京阪沿線 Art Collection

京阪沿線で開催される、注目の展覧会をご紹介します。今度の休日は、京阪電車で美術館・博物館にでかけてみませんか。

京阪に乗って美術館・博物館へ

  • ピックアップ
  • 沿線の展覧会情報
  • 展覧会スケジュール

ピックアップ

ページの先頭へ

サルバドール・ダリ《謎めいた要素のある風景》1934 年、72.8×59.5cm、板に油彩、ガラ=サルバドール・ダリ財団蔵 Collection of the Fundació Gala-Salvador Dalí, Figueres (c) Salvador Dalí, Fundació Gala-Salvador Dalí, JASPAR, Japan, 2016.

サルバドール・ダリ《奇妙なものたち》1935年頃、40.5×50.0 cm、板に油彩、コラージュ、ガラ=サルバドール・ダリ財団蔵 Collection of the Fundació Gala-Salvador Dalí, Figueres (c) Salvador Dalí, Fundació Gala-Salvador Dalí, JASPAR, Japan,2016.

サルバドール・ダリ《ウラニウムと原子による憂鬱な牧歌》1945 年、66.5×86.5cm、カンヴァスに油彩、 国立ソフィア王妃芸術センター蔵 Collection of the Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía, Madrid (c) Salvador Dalí, Fundació Gala-Salvador Dalí, JASPAR, Japan, 2016.

サルバドール・ダリ《記憶の固執(ピン)》1949年、7.0×6.0×1.5cm、金、ダイヤモンド、サルバドール・ダリ美術館蔵 Collection of the Salvador Dalí Museum, St. Petersburg, Florida Worldwide rights: (c) Salvador Dalí, Fundació Gala-Salvador Dalí, JASPAR, Japan, 2016. In the USA: (c)Salvador Dalí Museum Inc. St. Petersburg, Florida, 2016.

「ダリの写真」(c) X. Miserachs/Fundació Gala-Salvador Dalí, Figueres,2016. Image Rights of Salvador Dalí reserved. Fundació Gala-Salvador Dalí, Figueres, 2016.

京都市美術館 神宮丸太町駅・地下鉄 東山駅 ダリ展 2016年7月1日(金)~9月4日(日)

20世紀美術を代表する芸術家として、現在も世界中で高い人気を誇るサルバトール・ダリ。その全貌を振り返る展覧会が京都市美術館で開催されます。日本では約10年ぶりとなる大回顧展です。

スペインとアメリカの世界的なダリ・コレクションを持つ美術館が全面協力。コレクションから選りすぐった初期から晩年までの作品を中心に、日本国内に所蔵されている重要作品を加えた約200点が一挙に紹介されます。

油彩画はもちろん、ドローイング、オブジェ、ジュエリー、彫刻、書籍など、絵画だけにとどまらないダリの多彩な作品群が一堂に会します。摩訶不思議なダリの世界観と魅力を存分に楽しめる、貴重な機会です。

展覧会担当者からのひとこと

今回の展覧会は、ダリの故郷スペインにあるガラ=サルバドール・ダリ財団と国立ソフィア王妃芸術センター、アメリカにあるサルバドール・ダリ美術館と、世界の主要なダリ・コレクションを持つ3館の作品が初めて一堂に会します。展示品はそれに相応しい大変豪華なラインナップで、ダリの画業のすべてをご覧いただけます。

一般に、ダリはシュルレアリスムの画家としてのイメージが強いと思いますが、それだけではありません。初期には印象派、キュビスムに抽象画などいろいろな美術の影響を受けた作品を残していて、後年になると日本への原爆投下への衝撃から生まれた《ウラニウムと原始による憂鬱な牧歌》をはじめ、原子物理学や遺伝学といった科学技術をテーマに取り入れています。晩年にはポップアートやアクションペインティングといった現代美術の要素も取り入れるなど、その好奇心は終生衰えることはありませんでした。他にも、ヒッチコックなどの有名映画監督とコラボレーションをしたり、アクセサリーやファッションのデザインを行うなど、絵画以外の分野にもその世界を広げています。この幅広い関心を作品としてかたちにしているところは、ダリの天才性を物語っています。
展覧会ではさまざまな分野の作品が一堂に会します。時代とともに変遷するダリの興味関心と、表現・活動の幅広さを存分に味わっていただけます。

ダリの作品の特徴は、視覚のトリックの面白さです。彼は、ひとつのイメージが少し角度を変えると別のものに見えてくる“ダブルイメージ”と呼ばれるだまし絵や、《奇妙なものたち》の女性の下半身と部屋の入り口のように別のイメージにまったく同じ形が現れる“形態学的なこだま”といった手法を用いました。このような、人によってものの見え方が変わったり、一見すると気づかないところに共通点を施すといった仕掛けがダリの作品にはあふれています。

また、ダリの作品には一度見たら忘れられない不思議なモチーフがいくつも登場します。おなじみの“柔らかい時計”や、ミロのヴィーナスなど彼がお気に入りだったモチーフは、時代を超えて何度も登場します。なかでも、故郷フィゲラスをはじめとしたスペインの風景やダリにとっての理想の女性であった愛妻ガラは、さまざまな作品で見ることができます。これらのモチーフは常にダリの芸術の根底にある大切なものでした。
ダリの絵は、イメージの洪水といえるくらい無数のモチーフが画面上にちりばめられていますが、そこから彼のお気に入りや大切なものを探しながらご覧いただくというのも、面白いのではないかと思います。

ダリの作品はたとえ意味がわからなくても、見る人には必ず強烈な印象を与え、人を惹きつける力があります。難しいことは考えず、一目で自分の世界に人を惹き込んでしまう摩訶不思議なダリ・ワールドを、ぜひ会場で体感してみてください。

(京都市美術館 学芸員 後藤結美子さん)

ページの先頭へ

沿線の展覧会情報その他の展覧会情報はこちら!

京都国際マンガミュージアム 三条駅・地下鉄 烏丸御池駅

江口寿史展 KING OF POP 京都編 2016年6月11日(土)~9月4日(日)

マンガ家・イラストレーターとして活躍する江口寿史(えぐち・ひさし)の画業38年を振り返る大規模な展覧会が、京都国際マンガミュージアムで開催されます。

「すすめ!!パイレーツ」(1977)や「ストップ!!ひばりくん!」(1981)などのヒット作で知られる江口寿史。少ない線で立体感や質感を表現するポップな画風と卓越したデザインセンスは高い評価を受けており、マンガはもちろん広告や書籍、CDジャケットのデザイン、キャラクターデザインなど、その活動は非常に多岐にわたります。
2015年には彼の画業の集大成となる画集『KING OF POP 江口寿史 全イラストレーション集』(玄光社)が刊行され、記念展覧会が全国巡回しました。

京都展では、総数300点以上の作品を展示。1980年代から最新作まで180点に及ぶイラスト・デザイン作品のほか、代表作はもちろん単行本未収録のレア作品を含むマンガ原画約100点が登場します。
そして、昨年に明治大学で行われた江口寿史のポップな作風の形成をたどる研究展示「KING OF POP:SIDE B」にて展示された原画や作品が掲載された雑誌をはじめとする貴重な関連資料もあわせて展示されます。

会期中には、江口寿史本人によるライブスケッチイベントやトークイベントも予定。日本を代表するマンガ家・ポップアーティストの世界を間近に感じられる貴重な機会です。

※前期・後期で一部展示物が変わります。

雑誌『少年ジャンプ』(集英社)連載 「ストップ!!ひばりくん!」「夏の疑惑」扉絵 (c) 1982 Eguchi Hisashi
雑誌『Weekly漫画アクション』「美少女のいる街風景」シリーズ 表紙 (c) 1999 Eguchi Hisashi
炭酸MATCH広告イラスト (c) 2015 Eguchi Hisashi

ページの先頭へ

京都国立博物館 七条駅

特集陳列 生誕300年 与謝蕪村 2016年8月23日 (火)~ 10月2日(日)

江戸時代、絵画と俳句双方において才能を発揮した与謝蕪村。その生誕300年を記念した展覧会が、京都国立博物館で開催されます。

江戸中期の享保元年(1716)に摂津国(現在の大阪市)に生まれた与謝蕪村は、20歳の頃に江戸へ出て俳句を学びます。27歳で敬愛する松尾芭蕉の足跡を辿って東北など諸国を巡った後、35歳を越えてからようやく京都に居を定めました。その後も丹後や讃岐などにも足を運んでおり、結局定住したのは晩年までの15年ほどであったといいます。

展覧会では、松尾芭蕉の代表作「奥の細道」の本文を書き写し、自ら絵を描き加えた俳画絵巻「奥の細道図巻」をはじめ、蕪村が自らの画風を確立した丹後時代・讃岐時代・そして晩年までの作品が展示されます。

この時期に生み出された中国絵画に学んだ柔らかなタッチと淡い色彩の山水画、そしてユーモアのセンスにあふれる親しみやすい俳画は蕪村の真骨頂です。
この機会に蕪村の魅力を味わってみてはいかがでしょうか。

重要文化財 奥の細道図巻 上巻(冒頭場面)京都国立博物館

ページの先頭へ

京都国立近代美術館 神宮丸太町駅・地下鉄 東山駅

あの時みんな熱かった! アンフォルメルと日本の美術 2016年7月29日(金)~9月11日(日)

昭和30年代初めに日本へ伝わった欧米の美術作品群“アンフォルメル”。その影響を受けて生まれた日本の近代美術に注目した展覧会が、京都国立近代美術館で開催されます。

アンフォルメルとは、パリで活躍していた美術評論家ミシェル・タピエがセレクトした当時の欧米でも最先端の美術作品群で、フランス語で「未定形のもの」を意味します。昭和31年に日本に伝わってから作者のアクションの痕跡や鮮烈な色彩、素材そのものの質感を強調した作品は、日本の美術家たちにも大きな衝撃を与え、数年にわたりアンフォルメル風の“熱い”表現の作品が爆発的に流行しました。

展示作品は約100点。アンフォルメルの影響を受けたとされる、堂本印象や岡本太郎、河井寛次郎など日本の美術家たちの作品を中心に、ジャン・フォートリエなど本場ヨーロッパの作品まで、絵画や彫刻、陶芸など多彩なジャンルの作品が展示されます。

第二次世界大戦から10年が経ち、高度経済成長へ向かう時期にあった昭和30年代の日本。「もはや戦後ではない」が流行するなど、エネルギーに満ちていた時代でもありました。その世相を反映するかのような、ジャンルも世代も超えた“熱い”美術を味わってみてはいかがでしょうか。

白髪一雄 「天暗星青面獣」 兵庫県立美術館(山村コレクション)
岡本太郎 「燃える人」 東京国立近代美術館
勅使河原蒼風 「樹獣」 一般財団法人草月会 撮影:内田芳孝
岩田重義 「WORK-139」 京都国立近代美術館
河井寬次郎 「打薬扁壺」 京都国立近代美術館

ページの先頭へ

大阪市立美術館 淀屋橋駅または天満橋駅のりかえ 地下鉄 天王寺駅、京橋駅のりかえ JR 天王寺駅

デトロイト美術館展 大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち 2016年7月9日(土)~9月25日(日)

「車の町」として知られるアメリカ・デトロイト。そこにあるデトロイト美術館は、約130年の歴史を持ち、古代エジプトから現代美術まで65,000点に及ぶコレクションを持つアメリカ有数の美術館のひとつです。今回、そのコレクションから近代ヨーロッパの名画を集めた展覧会が大阪市立美術館で開催されます。

展示品はコレクションから厳選された52作品。ゴッホの「自画像」とマティスの「窓」はアメリカの公共美術館として初めて購入された両者の作品として知られます。これらをはじめ、モネ、ドガ、ルノワール、ゴーギャン、セザンヌ、モディリアーニ、ピカソ、そしてカンディンスキーやココシュカまで、印象派・ポスト印象派を中心とした近代ヨーロッパ美術の“顔”ともいえる巨匠たちの名画が並びます。そのうち15点は今回が日本初公開の作品です。

アメリカにある多くの美術館は、市民の出資や支援によって支えられてきた施設が多くありますが、デトロイト美術館も自動車業界を中心とした町の人々の支えで発展してきました。2013年にデトロイト市が財政破綻し、美術館が一時存続の危機に陥った際も、人々の支援によりコレクションは1点も散逸することなく守られ続けています。 人々の支えによって受け継がれる珠玉のコレクションを、この機会に味わってみてはいかがでしょうか。

なお、この展覧会ではデトロイト美術館内のギャラリーに倣い、7月・8月の火・水・木曜(祝日を除く)に限り、全作品の写真撮影が可能となっています。(記念撮影は不可。写真の使用についてはSNSをはじめ不特定多数への公開が禁止されています)

 ピエール・オーギュスト・ルノワール≪座る浴女≫ 1903-1906年 Bequest of Robert H. Tannahill
 フィンセント・ファン・ゴッホ≪自画像≫ 1887年 City of Detroit Purchase
 アンリ・マティス≪窓≫ 1916年 City of Detroit Purchase
 アメデオ・モディリアーニ≪女の肖像≫ 1917-1920年 City of Detroit Purchase

ページの先頭へ

ページの先頭へ

展覧会スケジュール2016年8月~10月

 下記の展覧会名をクリックすると展覧会の詳細情報へ移動します。

  • ダリ展 ● 2016年7月1日(金)~9月4日(日) ● 京都市美術館
  • あの時みんな熱かった! アンフォルメルと日本の美術 ● 2016年7月29日(金)~9月11日(日) ● 京都国立近代美術館
  • 特集陳列 生誕300年 与謝蕪村 ● 2016年8月23日 (火)~ 10月2日(日)  ● 京都国立博物館
  • 江口寿史展 KING OF POP 京都編 ● 2016年6月11日(土)~9月4日(日)  ● 京都国際マンガミュージアム
  • デトロイト美術館展 大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち ● 2016年7月9日(土)~9月25日(日) ● 大阪市立美術館

ページの先頭へ

おけいはん.ねっと

  • 利用規約
  • プライバシーポリシー