京都ツウのススメ

第三十七回 室町文化

[今に伝わる“日本美”の原点 室町文化] 今から約670年前京都に室町幕府が開かれ、様々な文化が花開きました。今に受け継がれる室町文化についてらくたびの佐藤理菜子さんがご案内します。

室町文化の基礎知識

其の一、
足利尊氏によって京都に幕府が開かれた室町時代(14世紀半ば~16世紀半ば)の文化です
其の二、
北山文化と東山文化に大別され、公家文化と武家文化の融合が特徴です
其の三、
能・狂言、茶の湯、水墨画など、今に伝わる多くの伝統芸能・芸術が育まれました

室町文化の興り

鎌倉幕府を倒した足利尊氏は、1336(建武3/延元元)年、京都に室町幕府を開きました。地方から多くの武士が上洛し住むようになったことから、都と地方の文化が混交。それまでの優美で華やかな公家文化を、禅宗の影響を強く受けた質素で力強い武家文化が吸収する形で、特色ある新しい文化が育まれました。それが、今に伝わる“日本美”の原点と言われる室町文化です。

花開く室町文化

室町時代の文化は、初期の北山文化と中期の東山文化に大きく分けられます。この2つの文化をそれぞれ象徴する建物が、足利義満の別荘であった金閣寺(鹿苑寺)と足利義政が築いた山荘・銀閣寺(慈照寺)です。また、新しい住宅様式である書院造りをはじめ、枯山水庭園、能・狂言、茶の湯、生け花、水墨画など、日本を代表する様々な文化がこの時代に発展しました。日本人の美意識に多大な影響を与えた室町文化は、時を超えて今に受け継がれています。

[室町文化の2つの頂点 北山文化と東山文化] 華やかな北山文化と、わび・さびを重んじる東山文化。2つの文化の中で誕生・発展した建築・美術・芸能・芸道について紹介します。

  • [北山文化] 14世紀末/3代将軍・足利義満/平安時代以来の華麗な貴族様式と中国から伝来した禅宗様式が融合した華やかな文化 ●金閣寺の建立 ●水墨画の発展 ●能の大成など
  • [東山文化] 15世紀後半/8代将軍・足利義政/禅宗様式が深まり「わび・さび」を基調とする簡素で幽玄な美しさが尊重されました ●銀閣寺の建立 ●水墨画の大成 ●茶の湯・生け花の隆盛など

[能・狂言] 現存する世界最古の舞台芸術(芸能)

現存する世界最古の舞台芸術

足利義満の後押しで、観阿弥・世阿弥親子が神社の祭礼などで行われていた猿楽の能を「幽玄」の美意識を持った舞台芸術として大成。能との組み合わせによって発展した狂言は、風刺性の強い喜劇として庶民の人気を集めました。

能

キーパーソン [世阿弥]室町時代前期の能役者。父・観阿弥とともに能を総合芸術として完成。神や幽霊が登場する「夢幻能」という様式を確立し、日本最古の能楽論『風姿花伝』を記しました。

ココがツウ

足利義満の支援を受けた世阿弥は、義満の命を受け、しばしば金閣寺で能を舞いました

[書院造り] 現代の和風建築の原型(建築)

現代の和風建築の原型

室町時代中期以降に誕生した新しい武家住宅の様式。「書院」とは居間兼書斎として用いた部屋で、東山文化の中で形式が整えられていきました。床の間・違い棚・付け書院などの座敷飾りを備えているのが特徴です。

書院造りの一例

ココがツウ

足利義政の書斎で、銀閣寺東求堂(とうぐどう)にある「同仁斎」は現存する最古の書院で、
四畳半茶室の始まりとも言われています

[水墨画] 宗教画から芸術へ(美術)

宗教画から芸術へ

水墨画は、鎌倉時代に禅宗とともに中国から伝わりました。北山文化では相国寺の画僧・如拙(じょせつ)、周文らが禅の精神を広める宗教画として確立。東山文化では雪舟が登場し、風景を描く「山水画」において日本独自の表現方法を確立しました。

キーパーソン [雪舟]室町時代後期の画僧。京都・相国寺で修行したのち、中国の明に渡って画を学びました。奥行きのある山水図で知られ、『天橋立図』などの傑作を残しました。

天橋立図

ココがツウ

室町時代の水墨画は、「京都五山」(幕府が住職を任命する官寺)の寺として足利義満が建立した相国寺で発展。優れた画僧を多く輩出し、中央画壇として栄えました

[茶の湯] 今日も親しまれる芸道(芸道)

今日も親しまれる芸道

茶の湯の起源は、東山文化に興った「わび茶」が始まりと言われています。わび茶とは茶に禅の精神を融合させ、四畳半以下の茶室を用いた簡素な茶の湯の形式で、村田珠光によって創始され、安土桃山時代の千利休によって大成されました。

わび茶

キーパーソン [村田珠光]室町時代中期の茶人。奈良に生まれ、元は僧侶であったと伝わります。上洛後、大徳寺の一休に学び、茶禅一味(茶道と禅の精神の統一)の境地に到達しました。

ココがツウ

村田珠光は、茶の湯が人間の成長をもたらす心の道であるとする「心の文」という文章を残し、
茶の湯にはじめて禅の精神を取り入れました

制作:2011年4月
バックナンバー
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ