京阪沿線 Art Collection

京阪沿線で開催される、注目の展覧会をご紹介します。今度の休日は、京阪電車で美術館・博物館にでかけてみませんか。

京阪に乗って美術館・博物館へ

  • ピックアップ
  • 沿線の展覧会情報
  • 展覧会スケジュール

ピックアップ

ページの先頭へ

ルカス・クラーナハ(父) 《ヴィーナス》 1532年	シュテーデル美術館、フランクフルト (c) 2016 DeAgostino Picture Libars/ Scala, Florence

ルカス・クラーナハ(父) 《ホロフェルネスの首を持つユディト》 1525/30年頃 ウィーン美術史美術館 (c) KHM-Museumsverband

ルカス・クラーナハ(父) 《正義の寓意(ユスティティア)》 1537年 個人蔵

ルカス・クラーナハ(父) 《マルティン・ルター》 1525年 ブリストル市立美術館 (c) Bristol Museums, Galleries and Archives

国立国際美術館 渡辺橋駅・中之島駅 クラーナハ展―500年後の誘惑  2017年1月28日(土)~4月16日(日)

16世紀に活躍したドイツ・ルネサンスを代表する画家ルカス・クラーナハ(父)※1。その画業を紹介する大規模な展覧会が国立国際美術館で開催されます。

クラーナハはザクセン公国の都・ヴィッテンベルクの宮廷画家として名を馳せ、日本では彼と親交のあった宗教改革者マルティン・ルターの肖像画で知られます。また、彼はアルプス以北の地において初めて神話の女神を裸婦像として描いた画家でもあり、独特のエロティシズム漂うその女性像は、ピカソやデュシャンなど近現代の芸術家にも影響を与えています。

今回の展覧会では、オーストリア、ドイツ、オランダ、ハンガリー、イタリアなど世界10カ国以上から集まった約90点の作品を通じ、クラーナハの画業の全貌を当時の社会背景や彼に影響を受けた近代美術の巨匠たちの作品を交えて紹介します。

クラーナハを特集する展覧会は日本では今回が初の機会となります。500年という時代を超えても、なお観る者を魅了し影響を与える巨匠の世界を堪能できる貴重な機会です。

※1:同名の息子ルカス・クラーナハ(子)と区別するため、この表記としています

展覧会担当者からのひとこと

クラーナハの名前は知らずとも、教科書などで作品を見たことがある方は多いのではないでしょうか。日本で最も知られているクラーナハの作品は、宗教改革の指導者マルティン・ルターの肖像画でしょう。クラーナハはルターと親交が深く、彼の著書に挿絵を描くなど、宗教改革にイメージを与える役割を担いました。2017年はその宗教改革開始から500年目に当たります。この記念すべき年に開催される今回の展覧会では、ウィーン美術史美術館監修のもと、クラーナハの代表作が世界各地から集結します。繊細ゆえに輸送の難しい板絵作品も多く、またとない貴重な機会となるでしょう。

宮廷画家でありながら優れた企業家でもあったクラーナハは、大規模な工房で絵画を大量生産し、当時の情勢や流行を反映した多彩な作品を手がけました。なかでも印象的なのは、独特なエロティシズムをただよわせた女性像の数々です。男性を誘惑し虜にする女性たちの姿は、クラーナハ芸術の根幹をなすものでした。
例えば裸婦像。『ヴィーナス』と『ルクレティア』という二人の裸婦は、それぞれに奔放な愛と貞淑な愛という、互いに異なる愛のかたちを象徴しています。しかし、作品を見て受ける印象は、「愛とは何か」といった高尚な問い以前に、官能的です。ヴィーナスの胸元に輝くネックレスも、ルクレティアの胸に突きつけられた短剣も、いずれも見る者の視線を裸体そのものへと差し向けます。
また、着衣の女性にしても、クラーナハは「誘惑」をテーマに描きました。その美貌で敵将の懐にもぐりこみ、酒に酔わせて斬首した『ホロフェルネスの首を持つユディト』や、踊りの見返りに生首を所望する『洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ』など、性的魅力によって男を破滅させる、「女のちから」「女のたくらみ」という主題群が数多く描かれています。

クラーナハは当時の人々だけでなく後世の芸術家をも魅了しました。特に、近現代においてクラーナハの作品は既存の西洋画のあり方に囚われない表現として注目され、ピカソやデュシャン、そして日本の森村泰昌まで多くの作家に影響を与えています。会場では、そんなクラーナハからインスピレーションを受けて生まれた近現代の作品をあわせて展示します。古典作品と近現代の作品を同時にご紹介する構成は、日本の展覧会では珍しい試みです。期間中には、クラーナハの絵画から大きな影響を受けた若手作家がクラーナハを語るトークイベントも予定しています。
数百年という時代を経てもクラーナハの作品には芸術家を惹きつけ、触発する力があります。タイトルでは「500年後の誘惑」と表現しましたが、そんな時を超えた“誘惑”の力を、展示を通じて検証できればと思っています。絵画が時代を越えて放つ“誘惑”を、ぜひ会場で作品を通して体感していただければ幸いです。

(国立国際美術館 研究員 福元崇志さん)

ページの先頭へ

沿線の展覧会情報その他の展覧会情報はこちら!

京都文化博物館 三条駅・地下鉄 烏丸御池駅

戦国時代展 ‐A CENTURY of DREAMS‐ 2017年2月25日(土)~4月16日(日)

上杉謙信、武田信玄、毛利元就、そして織田信長と、有名な武将たちが多数活躍した“戦国時代”。その様子を今に伝える貴重な資料を集めた展覧会が、京都文化博物館で開催されます。

展示品は約200点。上杉謙信が正親町天皇から贈られた名刀「五虎退」をはじめとする美麗な武具・甲冑の数々や、華やかな京都の様子を生き生きと描いた狩野永徳筆の国宝「洛中洛外図屏風 上杉本」、昨年大河ドラマでも話題を集めた真田家伝来の戦道具、そして多くの有名武将たちの古文書や肖像画など、日本全国に伝わるさまざまな歴史資料や美術工芸品が一堂に会します。なかには京都展でのみ限定公開される作品も含まれます。

戦国時代といえば、その名前のとおり、戦乱ばかりの時代であったようにイメージされがちです。しかし、実際は各地の有力大名・武将たちが領国の経営に力を入れ、絵画や茶の湯など京都の成熟した文化が各地へ広がり、文化・経済が大いに発展した時期でもありました。そんな戦国時代と当時を生きた人々の知られざる実像に多彩な角度で触れられる貴重な機会です。

国宝 洛中洛外図屏風 上杉本 右隻(部分) 狩野永徳筆 米沢市上杉博物館蔵 ※展示期間:2017年2月25日~3月12日
短刀 銘 吉光 (号五虎退) 個人蔵 ※前期(2017年2月25日~3月20日)展示
重要文化財 真如堂縁起 下巻(部分)掃部助久国/筆 三条西実隆・公助/詞書 外題/後柏原天皇/筆 大永四年(1524)真正極楽寺蔵 ※後期(2017年3月22日~4月16日)展示
埼玉県指定有形文化財 縹糸威最上胴丸具足 室町時代 埼玉県立歴史と民俗の博物館蔵

ページの先頭へ

大阪歴史博物館 天満橋駅・地下鉄 谷町四丁目駅

特集展示 名刀の面影-刀絵図と日本刀の美- 2017年1月5日(木)~2月27日(月)

最近若い女性たちを中心に注目され、ブームとなっている刀剣。その見方・楽しみ方をさまざまな角度で紹介する展覧会が、大阪歴史博物館で開催されます。
展示品は約30点。「刀 銘 和泉守兼定作(いずみのかみかねさださく)」をはじめ大阪歴史博物館が所蔵する重要文化財を含む名刀のほか、刀の形や刃紋などの情報を描き写した「刀絵図」、絵巻物や刀作りに関連する関連資料などが登場します。
特に刀絵図には、展示公開の機会が極めて少ない名刀や、大坂の陣で焼失し現存していない刀も描かれており、その姿に思いを馳せることができます。

また、刀身の切断面ピースや鞘の塗工程がわかる、刀匠の製作した実物資料もあわせて展示。難しい刀剣用語や刀の製作過程についてもわかりやすく紹介されます。
日本刀の鑑賞の知識や多彩な魅力を、より深く知ることができる展覧会です。

刀絵図(かたなえず) 元和元年(1615)極月十一月奥書 個人蔵
刀 銘 和泉守兼定作(かたな めい いずみのかみかねさださく) 大永二年二月源親忠(みなもとちかただ) 1522年 大阪歴史博物館蔵(前田善衛氏寄贈)

ページの先頭へ

大阪市立美術館 淀屋橋駅または天満橋駅のりかえ 地下鉄 天王寺駅、京橋駅のりかえ JR 天王寺駅

改組 新 第3回日展 2017年2月18日(土)~3月20日(祝・月)

大阪市立美術館では「改組 新 第3回 日展」の大阪展が開催されます。

日展は明治40年から名前や組織を変えながらも100年以上続けられてきた、日本でもっとも歴史と伝統のある公募展です。日本画・洋画・彫刻・工芸美術・書の5部門で構成され、日本を代表する巨匠から新人作家の入選作品までさまざまな作品を紹介してきました。

組織改革後「改組 新 日展」となって3回目を迎える今回。大阪展では会員作家・入賞作家による基本作品247点と、大阪・兵庫・奈良・和歌山在住の作家による地元作品341点を合わせた、588点の作品が展示されます。特に地元作品は、他の巡回会場では見られない作品が大半を占めています。

ベテランからフレッシュな新人まで日本の美術の今に触れられる展覧会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

日本画「双」西田眞人(会員・日展会員賞)
洋画「働く人」天野富美男(会員)
工芸美術「うず潮の刻」田中紀子(会員)

ページの先頭へ

大阪市立東洋陶磁美術館 なにわ橋駅・北浜駅・淀屋橋駅

特別展 台北 國立故宮博物院―北宋汝窯青磁水仙盆 2016年12月10日(土)~2017年3月26日(日)

台湾・台北市にある博物館・國立故宮博物院が所蔵する北宋汝窯青磁の展覧会が、大阪市立東洋陶磁美術館で開催されます。

展示の中心となる作品は、タイトルにもなっている「青磁水仙盆(せいじすいせんぼん)」。汝窯(じょよう)は中国北宋時代(960-1127)の末に宮廷用の青磁を生産していた窯です。汝窯青磁は空の青に例えられる美しい釉薬の色と、上品で端正な造形が特徴です。最盛期の汝窯はわずか40年ほどしか活動しておらず、世界でも今残っている作品は約70点と大変希少なものとなっています。

今回の展覧会では、その汝窯で作られた最高傑作とされる「青磁無紋水仙盆(せいじむもんすいせんぼん)」をはじめ、汝窯青磁水仙盆4点を展示。また、清朝の皇帝が「青磁無紋水仙盆」を手本に作らせたという景徳鎮官窯(けいとくちんかんよう)製の青磁水仙盆1点を海外で初めて公開します。
そして、東洋陶磁美術館が所蔵する汝窯青磁水仙盆もあわせて展示。日本と台湾両国の汝窯青磁が、歴史的に“再会”を果たします。

台湾では“神品至宝”といわれる、中国の歴代皇帝たちが愛した史上最高峰の青磁作品が一堂に集う、またとない機会です。

青磁無紋水仙盆(せいじむもん すいせんぼん) 汝窯 北宋・11世紀末~12世紀初 高6.7㎝、口径23.0×16.4㎝ 台北 國立故宮博物院 写真:六田知弘
青磁水仙盆(せいじ すいせんぼん) 汝窯 北宋・11世紀末~12世紀初 高5.7㎝、口径23.1×15.2㎝ 台北 國立故宮博物院 写真:六田知弘
青磁水仙盆(せいじ すいせんぼん) 汝窯 北宋・11世紀末~12世紀初 高6.8㎝、口径23.1×15.8㎝ 台北 國立故宮博物院 写真:六田知弘

ページの先頭へ

ページの先頭へ

展覧会スケジュール2017年2月~4月

 下記の展覧会名をクリックすると展覧会の詳細情報へ移動します。

  • 戦国時代展 ‐A CENTURY of DREAMS‐ ● 2017年2月25日(土)~4月16日(日) ● 京都文化博物館
  • 改組 新 第3回日展 ● 2017年2月18日(土)~3月20日(祝・月) ● 大阪市立美術館
  • クラーナハ展―500年後の誘惑 ● 2017年1月28日(土)~4月16日(日) ● 国立国際美術館
  • 特別展 台北 國立故宮博物院―北宋汝窯青磁水仙盆 ● 2016年12月10日(土)~2017年3月26日(日) ● 大阪市立東洋陶磁美術館
  • 特集展示 名刀の面影-刀絵図と日本刀の美-  ● 2017年1月5日(木)~2月27日(月) ● 大阪歴史博物館

ページの先頭へ

おけいはん.ねっと

  • 利用規約
  • プライバシーポリシー