京都ツウのススメ

第九十回 琳派(りんぱ)

[琳派400年の流れを知る] 京都で生まれた日本芸術様式のひとつ、琳派。様々な分野で育んできた400年の歴史をらくたびの若村亮さんが案内します。 八橋図屏風(右隻部分) 酒井抱一筆 出光美術館蔵(10/10〜11/1展示)…A

琳派の基礎知識

其の一、
琳派は、400年前に本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)が京都に芸術村を開いたのが始まりです
其の二、
華やかな装飾性を特徴とする作品が多く生み出されました
其の三、
3世代の芸術家によって、約100年間隔で、芸術様式が受け継がれました

琳派の始まり

琳派は、平安時代の日本画様式・大和絵の技法や題材を元に、金箔を使ったきらびやかで大胆な装飾性を特徴とし、400年もの歴史を持ちます。1615(元和元)年、本阿弥光悦は親交のあった徳川家康から京都・鷹峯(京都市北区)に広大な土地を与えられ、各分野で活躍する文化人や職人などを集めて「光悦村」と呼ばれる芸術村を開きました。そこでは絵画だけでなく、陶芸、工芸品などが生み出され、琳派発祥の地とされています。

多くの芸術家が影響を受けた様式

光悦と俵屋宗達(たわらや そうたつ)が活躍した約100年後に尾形光琳(おがた こうりん)・乾山(けんざん)の兄弟が現れ、先人である彼らの画風を取り入れつつ発展させました。さらにその約100年後には京都から江戸へと広がり、酒井抱一(さかい ほういつ)などが、後に江戸琳派と呼ばれる自由な発想と文化の担い手として、世間に知られるようになりました。作品への憧れや尊敬を表す模写も多数あり、中でも宗達、光琳、抱一が描いた風神雷神図屏風は、題材は同じですがそれぞれの個性が表現されています。現代にも琳派の様式は受け継がれ、様々な芸術家に影響を与えています。

【芸術家の一群・琳派の時代】琳派を代表する各時代の芸術家とその作品を年表と合わせて紹介します。

400年続く琳派を受け継ぐ

琳派と呼ばれる芸術家たちの間には師弟関係はなく、それぞれが作風や意匠を取り込んで独自に発展させてきたものだったと考えられています。各時代の芸術家たちが直接的なつながりを持たないという特殊な形の中で発展しました。

ココがツウ!

琳派という名称は、美術史関係者が創り出した略称で、京都出身の絵師・尾形光琳の一文字をとって名付けられました。昭和40年代の美術辞書にも琳派についての解説はなく、琳派と呼ばれるようになったのは近年になってからです

日本初のアートディレクター 本阿弥光悦(1558-1637年)

書や絵画、陶芸など多くの才能を持った芸術家。和歌巻の下絵や歌を書く紙の装飾の制作で宗達と親しくなり、琳派の始まりとなる光悦村を開きました。陶芸や漆芸などの指導者としても活躍しました。

本阿弥家は、刀剣の手入れや鑑定をする京都の名家。享保年間(1716~36年)に徳川吉宗の命で、日本刀を公式格付けした「享保名物帳」を制作したと言われています

宗達が金と銀の泥を用いて装飾したツルの絵の上に、光悦が三十六歌仙の歌を筆で描いた合作です 重要文化財 鶴下絵三十六歌仙和歌巻(部分) 本阿弥光悦筆・俵屋宗達画 京都国立博物館蔵(全期間展示)…Ⓐ

琳派様式を江戸へ伝えた人物 酒井抱一(1761-1828年)

蒔(まき)絵や染織も手掛けた絵師で、江戸を拠点とする琳派のひとり。様々な流派の絵画を学んだ後、光琳の画風を受け継ぎ、世間へ広めて光琳様式の再興に尽くしました。

光琳の再来と呼ばれ評された芸術家 神坂雪花(かみさかせっか)(1866-1942年)

京都出身の画家で図案家。彼の作品は明治時代に琳派様式が再び注目されるきっかけになりました。また、漆器や陶器などの工芸作品の図案制作や指導も行った人物です。

木版画の作品集「百々世草(ももよぐさ)」は、琳派の図案を継承した全60作品から成ります 神坂雪佳「百々世草」より1909年 京都国立近代美術館蔵…Ⓑ

完成度の高い美を造る職人 俵屋宗達(生没年不詳)

絵屋・俵屋を営み、画家として公家や社寺などの巻物や扇絵、障壁画を描いていたということ以外は謎に包まれています。大胆かつ自由な発想の作風と構図で独自の画法を生み出し、後の琳派の作家たちへ影響を与えました。

金箔が張りつめられ、風神と雷神の形が際立ち、無限の奥行きを演出しています 国宝 風神雷神図屏風 俵屋宗達筆 建仁寺蔵(全期間展示)…Ⓐ

天才絵師の兄と名陶芸家の弟 尾形光琳(1658 -1716年) 尾形光琳(1658 -1716年)

光琳は、宗達が描いた屏風の模写をし、絵師として独自の画風を確立。また陶器の絵付けや着物・蒔絵の図案も起こし、後の光琳模様と称される元を築き上げました。弟の乾山は、京都の鳴滝に乾山焼の窯を開いた陶芸家として有名。書や絵画も手掛け、特に兄弟合作の作品が数多く残ります。

京都の高級呉服商・雁金(かりがね)屋を営む尾形家は、光悦と親戚関係にありました。恵まれた環境で育ったふたりには、光悦や宗達の作品が身近にあり、その豪華な暮らしぶりが作品に影響したと言われています

重要文化財 松波文蓋物 尾形乾山作 出光美術館蔵(全期間展示)…Ⓐ 外面は釉薬をかけずに素地を残し、宗達の金銀泥絵を思わせる手法で彩りを重ねています

重要文化財 孔雀立葵図屏風(左隻) 尾形光琳筆(10/10~25展示)…Ⓐ 空間の切り取り方を変えて立葵を配置し、赤と白の色の対比も効果的です

制作:2015年9月
バックナンバー
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ