。京都でも多くのキリシタンが処刑されました。幕末の開国を経て明治時代に入ると、京都に再び多くの外国人宣教師が訪れます。同志社大学のルーツとなった同志社英学校をはじめとするキリスト教系の学校が設立され、キリスト教各派の教会も開かれました。

京都を訪れた宣教師 京都を訪れた宣教師

都で布教を行うために、
多くの宣教師が京都を訪れました。

フランシスコ・ザビエル

1551(天文20)年~

ザビエルは、日本の都で布教の許可を得るため京都を訪れます。しかし当時の京都は応仁の乱などで荒廃。後奈良天皇や第13代将軍足利義輝に謁見できないまま、京を離れました。

ガスパル・ヴィレラ

1560(永禄3)年~

ザビエルの意思を継いだヴィレラは、足利義輝への謁見がかない布教の許可を得ます。現在の四条烏丸の近くなどに居を構え布教を行いましたが、人々の抵抗感もあり活動は難航しました。

ルイス・フロイス

グネッキ・ソルディ・オルガンティーノ

1569(永禄12)年~

フロイスが織田信長より布教を許可され、活動は本格的に。1570(元亀元)年に来日したオルガンティーノは、京都で約30年活動を続け、宇留岸伴天連(ウルガンバテレン)という愛称で親しまれました。

ここがツウ

フロイスが信長と対面した旧二条城は、1569(永禄12)年、信長により築かれました。現在、平安女学院(上京区)がある一帯に、わずか70日間ほどで完成。築城の様子はフロイスの著書『日本史』に詳しく記されました

京都 キリスト教ゆかりの地 京都 キリスト教ゆかりの地

室町時代から江戸時代にかけての、
キリシタンの信仰を伝えます。

南蛮寺(なんばんじ)

1576(天正4)年、姥柳(うばやなぎ)町(中京区)に南蛮寺が建てられました。オルガンティーノが設計に関わった建物は和風の3階建て。1階に礼拝堂があり、教会としての役割を果たしていました。都の名所となり、多くの見物人が訪れますが、後のキリスト教弾圧により破壊されました。

ここがツウ

南蛮寺の礎石

南蛮寺の礎石
写真提供:同志社大学

南蛮寺の鐘

南蛮寺の鐘
写真提供:妙心寺
春光院(非公開寺院)

南蛮寺の礎石は、同志社大学(上京区)に寄贈されています。また妙心寺春光院(右京区)には、南蛮寺の鐘が伝わります。鐘が作られたとされる年代「1577」の数字と、イエスが人類の救世主であるという「IHS」の文字が刻まれています

キリシタン墓碑

キリシタンの墓碑の多くは弾圧により破壊されましたが、京都市内では20基ほどの墓碑が発見・保管されています。禁教令が発令されるまでの慶長年間に作られたものがほとんどで、十字架や洗礼名などが刻まれています。

だいうす町

四条堀川に近い旧妙満寺跡(下京区)の一帯や、油小路通元誓願寺(上京区)周辺に、キリシタンの町「だいうす町」が作られました。「だいうす」はラテン語で神を表す「デウス」に由来すると言われています。

殉教(じゅんきょう)の碑

秀吉や徳川幕府は様々な理由でキリスト教を迫害。1619(元和5)年に52名のキリシタンが処刑された場所を示す「元和キリシタン殉教の地」の碑は、七条駅からほど近い、川端通沿いに建てられています。

京都ゆかりのキリシタン

明智光秀の娘・玉〈細川ガラシャ〉は、父が本能寺の変を起こしたことで苦難の人生を送る中、夫の細川忠興の友人であるキリシタン大名・高山右近らを通してキリスト教と出会い、洗礼を受けました。大徳寺塔頭の高桐院(北区)には忠興とガラシャの墓があります。また、高山右近は、伏見の城下町で1604(慶長9)年に伏見教会を建てたと言われます。幕府を刺激しないよう、町家に囲まれた人目につきにくい場所でした。

伏見教会へ通じる小道

伏見教会へ通じる小道
写真提供:月桂冠

明治時代のキリスト教 明治時代のキリスト教

キリスト教系学校の開校

明治時代に開かれたキリスト教系の学校のひとつが同志社英学校。アメリカでキリスト教を学び帰国した新島襄(じょう)が、1875(明治8)年に設立しました。新島は、京都府顧問の山本覚馬(かくま)から京都御所北の薩摩藩邸跡地を購入したと言われています。

宣教師D.C.グリーンが設計、同志社で最も古いれんが建造物

宣教師D.C.グリーンが設計、
同志社で最も古いれんが建造物
「彰栄館」 写真提供:同志社大学

教会の建設

西京第二公会〈現:同志社教会〉(上京区)や、京都聖三一教会〈現:聖アグネス教会〉(上京区)などが建てられました。

京都聖三一教会は1930(昭和5)年に中京区に移転

ここがツウ

建物はロシア・ビサンチン様式

建物はロシア・ビサンチン様式

1903(明治36)年に完成した京都 生神女福音大聖堂〈通称 京都ハリストス正教会〉(中京区)を設計したのは、京都出身の建築家・松室重光。ハリストスはギリシャ語でキリストを表す言葉です

制作:2022年10月
バックナンバー
第百七十三回 京の縁日
第百七十二回 京の冬至(とうじ)と柚子(ゆず)
第百七十一回 京都の通称寺
第百七十回 京都とキリスト教
第百六十九回 京都の札所(ふだしょ)巡り
第百六十八回 お精霊(しょらい)さんのお供え
第百六十七回 京の城下町 伏見
第百六十六回 京の竹
第百六十五回 子供の行事・儀式
第百六十四回 文豪と京の味
第百六十三回 普茶(ふちゃ)料理
第百六十二回 京都のフォークソング
第百六十一回 京と虎、寅
第百六十回 御火焚祭
第百五十九回 鴨川の橋
第百五十八回 陰陽師(おんみょうじ)
第百五十七回 京都とスポーツ
第百五十六回 貴族の別荘地・伏見
第百五十五回 京都の喫茶店
第百五十四回 京の刃物
第百五十三回 京都の南蛮菓子
第百五十二回 京の社家(しゃけ)
第百五十一回 京都にゆかりのある言葉
第百五十回 京のお雑煮
第百四十九回 京の牛肉文化
第百四十八回 京の雲龍図(うんりゅうず)
第百四十七回 明治の京都画壇
第百四十六回 京の名所図会(めいしょずえ)
第百四十五回 ヴォーリズ建築
第百四十四回 島原の太夫(たゆう)
第百四十三回 京の人形
第百四十二回 京の社寺と動物
第百四十一回 鳥居(とりい)
第百四十回 冬の食べ物
第百三十九回 能・狂言と京都
第百三十八回 京都と様々な物の供養
第百三十六回 京都とビール
第百三十五回 京都と鬼門(きもん)
第百三十四回 精進料理
第百三十三回 明治時代の京の町
第百三十二回 皇室ゆかりの建物
第百三十一回 京の調味料
第百三十回 高瀬川
第百二十九回 蹴鞠
第百二十八回 歌舞伎
第百二十七回 京都に残るお屋敷
第百二十六回 京の仏像 [スペシャル版]
第百二十五回 京の学校
第百二十四回 京の六地蔵めぐり
第百二十三回 京の七不思議<通り編>
第百二十二回 京都とフランス
第百二十一回 京の石仏
第百二十回 京の襖絵(ふすまえ)
第百十九回 生き物由来の地名
第百十八回 京都の路面電車
第百十七回 神様への願いを込めて奉納
第百十六回 京の歴食
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • 京阪沿線って?
  • K PRESSプレゼント
  • 京阪沿線ぶらり芸術(アート)めぐり
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪電車おでかけ情報 LINE
  • 京阪電車ファン情報 LINE
  • 京阪電車公式YouTube
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ