京都ツウのススメ

第七十一回 香道

[時代を越えて親しまれる 香文化(こうぶんか)] 心を遊ばせ、時に落ち着ける香りの世界。平安貴族たちも魅せられた香道の成り立ちや楽しみ方をらくたびの佐藤理菜子さんが紹介します。

香道の基礎知識

其の一、
香文化は、飛鳥時代に中国から伝わったとされています
其の二、
平安時代、貴族の間で香りを楽しむ遊びが流行しました
其の三、
香道は、茶道・華道と並ぶ日本三芸道のひとつです

香文化の成り立ち

日本の香文化は、飛鳥時代の仏教伝来とともに中国から、香木を焚(た)いて用いる焚香料(ふんこうりょう)が渡来したのが始まりです。当初は宗教とのつながりが強く、仏像開眼などの儀式の時に香を焚いていましたが、平安時代になると、貴族の間で香料を調合した練り香「薫物(たきもの)」が盛んになり、着物や部屋に香り付けをするようになりました。室町時代には禅の精神と結び付き、香木そのものの香りを鑑賞する「聞香(もんこう)」が成立します。その後、香木を焚いてその名を言い当てる「組香(くみこう)」が生まれました。

香道の確立

江戸時代には、香木を産地などから6つに分類し、さらにその香りを甘・苦・辛・酸・鹹(かん)(塩辛い)の5つの味で表現する「六国五味(りっこくごみ)」という鑑定基準が完成します。これにより香りを楽しむための作法や道具などが広く発展し、やがて茶道・華道と並んで日本三芸道のひとつとして香道が確立しました。その伝統は現代まで受け継がれ、より香りを気軽に楽しめるよう、匂い袋や線香など、様々なスタイルで生活に取り入れられています。

[雅やかな香道の世界] 四季の移ろいを愛でつつ、香りで心を遊ばせる香道。古の平安文化にも結び付く、奥深い香の世界に触れてみましょう。

香道のルーツ

もともと宗教儀式に用いられていた香は、平安時代に貴族たちが風流な遊びとして楽しむようになったことから、やがて和歌や文学とも関わりの深い芸道となりました。

王朝人のたしなみ 薫物合(たきものあわせ)

香木を粉末にしたものに蜜や梅肉などを加えて練り、つぼの中で熟成させた丸薬状の練り香「薫物」を持ち寄り、誰の香りが優れているかなどを競います。平安貴族の間で流行した雅な遊びです。

ココがツウ平安時代末期の書物「薫集類抄(くんしゅうるいしょう)」には、当時の貴族が好んだ香りの調合が多く記されています。それをもとに当時の香に近いものを調合し、聞くことができます

「薫物」は、灰と炭を使って焚かれ、着物や部屋の香り付けにも使用。現代も茶の湯の席で用いられます。

香道のキホン

香道とは、作法を重んじながら香木を焚き、香りを楽しみながら鑑賞する芸道です。香道では「香りを聞く」と言い、「香りをかぐ」という表現は使いません。香りの違いを聞き分ける香遊びを「組香」、香りを鑑賞することを「聞香」と言います。

趣向を凝らした香り遊び 組公(くみこう)

和歌や物語などを題材にして2種類以上の、小さく切り分けた香木を組み合わせ、その香りを聞き当てる遊び。香木を一片ずつ包んだ香包(こうづつみ)を香炉に焚き、参加している人たちが順番に香りを聞いていきます。各自で答えを用紙に記入し、最後に答え合わせをします。遊び方には、源氏物語にちなんだ「源氏香」や、上賀茂神社で行われる競馬(くらべうま)を題材にした「競馬香」など、数百種類もあると言われます。

源氏香では聞き分けた香の種類を「源氏香之図」という図柄で表現します。

香りに心を傾ける 聞香(もんこう)

左手にのせた香炉を右手で覆い、呼吸を整えて静かに香を鑑賞します。茶道のように、作法に従って香木の香りを聞くことで、心を落ち着けて深く鑑賞することができ、聞き比べをじっくり楽しみます。

ココがツウ1334(建武元)年、鴨川の二条河原に掲示された社会風刺の落書きには、都で流行しているものとして、10種類の香りを聞き分ける遊び「茶香十炷(ちゃこうじっしゅ)の寄合」が挙げられました

王朝文学にみる香文化

平安時代の貴族にとって薫物の調合は社交の場で必要な教養でもあったため、王朝文学には香に関する記述が多く見られ、「源氏物語」や「枕草子」にも登場します。中でも源氏物語の「梅枝(うめがえ)」の帖で、光源氏の娘である明石の姫君が11歳で宮中へ嫁ぐ際、嫁入り道具のひとつとして薫物を作る場面が有名です。

「源氏絵鑑帖」梅枝 伝土佐光則
宇治市源氏物語ミュージアム蔵

ココがツウ

この時代、厳しい冬の終わりを告げる梅に人々は特別な心を寄せていたため、梅の香りが最も好まれていました

香道体験できるスポット
山田松香木店(京都市上京区)
享保年間(1716~35年)に薬種業を始め、後に香木業中心に。聞香体験のほか、薫物作り体験もできます(要予約)
  • 075-441-1123
  • 神宮丸太町駅から市バス 65 93 202 204 烏丸丸太町下車 北へ徒歩約10分
香老舗 薫玉堂(京都市下京区)
1594年(文禄3)年創業の老舗。本格的な香室で聞香体験ができます(抹茶・お菓子・お土産付き)(要予約)
  • 075-371-0162
  • 七条駅から市バス 206 208 七条堀川下車 北へ徒歩約10分
制作:2014年2月
バックナンバー
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ