京都ツウのススメ

第九十一回 京の庭園

[京の庭園の歴史と様式を知る] 長い歴史を持つ京の庭園。そこに見られる3つの様式と造形美を、らくたびの若村亮さんが解説します。

京の庭園の基礎知識

其の一、
奈良時代に誕生した自然の風景を模した庭が起源です
其の二、
「池泉式庭園」「枯山水庭園」「露地庭園」の3つの様式があります
其の三、
鎌倉時代から現代まで、優れた作庭家たちが次々に現れています

庭の起源と変遷

庭は、奈良時代に自然の風景を模して造られたのが起源と言われます。平安時代前期には天皇や貴族が舟遊びなどを楽しむ寝殿造庭園が誕生し、後期には極楽浄土を表現した浄土庭園が流行しました。これらが池泉式庭園の原型と言えます。室町時代になると禅宗の教えが庭園の造り方に大きな影響を与え、水を使わずに白砂や石のみで構成した枯山水庭園と呼ばれる庭園が造られるようになり、京都の庭園史におけるひとつの頂点を極めました。一方、茶室を持つ住居には茶の湯の発展とともに露地庭園が登場します。そして安土桃山時代から江戸時代にかけて、建物の中からの庭の見え方に重きを置いた書院造庭園が造られるようになり、池泉式庭園の典型的な様式が武家社会に定着します。

作庭家に受け継がれて現代へ

京都に名庭が多い理由のひとつは、各時代の優れた作庭家の存在です。鎌倉時代の僧・夢窓疎石、江戸時代前期の茶人・小堀遠州、明治時代から昭和に活躍した小川治兵衛、昭和の重森三玲などが有名で、彼らの庭造りの精神や技術が後世に受け継がれているのです。

【庭の3様式】池泉式庭園/枯山水庭園/露地庭園 庭園を大きく分類すると、水をたたえる池を中心に据えた池泉式庭園、白砂や石のみで構成された枯山水庭園、そして茶室に面して造られた露地庭園の3つになります。それぞれの特徴や代表例を紹介します。

池泉式庭園 長い歴史を持つ王道の庭園様式

奈良時代に作られた大自然を模した広大な庭園は、池を中心とした池泉式でした。安土桃山時代や江戸時代になると、池の周囲に巨石や石組を配した豪華な庭園が武家の間でもてはやされるようになります。さらに明治時代にまでこの作風は受け継がれ、小川治兵衛ら近代庭園の流れを作った作庭家により、自然をそのまま背景とする借景庭園が多く生み出されました。

智積院の庭園。書院から庭園を観ると、池が縁側の下にまで入り込んでいるため、池の上にいるような感覚になります
ココがツウ

池泉庭園の楽しみ方には、池に浮かべた舟から鑑賞する舟遊式、庭の中を歩いて回る回遊式、建物から眺める鑑賞式などがあります

枯山水庭園 禅寺の精神性の深さを表現

座禅によって自分の内なる心に向き合い、悟りを求めるという禅宗の教え。その修行の空間にふさわしい、高い精神性と芸術性が凝縮された庭が枯山水庭園です。白砂や石のみで構成された“無我の境地”のような空間を、海と島に見立てたり、空と雲に見立てたりと、観る人の感性ひとつで感じ方が異なるところが枯山水庭園鑑賞の魅力のひとつです。

昭和の作庭家・重森三玲による東福寺方丈の南庭。鎌倉時代のスケールの大きさに、近代芸術的な抽象性を取り入れています
ココがツウ

仏教では、世界の中心にそびえる山を「須弥山(しゅみせん)」と言い、周囲を山と海が囲みます。枯山水庭園の石の配置は、それらを表したものです

露地庭園 茶の湯とともに発展

室町時代、茶室を持つ住居へ通じる通路を露地と表記しました。つまり露地庭園とは、茶室に付属して設けられた庭のことであり、千利休は「露地はただ浮世の外の道なるに心の塵(ちり)をなぞ散らすらむ〈茶室への通路は現実から離れる道なのに、そこになぜ俗世間の妄念をまき散らしてしまうのだろう〉」と詠み、雑念を払って茶の湯を楽しむことを呼びかけました。そのため、静かな風情を残した飾らない庭園となりました。

露地は元々、通路の「路地」の意でしたが、江戸時代の茶書で「露地」と書かれ、それが定着しました
ココがツウ

池泉庭園の楽しみ方には、池に浮かべた舟から鑑賞する舟遊式、庭の中を歩いて回る回遊式、建物から眺める鑑賞式などがあります

鑑賞がさらに楽しくなる!庭園を彩る脇役たち
石組

枯山水庭園における最も重要な要素。石組の仕方には、各時代の宗教観が強く反映されていると言われます。

灯ろう

元は参道や境内を照らす役割でしたが、茶の湯の発展とともに庭園内の鑑賞物としての位置付けが強くなりました。

手水鉢(ちょうずばち)

神前や仏前で口をすすいで身を清めるためのものでしたが、造形の要素として、庭園内に置かれるようになりました。

借景

庭園の外にある山や竹林など、自然の風景を背景に取り込むことを言います。例えば、天龍寺の庭園は嵐山を借景としています。

制作:2015年10月
バックナンバー
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ