京阪沿線 Art Collection

京阪沿線で開催される、注目の展覧会をご紹介します。今度の休日は、京阪電車で美術館・博物館にでかけてみませんか。

京阪に乗って美術館・博物館へ

  • ピックアップ
  • 沿線の展覧会情報
  • 展覧会スケジュール

ピックアップ

ページの先頭へ

クロード・モネ 《ラ・ジャポネーズ(着物をまとうカミーユ・モネ)》 1876年 1951 Purchase Fund 56.147

エドヴァルド・ムンク 《夏の夜の夢(声)》 1893年 Ernest Wadsworth Longfellow Fund 59.301

歌川広重 《東海道五拾三次之内 岡崎 矢矧之橋》 江戸時代 天保4年(1833)頃William Sturgis Bigelow Collection 11.17253

ジェームズ・アボット・マクニール・ホイッスラー 《オールド・バターシー・ブリッジ》 1879年 Gift of Mrs. Walter Scott Fitz M21275

ティファニー工房 ルイス・カムフォート・ティファニー 《”葡萄蔓”デスクセット(箱、用箋カバー、ペン・トレイ、レター・ラック》1899-1928年Anonymous gift in memory of John G. Pierce, Sr. RES.65.53,57,59,60

All Photographs(c)2014 Museum of Fine Arts, Boston

京都市美術館 神宮丸太町駅・地下鉄 東山駅 ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展 印象派を魅了した日本の美 2014年9月30日(火)~11月30(日)

世界屈指の印象派と日本美術のコレクションで知られるボストン美術館のコレクションから、ジャポニスムに関する作品約150点を集めた展覧会が、京都市美術館で開催されます。

19世紀半ばから20世紀初頭にかけて、西洋では日本美術が大流行しました。大胆な構図と色使い、独特の装飾的な表現は西洋の芸術家たちに大きな影響を与え、その後の西洋美術を大いに変えることになりました。この現象をジャポニスムといいます。

展覧会には、歌川広重や喜多川歌麿(きたがわ・うたまろ)などボストン美術館が誇る浮世絵コレクションをはじめ、モネやドガ、ルノワール、ゴッホなど日本美術に強い影響を受けた印象派の画家たちによる名品が登場。特に、真っ赤な日本の着物をまとった女性を描いたモネの代表作「ラ・ジャポネーズ」は、修復後世界初公開となる作品です。
そのほかにも、ティファニー社による日本のデザインや技術を取り入れた工芸品、版画や素描、写真など幅広いジャンルの作品が展示されます。

西洋の美術を変えた日本の美術品と、そこから生まれた新たな美を同時に見比べながら楽しめる、世界屈指の美術館のコレクションが堪能できる展覧会です。

企画担当者からのひとこと

今回の展覧会は、今年の初めにアメリカで開催された展覧会をベースに、改めて日本展向けに内容を組み直し、開催するものです。今までにも、ボストン美術館のコレクション展は日本で開催されてきましたが、今回はさまざまな分野の作品が一堂に会し、コレクション自体の魅力をより感じていただける内容となっています。

ボストン美術館の日本美術コレクションは19世紀半ばから20世紀初頭、日本美術が欧米で大流行した時代に収集されたものが基礎となっています。また、同じ頃に活動していた印象派の画家たちは日本美術の影響を受けた作品を多く残しています。当時のアメリカではそんな印象派が最先端の美として人気を集め、ボストン美術館でも印象派の作品を盛んに収集していました。同じ時代における複数の美術の動きや関連性を同時に見ることができる―、これはボストン美術館の近代美術コレクションならではの特色です。

今回はその特色を活かし、浮世絵など日本の美術品と関連する西洋の美術品をあわせて展示します。例えば、ホイッスラーの「オールド・バターシー・ブリッジ」と、歌川広重の「東海道五拾三次之内 岡崎 矢矧之橋(やはぎのはし)」。角度や向きは違いますが、橋を画面両端いっぱいに描き、その向こうに遠くの建物を見せることで遠近感を強調した構図はよく似ています。ほかにも、主役であるはずの人物を中心からずらして配置し、樹木の間に海をのぞかせる構図が特徴的なムンクの「夏の夜の夢(声)」。これについては広重の浮世絵に似た構図の作品があります。このように、関係性のある作品同士を並べて展示していますので、両者を対比しながらご覧いただければと思います。

そのほか、珍しいものでは浮世絵で用いられる構図の取り方に影響を受けた写真なども展示され、工芸品の分野ではティファニー社やガレなどの作品が登場します。
元々ジャポニスム自体は工芸品の分野から始まったもので、ユニークな作品が多数作られています。ティファニー社は、染物で使う伊勢型紙の文様を食器のデザインに取り入れています。日本ではあくまで道具としてとらえられていた型紙そのものを、欧米では優れた意匠とみなしたのです。この視点や発想の違いも楽しめるのではないかと思います。

ジャポニスムは当初、あくまで物珍しさや異国趣味の一環としての動きでした。その後、西洋美術の表現やあり方そのものに影響を与え、新しい美術を生み出す原動力となっていきました。その一連の流れが、ボストン美術館のコレクションには凝縮されています。
どれだけ日本の美術が西洋に大きなインパクトを与えたものだったのか、素晴らしいコレクションを通して感じてみてください。

(京都市美術館 学芸員 後藤結美子さん)

ページの先頭へ

沿線の展覧会情報その他の展覧会情報はこちら!

大阪市立東洋陶磁美術館 なにわ橋駅・北浜駅・淀屋橋駅

特別展 IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器 2014年8月16日(土)~11月30日(日)

大阪市立東洋陶磁美術館では、日本を代表する磁器のひとつ「伊万里焼」の特別展が開催されます。
今回は、同館が所蔵する作品のなかでも、日本初公開となる海外輸出用の伊万里焼を中心に、サントリー美術館や佐賀県立九州陶磁文化館の所蔵品を加えた約190点の作品が展示されます。

伊万里焼は、17世紀初めに肥前国(ひぜんのくに)、現在の佐賀県有田一帯で作られるようになり、17世紀中ごろにはオランダ東インド会社によって世界各地に輸出されるようになりました。特にヨーロッパの王侯貴族には実用品・室内装飾品として愛好され、「IMARI(伊万里)」の収集が一種のステータスシンボルとなっていました。

展示品にも、「染付高蒔絵牡丹唐獅子文大壺・広口大瓶(そめつけたかまきえ ぼたんからじしもん おおつぼ・ひろくちおおびん)」など、宮殿などの室内装飾用に作られた高さが80cm以上もある大型作品が登場します。また、ヨーロッパで人気だった漆塗り風の文様をあしらった「色絵龍虎文大壺(いろえ りゅうこもん おおつぼ)」や、特注で西洋のモチーフを描いた「色絵ケンタウロス文皿」など、ヨーロッパの好みや文化を意識した輸出向けならではのユニークな作品も見ることができます。

ヨーロッパの華やかな貴族文化を彩った、伊万里焼の魅力を味わえる展覧会です。

染付高蒔絵牡丹唐獅子文大壺・広口大瓶 江戸時代・1700~1740年代 有田窯 佐賀県立九州陶磁文化館蔵 色絵龍虎文大壺 江戸時代・1700~1740年代 有田窯 大阪市立東洋陶磁美術館蔵 撮影:三好和義 色絵ケンタウロス文皿 江戸時代・1700~1730年代 有田窯 大阪市立東洋陶磁美術館蔵 撮影:三好和義

ページの先頭へ

あべのハルカス美術館 淀屋橋駅または天満橋駅のりかえ  /  地下鉄 天王寺駅、京橋駅のりかえ JR 天王寺駅

新印象派 ―光と色のドラマ 2014年10月10日(金)~2015年1月12日(祝・月)

19~20世紀はじめにかけて活躍した“新印象派”の画家たちを特集する展覧会が、あべのハルカス美術館で開催されています。

展覧会では、新印象派の中核を担ったスーラの《セーヌ川、クールブヴォワにて》やシニャックの《髪を結う女、作品227》といった代表作をはじめ、彼らに大きな影響を与えたモネ、その後の新しい絵画表現をリードしたマティスまで、世界12カ国から集まった作品約100点が展示されます。
新印象派の画家たちは、光と色の表現を重視した印象派の方向性を受け継ぎながら、それを科学的な理論に基づく“点描”で描こうとしました。今回の展示は、そんな画家たちの表現の変遷を追いながら、点描技法の秘密や色彩表現の工夫を知ることができる構成となっています。
作品のほかにも、画家たちの交流や作品の制作秘話をあわせて紹介。また、会場内のBGMは彼らが活躍した時代の音楽が流されるなど、作品に親しみが増す仕掛けも多数用意されています。
刻々と変化する光と色を見つめ続けた画家たちの世界を、さまざまなアプローチから体感できる展覧会です。

クロード・モネ 《税関吏の小屋・荒れた海》 1882年 油彩、カンヴァス 58×81cm 日本テレビ放送網株式会社
ジョルジュ・スーラ 《セーヌ川、クールブヴォワにて》 1885年 油彩、カンヴァス 81×65.2cm 個人蔵 (c) Droit Réservé
ポール・シニャック 《髪を結う女、作品227》 1892年 エンコースティック、裏打ちされたカンヴァス 59×70 cm 個人蔵 (c) Droit Réservé

ページの先頭へ

京都国際マンガミュージアム 三条駅・地下鉄 烏丸御池駅

漫画家生活50周年記念 青池保子 華麗なる原画の世界 ~「エロイカ」から「ファルコ」まで~ 2014年11月1日(土)~2015年2月1日(日)

マンガ家・青池保子(あおいけ・やすこ)の画業50年を記念した展覧会が、京都国際マンガミュージアムで開催されます。

青池保子は、当時の時事ネタを取り入れたドタバタコメディ、美形の男たちが織り成すスパイアクション、シリアスな歴史ロマンまで多彩な作品を発表し、少女マンガの新境地を切り拓いてきました。細密な描写と少女マンガ離れした硬派な展開の物語は、女性だけでなく男性からも支持を受けています。

青池にとっても初の大々的な個展となる今回は、前期・後期にわたり、彼女の華麗な原画300点以上でその画業を紹介。出世作となった「イブの息子たち」をはじめ、一時中断があったものの1976年から現在まで長期連載されている大ヒット作「エロイカより愛をこめて」、2014(平成26)年冬に舞台化される歴史大河作品「アルカサル-王城-」、そして現在連載中の最新作「修道士ファルコ」など、代表作が勢ぞろいします。
また、連載当時のマンガ雑誌などの関連資料もあわせて展示されます。

世代を超えて根強いファンを持つ、青池保子の華麗かつ魅力的な世界を堪能できます。

「イブの息子たち」(c)青池保子/秋田書店
「エロイカより愛を込めて」(c)青池保子/秋田書店
「アルカサル-王城-」(c)青池保子/秋田書店

ページの先頭へ

大阪歴史博物館 天満橋駅・地下鉄 谷町四丁目駅

特別展 ―現代刀匠二番勝負― お守り刀展覧会×二次元vs日本刀展 2014年11月1日(土)~12月23日(祝・火)

大阪歴史博物館にて、現代の刀匠たちによる日本刀の特別展が開催されます。今回の展覧会は、「お守り刀展覧会」と「二次元VS日本刀展」の2つの企画で構成されます。

「お守り刀展覧会」は、古くから魔除けや加護の願いを込めて作られてきた”お守り刀”の出来栄えを全国の刀匠たちが競うコンクール展で、今回で9回目を迎えます。作品の寸法は規定されており、そのなかで培ってきた伝統の技や作者それぞれの願いを具現化した力作がそろいます。
今回文部科学大臣賞に選ばれた作品「脇差 銘 安藝国三上貞直彫同作/平成二十六年三月吉祥日 濃茶漆塗合口拵」は、炎に見立てた逆丁字の刃文と火焔不動の彫刻を組み合わせた刀身、縁起の良い金具を用いた外装の守り刀です。事故で子供を亡くした注文者へ勇気と希望を与えたいという作者の思いが込められた作品となっています。
大阪市長賞を受賞した作品「短刀 銘 矢口家応需 明珍宗裕作/平成二十六年正月日 黒漆塗桐紋唐草蒔絵合口拵」は、刀の基本であるために難しいまっすぐな刃文の刀身と華やかな金蒔絵の外装にも気を配った上品かつ丁寧な手仕事を感じさせる一品です。

また、「二次元×日本刀展」では、現代の刀匠と人気イラストレーターや小説家がコラボレーションして生まれた作品が展示されます。『ファイナルファンタジー』シリーズなどで知られる天野喜孝の漫画『ZAN』の作品世界を表現した太刀や、夢路キリコが描いた一体化できる2本の刀を親子二代の刀匠が合作し実現した作品など、ファンタジックな作品が登場。全く違う分野のクリエイターが互いに刺激しあうなかで生まれた新しい日本刀が紹介されます。
展示のほかにも、企画に取り組んだ刀匠たちが自らその活動を語る記念フォーラムも行われます。

伝統工芸の技を未来に伝えようと取り組む現代の刀匠たちの今と未来への挑戦が詰まった、意欲的でユニークな展覧会です。

脇指 銘 安藝国三上貞直彫同作/平成二十六年三月吉祥日 濃茶漆塗合口拵
天野喜孝画「帰れソレントへ―『ZAN』より―」漫画誌 「ストレンジャーソレント」にて、連載中 / 太刀 銘 宮入小左衛門行平
夢路キリコ「唯一無二ノ力」 / 那由他拵

ページの先頭へ

泉屋博古館 神宮丸太町駅・三条駅からバス

屏風で楽しむ 京・名・物  おもしろの花の都や 2014年10月25日(土)~12月7日(日)

江戸時代には日本随一の観光都市となっていた京都。その名所旧跡、美術や工芸、食文化は絵画の題材としても好まれました。泉屋博古館では、所蔵する住友コレクションから江戸時代の京名物を描いた作品約20点を展示する秋季展が行われます。

展示の中心となるのは、約200年もの間住友家で秘蔵とされていた名品「二条城行幸図屏風(にじょうじょうぎょうこうずびょうぶ)」。江戸時代初期、後水尾天皇(ごみずのおてんのう)が二条城を訪れた時の様子を描いた第一級の風俗画です。画面には約3,600人もの人物が描かれ、当時の最新ファッション、豪華な見物席のしつらえ、豪華で繊細な料理など、いわゆる「京名物」のエッセンスが凝縮されています。展覧会では、この作品を高精細大型スキャナーで撮影した映像とあわせて展示。臨場感あふれる超高画質映像で屏風の世界を体験できるシアター上映や、自由に細かい部分を拡大して作品を鑑賞できる画像展示も行われます。

このほかにも、京都の着物文化を感じさせる「誰ヶ袖図屏風(たがそでずびょうぶ)」や、「伊勢物語図屏風(いせものがたりずびょうぶ)」といった京都を舞台にした物語に関する作品、祇園祭や京野菜を描いた作品などが登場します。
絵を通じて京都の名物巡りが楽しめる展覧会です。

「二条城行幸図屏風」江戸時代・17世紀 「誰ヶ袖図屏風」江戸時代・17世紀 「柳橋柴舟図屏風」江戸時代・17世紀

ページの先頭へ

京都文化博物館 三条駅・地下鉄 烏丸御池駅

野口久光 シネマ・グラフィックス 魅惑のヨーロッパ映画ポスター展 2014年10月7日(火)~12月7日(日)

戦前・戦後の映画黄金期に活躍した映画ポスターデザイナー、野口久光(のぐち・ひさみつ)。その世界をグラフィックデザインの観点から振り返る展覧会です。

展示作品は、『第三の男』『禁じられた遊び』『旅情』など、野口が描いた著名な欧州映画のポスターを中心とした約300点。どれもヨーロッパ映画の気品や空気感をとらえ、単なる広告とは一線を画す芸術作品となっています。
特に、ハイネックのセーターで口元を隠した少年が印象的な『大人は判ってくれない』(1960年日本公開)のポスターは、監督であるフランソワ・トリュフォーからも絶賛された映画史に残る傑作です。

映画ポスターのほかにも、野口が装丁を担当した本や雑誌、レコードジャケット、そして往年の映画スターやジャズメンを描いたポートレート、デッサンなど、幅広い活動内容をしのばせる品々も紹介。また、野口自身が編集を行った欧州映画の名場面集や、映画の予告編集などの映像も展示されます。

会期中には、野口がポスターを手がけた往年の名画の上映会や、映画音楽のジャズコンサートも開催。魅力的なグラフィックで描かれた映画と音楽の世界を、多彩なアプローチで味わうことができます。

『大人は判ってくれない』(日本公開/1960年) 『第三の男』(日本公開/1952年) 『禁じられた遊び』(日本公開/1953年)

ページの先頭へ

国立国際美術館 渡辺橋駅・中之島駅

ジャン・フォートリエ展 2014年9月27日(土)~12月7日(日)

戦後フランスを代表する抽象画家ジャン・フォートリエの没後50年を記念し、日本で初となる本格的な回顧展を開催。初期から晩年までの油彩画、素描、版画、彫刻など約100点が国内外から国立国際美術館に集まります。

見どころは、フォートリエの名を一躍有名にした代表作であり、大きな転換点でもあった「人質」シリーズです。今回はそのなかから、絵画10点と彫刻2点が出展されます。
第二次世界大戦の直後に発表された「人質」シリーズ。戦争に抑圧された人間の姿を激しく、ゆがんだ抽象的な形で描いたもので、その主題と絵の圧倒的な存在感でヨーロッパの画壇に大きな衝撃を与えました。
また、フォートリエの特徴である鋭く細い線描と絵具を厚く盛り上げることで生まれるごつごつとした独自の絵肌は、この作品で確立されました。
そのほかにも、これまで紹介される機会がなかった初期の写実的な作品も展示されます。さらに、1959(昭和34)年にフォートリエが日本で初めて個展を開催した際に出品され、20世紀後半の日本の美術界に大きな影響を与えた「黒の青」をはじめとする晩年の作品も登場します。

写実的だった初期から、重厚感ある「人質」の時代、そして晩年へと、画風も色使いも大きく変化させながら、人間や自然をテーマに自らの絵画を追求し続けたフォートリエ。その知られざる画業の全貌を作品を通して見ることのできる展覧会です。

《悲劇的な頭部(大)》1942 年 パリ国立近代美術館蔵 (c)Centre Pompidou, MNAM-CCI, Dist. RMN-Grand Palais / Droits reserves / distributed by AMF (c)ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2014 D0767 《人質(人質の頭部 No. 9)》1944 年 大原美術館蔵 (c)ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2014 D0767 《黒の青》1959 年 個人蔵 (c)ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2014 D0767

ページの先頭へ

細見美術館 神宮丸太町駅・地下鉄 東山駅

神尾勇治コレクション 仙厓と鍋島 ―美と向き合う、美を愉しむ― 2014年10月4日(土)~12月14日(日)

40年以上のキャリアを持つ古美術コレクター・神尾勇治氏のコレクションから、江戸時代の禅僧・仙厓(せんがい)の禅画と高級磁器・鍋島焼の名品を紹介する展覧会です。

仙厓は、博多(福岡県)の寺院で20年間住持をつとめながら、洒脱でユニークな禅画を数多く描き、現在も多くの人に愛されています。布袋が伸びをしている姿を描いた可愛らしい「布袋画賛(ほていがさん)」や、悟りの境地を示す丸い円に“これを茶菓子だと思って食べなさい”と書き添えた「円相画賛(えんそうがさん)」など、ユーモアたっぷりで温かみのある作品が魅力です。

鍋島焼は、17~19世紀にかけて九州の佐賀藩(鍋島藩)が藩直営の窯で生産させていました。「色絵五方唐花梅形皿(いろえごほうからはなうめかたざら)」に見られるように、洗練された優美なデザインと鮮やかな色絵、精巧な技術が高く評価され、将軍への献上品、大名・公家への贈答品などとして珍重されます。明治時代に窯が廃されたため鍋島焼は作られなくなりましたが、その伝統と技は現在の有田焼などに受け継がれています。

仙厓の絵と鍋島焼、作品ジャンルは異なりますが、どちらも九州で育まれた美術品です。神尾氏がその審美眼で選びぬいた九州の名品たちを堪能してみてはいかがでしょうか。

鍋島 色絵櫻花籠文皿 鍋島 色絵五方唐花梅形皿 仙厓 布袋画賛 仙厓 円相画賛

ページの先頭へ

ページの先頭へ

展覧会スケジュール2014年11月~2015年1月

 下記の展覧会名をクリックすると展覧会の詳細情報へ移動します。

  • ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展 印象派を魅了した日本の美 ● 2014年9月30日(火)~11月30(日)● 京都市美術館
  • 神尾勇治コレクション 仙厓と鍋島 ―美と向き合う、美を愉しむ― ● 2014年10月4日(土)~12月14日(日) ● 細見美術館
  • 屏風で楽しむ 京・名・物  おもしろの花の都や  ●2014年10月25日(土)~12月7日(日) ●泉屋博古館
  • 野口久光 シネマ・グラフィックス 魅惑のヨーロッパ映画ポスター展 ● 2014年10月7日(火)~12月7日(日) ● 京都文化博物館
  • 漫画家生活50周年記念 青池保子 華麗なる原画の世界 ~「エロイカ」から「ファルコ」まで~ ● 2014年11月1日(土)~2015年2月1日(日) ● 京都国際マンガミュージアム
  • 特別展 ―現代刀匠二番勝負― お守り刀展覧会×二次元vs日本刀展 ● 2014年11月1日(土)~12月23日(祝・火) ● 大阪歴史博物館
  • ジャン・フォートリエ展 ● 2014年9月27日(土)~12月7日(日) ● 国立国際美術館
  • 特別展 IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器 ● 2014年8月16日(土)~11月30日(日)  ● 大阪市立東洋陶磁美術館
  • 新印象派 ―光と色のドラマ ● 2014年10月10日(金)~2015年1月12日(祝・月) ● あべのハルカス美術館

ページの先頭へ

おけいはん.ねっと

  • 利用規約
  • プライバシーポリシー