沿線おでかけ情報

京都ツウのススメ

第百六十五回 子供の行事・儀式

写真協力:神谷 潔

子供の成長を願う行事や儀式虚空蔵菩薩にお参りする十三まいりなど、子供の成長過程の中で行われる行事や儀式を「らくたび」の谷口真由美さんが紹介します。

基礎知識

其の一、

京都には、子供の成長を祝う行事や儀式が多く伝わります

其の二、

「十三まいり」や成人の儀式など年齢の節目に行うものがあります

其の三、

夏にはお地蔵様に町内や子供の無事を願う「地蔵盆」が行われます

数え年13歳で虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)にお参り

七五三や端午の節句のような子供の成長を祝う行事は全国にありますが、京都には古くから伝わる行事がほかにもあります。年齢の節目に行われるものとしては、数え年で13歳になった子供が虚空蔵菩薩にお参りし、智恵や福徳を授けてもらう「十三まいり」が知られています。また、数え年で15〜16歳を迎えた男子が、大人の仲間入りをしたことを氏神様に報告し祝ってもらう、昔ながらの成人の儀式が伝わる地域もあります。

子供の健やかな成長を祈願

8月の「地蔵盆」では、お地蔵様に町内や子供の安全を祈願します。お地蔵様にお化粧し、ほこらの周囲を飾り付け、福引きなどの遊びを楽しむ夏の風物詩です。また、生後100日頃に、赤ちゃんが一生食べ物に困らないようにと行う「食べ初め」は、平安時代にも行われていた儀式。京都では「先に延ばした分だけ長生きできる」という言い伝えから、生後120日以降に行うこともあります。大人が子供の成長を願うのは、昔も今も同じです。

京都に伝わる子供の行事

京都に伝わる子供の行事

仏様や神様にお参りして智恵を授けてもらったり、
大人の仲間入りを報告する風習が受け継がれています。

十三まいり

数え年で13歳を迎えた子供が、智恵と福徳の神様である虚空蔵菩薩にお参りします。嵐山の法輪寺では春と秋に十三まいりが行われ、お参りの後に渡月橋を渡る際には、渡り切るまで振り返ってはいけないとされます。振り返ると授かった智恵が逃げると言われています。

ここがツウ

平安時代、清和天皇が数え年で13歳になった時、成人の証として法輪寺で法要を催したのが、十三まいりの始まりと伝わります

法輪寺

法輪寺

地蔵盆

お地蔵様をまつり、地域の子供の成長を願う地蔵盆は、地蔵菩薩の縁日である8月24日頃に行われます。ほこらを飾り付け、読経に合わせて大きな数珠を回す「数珠回し」を行ったり、子供のための福引きなどが用意されます。江戸時代に形成された京都の町では、それぞれの町を見守るお地蔵様がまつられました。そのため、地蔵盆の多くが町内の行事として開催されています。

地蔵盆

ここがツウ

明治時代にはお地蔵様の縁日「地蔵会」が盛んに。その時期がお盆の後に当たったことから、やがて「地蔵盆」と呼ばれるようになりました

三歳詣り

子供が3歳までにお参りすると、一生火除けのご利益があると伝わるのが、標高約924mの愛宕山の山頂に立つ愛宕神社。古くから火伏せや防火にご利益があると信仰を集め、7月31日夜から8月1日早朝にかけて参拝し、千日分の火伏せ・防火のご利益を求める「千日詣り」が有名です。
三歳詣りは、特に決まった日は設けられていません。

愛宕神社

愛宕神社

幸在祭

2月に行われる幸在祭は、数え年で15歳になる男子が大人の仲間入りをしたことを祝う、江戸時代初期からの伝統行事です。上賀茂地域では数え年で15歳になる男子を「あがり」と言い、農作業や地域の行事などで一人前の大人として扱われました。「あがり」となった男子は大島紬の着物に袖を通し、上賀茂神社など3つの社を参拝します。

ここがツウ

左京区の静原や木野には「烏帽子儀(えぼしぎ)」という成人儀礼が伝わります。数え年16歳の男子が大人の仲間入りをする木野愛宕神社の烏帽子儀は、京都市指定・登録の無形民俗文化財です

上賀茂神社

赤ちゃんのお祝い

赤ちゃんのお祝い

お宮参り

京都をはじめ関西では、お宮参りをする際、赤ちゃんの額に男児は「大」、女児は「小」の字を書く風習があります。平安時代に行われていた厄除けのおまじないに由来し「×」や「犬」と書かれることもありました。

お宮参り

食べ初め

平安時代、生後50日目や100日目に、市比賣(いちひめ)神社〈下京区〉から五十日之餅(いかのもち)や百日之餅(ももかのもち)を授かり、赤ちゃんの口に含ませる儀式「五十日百日之祝(いかももかのいわい)」が行われました。健やかな成長を祈るこの儀式は、現在の食べ始め(お食い初め)の発祥と伝わります。市比賣神社では、今でもこの祝いの餅が授与されています。

子供の守り神

明治天皇が幼少期に病にかかった際、三宅八幡宮に祈願したおかげで病から回復したことから子供の守り神として信仰を集めています。お宮参りの際に、神鳩であるつがいの鳩を授けてもらい、成人などの節目にお返しするという風習があります。

子供の守り神
制作:2022年5月
バックナンバー
第百六十八回 お精霊(しょらい)さんのお供え
第百六十七回 京の城下町 伏見
第百六十六回 京の竹
第百六十五回 子供の行事・儀式
第百六十四回 文豪と京の味
第百六十三回 普茶(ふちゃ)料理
第百六十二回 京都のフォークソング
第百六十一回 京と虎、寅
第百六十回 御火焚祭
第百五十九回 鴨川の橋
第百五十八回 陰陽師(おんみょうじ)
第百五十七回 京都とスポーツ
第百五十六回 貴族の別荘地・伏見
第百五十五回 京都の喫茶店
第百五十四回 京の刃物
第百五十三回 京都の南蛮菓子
第百五十二回 京の社家(しゃけ)
第百五十一回 京都にゆかりのある言葉
第百五十回 京のお雑煮
第百四十九回 京の牛肉文化
第百四十八回 京の雲龍図(うんりゅうず)
第百四十七回 明治の京都画壇
第百四十六回 京の名所図会(めいしょずえ)
第百四十五回 ヴォーリズ建築
第百四十四回 島原の太夫(たゆう)
第百四十三回 京の人形
第百四十二回 京の社寺と動物
第百四十一回 鳥居(とりい)
第百四十回 冬の食べ物
第百三十九回 能・狂言と京都
第百三十八回 京都と様々な物の供養
第百三十六回 京都とビール
第百三十五回 京都と鬼門(きもん)
第百三十四回 精進料理
第百三十三回 明治時代の京の町
第百三十二回 皇室ゆかりの建物
第百三十一回 京の調味料
第百三十回 高瀬川
第百二十九回 蹴鞠
第百二十八回 歌舞伎
第百二十七回 京都に残るお屋敷
第百二十六回 京の仏像 [スペシャル版]
第百二十五回 京の学校
第百二十四回 京の六地蔵めぐり
第百二十三回 京の七不思議<通り編>
第百二十二回 京都とフランス
第百二十一回 京の石仏
第百二十回 京の襖絵(ふすまえ)
第百十九回 生き物由来の地名
第百十八回 京都の路面電車
第百十七回 神様への願いを込めて奉納
第百十六回 京の歴食
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • 京阪沿線って?
  • K PRESSプレゼント
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪電車おでかけ情報 LINE
  • 京阪電車ファン情報 LINE
  • 京阪電車公式YouTube
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ