沿線おでかけ情報

おでかけナビ

  • 条件を
    指定する
    • カテゴリー

1〜10件 / 32件 前へ 1234 次へ

特別展「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」 [大阪市立東洋陶磁美術館]

フランス宮廷に育まれ、時代とともに変化し続けてきたセーヴル磁器製作所。本展では、変化しながらも常に優雅で洗練された作品を製作し続けてきたセーヴル磁器の魅力がセーヴル陶磁都市の所蔵作品約130件と共に紹介されます。

2018年4月7日(土)~7月16日(祝・月) 9時30分~16時30分(17時閉館)

エリア
大阪
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
淀屋橋駅、北浜駅、なにわ橋駅

特別展「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」 [大阪市立東洋陶磁美術館]

史跡御土居の青もみじ [北野天満宮]

「御土居」とは、豊臣秀吉が洛中洛外の境界として、また水防のために京都のまわりに築いたとされる土塁を指します。約350本のもみじがある御土居が公開され、清々しい青もみじを楽しむことができます。

2018年4月14日(土)~6月30日(土) 9時~16時

エリア
洛中
カテゴリ
社寺行事

史跡御土居の青もみじ [北野天満宮]

2018年通年特別展「大西郷展」 第3期 薩長同盟から大政奉還へ [幕末維新ミュージアム 霊山歴史館]

薩長同盟から王政復古、鳥羽伏見の戦い、江戸城無血開城に主導的役割を果たした西郷隆盛に焦点を当て、その生涯をたどります。直筆の詩書や木戸孝允・大久保利通などの資料、坂本龍馬・新選組など西郷を取り巻く人びとの資料が豊富に展示されます。

2018年5月15日(火)~9月2日(日) 10時~17時(17時30分閉館) ※7/21(土)~8/31(金)は18時まで(18時30分閉館)

エリア
東山
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
祇園四条駅

2018年通年特別展「大西郷展」 第3期 薩長同盟から大政奉還へ [幕末維新ミュージアム 霊山歴史館]

京都水彩散歩 —水彩画でめぐる京の四季— [京セラ美術館]

2006年4月より京阪電車の情報誌「K PRESS」の表紙を担当する黒岩多貴子氏の展覧会です。K PRESS表紙画を中心に、京都の代表的風景を描いた水彩画など約60点が展示されます。

2018年5月19日(土)~7月1日(日) 10時~16時30分(17時閉館)

エリア
洛南
カテゴリ
展覧会

京都水彩散歩 —水彩画でめぐる京の四季— [京セラ美術館]

平成30年度 初夏展【泰房庵コレクション】近代中国のフレンドリーな花鳥・山水画を中心に [八幡市立松花堂美術館]

花鳥画は古くから長寿延命など、幸福や繁栄を表す吉祥のモチーフが用いられてきました。 江戸時代以降、日本を訪れた中国の画人の花鳥画、山水画のほか、中国や日本の陶磁器(中国の染付、奈良の赤膚焼、南山城の鹿背山焼)などあわせて約40点が展示されます。

2018年5月26日(土)~7月8日(日) 9時~16時30分(17時閉館)

エリア
洛南
カテゴリ
展覧会

平成30年度 初夏展【泰房庵コレクション】近代中国のフレンドリーな花鳥・山水画を中心に [八幡市立松花堂美術館]

絵描きの筆ぐせ、腕くらべ -住友コレクションの近代日本画 [泉屋博古館(せんおくはくこかん)]

大阪・京都・東京など各画壇で活躍した日本画家たちの作品には、近代の絵描きならではの個性的な筆法と古典に倣った特徴ある筆致が見られます。住友家収集の近代日本画の展示により、その「筆ぐせ」の魅力が紹介されます。

2018年5月26日(土)~7月8日(日) 10時~16時30分(17時閉館)

エリア
東山
カテゴリ
展覧会

絵描きの筆ぐせ、腕くらべ -住友コレクションの近代日本画 [泉屋博古館(せんおくはくこかん)]

生誕150年 横山大観展 [京都国立近代美術館]

横山大観の没後60年を記念した回顧展。大観は、西洋から様々なものが押し寄せる時代の中、日本の絵画の伝統的な技法を継承しつつ、時に改変を試みました。また主題についても従来の型から抜け出し注目を集めました。こうした手法はさらに広がりを見せ、自在な画風と深い精神性をそなえた数々の大作を生み出しました。代表作を中心に、新出作品 ...

2018年6月8日(金)~7月22日(日) 9時30分~16時30分(17時閉館) ※6月の金・土曜は19時30分まで(20時閉館) 、7月の金・土曜は20時30分まで(21時閉館) ※期間中展示替えあり

エリア
東山
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
神宮丸太町駅

生誕150年 横山大観展 [京都国立近代美術館]

「蛇足庵コレクション 江戸のなぞなぞ-判じ絵-」 [細見美術館]

「判じ絵」とは、「絵」を判じて(解く、推理する)答えを導き出す遊びで、江戸時代に広く庶民に流行した絵で見るなぞなぞです。江戸名所や京名所、日本各地の地名、人気役者に力士、動植物など、あらゆるものが判じ絵に取り上げられました。判じ絵を数多く所蔵する蛇足庵のコレクションより、選りすぐりの作品約100点が展示され、人々の遊び ...

2018年6月9日(土)~8月19日(日) 10時~17時30分(18時閉館)

エリア
東山
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
神宮丸太町駅

「蛇足庵コレクション 江戸のなぞなぞ-判じ絵-」 [細見美術館]

ビッグコミック50周年展‐半世紀のビッグな足跡 [京都国際マンガミュージアム]

2018年に創刊50周年を迎えたマンガ雑誌「ビッグコミック」(小学館)。創刊当時から現在に至る掲載作品の原画や複製原画パネル、資料・雑誌など約200点が展示されます。「大人のためのコミック誌」という領域を切り拓いたそのあゆみが、その誌面を飾った名作の数々とともに紹介されます。

2018年6月9日(土)~9月2日(日) 10時~17時30分(18時閉館)

エリア
洛中
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
三条駅

ビッグコミック50周年展‐半世紀のビッグな足跡 [京都国際マンガミュージアム]

特集展示 新収品展 [京都国立博物館]

2010(平成22)~2017(平成29)年3月末までに収集された作品が、初めてまとまった形で展示されます。国宝「漢書楊雄伝(かんじょようゆうでん)第五十七」や、尾形光琳と乾山の合作である重文「銹絵寒山拾得図(さびえかんざんじっとくず)角皿」など、バラエティに富んだ名品の数々が楽しめます。

2018年6月12日(火)~7月16日(祝・月) 9時30分~16時30分(17時閉館) ※6月の金・土曜は19時30分まで(20時閉館)、7月の金・土曜は20時30分まで(21時閉館)

エリア
東山
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
七条駅

特集展示 新収品展 [京都国立博物館]

1〜10件 / 32件 前へ 1234 次へ

  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ