京阪沿線 Art Collection

京阪沿線で開催される、注目の展覧会をご紹介します。今度の休日は、京阪電車で美術館・博物館にでかけてみませんか。

京阪に乗って美術館・博物館へ

  • ピックアップ
  • 沿線の展覧会情報
  • 展覧会スケジュール

ピックアップ

ページの先頭へ

重要文化財「千手観音立像」平安時代 寿宝寺蔵
重要文化財「十一面観音立像」平安時代 禅定寺蔵
重要文化財「一休宗純像」 自賛 室町時代 酬恩庵(一休寺)蔵

京都国立博物館 七条駅 特別展覧会 南山城の古寺巡礼 2014年4月22日(火)~6月15日(日)

京都府南部、木津川の流域に広がる南山城(みなみやましろ)の寺院群が持つ宝物や資料を中心とした約140件の文化財が紹介される展覧会が、京都国立博物館で開催されます。

南山城には、奈良時代や平安時代に創建された歴史ある寺院が点在しています。
今回は、崖に彫られた巨大な仏像「摩崖仏(まがいぶつ)」で知られる笠置寺(かさぎでら)や「一休さんの寺」として知られる酬恩庵(しゅうおんあん)など、有名寺院をはじめとする10数か所の寺院を紹介。展示品として、禅定寺(ぜんじょうじ)所蔵の「十一面観音立像」(重文)などの仏像、仏画、金工品、陶磁器、古文書、遺跡から出土した考古資料などが登場します。新発見や初公開のものはもちろん、完全非公開の秘仏など、普段お寺を訪ねても見ることのできない貴重な文化財も特別に展示されます。
一度にめぐることが難しい山間の古寺に伝わる宝物を、まとめて楽しめる展覧会です。

展示担当者からのひとこと

南山城は都市と都市の間にあるため、現在では電車などで通りすぎてしまわれがちな地域です。また、今回ご紹介する寺院も、山の上や山間部など足を運びにくい場所にあるものが多く、一般にはあまり知られていない寺院がほとんどかと思います。その理由もあり、現在でも寺院周辺は聖地らしい静かな環境が保たれており、貴重な文化財が多数伝えられています。

今回の展覧会に際して、京都国立博物館では寺院の文化財調査を3年間かけて行いました。何度も現地に足を運びましたが、「知られていないところにこそ、いいものがある」ということを実感しました。南山城の寺院には、京都と奈良の文化が混在した独特の雰囲気があり、特に仏像に関しては優れた作品が多数そろっています。今回は平安・鎌倉時代を中心に、国宝・重文を含め20点以上の貴重な仏像が登場します。京都国立博物館でこれだけ仏像を展示する展覧会は久しぶりです。

目玉作品といえるのは、展覧会のメインビジュアルに使われている藤原摂関家ゆかりの寺・禅定寺の「十一面観音立像」。これは平安初期の作品で、高さが2.8メートルもある大変迫力ある仏像です。南山城には美しい十一面観音像が多数残っており、重要文化財だけでも8点あります。今回はこの禅定寺のものを含め、そのうち3点が登場します。非公開のものも多いので、これだけの数が一挙にそろう機会はまずありません。
ほかにも、細やかな手の造形が大変美しい寿宝寺(じゅほうじ)の「千手観音像」や、天に向かって弓を引く姿が個性的な神童寺(じんどうじ)の「愛染明王坐像(天弓愛染明王)」など、ユニークな作品が多数登場します。仏像ファンの方には本当に見逃せない内容になっていると思います。

仏像以外では、一休さんゆかりの寺として有名な酬恩庵の所蔵品も面白いです。ここには一休さんの遺品が多数伝わっていて、今回は網代笠(あじろがさ)や靴、靴下、教科書にも登場する肖像画のなかで身につけている黄衣(こうい/僧侶の身分を示す着物)の実物を展示します。どれも生きた一休さんの姿を感じられる品々ですが、寺院の外に出るのは今回が初めてとなります。網代笠などは寺院でも全く公開していないそうですので、見ることができるのはこの展覧会だけと言ってもいいかもしれません。ぜひご注目いただきたいです。

展示方法も、寺院ごとに作品をまとめてご紹介する形式となっていますので、「古寺巡礼」のタイトルどおり、お寺めぐりをする感覚で楽しんでいただけます。有名な大寺院の展覧会とは違う、小さなお寺をいくつも訪れる面白さを味わっていただきたいと思います。
日頃見ることのできない寺院の貴重な文化財を、これだけの数でまとめて見られる機会はまずありませんので、お見逃しなくご覧いただきたいです。そして、この展覧会をきっかけに、南山城地域にも興味をもっていただければ嬉しいです。

(京都国立博物館 学芸部 企画室長 宮川禎一さん)

ページの先頭へ

アンドレアス・グルスキー《99セント》1999年 C‐プリント 207×325×6.2(cm)(c)ANDREAS GURSKY / JASPAR, 2013/14 Courtesy SPRUTH MAGERS BERLIN LONDON

アンドレアス・グルスキー《カミオカンデ》2007年 C‐プリント 228.2×367.2×6.2(cm)(c)ANDREAS GURSKY / JASPAR, 2013/14 Courtesy SPRUTH MAGERS BERLIN LONDON

アンドレアス・グルスキー《ピョンヤンI》2007年 C‐プリント 307×215.5×6.2(cm)(c)ANDREAS GURSKY / JASPAR, 2013/14 Courtesy SPRUTH MAGERS BERLIN LONDON

国立国際美術館 渡辺橋駅 アンドレアス・グルスキー展 2014年2月1日(土)~5月11日(日)

ドイツ出身で国際的に注目を集めている写真家アンドレアス・グルスキーによる日本初の個展です。
現実にある風景や建物などをモチーフとしながらも、すべてが等しく広がっていくように感じさせる独特の視覚表現が彼の特徴。写真表現の新たな境地を開拓し、世界的に高い評価を受けています。
今回は1980年代の初期作品から、「99セント」、「カミオカンデ」などの代表作、最新作の「カタール」まで、約50点が一堂に会します。
展示はグルスキー自身が監修し、撮影時期も場所も大きさも異なる作品を、年代順やシリーズ別に分けずに並置する斬新な構成も見どころです。
著名人にもファンが多く、代表作のひとつが存命の作家の写真作品では史上最高の落札額が付けられるなど、ますます注目を集めているグルスキー。その魅力をじっくりと堪能できる貴重な機会です。

企画担当者からのひとこと

アンドレアス・グルスキーは、日本ではこれまでグループ展で紹介されることはありましたが、個展は今回が初めてです。今回は東京・大阪の2会場で開催し、昨年の夏に行われた東京展ではのべ12万人を動員しました。リピーターも多く、大阪展も多方面から注目をいただいています。

今回はグルスキーが作家活動を始めた初期から近作まで、主要な代表作が出展されます。展示作品はすべてグルスキー自身が厳選し、彼が実際に会場を視察したうえで展示構成を練っています。会場全体がグルスキーの一作品として見ることもできます。作品一つひとつにじっくりと向き合えますので、彼の世界観や魅力を存分にご覧になっていただけます。

グルスキーは世界各地で撮影を行っていますが、日本を舞台にした作品もあり、親しみもわくと思います。特に「東京証券取引所」は、グルスキーにとってターニングポイントとなった重要な作品です。それまで彼は自然の風景を中心に撮影していましたが、この作品で初めて群集をモチーフにしました。以来、その時々の社会や経済の姿を鋭く見つめた作品を次々に生み出しています。
「カミオカンデ」は、岐阜県にあるニュートリノ検出装置「スーパーカミオカンデ」が、グルスキーの来日時に修理中で機能停止していたために撮影できた作品です。この作品でグルスキーは撮影した写真をデジタル加工し、撮影時には存在しなかった水面のある風景を作り出しています。

グルスキーは大型プリントやデジタル加工など、現代における写真の表現技術を最大限に活かして、現実と非現実の境界線を示すような新たな写真表現の境地を作品に示しているのです。
分割撮影したイメージを組み合わせることで、遠くの棚に並んだ商品や観客席の隅にいる人など、大型の作品でも隅々までピントが合っています。会場では、絵画鑑賞をするように、作品に近づいたり離れたりしてご覧になることもできるでしょう。

グルスキーの作品は見るたびに「ここはこうなっていたのか」と新しい発見がありますし、見る人によって感じる印象も異なるでしょう。ご家族やご友人など、さまざまな人と一緒にご覧いただけると、自分とは違う見方を知ることができ、より展覧会を楽しめると思います。ぜひ皆さんお誘いあわせのうえ、お越しください。

(国立国際美術館 主任研究員 植松由佳さん)

ページの先頭へ

沿線の展覧会情報その他の展覧会情報はこちら!

大阪歴史博物館 天満橋駅・地下鉄 谷町四丁目駅

特別展 上方の浮世絵―大坂・京都の粋(すい)と技(わざ)― 2014年4月19日(土)~6月1日(日)

浮世絵といえば、葛飾北斎や歌川広重などが描いた「江戸絵」のイメージが強いですが、大阪や京都でも「上方絵(かみがたえ)」と呼ばれる浮世絵が人気を集めていました。大阪歴史博物館で行われるこの展覧会は、約40年ぶりの大規模な上方絵展で、初公開を含め200件以上もの上方絵が一挙に公開されます。

展示作品は、江戸中期から明治時代までに制作されたものが中心。大阪の浮世絵師・柳斎重春(りゅうさい・しげはる)の「四代目中村歌右衛門の業平(なりひら)」などの役者絵、京都の絵師・西川祐信(にしかわ・すけのぶ)の「四季風俗図巻」などの風俗画のほか、台所の火除け札として使われた有楽斎長秀(うらくさい・ながひで)「申の年大小暦」といったユニークな作品も登場します。

上方絵は、美化や誇張した表現を特徴とした江戸の浮世絵に対し、より表現が写実的という特徴があげられます。役者絵では顔をより本人に近づけ人間味を持つように描き、人物だけでなく道具に至るまで細部を丁寧に描写します。また、町の賑わいや名所の風景を活き活きと描いた作品が多いのも特徴のひとつです。これは商人が文化を育てた関西ならではの影響があるといわれています。

上方絵は、海外では「Osaka Prints」と呼ばれ、大英博物館などの有名美術館でもコレクションされるほど世界的に高い評価を受けています。江戸絵とは一味違うその魅力に、この展覧会で触れてみてはいかがでしょうか。

四季風俗図巻のうち花見 西川祐信 享保年間(1716~36) 千葉市美術館蔵 ※前期(4月19日~5月6日)展示 四季風俗図巻のうち紅葉狩り 西川祐信 享保年間(1716~36) 千葉市美術館蔵 ※後期(5月8日~6月1日)展示 申の年大小暦 有楽斎長秀 天保7年(1836) 個人蔵 四代目中村歌右衛門の業平(なりひら) 柳斎重春(りゅうさいしげはる) 天保9年(1838) 山村流六世宗家 山村若氏蔵

ページの先頭へ

大阪市立東洋陶磁美術館 なにわ橋駅・北浜駅・淀屋橋駅

特別企画展 蓮-清らかな東アジアのやきもの×写真家・六田知弘の眼 2014年4月12日(土)~7月27日(日)

大阪市立東洋陶磁美術館の所蔵品のうち「蓮」を描いた作品約60点と、写真家・六田知弘(むだ・ともひろ)氏の蓮の写真約50点による展覧会です。東洋のやきものと写真の双方を通じて蓮の持つ魅力が紹介されます。

蓮は東アジアの幅広い地域で親しまれ、絵画や工芸品の題材として好まれてきました。泥のなかから清らかな花を咲かせる様子は、仏教の教えや儒教の理想に例えられ、豊かな生活や愛情などの象徴としても考えられています。

例えば、中国・元時代に作られた「青花蓮池魚藻文壺(せいかれんちぎょそうもんつぼ)」(重文)には、蓮池とその間を泳ぐ2匹の魚が描かれており、これは男女や夫婦間の愛情を意味しています。展覧会ではほかにも、一輪の蓮で儒教の理想である清廉さ・高潔さを表現した「青花辰砂蓮花文壺(せいかしんしゃれんかもんつぼ)」や、吉祥文様である鷺が満開の蓮の上にたたずむ姿を描いた「鉄砂虎鷺文壺(てっしゃとらさぎもんつぼ)」などが展示されます。
人々の祈りを今に伝えるやきものの蓮と、写真家が見つめた現代の蓮。その両面から、時代を超えて愛される「蓮」の美しさを堪能できます。

重文・青花 蓮池魚藻文 壺(せいか れんちぎょそうもん つぼ) 元時代・14世紀 高28.2㎝、胴径33.4㎝ 住友グループ寄贈(安宅コレクション) Acc.no.10802 撮影:六田知弘 青花辰砂 蓮花文 壺(せいかしんしゃ れんかもん つぼ) 朝鮮時代・18世紀後半 高44.6㎝、胴径34.2㎝ 安宅英一氏寄贈 Acc.no. 21128 撮影:六田知弘 鉄砂 虎鷺文 壺(てっしゃ とらさぎもん つぼ) 朝鮮時代・17世紀後半 高30.1㎝、胴径30.2㎝ 住友グループ寄贈(安宅コレクション) Acc.no. 20546 撮影:六田知弘 「蓮」写真:六田知弘

ページの先頭へ

何必館・京都現代美術館 祇園四条駅

没後55年 和の美を問う 北大路魯山人展 2014年3月25日(火)~6月29日(日)

書や絵画、漆芸、陶芸など、幅広い分野で活躍した京都ゆかりの芸術家・北大路魯山人。2014年に没後55年を迎えるにあたり、何必館・京都現代美術館では全館を使用して、北大路魯山人作品の展覧会が開催されます。

今回は、色鮮やかな大輪の椿が目を惹く「つばき鉢」や、魯山人の滑らかな筆跡の書を絵付した「呉須花入(ごすはないれ)」など、初公開を含む約120点の作品が紹介されます。
また、作品の展示は、花器は水を張り花を生ける、食器は取り合わせに工夫するなど、実際に使用するシーンを想定した形で作品が並びます。これは魯山人の作品が「実際に使う」ことを前提に生み出されたことを踏まえた、その魅力をより引き出すための展示方法であり、展覧会の見どころでもあります。
魯山人作品の本質を考え構成された空間で、彼が追い求めた美の世界が体感できます。

北大路魯山人「つばき鉢」1938年 何必館・京都現代美術館蔵 北大路魯山人「呉須花入」1949年 何必館・京都現代美術館蔵

ページの先頭へ

京都国立近代美術館 神宮丸太町駅・地下鉄 東山駅

Future Beauty 日本ファッション:不連続の連続 2014年3月21日(祝・金)~5月11日(日)

日本のファッションは、世界の最先端をいくものとして、海外から注目を集めています。
この展覧会は、2010年にロンドンなど世界5都市を巡回し日本ファッションを紹介した「Future Beauty」展を京都展開催に合わせて再構成し、20世紀後半以降に活躍した日本人デザイナーの作品約100点が映像や写真とともに展示されます。

展示品には、日本の独自性を世界的に認めさせたベテランデザイナーから、新たな感性が光る若手デザイナーまでの作品が登場。高田賢三(ケンゾー)や三宅一生(イッセイミヤケ)、川久保玲(コム デ ギャルソン)、皆川明(ミナ ペルホネン)、堀畑裕之+関口真希子(matohu)、勝井北斗+八木奈央(ミントデザインズ)など、有名・人気作家やブランドが勢ぞろいします。また、京都を拠点に世界的に活動している作家、ブランドの作品も紹介されます。

展示のほかにも、世界的に知られるイギリスの現代美術館であるテート・モダン館長の特別講演や、第一線で活躍する現役デザイナーによるレクチャーなどのイベントも予定。
世界に羽ばたく日本ファッションを、各時代の代表的な作品から楽しむことができます。

COMME des GARÇONS/川久保玲 2012年秋冬 京都服飾文化研究財団所蔵、林 雅之撮影 mintdesigns/勝井北斗+八木奈央《アーカイブスドレス》2012年 (c) mintdesigns matohu/堀畑裕之+関口真希子 2007年秋冬 (c)matohu

ページの先頭へ

京都文化博物館 三条駅・地下鉄 烏丸御池駅

光の賛歌 印象派展 パリ、セーヌ、ノルマンディの水辺をたどる旅 2014年3月11日(火)~5月11日(日)

世界の有名美術館が所蔵する印象派絵画の展覧会が、京都文化博物館で開催。アメリカのボストン美術館、フランスのオルセー美術館など、8カ国35館より73点が展示されます。

今回の展覧会は「水辺」がテーマです。モネが自邸の庭を描いた『睡蓮』をはじめ、シスレーの『モレの橋』、ルノワールの『ブージヴァルのダンス』など、印象派を代表する画家たちによる作品が登場。なかでも、港町の様子を描いたマネの『アルジャントゥイユ』は、日本初公開の作品です。

展示作品の主な舞台は、パリからほど近いセーヌ川沿いの町や村、そしてフランス北部にあるノルマンディ海岸。これらは印象派の画家たちが活躍した19世紀後半、特に人気のあった行楽地です。行楽地の明るい日差しと豊かな自然、人々でにぎわう様子は、光のなかの風景描写を追求する印象派の画家たちにとって、魅力的な題材でした。そのため、多くの画家がこの地をモチーフとした作品を世に残しています。

人々や印象派の画家たちが魅了された「水辺」の風景を、名画を通じて旅する感覚で楽しめる展覧会です。

アルフレッド・シスレー 《モレの橋》1893年 油彩/カンヴァス オルセー美術館 (c)RMN-Grand Palais (musee d'Orsay) / Herve Lewandowski / distributed by AMF クロード・モネ 《睡蓮》1907年 油彩/カンヴァス サン=テティエンヌ近代美術館 Musee d’Art Moderne de Saint-Etienne Metropole Droits photographiques : Yves Bresson

ページの先頭へ

細見美術館 神宮丸太町駅・地下鉄 東山駅

細見コレクション名品選 麗しき日本の美―宴の華、もてなしの心― 2014年3月1日(土)~5月18日(日)

細見美術館の多彩な日本美術コレクションから、テーマに沿った作品を選び紹介するシリーズ展です。3回目となる今回は「宴」と「おもてなし」をテーマに、にぎやかな宴の風景を描いた作品や宴席を彩る美しい調度品など、さまざまな時代・分野の作品が登場します。

見どころは、重要文化財「豊公吉野花見図屏風(ほうこうよしのはなみずびょうぶ)」。豊臣秀吉が催した奈良・吉野での花見の様子を描いた、春らしい作品です。画面全体に金色の雲と満開の桜が広がり、花見を楽しむ人々の姿が細部まで活き活きと描かれています。
この他にも、江戸時代は京都を代表するレジャースポットとして知られた北野天満宮での宴席を描いた「北野社頭図屏風(きたのしゃとうずびょうぶ)」や、重要文化財「芦屋霰地楓鹿図真形釜(あしやあられじかえでしかずしんけいがま)」など、もてなしの場には欠かせなかった茶会用の道具類も展示されます。

季節と花を愛でる日本人の心、人々が集う華やかな雰囲気、もてなしの道具から日本の美を味わえます。

重要文化財 芦屋霰地楓鹿図真形釜 重要文化財 豊公吉野花見図屏風 (左隻)※展示期間:3月1日(土)~4月20日(日) 北野社頭図屏風

ページの先頭へ

ページの先頭へ

展覧会スケジュール2014年4月~6月

 下記の展覧会名をクリックすると展覧会の詳細情報へ移動します。

  • Future Beauty 日本ファッション:不連続の連続 ● 2014年3月21日(祝・金)~5月11日(日) ● 京都国立近代美術館
  • 細見コレクション名品選 麗しき日本の美―宴の華、もてなしの心― ● 2014年3月1日(土)~5月18日(日) ● 細見美術館
  • 没後55年 和の美を問う 北大路魯山人展 ● 2014年3月25日(火)~6月29日(日) ● 何必館・京都現代美術館
  • 特別展覧会 南山城の古寺巡礼 ● 2014年4月22日(火)~6月15日(日)● 京都国立博物館
  • 光の賛歌 印象派展 パリ、セーヌ、ノルマンディの水辺をたどる旅  ●2014年3月11日(火)~5月11日(日) ●京都文化博物館
  • 特別展 上方の浮世絵―大坂・京都の粋(すい)と技(わざ)― ● 2014年4月19日(土)~6月1日(日) ● 大阪歴史博物館
  • 特別企画展 蓮-清らかな東アジアのやきもの×写真家・六田知弘の眼 ● 2014年4月12日(土)~7月27日(日) ● 大阪市立東洋陶磁美術館
  • アンドレアス・グルスキー展 ● 2014年2月1日(土)~5月11日(日)● 国立国際美術館

ページの先頭へ

おけいはん.ねっと

  • 利用規約
  • プライバシーポリシー