沿線おでかけ情報

京都ツウのススメ

第百七十五回 京表具(きょうひょうぐ)

写真提供:藤田月霞堂

京都で育まれた表具の技術と文化茶室や寺院などでよく見られる京表具は芸術性の高さで国内外から高い評価を得ています。書画を優雅に彩る京表具を「らくたび」の森明子さんが解説します。

基礎知識

其の一、

表具とは書や絵画を布や紙に貼り、掛軸や屏風(びょうぶ)などに仕立てたものです

其の二、

京表具の特徴は書画と裂地(きれじ)<織物>の美しい調和にあります

其の三、

京都では文化財の修復分野においても表具師が活躍しています

京表具の歴史が日本の表具の歴史そのもの

表具とは、書や絵を布や紙などに貼り、掛軸や屏風、襖(ふすま)などに仕立てたもの。中でも京都やその近隣で作られた素材を使い、京都府内で作られた表具を京表具と言います。平安時代から長く都だった京都には国内外から優れた表具が多く集まり、その結果職人の技術が向上し、感性が研ぎ澄まされていきました。卓越した技術と高い美意識を備えた職人たちが多くの名品を残してきた京表具の歴史は、日本の表具の歴史そのものとも言えます。

書画と裂地とのはんなりとした調和が特徴

表具の特徴は書画と裂地との上品な調和。主役である書画を引き立てながら、はんなりとした優雅さを感じさせるように仕上げます。京都で表具が作られ始めた平安時代は、経文や仏画の保護と保管のための表具が多かったのですが、鎌倉・室町時代に入って書院建築に「床の間」が登場したことをきっかけに、部屋の装飾品としても広く親しまれるようになりました。

京表具の歴史

表具を作ることを表装と言います。中国から伝えられた表装の技術と文化は都であった京都の街を中心に確立・発展していきました。表具の代表とも言える掛け軸の歴史を追ってみましょう。

平安時代京表具の誕生

京表具の始まりは平安時代と言われています。中国から仏教とともに伝えられた表装の技術は、経文を巻物にする際に用いられました。当時、京都の貴族の間では仏教画を掲げて供養することが盛んに行われており、その際も表具が多く使われていました。

鎌倉〜室町時代掛軸の広まり

京都を中心に禅宗が広まると、禅の教えに関わる書画の掛軸が多く作られるようになりました。さらに、武士の住居である書院建築が建てられるようになり「床の間」が登場すると、掛軸は室内装飾のひとつとして扱われるようになりました。

ここがツウ

室町幕府第8代将軍・足利義政の時代には京都・銀閣寺を中心に東山文化が花開きました。
京表具もそのひとつで、義政に仕えた能阿弥(のうあみ)・相阿弥(そうあみ)によって表装の形式が確立されました。

江戸時代〜現代茶の湯の広まりの中で種類も豊富に

京都をはじめ全国で茶の湯が盛んになると、茶室に合うように仕立てた掛軸が数多く作られました。茶の湯の隆盛の中で広く親しまれるようになった京表具は、現在でも和室に彩りを添えるものとして楽しまれています。

京表具Q&A

京表具の特徴は?

京表具を手本として発展してきた表具は、制作の手順や素材が全国どこでも同じです。その中でも京表具が確固たる地位を築いている理由は、本紙と呼ばれる書画と周囲に配置する裂地の見事な調和。本紙を保護し、引き立てることを第一にしつつ、上品に仕上げます。千年を超す長い歴史の中で培われた職人の技術と洗練された美意識がそれを支えているのです。

京表具の一例/写真提供:藤田月霞堂 京表具の一例/
写真提供:藤田月霞堂

なぜ、京都で発展してきたの?

大きな理由は京都が都であった時代に、国内外の名品が京都に集まったことにあり、京の表具師たちは優れた作品を見て、技術とセンスを磨いていきました。また、表具は何枚もの紙を重ねては乾かすという工程を踏みますが、風が少なく、寒暖差の大きい京都の気候も上質な表具作りに適していました。

ここがツウ

表具を豪華に仕上げる際には金襴という金糸の入った織物を使います。京表具の金襴のほとんどは京都・西陣で表装専用に織られています。

写真提供:藤田月霞堂 写真提供:藤田月霞堂

京表具師に求められる
修復の技術

表具師は新しい作品の表装だけでなく、古い書画の修復も行います。破れや虫食いは裏から和紙を貼って修繕し、水で洗うなどして汚れやシミを取り除きます。多くの作品に関わってきた京都の表具師のところには全国から修復の依頼があると言います。

たくさんの虫食いを丁寧に修復。新たな表装には絵の中の装束と同じ柄の裂地が用いられました。

写真提供:井上光雅堂

修復前 修復前
修復後 修復後

ここがツウ

国宝などの文化財の修復作業は京都国立博物館の敷地内にある文化財保存修理所で行われます。そこでも京の表具師たちの卓越した技術が頼りにされています。

制作:2023年3月
バックナンバー
第百九十回 幻の巨椋池(おぐらいけ)
第百八十九回 京都と魚
第百八十八回 京都とお花見
第百八十七回 京の歌枕(うたまくら)の地
第百八十六回 京都の地ソース
第百八十五回 『源氏物語』ゆかりの地
第百八十四回 京の煤払(すすはら)い
第百八十三回 京都の坪庭(つぼにわ)
第百八十二回 どこまで分かる?京ことば
第百八十一回 京都の中華料理
第百八十回 琵琶湖疏水と京都
第百七十九回 厄除けの祭礼とお菓子
第百七十八回 京都と徳川家
第百七十七回 京の有職文様(ゆうそくもんよう)
第百七十六回 大念仏狂言(だいねんぶつきょうげん)
第百七十五回 京表具(きょうひょうぐ)
第百七十四回 京の難読地名
第百七十三回 京の縁日
第百七十二回 京の冬至(とうじ)と柚子(ゆず)
第百七十一回 京都の通称寺
第百七十回 京都とキリスト教
第百六十九回 京都の札所(ふだしょ)巡り
第百六十八回 お精霊(しょらい)さんのお供え
第百六十七回 京の城下町 伏見
第百六十六回 京の竹
第百六十五回 子供の行事・儀式
第百六十四回 文豪と京の味
第百六十三回 普茶(ふちゃ)料理
第百六十二回 京都のフォークソング
第百六十一回 京と虎、寅
第百六十回 御火焚祭
第百五十九回 鴨川の橋
第百五十八回 陰陽師(おんみょうじ)
第百五十七回 京都とスポーツ
第百五十六回 貴族の別荘地・伏見
第百五十五回 京都の喫茶店
第百五十四回 京の刃物
第百五十三回 京都の南蛮菓子
第百五十二回 京の社家(しゃけ)
第百五十一回 京都にゆかりのある言葉
第百五十回 京のお雑煮
第百四十九回 京の牛肉文化
第百四十八回 京の雲龍図(うんりゅうず)
第百四十七回 明治の京都画壇
第百四十六回 京の名所図会(めいしょずえ)
第百四十五回 ヴォーリズ建築
第百四十四回 島原の太夫(たゆう)
第百四十三回 京の人形
第百四十二回 京の社寺と動物
第百四十一回 鳥居(とりい)
第百四十回 冬の食べ物
第百三十九回 能・狂言と京都
第百三十八回 京都と様々な物の供養
第百三十六回 京都とビール
第百三十五回 京都と鬼門(きもん)
第百三十四回 精進料理
第百三十三回 明治時代の京の町
第百三十二回 皇室ゆかりの建物
第百三十一回 京の調味料
第百三十回 高瀬川
第百二十九回 蹴鞠
第百二十八回 歌舞伎
第百二十七回 京都に残るお屋敷
第百二十六回 京の仏像 [スペシャル版]
第百二十五回 京の学校
第百二十四回 京の六地蔵めぐり
第百二十三回 京の七不思議<通り編>
第百二十二回 京都とフランス
第百二十一回 京の石仏
第百二十回 京の襖絵(ふすまえ)
第百十九回 生き物由来の地名
第百十八回 京都の路面電車
第百十七回 神様への願いを込めて奉納
第百十六回 京の歴食
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • 京阪沿線って?
  • K PRESSプレゼント
  • ぶらり街道めぐり
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ