京都ツウのススメ

第八回 顔見世を楽しむ

[庭園史のひとつの頂点 禅寺の庭]禅宗の高い精神性と抽象性を凝縮した芸術的な枯山水庭園。全国でも京都以外ではあまり見られない様式だと言われます。その庭の鑑賞ポイントを、らくたびの若村亮さんがご紹介します。 ※記事・写真は2008年時点のものです

枯山水庭園の基礎知識

其の一、
かつては歌舞伎役者の年始行事でした
其の二、
東西の人気役者が顔をそろえるオールスター公演です
其の三、
京の人々にとって欠かせない冬の一大イベントです

京都と顔見世

12月、四条大橋東詰に位置する南座では『吉例顔見世興行』が行われます。江戸時代、1年ごとに劇場と契約していた役者にとって、この時期が新年の始まりにあたり、顔見世は「これから1年はこの顔ぶれでよろしくお願いします」というお披露目興行でした。現在は形式的なものですが、京都の人々にとっては年中行事のひとつ。南座に役者の名前が書かれた「まねき」が上がると、町は一気に華やかな雰囲気に。花街をはじめ、いたるところで、今年の演目や顔ぶれなど顔見世の話題で盛り上がります。

出雲阿国像

出雲阿国像

四条河原付近は歌舞伎発祥の地と言われています。そばにある川端通の交差点には、歌舞伎の創始者・出雲阿国の像が。阿国がこの地で踊ったのが歌舞伎の原形「かぶき踊り」。南座を訪れたらぜひ立ち寄ってみましょう

出雲阿国像

祇園四条駅下車すぐ

顔見世がやってきた!

まねきの書体

まねきの書体

勘亭流という力強い書体。すき間なく書くことで客席が埋まることを、ハネを内側にすることで劇場の中にたくさんのお客が呼び込まれることを祈願します

まねき

江戸時代から続く宣伝手法のひとつが出演者の名前を書いたまねき看板。通称「まねき」と呼ばれます。顔見世の期間中、南座の正面にずらりと上げられたまねきは、京の師走の風物詩です。

錦絵

まねきの下には、その年の演目の出演者を描いた鮮やかな錦絵が飾られます

錦絵

東西スターの競演

歌舞伎界の一大イベントであるため、東西からスターが集結します。まねきも、向かって右側(西)に上方の役者、左側(東)に江戸の役者の名前がずらり。得意演目の上演や豪華な顔合わせも顔見世ならでは。

演目と配役

多くのスターが出演するので通常の歌舞伎興行より演目数が多く、たっぷりと観劇を楽しむことができます。また、同じ演目でも役者によって個性が出るので、誰がどの役…という配役も楽しみのひとつ。

【南座】の中はこうなっています

南座

写真提供/松竹株式会社

桟敷

客席の左右両側にある特別席。顔見世では、「総見(そうけん)」と言って、花街の芸妓さん・舞妓さんがずらりと並んで観劇する日があります

花道

舞台の下手にある、客席の間を通る道。花道から登場するシーンは大きな見せ場となります

制作:2008年11月
バックナンバー
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ