京都ツウのススメ

第六十七回 茶の湯(茶道)

[もてなしの心を込める茶の湯]茶の湯は、季節の移ろいを愛で、お茶を飲むことで心を養う、日本独特の豊かな文化です。京都で育まれた、奥深い茶の湯の世界について、らくたびの佐藤理菜子さんが解説します。

茶の湯の基礎知識

其の一、
室町時代、村田珠光が茶席に禅の精神を取り入れた茶の湯を始めました
其の二、
千利休が、簡素な空間で心からもてなす「わび茶」を大成させました
其の三、
茶の湯は、日本文化の総合芸術と言われています

茶の湯の成立

奈良時代から平安時代に、遣唐使や留学僧が中国から茶を持ち帰ったのが、日本の茶文化の始まりとされています。当初は貴重な薬として扱われていましたが、鎌倉時代に、建仁寺を創建した栄西が、粉末にした茶に湯を注いで飲む抹茶法を伝えました。室町時代初期には、ぜいたくな茶道具を用いてお茶を楽しむ茶寄合が流行しますが、村田珠光は、茶席に禅の精神を取り入れ、簡素で落ち着いた茶の湯様式「草庵の茶」を生み出します。これを武野紹鷗が受け継ぎ、さらに「わび茶」として大成させたのが、後に茶聖と呼ばれる千利休です。利休は、限りなく無駄を省いた茶室で、心を込めて相手をもてなす茶の湯の様式を確立させ、多くの教えを残しました。

日本文化の総合芸術

表千家・裏千家・武者小路千家の「三千家」をはじめ、多くの茶の湯の家元が集まる京都。茶の湯は、建築や庭園、美術工芸、華道、京菓子などとつながりを持ちながら一流の文化が集まるこの地で発展を遂げました。京都の風土の中で育まれ洗練された茶の湯は、日本文化の総合芸術とも言われます。

伝統ある茶の湯の世界

茶の湯のキーパーソン

慎み深く心の美しさを求める「わび」「さび」という、日本ならではの美意識を持つ茶の湯は、室町時代から安土桃山時代にかけて活躍した茶人たちにより生み出されました。

村田珠光 むらたしゅこう 1423〜1502(応永30〜文亀2)年

大徳寺の一休宗純から禅を学び、茶と禅の精神を融合させた茶禅一味という境地に到達。心の修養を大事にした簡素な「草庵の茶」を始めました。

武野紹鷗 たけのじょうおう 1502〜1555(文亀2〜弘治元)年

村田珠光の茶風を引き継ぎ、簡素化をさらに進めます。質素な茶室で心からお客さまをもてなす「草庵の茶」を、千利休をはじめ多くの門弟に広めました。

千利休 せんのりきゅう 1522〜1591(大永2〜天正19)年

大坂・堺に生まれ、幼い頃から茶を学び、精神性を重視するわび茶を大成させます。無駄を省いた新しい茶の湯の様式を創り出す一方、織田信長や豊臣秀吉に仕え、天下一の茶匠となりました。

ココがツウ

千利休の「わび茶」を継承した孫の千宗旦は、3人の息子とともに表千家・裏千家・武者小路千家を築きました。これが、現代まで続く京都の「三千家」です

千利休

堺市博物館蔵

茶室を見てみよう

茶室は、母屋に付属して建てられたものと独立したものがあり、四畳半を基本としています。亭主はもてなしの心を込めて茶道具を取りそろえ、季節ごとのテーマやお客さまに合わせて茶室を演出します。

ココがツウ

足利義政が銀閣寺に作った四畳半の書斎が、日本最初の茶室と言われる同仁斎(どうじんさい)です

掛物 かけもの
茶花 ちゃばな
香合 こうごう
釜・炉 かま・ろ
茶器 ちゃき
茶碗 ちゃわん
水指 みずさし
点前座 てまえざ
床の間に飾る掛け軸のこと。茶会のテーマに合ったものが選ばれ、利休が「第一の道具」と言うように、茶会の中心となるものです。禅の書などから1~2句を抜き出した「一行物」が好まれます。
利休の教え「花は野にあるように」の通り、季節の山野草が自然のままの美しい姿で生けられます。
香を入れるための小さなふた付きの器。茶席の空気を浄化し、心身を清めるほか、炭の臭いを消して香りを楽しむために茶席では必ず香がたかれます。
茶会を催すことを「釜をかける」というほど釜は大事な道具。11月初旬から4月までは畳の一角に設けられた“炉”に、それ以外の時期は移動式の炉(=風炉)に釜をかけます。
抹茶を入れる器。濃茶を入れる器を茶入と言います。薄茶を入れる薄茶器は、丸みを帯びた棗(なつめ)などの形があります。
お茶をいただく茶碗は、最も代表的な茶道具です。格式の高い濃茶には、厚手で無地の楽焼などを使用します。略式の薄茶(おうす)では、美しい絵柄の京焼などを用います。 ココがツウ 薄茶では、ひとつの碗にひとり分ずつのお茶が点てられます。濃茶は、複数の人数でひとつの碗のお茶を飲みます
釜の湯加減を調整したり、茶碗などをすすぐための水を入れる壺。様々な意匠のものがあり、茶席のアクセントになります。
亭主がお茶を点てるために座る場所。様々な茶道具が並べられます。
制作:2013年10月
バックナンバー
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ