京都ツウのススメ

第五回 仏像の見方

[個性あふれる仏像の不思議]長い歴史を誇る京都では、たくさんの仏像と出会うことが出来ます。今回は、分かると断然楽しい仏像のいろはを、らくたびの若村亮さんが紹介します。

仏像の基礎知識

其の一、
仏像とは信仰の対象である仏の姿を表したものです
其の二、
仏像は「如来」「菩薩」「明王」「天部」という大きく4つの種類に分けられます
其の三、
時代ごとの様々な仏像が、京都のいたるところで見られます

仏の世界の多様な仏像

仏像の始まりは、紀元前1世紀にもさかのぼります。釈迦が入滅したのち、まずは足形などをシンボル化したものが拝まれるようになり、その後に釈迦の姿をかたどった仏像が誕生しました。信仰の対象として具現化された仏像は、その見た目や持ち物が違い、役割によってそれぞれの方法で人々を教え、導いてくれます。

悟りを開いた者 如来

【1】肉髻(にくけい・にっけい) この中には人々を救うための知恵がぎっしり詰まっています

【2】三道(さんどう)「貪(むさぼ)り」「怒り」「愚痴」というこの世の煩悩を首のしわとして刻んでいます

【3】着衣 悟りを開いた如来は布をまとうのみのシンプルで潔い姿です

如来に出会えるところ
  • 平等院宇治駅下車
    南へ徒歩約10分
如来の役割

仏の世界では最高の存在
迷いを脱して悟りを開いた状態にあり、知恵や慈悲によって人々を救います。

ココがツウ 手に注目

阿弥陀如来の手もとのイラスト阿弥陀如来の手もとの輪は宇宙の意味で、博愛の心を表します

大日如来の手のイラスト大日如来の手は瞑想から行動に移る瞬間を表しています

※平等院鳳凰堂は平成26年3月31日(予定)まで、改修工事につき仮設素屋根に覆われ、内部拝観はできませんのでご注意ください。

悟りを求める修行者 菩薩

【1】結髪 ほとんどの菩薩は髪を頭の上で高く結っています。多くはその上から宝冠などをかぶっています

【2】救済の道具 往生者を乗せて極楽浄土へ誘(いざな)う蓮の華で作られた蓮台を持っています。宝珠(ほうしゅ)や、法輪(ほうりん)などを手にする菩 薩もいます

菩薩に出会えるところ
  • 広隆寺嵐電(京福)太秦
    広隆寺駅下車すぐ
菩薩の役割

如来の次の存在
悟りを開いて如来になるため、日夜修行に励む一方、苦しむ人々に救いの手を差し伸べます。

ココがツウ 手に注目

如来の左右に位置することが多く、あわせて「三尊」と呼ばれます。如来の種類によって脇の菩薩の種類も決まっています

邪悪を打ち砕く使者 明王

【1】武器 明王を代表する不動明王は、人間の煩悩を縛りとる羂索(けんさく)やそれを断ち切る利剣(りけん)を持っています

【2】台座 明王の多くは、力強さを表現する荒々しい岩に乗っています

明王に出会えるところ
明王の役割

如来の使者
如来の優しさだけでは救えない人々に対して、強い怒りで教えを説き、正しい道へと導きます。

目に注目

右目は上を、左目は下を向いていて、天地をまんべんなく見渡しています

仏教を守護する者 天部

【1】種類 他の仏とは違い、武神の他に「吉祥天」などの女神もいます。「梵天」「四天王」「十二神将」も天部です

【2】持ち物 天部は必ず持ち物を手にしています。「吉祥天」は真理を意味する蓮華を持つなど、役目によって持ち物も変化します

天部に出会えるところ
  • 鞍馬寺叡電鞍馬駅下車
    北西へ徒歩約30分(霊宝殿)
  • 三十三間堂七条駅下車
    東へ徒歩約5分
天部の役割

仏教の守護神
古代インドのバラモン教やヒンズー教の神を仏教に取り入れたもの。人々に福徳を授けます。

姿形に注目

もとは別の宗教の神々だったことから、他の仏像とは趣が異なります。象に乗るなど異国情緒が漂うものや、彩色された仏像が多く見られます

ぜひ見たいオススメの仏像
楊貴妃観音像の画像 美しい「楊貴妃観音像」

鎌倉時代以降、歴代天皇の菩提所(ぼだいじょ)となってきた泉潤寺。観音堂には、鎌倉時代に南宋から伝わったとされる聖観音菩薩が祭られています。ほっそりとした美しい女性を思わせるこの菩薩は、唐の玄宗皇帝が楊貴妃をしのんで彫らせたものと言われています。

泉涌寺(せんにゅうじ)

  • 9時~16時30分(閉門)
  • 大人500円・小中生300円
  • 075-561-1551 www.mitera.org
  • 東福寺駅下車 東へ徒歩約20分
泉涌寺の地図
制作:2008年8月
バックナンバー
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ