京都ツウのススメ

第三十三回 京の七福神

[新年に福を呼び込む七福神] 正月に宝船に乗った七福神の絵を枕の下に入れて寝ると幸運がもたらされるという言い伝えがあります。室町時代の京都で発祥した七福神信仰について、らくたびの佐藤理菜子さんがご案内します。

京の七福神の基礎知識

其の一、
七福神とは、ゑびす神・大黒天(だいこくてん)・毘沙門天(びしゃもんてん)・弁財天(べんざいてん)・福禄寿神(ふくろくじゅじん)・寿老神(じゅろうじん)・布袋尊(ほていそん)を指します
其の二、
七福神信仰は室町時代に京都の町衆の間で始まりました
其の三、
京都では正月に七福神をまつる社寺を巡る「七福神巡り」が行われます

町衆から生まれた七福神信仰

インド・中国・日本の神々が連れ立って人々に幸運をもたらすという七福神信仰は、室町時代に京都の民衆の間で始まったものです。元は海の彼方にある神の国から海を渡って神がやって来ると信じられていた古代の福神信仰に由来するもので、商工業が発展したこの時代は、庶民が個人の富や利益を願うようになり、次第に福神が財宝の神などとして崇められるようになりました。初めは商売繁盛を願う人たちの間でゑびす神と大黒天の二神信仰が生まれ、やがて7人の神様が組み合わされて現在の七福神が誕生しました。

京都における七福神

京都では日本最古と言われる「都七福神」のほか、「京の七福神」や「京都七福神」など、様々な組み合わせの巡り方があります。正月の松の内や節分などに七福神を拝めば、「七難即滅(そくめつ)、七福即生(そくじょう)極まりなし〔七つの災いがたちまち消え、七つの福がたちまちやってくる〕」と言われ、開運招福のご利益を求めて多くの人々が巡ります。

[福徳を授けてくれる七福神] 商売繁盛や不老長寿などのご利益をもたらしてくれる身近な神様として親しまれる七福神をご紹介します。

商売繁盛 ゑびす神

右手に釣竿、左手に鯛を抱え、ふくよかにほほ笑む姿をしています。元は海の神様で、現在も豊漁の守護神であるとともに商売繁盛や旅行安全の神として親しまれています。

まつられている代表的な社寺

恵美須神社 など

ココがツウ京都の恵美須神社は、兵庫の西宮神社・大阪の今宮戎神社と並び、日本三大ゑびすのひとつです

開運招福 大黒天

福袋を背負い打ち出の小づちを持ち、「上を見ない」という謙虚さを表す大きな頭巾をかぶっています。福徳を招く商売繁盛の神で、古代インドの軍神が元となっています。

まつられている代表的な社寺

松ヶ崎大黒天、圓徳院、大黒寺 など

ココがツウ松ヶ崎大黒天の本尊である大黒天像は、伝教大師・最澄の作で、日蓮が開眼したものと伝えられています

七福即生 毘沙門天

北方の守護神であり、仏教を守護する四天王のひとり。福徳・知恵・美ぼう・力・能弁など10種類のご利益があるとされます。また甲冑(かっちゅう)姿から戦勝の神としても知られ、戦国時代の武将・上杉謙信にも信仰されていました。

まつられている代表的な社寺

東寺、毘沙門堂、鞍馬寺、盧山寺 など

福徳自在 弁財天

琵琶(びわ)を弾く美しい姿をした、七福神の中で唯一の女神。元々インドの水の神様で、水の流れる音にちなみ、音楽や芸能の神として諸芸上達や、財運などのご利益があるとされています。

まつられている代表的な社寺

六波羅蜜寺、三千院、長建寺 など

延寿福洛 福禄寿神

中国の道教の聖地・泰山(たいざん)に住むという神様・泰山府君(たいざんふくん)の化身とされ、幸福・高禄・長寿の3つの願いを表すとされています。短身で長い頭にひげを生やした姿で、長寿・健康・除災にご利益があります。

まつられている代表的な社寺

赤山禅院 など

不老長寿 寿老神

古代中国の哲学者・老子が仙人となった姿。巻物を付けた杖を持ち、3000年の長寿を保つという鹿を連れた姿などで表現され、長寿・子宝・病気平癒・金運のご利益があるとされています。

まつられている代表的な社寺

革堂 など

諸縁吉祥 布袋尊

七福神の中で唯一、中国・唐の時代に実在した布袋和尚がモデルと言われています。吉凶をつかさどり、大きなお腹や福耳、満面の笑顔などから、招福の神とされています。

まつられている代表的な社寺

萬福寺、長楽寺 など

ココがツウ七福神の「七」という数は、室町時代に掛け軸の題材として好まれた、中国の7人の賢者を指す「竹林の七賢人」にならったとか、仏法の経典である「仁王般若経 」の文言「七難即滅、七福即生」にちなんだなど、諸説あります

都七福神まいり

「都七福神まいり」は、京都の代表的な七福神巡りとして知られています。宝船の大護符(色紙・有料)に7社寺の朱印(各300円)を集めて祈願すると“7つの福”が授かると言われ、特に新春に巡るとそのご利益が大きいと言われています。

色紙

ゑびす神=恵美須神社、大黒天=松ヶ崎大黒天、毘沙門天=東寺、弁財天=六波羅蜜寺、福禄寿神=赤山禅院、寿老神=革堂、布袋尊=萬福寺

制作:2010年12月
バックナンバー
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ