沿線おでかけ情報

京都ツウのススメ

第百五十九回 鴨川の橋

京都・鴨川に架かる橋京都の街を南北に流れる鴨川に架かるたくさんの橋。それぞれに歴史や特徴があるのをご存知でしょうか。今回は、らくたびの森明子さんが、その歴史とともに話したくなるマメ知識をご紹介します。

基礎知識

其の一、

京都の市街地を流れる鴨川には25以上の橋が架かっています

其の二、

鴨川に架かる橋が初めて史料に登場するのは平安時代です

其の三、

京都三大橋である三条大橋と五条大橋は豊臣秀吉の命で架けられました

京都らしい景観を生む鴨川の橋

京都の市街地を流れる鴨川。出町柳駅付近で賀茂川と高野川が合流し、その辺りから中書島駅の西側で桂川と合流するまでが一般に鴨川と呼ばれます。賀茂川と高野川との合流地点に架かる橋が賀茂大橋で、そこから桂川に合流する手前の京川橋までの約12kmに25以上の橋が架けられています。鴨川に架かる橋は、人々の日常にとって欠かせないものであるとともに、街なかでは京都らしい景観を作り出しています。

本格的な架橋は室町時代頃

鴨川に架けられた橋として初めて史料に登場するのは「辛橋(からはし)(韓橋)」です。すでに879(元慶3)年には架かっていたと言われ、その後この橋の記述は見られなくなります。史料に頑丈そうな橋が見られるようになるのは室町時代以降。さらに、豊臣秀吉の時代に入ると、都市改造の一環として盛んに橋が整備されました。三条大橋と五条大橋はその代表で、特に三条大橋は我が国初の石柱橋だと言われています。今回は鴨川の橋について解説します。

鴨川における橋の歴史

鴨川における橋の歴史

鴨川に橋が登場するのはいつ頃のことなのでしょう。

最初の橋は平安時代

鴨川に架けられた橋が初めて史料に登場するのは平安時代。901(延喜元)年に完成した歴史書『日本三代実録』に鴨川の「辛橋(韓橋)」が879(元慶3)年に焼け落ちたという記録があります。そもそも当時の鴨川は川魚を捕るなどの生活の場であり、あまり渡らなかったようです。氾濫しない限り水位も低く、渡りたい場合にも歩いて渡れたので橋は必要なかったと考えられます。

頑丈な橋が増えるのは室町時代頃から

三条大橋が初めて架けられたのは室町時代のことでした。室町時代の都の様子を描いた『洛中洛外図屏風』を見ると、鴨川にはしっかりとした橋が架かっているのがわかります。その後、戦国時代に入って、三条大橋を架け替えたのは豊臣秀吉。秀吉が63本の切石(きりいし)を用いて架橋したその橋は日本初の石柱橋だと言われています。

洛中洛外図屏風左下が室町時代の三条大橋
洛中洛外図屏風(歴博甲本・部分)
国立歴史民俗博物館所蔵

20世紀以降は永久化へ

明治時代に入ると、川や橋は京都府や京都市によって管理されるようになります。また、土木技術も飛躍的に発達し、老朽化したものから順に鋼材やコンクリートなどを用いた橋に架け替えられるようになりました。七条大橋が架けられたのは1913(大正2)年。日本初の鉄筋コンクリート造のアーチ橋で、約82mの長橋を横から見ると5連の美しいアーチが見られます。

鴨川に架かる橋のおもしろ話

鴨川に架かる橋のおもしろ話

人にちょっと話したくなる
鴨川の橋のマメ知識を集めました!

花鋏 華道

鴨川でも見られる飛び石は「帯工(おびこう)」と呼ばれるもので、河床を安定させるために 設置されています。水位の低い時には渡ることもできるように作られています。

飛び石

三条大橋の飾りは約430年前のもの!?

橋の欄干の擬宝珠(ぎぼし)は格の高い建造物に付ける装飾品。豊臣秀吉の命により架けられた三条大橋にも付けられました。現在の三条大橋は1950(昭和25)年のものですが、いくつかの擬宝珠は再利用されており、「豊臣」の刻印が見られます。

ここがツウ

2022〜23年度には三条大橋の上部の改修工事が行われる予定ですが、「豊臣」の刻印のある擬宝珠や飾り金具は再利用される予定です

擬宝珠(ぎぼし)

四条大橋に擬宝珠がないのはナゼ??

三条大橋と五条大橋が公儀(朝廷や幕府などが管理する)の橋だったのに対して、四条大橋は祇園社(現在の八坂神社)の氏子の寄付・奉仕によって架けられてきました。四条大橋に擬宝珠がないのは、公儀橋でなかったからだとも言われています。

四条大橋

ここがツウ

1142(永治2)年に僧侶によって四条通の橋が架け替えられたことがわかっています。当時は「祇園橋」と呼ばれていたそうです

松原橋が元は五条橋だった!?

今では車1台がやっと通れる小さな橋ですが、元の五条橋はこの場所にありました。五条大橋を現在の場所としたのは豊臣秀吉。方広寺大仏殿の造営に合わせて石柱橋を架橋しました。

松原橋

鴨川で最も古い橋は七条大橋!?

日本で初めて鉄筋コンクリートを素材に用いたアーチ橋である七条大橋と四条大橋。これは橋の上に路面電車を走らせるためでした。現在の七条大橋は架橋当初のもので、鴨川に架かる橋の中で最古のものです。

通し矢のモチーフ

ここがツウ

現在の七条大橋の高欄は1987(昭和62)年改修のもので、三十三間堂で行われる「通し矢」がモチーフです

制作:2021年10月
バックナンバー
第百六十八回 お精霊(しょらい)さんのお供え
第百六十七回 京の城下町 伏見
第百六十六回 京の竹
第百六十五回 子供の行事・儀式
第百六十四回 文豪と京の味
第百六十三回 普茶(ふちゃ)料理
第百六十二回 京都のフォークソング
第百六十一回 京と虎、寅
第百六十回 御火焚祭
第百五十九回 鴨川の橋
第百五十八回 陰陽師(おんみょうじ)
第百五十七回 京都とスポーツ
第百五十六回 貴族の別荘地・伏見
第百五十五回 京都の喫茶店
第百五十四回 京の刃物
第百五十三回 京都の南蛮菓子
第百五十二回 京の社家(しゃけ)
第百五十一回 京都にゆかりのある言葉
第百五十回 京のお雑煮
第百四十九回 京の牛肉文化
第百四十八回 京の雲龍図(うんりゅうず)
第百四十七回 明治の京都画壇
第百四十六回 京の名所図会(めいしょずえ)
第百四十五回 ヴォーリズ建築
第百四十四回 島原の太夫(たゆう)
第百四十三回 京の人形
第百四十二回 京の社寺と動物
第百四十一回 鳥居(とりい)
第百四十回 冬の食べ物
第百三十九回 能・狂言と京都
第百三十八回 京都と様々な物の供養
第百三十六回 京都とビール
第百三十五回 京都と鬼門(きもん)
第百三十四回 精進料理
第百三十三回 明治時代の京の町
第百三十二回 皇室ゆかりの建物
第百三十一回 京の調味料
第百三十回 高瀬川
第百二十九回 蹴鞠
第百二十八回 歌舞伎
第百二十七回 京都に残るお屋敷
第百二十六回 京の仏像 [スペシャル版]
第百二十五回 京の学校
第百二十四回 京の六地蔵めぐり
第百二十三回 京の七不思議<通り編>
第百二十二回 京都とフランス
第百二十一回 京の石仏
第百二十回 京の襖絵(ふすまえ)
第百十九回 生き物由来の地名
第百十八回 京都の路面電車
第百十七回 神様への願いを込めて奉納
第百十六回 京の歴食
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • 京阪沿線って?
  • K PRESSプレゼント
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪電車おでかけ情報 LINE
  • 京阪電車ファン情報 LINE
  • 京阪電車公式YouTube
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ