沿線おでかけ情報

京都ツウのススメ

第百二十四回 京の六地蔵めぐり

家内安全・無病息災を祈る六地蔵めぐり毎年8月に行われる六地蔵めぐりについて、らくたびの山村純也さんが紹介します。

基礎知識

其の一、

京都では、毎年8月に地蔵菩薩を参拝する六地蔵めぐりが行われます

其の二、

平安時代に、小野篁(おののたかむら)によって1本の木から6体の地蔵が彫られました

其の三、

疫病や災厄から都を守るため、6体の地蔵を街道の入り口に安置しました

地獄で出会った地蔵菩薩を彫る

平安時代初期、熱病を患い仮死状態となった公卿(くぎょう)・小野篁が、地獄に落ちて苦しむ人々を六道を巡って救済している地蔵菩薩に出会います。その地蔵菩薩から「地獄の苦しみと私のことを人々に伝えてほしい」と告げられた篁は、その後生き返ります。そして、1本の桜の木から六道にちなんで6体の地蔵を彫り、木幡の里(現在の六地蔵付近)に収めました。

京の六口に地蔵を安置

平安時代後期になると地蔵信仰が高まります。1157(保元2)年に都を病魔や魔物から守るため、後白河法皇の命を受けた平清盛は、西光法師に都の出入り口となる6カ所に六角形のお堂を建てさせました。そして篁が彫った地蔵菩薩をそれぞれのお堂にまつりました。これが六地蔵めぐりの始まりと言われています。現在、地蔵菩薩は6つの寺院に安置され、地蔵盆の行われる8月22日・23日にそれらを巡って無病息災を祈願し、お幡(はた)と呼ばれるお札を授かる六地蔵めぐりが行われます。

京の六地蔵を巡る

8月22日・23日に、京都の6街道の入り口(六口(ろくくち))に配された
地蔵菩薩を巡り、無病息災を祈る行事です。

地蔵菩薩

地蔵菩薩は、いずれも白塗りで鮮やかな装飾が施されて、現在は6つの寺院に安置されています。六地蔵めぐりの2日間のみ、地蔵菩薩が安置されている地蔵堂の戸板が外され、直接参拝することができます。

お幡

六地蔵めぐりでは、各寺に用意されている「お幡」(有料)と呼ばれるお札を集めます。6枚まとめて玄関に吊るすと、厄病退散や福徳招来のご利益があるとされています。前年のお幡は、各寺境内に用意された紐に結んだり、古札箱に収めます。

お幡

京の六口

各地から京都へ続く街道は、時代によって街道の数や道筋が変わっています。平安時代の主な街道は、奈良街道・西国街道・山陰街道・周山街道・鞍馬街道・東海道の6つで、その京の出入り口は六口と呼ばれています。

上善寺(じょうぜんじ)〔北区〕

863(貞観5)年に千本今出川に創建、1594(文禄3)年に現在の地へ。鞍馬口地蔵は明治時代の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)により、深泥池(みぞろがいけ)の畔にあった鞍馬街道近くから移されました。

鞍馬口地蔵

鞍馬口地蔵

鞍馬口地蔵

浄禅寺(じょうぜんじ)〔南区〕

文覚(もんがく)上人が開基。鳥羽地蔵の高さは約2.3mで、平安京のメインストリートだった朱雀大路から続く鳥羽街道に安置されました。

ここがツウ

浄禅寺では、8月22日・23日のみ京都市の指定文化財である平安時代作の十一面観音像を特別公開しています

鳥羽地蔵

鳥羽地蔵

鳥羽地蔵

源光寺(げんこうじ)〔右京区〕

嵯峨天皇の第3皇子で左大臣の源常(みなもとのときわ)が創建したとも、源義経の母・常盤(ときわ)御前が居住した常盤院が起源とも伝わります。常盤地蔵は6体の中で一番小さな地蔵菩薩です。

ここがツウ

鞍馬口地蔵が姉子地蔵と呼ばれるのに対し、一番小さな常盤地蔵は、乙子(おとご)地蔵と呼ばれています。乙子とは末っ子の意味です

常盤地蔵

常盤地蔵

常盤地蔵

地蔵寺(じぞうじ)〔西京区〕

桂大納言と呼ばれた源経信(みなもとのつねのぶ)の別邸が寺に改められたとされています。木の最下部から彫られた桂地蔵は、室町時代中期に七条通西の山陰街道口から現在の地へ移されました。

ここがツウ

桂地蔵は、高さ約2.65mもある一番大きな地蔵です。そのことから「大きい=お姉さん」といった意味で「姉井地蔵」とも呼ばれています

桂地蔵

桂地蔵

桂地蔵

大善寺(だいぜんじ)〔伏見区〕

六地蔵発祥の地

705(慶雲2)年に法雲寺として創建。852(仁寿2)年に篁が彫った6体の地蔵を安置したことから、六地蔵と呼ばれるようになりました。伏見六地蔵は、真綿が蚕から作られることから、虫の供養の意味を込めて綿をかぶっています。

伏見六地蔵

伏見六地蔵

伏見六地蔵

徳林庵(とくりんあん)〔山科区〕

1550(天文19)年に創建。山科地蔵は東海道の守護仏として慕われてきました。

山科地蔵

山科地蔵

山科地蔵

制作:2018年8月
バックナンバー
第百三十五回 京都と鬼門(きもん)
第百三十四回 精進料理
第百三十三回 明治時代の京の町
第百三十二回 皇室ゆかりの建物
第百三十一回 京の調味料
第百三十回 高瀬川
第百二十九回 蹴鞠
第百二十八回 歌舞伎
第百二十七回 京都に残るお屋敷
第百二十六回 京の仏像 [スペシャル版]
第百二十五回 京の学校
第百二十四回 京の六地蔵めぐり
第百二十三回 京の七不思議<通り編>
第百二十二回 京都とフランス
第百二十一回 京の石仏
第百二十回 京の襖絵(ふすまえ)
第百十九回 生き物由来の地名
第百十八回 京都の路面電車
第百十七回 神様への願いを込めて奉納
第百十六回 京の歴食
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • 京阪沿線って?
  • K PRESSプレゼント
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪電車公式LINE
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ