京阪沿線 Art Collection

京阪沿線で開催される、注目の展覧会をご紹介します。今度の休日は、京阪電車で美術館・博物館にでかけてみませんか。

京阪に乗って美術館・博物館へ

  • ピックアップ
  • 沿線の展覧会情報
  • 展覧会スケジュール

ピックアップ

ページの先頭へ

ヴィットーレ・カルパッチョ 《聖母マリアのエリサベト訪問》 油彩/カンヴァス ヴェネツィア、ジョルジョ・フランケッティ美術館(カ・ドーロ)

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ 《受胎告知》 油彩/カンヴァス ヴェネツィア、サン・サルヴァドール聖堂

ヤコポ・ティントレット(本名ヤコポ・ロブスティ) 《聖母被昇天》 油彩/カンヴァス

パオロ・ヴェロネーゼ(本名パオロ・カリアーリ) 《レパントの海戦の寓意》 油彩/カンヴァス

国立国際美術館 渡辺橋駅・中之島駅 日伊国交樹立150周年特別展 アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち 2016年10月22日(土)~ 2017年1月15日(日)

国立国際美術館にて、ヴェネツィアのルネサンス期の名画が登場する展覧会が開催。ヴェネツィア絵画を数多く所蔵するアカデミア美術館より選ばれた57点が展示されます。

ルネサンスとは、14世紀頃にイタリアを中心に起こった芸術運動のことをいいます。ルネサンス時代におけるヴェネツィアの画家たちは、自由奔放な筆遣い、豊かな色彩表現、大胆で劇的な構図を持ち味とし、見る人の感情や感覚に直接訴えかけるような作品を数多く生み出しました。

展示作品は、ベッリーニからカルパッチョ、ティツィアーノ、ティントレット、ヴェロネーゼまで、15~17世紀初頭に活躍した名だたる画家たちの傑作ばかり。
なかでも、ヴェネツィア絵画最大の巨匠ティツィアーノが晩年に描いた大作「受胎告知」(サン・サルヴァドール聖堂)は、実際に現地の教会で使用されている祭壇画であり、この展覧会の見どころです。

日本国内ではほとんど例がない、ルネサンス時代のヴェネツィア絵画にスポットをあてた展覧会です。水の都ヴェネツィアのルネサンス時代を彩った名画の数々を、この機会に味わってみてはいかがでしょうか。

展覧会担当者からのひとこと

この展覧会は、日本とイタリアの修好条約締結150周年を記念し、イタリア政府による協力の下で開催されるもので、イタリアでも国宝級の傑作が多数来日します。

今回は、ヴェネツィアにおけるルネサンス期、15~16世紀に活躍した代表的な作家に焦点を当てた内容となっています。ルネサンスといえば、一般的にダ・ヴィンチやミケランジェロらが活躍した発祥の地・フィレンツェのイメージが強いかと思いますが、ヴェネツィアではフィレンツェとは異なる個性豊かな表現が生み出されました。
そのひとつが色彩表現です。ヴェネツィア絵画は、特に青や赤、ピンクの鮮やかな色遣いや、光と影の効果に目を惹かれます。ヴェネツィアは海に面した街であるためか、明るい光や色彩に親しみがあったのかもしれません。また、当時は鮮やかな色を生み出す絵具は高級品でしたから、それを豊富に絵に用いることができた当時のヴェネツィアの繁栄ぶりを感じさせます。

もうひとつの特徴が、大胆で劇的な構図です。例えば、今回の展示の目玉であるティツィアーノ最晩年の作品「受胎告知」は、実物の高さは4mにも及ぶ、実際に教会の壁に飾られている祭壇画です。この作品では、見る人は下から絵を見上げるかたちになることを考慮して、画面下部の人物を大きく上の人物は小さく描いて遠近感を強調しています。まるで映画か舞台の1シーンを見ているかのようなドラマチックな雰囲気が味わえる作品です。
この表現はティツィアーノの後に活躍したティントレットの作品にも見ることができます。「聖母被昇天」では、天に上る聖母マリアにあわせて空間が回転しながら上昇していくような構図が使われています。
また、ヴェロネーゼの「レパントの海戦の寓意」は、オスマン・トルコとの戦いに勝利したという時事性のあるテーマを宗教画と組み合わせたユニークな構成の作品です。当時はすべてのことは神の導きと考えられていましたので、戦いに神が勝たせてくださったということを表現しようとしたのでしょう。イエス・キリストと弟子たちが立つ雲からあふれた光が、ヴェネツィアをはじめとした連合軍側に降り注いでいて、どこかマンガ的な表現になっています。
この他にも、カルパッチョの「聖母マリアのエリザベト訪問」は、聖書の物語の一場面を描いた典型的な宗教画なのですが、背景の建物は当時のヴェネツィアの邸宅らしいデザインになっているうえ、富の象徴としてペルシャ絨毯が描かれています。おそらく注文主を意識したものなのでしょう。このようなどこか遊び心を感じさせる作品も見ることができます。

ヨーロッパの古典絵画といえばやはり宗教画が主体となりますが、ヴェネツィア・ルネサンスにおける宗教画は親しみやすく、見る人の感情に直接訴えかけるような、難しく考えずとも楽しめる作品が多く見られます。構図や色遣い、人物の表情など、自分なりに気になるポイントを見つけながらご覧になってみてください。

そして、どれも遠くイタリアの美術館や教会でなければ普段は見ることのできない作品ばかりです。ぜひこの機会に、ヴェネツィアならではのルネサンス絵画との出会いを楽しんでいただければと思います。

(国立国際美術館 学芸課長 中井康之さん)

ページの先頭へ

アメンエムオペト王の黄金のマスク 第3中間期 第21王朝(前993~984年頃)国立カイロ博物館所蔵

アメンエムペルムウトの彩色木棺とミイラ・カバー 第3中間期 第21王朝(前1069~945年頃)国立カイロ博物館所蔵

クヌムト王女の襟飾り 中王国時代 第12王朝(前1911~1877年頃)国立カイロ博物館所蔵

ロイとマヤのピラミディオン 新王国時代 第18王朝末(前1336~1295年頃)国立カイロ博物館所蔵

京都文化博物館 三条駅・地下鉄 烏丸御池駅 国立カイロ博物館所蔵 黄金のファラオと大ピラミッド展 2016年10月1日(土)~12月25日(日)

世界一の古代エジプト文明コレクションを有する、エジプトの国立カイロ博物館。その18万点以上の所蔵品から選ばれた傑作が並ぶ展覧会が、京都文化博物館で開催されます。

展示作品は、日本における古代エジプト研究の第一人者・吉村作治監修。ピラミッド建築に関する品々や偉大なファラオたちの姿を今に伝える像、きらびやかなアクセサリー、古代エジプトの人々の暮らしや文化を知ることができる副葬品の数々、黄金のマスクやミイラを納めた木棺など、カイロ博物館の誇る100点以上の至宝が並びます。

会場内には、特設の高精細4Kシアターも登場。ツタンカーメン王の黄金のマスクやルクソール神殿、3大ピラミッドなど、美しい映像でエジプトを旅する気分が味わえます。
古代エジプトの壮大なドラマを展覧会で味わってみてはいかがでしょうか。

展覧会担当者からのひとこと

これまでにも古代エジプトに関する展覧会は何度か開催されてきましたが、今回は本家本元、エジプトの国立カイロ博物館のコレクション作品をご紹介します。その中には、普段エジプト国外ではなかなかお目にかかる機会のない珍しいもの、貴重なものも含まれており、非常に豪華な内容の展覧会となっています。

例えば、冒頭に登場する「ロイとマヤのピラミディオン」。ピラミディオンとは、ピラミッドの頂点に置かれる飾り石のことです。現地に行ってもピラミッドの一番上にある石までは見ることはできませんし、多くは風化や落下により失われています。この機会にぜひご覧いただければと思います。

ピラミッド時代のファラオたちの章で展示する「クフ王とペピ1世像を伴うライオン女神像」は、近年新たに発見されたものです。巨大ピラミッドを作ったファラオとしてクフ王はあまりに有名ですが、彼に関する品はわずかしか残されていないため、この像が見つかった時には大変話題となりました。このような最新の学術的な発見もご紹介します。
ほかにも、同じく巨大ピラミッドを作ったファラオとして知られるカフラー王やメンカウラー王、中王国時代に最盛期を築いたアメンエムハト3世など、歴代のファラオたちの像がずらりと並びます。それぞれに威厳のある顔、優しそうな顔、気弱そうな顔と個性も豊かです。ぜひ会場で見比べてみてください。

他にも、女性たちがおしゃれやお守りとして身に着けた色鮮やかなアクセサリー、化粧用具のほか、楽器など、珍しい品々を多数ご覧いただけます。
面白いものでは、働く人々の姿を模した像もあります。パン焼き職人やビール職人、工房の様子を再現したジオラマのようなものもあります。当時の人々の生活を身近に感じることができる作品です。

そして、古代エジプトを語るうえで欠かせない独特の死生観についてもご紹介しています。「彩色木棺」に描かれた“死後の世界でのマニュアル”といえる「死者の書」は、それを代表するもの。また、今回の展示品の多くも、元はお墓の副葬品で、「死後の世界でも、生前と同じく快適に過ごせるように」という想いから作られたものです。日本人も死後の世界の概念を持っていますが、古代エジプトの人々は死後の世界により具体的なイメージを持ち、それを非常に大切にしていました。死生観を知ることで、壮大な古代エジプトの世界に親しみを持っていただけるのではと思います。

展示室は、非常にゆったりとした構成になっており、随所に監修者の吉村先生による解説もあって、家族でお楽しみいただける内容となっています。ぜひこの機会に、皆さんで古代エジプトの魅力や面白さに触れてみてください。

(京都文化博物館 学芸課 学芸員 村野正景さん)

ページの先頭へ

沿線の展覧会情報その他の展覧会情報はこちら!

大阪市立東洋陶磁美術館 なにわ橋駅・北浜駅・淀屋橋駅

特別展 台北 國立故宮博物院―北宋汝窯青磁水仙盆 2016年12月10日(土)~2017年3月26日(日)

台湾・台北市にある博物館・國立故宮博物院が所蔵する北宋汝窯青磁の展覧会が、大阪市立東洋陶磁美術館で開催されます。

展示の中心となる作品は、タイトルにもなっている「青磁水仙盆(せいじすいせんぼん)」。汝窯(じょよう)は中国北宋時代(960-1127)の末に宮廷用の青磁を生産していた窯です。汝窯青磁は空の青に例えられる美しい釉薬の色と、上品で端正な造形が特徴です。最盛期の汝窯はわずか40年ほどしか活動しておらず、世界でも今残っている作品は約70点と大変希少なものとなっています。

今回の展覧会では、その汝窯で作られた最高傑作とされる「青磁無紋水仙盆(せいじむもんすいせんぼん)」をはじめ、汝窯青磁水仙盆4点を展示。また、清朝の皇帝が「青磁無紋水仙盆」を手本に作らせたという景徳鎮官窯(けいとくちんかんよう)製の青磁水仙盆1点を海外で初めて公開します。
そして、東洋陶磁美術館が所蔵する汝窯青磁水仙盆もあわせて展示。日本と台湾両国の汝窯青磁が、歴史的に“再会”を果たします。

台湾では“神品至宝”といわれる、中国の歴代皇帝たちが愛した史上最高峰の青磁作品が一堂に集う、またとない機会です。

青磁無紋水仙盆(せいじむもん すいせんぼん) 汝窯 北宋・11世紀末~12世紀初 高6.7㎝、口径23.0×16.4㎝ 台北 國立故宮博物院 写真:六田知弘
青磁水仙盆(せいじ すいせんぼん) 汝窯 北宋・11世紀末~12世紀初 高5.7㎝、口径23.1×15.2㎝ 台北 國立故宮博物院 写真:六田知弘
青磁水仙盆(せいじ すいせんぼん) 汝窯 北宋・11世紀末~12世紀初 高6.8㎝、口径23.1×15.8㎝ 台北 國立故宮博物院 写真:六田知弘

ページの先頭へ

大阪南港ATC 淀屋橋駅のりかえ地下鉄・ニュートラム トレードセンター前駅

浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる-大阪の巻- 2016年11月26日(土)~2017年1月25日(水)※12月26日~31日は休館

『YAWARA!』『MONSTER』『20世紀少年』などで知られる漫画家・浦沢直樹。その作品の世界を一挙公開する展覧会が開催されます。

展覧会では、これまで発表された作品の原稿はもちろん、ストーリーの構想メモやネーム、秘蔵イラストやスケッチ、そして浦沢の原点ともいえる少年時代の"漫画ノート”まで、膨大かつ貴重な資料が展示されます。

原寸大の原画を単行本一巻まるごと展示するコーナーでは、『MONSTER』の最終巻をはじめ、『PLUTO』(手塚治虫 長崎尚志プロデュース 監修/手塚眞 協力/手塚プロダクション)や今年最終回を迎えた最新作『BILLY BAT』などの珠玉の原稿を公開。印刷では味わえない、紙とペンが生み出す原画ならではの息遣いを味わうことができます。

また、この展覧会だけの特別描き下ろし作品や映像コーナーのほか、『20世紀少年』のキーキャラクター“ともだち”との記念撮影コーナーなども登場します。

スポーツからSF、ミステリーまで幅広いジャンルで読者を魅了してきた浦沢直樹。33年間にわたるその第一線での活躍を存分に堪能できる展覧会です。

(c)浦沢直樹・スタジオナッツ/『パイナップルARMY』 工藤かずや (小学館)/『PLUTO』 長崎尚志 手塚プロダクション (小学館)/『MASTERキートン』 勝鹿北星 長崎尚志 (小学館)/『MASTERキートン Reマスター』 長崎尚志 (小学館)/『BILLY BAT』 長崎尚志 (講談社)
『20世紀少年』 (c)浦沢直樹・スタジオナッツ 小学館
『YAWARA!』 (c)浦沢直樹・スタジオナッツ 小学館
『YAWARA!』 (c)浦沢直樹・スタジオナッツ 小学館

ページの先頭へ

幕末維新ミュージアム 霊山歴史館 祇園四条駅

龍馬 ~未来への旅立ち 第2期 2016年11月1日(火)~12月25日(日)

2016年は薩長同盟の成立から150年の節目にあたります。これを機に、その締結に大きく貢献した坂本龍馬と彼に関わる人々について探る展覧会が、霊山歴史館で開催されています。

展示品は、初公開の品を含め約100点。龍馬が姉・乙女や海援隊の隊士たちなどに宛てて書いた書状の数々をはじめ、龍馬とともに薩長同盟締結に尽力した木戸孝允(桂小五郎)と西郷隆盛の関連資料、そして龍馬暗殺に深く関わったとされる京都見廻組に関する資料などが並びます。
また、今回は福井市立郷土歴史博物館が所蔵する龍馬の活動を後押しした福井藩主・松平春嶽や彼と親しかった土佐藩主・山内容堂、そして大政奉還を行った最後の将軍・徳川慶喜などの関連資料も出展されます(12月4日まで)。
このほかにも、龍馬と同時代を生きた新選組に関する資料もあわせて紹介されます。

来年は坂本龍馬の没後150年目にもあたる年ということもあり、幕末・明治という時代が話題となっています。この機会に、新しい時代に向けて奔走した龍馬と周辺の人々の生き様に触れてみてはいかがでしょうか。

坂本龍馬筆 新政府綱領八策 (複製)  
坂本龍馬 肖像画 公文菊僊筆
「龍馬を斬った刀(上段)」脇差・銘 越後守包貞(偽銘)

ページの先頭へ

大阪歴史博物館 天満橋駅・地下鉄 谷町四丁目駅

特集展示 新発見!なにわの考古学2016 2016年11月16日(水)~12月26日(月)

大阪歴史博物館では、平成27年度に行われた大阪市内の遺跡発掘調査を紹介する展覧会が開催されます。

展示品の中心は、約200点の出土資料。弥生時代や古墳時代の遺跡から見つかった土器群をはじめ、室町時代の瓦や硯、笄(こうがい)、明治時代に軍が大阪城の敷地を接収して作った大阪鎮台(おおさかちんだい)で使われた食器や文房具などの遺物など、さまざまな資料が並びます。
また、長年行われてきた豊臣時代の大坂城に関する発掘調査成果についても紹介されるほか、会期中には講演会や展示解説も予定されています。

大都市・大阪の下に眠っていた長い歴史の一端に触れられる、貴重な機会です。

古墳時代後期の須恵器(6世紀前半) 北区長柄西遺跡B地点出土 大阪文化財研究所保管 
大阪鎮台関連の遺物 明治時代 中央区大坂城跡出土 大阪文化財研究所保管
金箔押桐文方形飾瓦 豊臣期(16世紀末~17世紀初) 中央区大坂城跡出土 大阪歴史博物館蔵 大阪市指定有形文化財

ページの先頭へ

ページの先頭へ

展覧会スケジュール2016年11月~2017年1月

 下記の展覧会名をクリックすると展覧会の詳細情報へ移動します。

  • 龍馬 ~未来への旅立ち ● 第2期 2016年11月1日(火)~12月25日(日) ● 幕末維新ミュージアム 霊山歴史館
  • 国立カイロ博物館所蔵 黄金のファラオと大ピラミッド展 ●2016年10月1日(土)~12月25日(日) ● 京都文化博物館
  • 特別展 台北 國立故宮博物院―北宋汝窯青磁水仙盆 ● 2016年12月10日(土)~2017年3月26日(日) ● 大阪市立東洋陶磁美術館
  • 浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる-大阪の巻- ●2016年11月26日(土)~2017年1月25日(水) ● 大阪南港ATC
  • 特集展示 新発見!なにわの考古学2016 ● 2016年11月16日(水)~12月26日(月)) ● 大阪歴史博物館
  • 日伊国交樹立150周年特別展 アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち ●2016年10月22日(土)~ 2017年1月15日(日) ● 国立国際美術館

ページの先頭へ

おけいはん.ねっと

  • 利用規約
  • プライバシーポリシー