京都ツウのススメ

第六十一回 京の伝説

[古都の歴史を語り継ぐ 京の伝説]京都のいたるところに隠されている逸話の数々。古の人々が紡ぎ出し、現代にも息づく京の伝説を、らくたびの森明子さんが解説します。

京の伝説の基礎知識

其の一、
京都には、語り継がれてきた多くの伝説が残されています
其の二、
能や狂言の演目に取り入れられたり、説話集に登場するものもあります
其の三、
歴史上の人物や動物、信仰に関するものが登場するのが特徴です

語り継がれる伝説

京都の長い歴史の中で起きた数々の事件や出来事。それらは、文字や紙が普及していなかった時代、想像や願いも織り交ぜながら、人々の口伝えで世間へ広まりました。そうして生まれた伝説の中には、能や狂言の題材や、民話を集めた『今昔物語集』などの説話集に取り入れられたものも多くあります。

京の伝説の特徴

京都の伝説には、歴史上の人物や今も残る地名が登場し、史学的な証言とも言えるものが多いのが特徴です。また、動物が登場し、不思議な現象が起きるというパターンも見られます。さらに、京都は比叡山延暦寺をはじめ仏教が盛んであったため、信仰に関する伝説も数知れません。受け継がれた伝説をひも解くことで、身近に隠れていた歴史や、宗教都市としての京都の新たな一面を垣間見ることができます。

都に息づく伝説と3つのキーワード

京都に数多く残る伝説を、「歴史上の人物」「信仰」「動物」のキーワードに沿って紹介します。

歴史上の人物

地ずり柳[六角堂]

▼マップへ

平安時代、妃との出会いを願っていた嵯峨天皇に、夢で「六角堂の柳の下を見よ」とのお告げがありました。行ってみると、枝が地面まで伸びた“地ずり柳”の下に絶世の美女がたたずんでおり、天皇は早速妃に迎えたとされます。この伝説から、六角堂は縁結びの名所として知られます。

ココがツウ

“地ずり柳”の2本の枝をおみくじで結びつけて願い事をすると、良縁に恵まれると言われています

地ずり柳
弁慶石

▼マップへ

三条京極に、弁慶が大切にしていた石が置かれていました。弁慶の死後、奥州(現・東北地方)へ移されましたが、弁慶が幼少期を過ごした京都に行きたいと石が騒ぎ出し、また周りでは熱病がはやり始め人々が弁慶のたたりだと恐れるようになったので、石は京都に戻されたとか。「この石に触ると火魔や病魔から逃れられる」「男の子が触ると力持ちになる」と言い伝えられています。

信仰

証拠の阿弥陀[勝林院]

▼マップへ

平安時代、大原にある勝林院で、法然と比叡山延暦寺の僧が念仏について議論を行った“大原問答”の際、法然が「念仏によって人々は救われる」と説いたところ、本尊の阿弥陀如来像が手から光明を放って法然を支持したと伝わります。このことから、本尊は「証拠の阿弥陀」と呼ばれるようになりました。

勝林院には、“大原問答”の時に法然が休んだとされる
「法然腰掛石」が残されています

ココがツウ
証拠の阿弥陀
こぬか薬師

▼マップへ

住職の夢枕に本尊の薬師如来像が立ち、「私の前に来れば、一切の病気を除いてやろう。来ぬか、来ぬか」と告げました。参拝者が祈ると、流行していた疫病がたちまち治ったと伝わります。

動物

相槌稲荷[合槌稲荷神社]

▼マップへ

名匠として名高い三条小鍛冶(こかじ)宗近は、朝廷から刀を造るよう命じられました。刀を交互に打つための優秀な相槌がいない宗近は、稲荷明神に祈願します。すると、稲荷神社の使者である狐が人に化けて現れ、相槌を務めました。そうして完成した刀は、「小狐丸」と名付けられたとされます。

ココがツウ

この伝説を題材として、おめでたい能の演目である
「小鍛冶」が生まれました

相槌稲荷
鬼門の猿[猿が辻]

▼マップへ

京都御所の北東角は猿が辻と呼ばれ、鬼門を守る木彫りの猿が置かれています。この猿は夜な夜な大声を出しては通行人にいたずらをするため、金網で閉じ込められていると言われます。

1六角堂

2弁慶石

2弁慶石

2弁慶石

2弁慶石

2弁慶石

制作:2013年4月
バックナンバー
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ