京都ツウのススメ

第八十九回 京の麩(ふ)

[この世とあの世が交錯する京都の妖怪伝説] 千年の歴史を持つ京都に伝わる数々の妖怪話。一条通の百鬼夜行伝説を中心に、らくたびの若村亮さんが紹介します。

妖怪紀行の基礎知識

其の一、
麩は、室町時代に中国へ渡った修行僧によって日本へ伝わりました
其の二、
宮中や寺院では、麩は貴重なたんぱく源とされていました
其の三、
江戸時代、民衆の間でも食べられるようになり、様々な麩が作られています

麩の起源

室町時代、中国の麺筋(めんちん)と呼ばれる麩の原形が修行僧によって日本に伝えられ、肉類を食べない禅僧の貴重なたんぱく源とされていました。しかし、当時は原材料である小麦の生産量が少なく高価だったため、小麦の殻などを使用して麺筋を作っていました。この時代は民衆が口にする機会はなく、宮中や寺院での特別な行事の際などに食べられるのみでした。その後、安土桃山時代に麺筋を使ったお菓子が登場。麺筋は徐々に茶道の世界から一般的にも知られるようになります。江戸時代には、幕府が上質な小麦の輸入を始め、現在の小麦粉のグルテンを使ったものと同じ作り方になり、麩として民衆の食卓にも並ぶようになったと言われています。

京都と麩の関係

盆地のため良質な地下水に恵まれている京都では、昔から麩作りにもその水が利用され、早くから品質や味が良いものが作られていました。民衆にも手に入るようになると、料亭や京菓子店が麩料理や麩菓子を取り入れ始め、麩専門店もできるほど、麩の食文化が広まっていきました。

【京の麩ばなし】京都の暮らしや食文化の中で、長年親しまれてきた麩について紹介します。

麺筋と麩

中国では「麺」が小麦、「筋」がたんぱく源の意味を持つことから名付けられた麺筋。中国から日本に伝わった当時は、石臼でひいた小麦粉を水で練ってこねるのではなく、小麦粉を作る時に出る殻や残りカスである麩(ふすま)を使い麺筋を作っていました。そうしてできた麺筋を炙(あぶ)り焼きにしたり、お吸い物に入れたりするなどして食べていたそうです。現在の小麦粉のグルテンを使った麩作りは、江戸時代から一般的になったとされています。

麩の種類と多様化

麩が様々な料理に用いられるようになり、今では生麩、焼き麩など、種類や形の違うものは90種類以上もあるそうです。

生麩

麩の原料になるグルテンにもち粉を加えてゆでた生麩は、京都を代表する食材です。味の変化を楽しめるようにヨモギやアワを練り込んだものや、季節の花を彩る花麩、手まりやちまきなどをまるで本物のように仕上げる細工麩などがあります。

1689(元禄2)年創業の麩専門店・半兵衛麸の初代店主・玉置半兵衛が、麩の製法を御所内で学び商いを始めたことから、京都で麩料理が広まったそうです

ココがツウ

生麩

焼き麩

麩は焼くことによって保存期間が長くなり、長時間煮込んでも形がくずれにくくなります。京都では名産として長方形にして焼き上げた丁子(ちょうじ)麩と呼ばれる麩がよく食べられています。元は、滋賀の近江商人が形の丸い麩は持ち運びに不便なため、束ねやすい角型の麸を作ることを思いつき、そこから京都に伝わったそうです。

焼き麩

京の食文化と麩

京都では、麺筋は室町時代に禅僧によって精進料理の食材に用いられ、肉に代わるたんぱく源として、煮たり焼いたり、様々な味付けをして食べられていました。安土桃山時代には、「麩の焼き」と呼ばれる麺筋を焼いたお菓子が誕生し、茶会で振る舞われたのが評判となったそうです。そして江戸時代の書物「食物和解(わげ)大成」や「當世(とうせい)料理筌(せん)」には、京都で作られる麩が最も良いと記されています。それは、京都の名物である豆腐や湯葉とともに、麩も質の良い水を利用して作る食材のためで、今も京都には麩料理専門店があり、そのおいしさを伝えています。

京の食文化と麩

ココがツウ

千利休が催した茶会では、麩の焼きがお菓子として多く用いられたことが当時の「茶会記」に残っています

麩屋町通(ふやちょうどおり)には麩屋がない!ココがツウ

京都の丸太町通から五条通までを南北に通る道・麩屋町通の周辺には、室町時代から麩を売る商人が多く住んでいました。しかし、江戸時代前期になると他の商いをする店が多くなり、中期には皇居の拡張によって住民は仁王門通へ移転することになったため、今は麩屋が1軒もありません

制作:2015年8月
バックナンバー
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ