沿線おでかけ情報

名品型録

No.148
宮中行事の歌の世界を表現した色鮮やかな筆

ナインリーヴズ クリア/700ml・4,950円
御題筆「実」(右から6本目)/1本・1,870円 ※その他は過去に販売されたものです

幕末頃の創業以来、使い手が最もこだわる“書き味”に寄り添う筆を提供し続ける専門店「香雪軒」。店内には天然毛を使った大・小の筆約200種類が並びます。その用途は様々で、書をはじめ、水墨画や油絵、焼き物の絵付けにも用いられ、その書き心地を追求する人が次々と訪れます。画家・富岡鉄斎や小説家・谷崎潤一郎なども通ったことでも知られます。

そんな同店で60年以上前の発売以来、人気を集める筆があります。それが鮮やかな彩りが目を引く「御題筆(おだいふで)」です。毎年新春に皇居で催される宮中行事・歌会始のお題にちなんだデザインで、前年1月に発表される歌のお題から、店主夫妻がイメージを膨らませて配色などを考案。熟練の職人が染料で染めた羊毛で仕上げる筆は、例年11月中旬頃から売り出されます。

2020年のお題は「望」で、はかなげなピンク系のグラデーション、2021年は「実」で豊かな実りをイメージした黄色の縦ラインが印象的な一本に。その年ごとに雰囲気が異なる筆を待ちわびるコレクターも多いそう。販売は数量限定で電話での予約がベター。繊細な色使いの筆から、雅な和歌の世界に思いをはせてみては?

元は長石の採掘場だったという、山中の水源の入り口。蒸留所では地下約50mの水脈から吸い上げた水でラム酒造りを行います
来春の歌会始のお題「実」にちなんだ御題筆。緑、茶、黄などが配された温かみのある仕上がり
ポットスチル内の噴き上がりや、蒸留液の温度に気を配るという最初の蒸留作業
店内では、ほとんどの筆の描き心地をじっくりと試すことができます
敷地内には、坑道を利用した樽熟成タイプのラム酒を寝かせるセラーもあります
「お使いになる用途に合わせて、好みの筆を選んでくださいね」と語る店主の奥さま
「ナインリーヴズ クリア」は大津の酒店・よしののほか、京都・錦市場にある津之喜酒舗などで購入できます
筆作りの工房を併設していた頃の様子を伝える、古い写真も残ります

三条

香雪軒

こうせつけん

  • 11時〜19時
    12/31(木)〜1/4(月)休業
    ※ほか不定休あり
  • 075-231-1695
  • 京都市中京区樋之口町474
  • 三条駅下車
    北西へ徒歩約10分
制作:2020年12月
商品・価格・営業時間・電話番号が変更される場合がありますので、
おでかけ時には、ご確認くださいますようお願い申し上げます。
バックナンバー
No.155 びわ湖畔に受け継がれる伝統の若鮎(わかあゆ)の時雨煮(しぐれに)
No.154 品種選びも楽しいオリジナルの梅酒キット
No.153 暮らしに役立つ古くて新しいエコバッグ
No.152 本場のレシピを受け継ぐバスクチーズケーキ
No.151 友禅染の技法と感性が息づくカードホルダー
No.150 職人の技から生まれる正統派スウェットシャツ
No.149 九条ネギの風味をまとう大人のいなり寿司
No.148 宮中行事の歌の世界を表現した色鮮やかな筆
No.147 “ものづくり”の心が宿る国産ラム酒
No.146 素材本来の味わいが楽しめる栗おはぎ
No.145 90年以上愛され続ける黄金色の化粧水
No.144 約500年前から伝わる厄除け煎餅が起源の唐板
No.143 芸舞妓が愛用する手すき和紙の高級ちり紙
No.142 春の足元をおしゃれに彩る京の靴ひも
No.141 一枚一枚手作りで仕上げる幻の味付けのり
No.140 食べる喜びが増すしなやかで美しい竹の箸
No.139 昔ながらの製法が生きる風味豊かな白味噌(みそ)
No.138 旬のリンゴを味わう一期一会のタルトタタン
No.137 書き始めと書き終わりで色が変化するインク
No.136 石臼(うす)びきの高級茶葉を生かした抹茶石けん
No.135 魅惑の食感と爽やかな風味を楽しむ本わらび餅
No.134 旬の魚を風流な練り物で味わうハモそうめん
No.133 心地良いフィット感に包まれる靴下
No.132 最澄が伝えた元祖の味を受け継ぐ緑茶
No.131 料亭の手土産として生まれた白い桜餅
No.130 布に彩りを添えるはんなり美しい絹糸
No.129 手織りの立体感が美しい丹後ちりめんのネクタイ
No.128 味わい深い酸味を宿す自然発酵のすぐき漬け
No.127 使い手の暮らしにさらりと溶け込むプレート
No.126 ツボを押さえて手軽にセルフケアできるお灸(きゅう)
No.125 大阪人にも愛されるわら包みの絶品納豆
No.124 ゴマの栄養素が詰まったスキンケアオイル
No.123 大原が育んだ優しい味わいのしそジュース
No.122 着るほどにやわらかになるナイトウェア
No.121 目でも舌でも楽しみたい遊び心ある和菓子
No.120 使うほどに手に馴染(なじ)む一生モノの茶器
No.119 桜の香りに包まれる春限定の中華バーガー
No.118 存在感際立つ“びわ湖真珠”のネックレス
No.117 使うほどに深く艶(つや)めくキーチャーム
No.116 洋のエッセンスが効いた和モダンな漆器
No.115 “京の着倒れ”を支え続ける老舗の針
No.114 遊び心を加えた軽やかなかぶり心地の帽子
No.113 素材本来の持ち味を生かした黄金色の甘栗
No.112 どこか懐かしさを感じる老舗の名物おはぎ
No.111 コラージュに彩られた風合いある日傘
No.110 花街で愛され続ける老舗の鯖寿司
No.109 舞台化粧にルーツを持つメンズ化粧品
No.108 抹茶の風味が広がる宇治の名物
No.107 誠実なモノ作りの姿勢を貫くスニーカー
No.106 大切な物や思いをしのばせたい桐の箱
No.105 個性豊かなカカオを味わうダークチョコレート
No.104 まろやかな酸味が風味絶佳な鮒(ふな)ずし
No.103 自由なスタイルを楽しむ木綿風呂敷
No.102 やわらかな風合いに心休まる和綴(と)じノート
No.101 一緒に出かけたい機能的なサークルバッグ
No.100 素材の味を生かした風味豊かなグラノーラ
No.99 おしゃれをプラスする腕時計ベルト
No.98 昔ながらの味を守るアイスモナカ
No.97 モダンな型染紙のシュガーポット
No.96 京の香りが生きるソーセージ
No.95 春らしさを詰め込んだ琥珀(こはく)流し
No.94 春の訪れを食で演出する愛らしい花麩
No.93 一緒に年を重ねたい手縫いの名刺入れ
No.92 京の老舗が手掛ける贅沢(ぜいたく)なみやこばし
No.91 自慢の米糀(こうじ)で作られた優しい味の甘酒
No.90 老舗の知恵が息づくお風呂で楽しむ和漢薬
No.89 心にもフィットする世界に1足だけの靴
No.88 天皇や著名人も愛した黄金色に輝く銘菓
No.87 氷卸店で出会う、夏季限定ひんやりスイーツ
No.86 和紙の風合いが優しい京提灯ランプ
No.85 穏やかな気持ちにしてくれる和の香り
No.84 鮮やかな緑が目にも涼やかな1杯
No.83 快適な眠りを導いてくれる自然素材の枕
No.82 抜群の存在感で愛されるミナミの名物寿司
No.81 豆専門店の香ばしい出来立てナッツバター
No.80 日本文化を美しく彩る「結び」の品
No.79 家庭の味を支える老舗の手造り黒酢
No.78 約120年の歴史を持つ職人技の飴作り
No.77 旅する武士が携えたイワシの保存食
No.76 竹素材の魅力が詰まったお弁当箱
No.75 80年間愛され続けるコーヒーをご自宅で
No.74 ひと口サイズに凝縮された鮮魚の旨味
No.73 ひと押しで印象が変わる個性派スタンプ
No.72 美しい編み目を作り出す職人技にほれぼれ
No.71 しっとりきめ細かな肌美人に
No.70 書いた文字まで愛しく感じる万年筆
No.69 贅沢にお茶漬けでいただく山椒うなぎ
No.68 390年間愛され続けるなにわのおやつ
No.67 塩と昆布で漬け込んだ味わい深い千枚漬
No.66 木版技術を生かしたかわいいブックカバー
No.65 なにわの老舗が考案した柚味噌風味の羊羹
No.64 白木の風合いが美しい老舗の京風桶
No.63 洛中に湧く名水で仕込んだ京の地ビール
No.62 寺院御用達の老舗が作る天然石の京念珠
No.61 天然素材にこだわり抜いた塩昆布
No.60 京美人の美肌を支えるあぶらとり紙
No.59 桜の名所で育まれたぜいたくな吟醸酒
No.58 「世にふたつとない」と評判の塗り薬
No.57 専門店ならではの香り立つカツオ節
No.56 京の雅を楽しむ五色豆
No.55 料理を楽しくする鍛金のふた付き丼鍋
No.54 木目が美しいコーヒーカップセット
No.53 味噌の老舗・こだわりの塩麹
No.52 その心地良さに手放せなくなる耳かき
No.51 和食に合わせたい究極のごま油
No.50 体にも地球にも優しい自然派胡粉ネイル
No.49 ノスタルジックなひやし飴
No.48 天然塩の爽快感がクセになる歯磨き粉
No.47 素材の風味が香る極上の金平糖
No.46 小回りが利く切れ味抜群の洋庖丁
No.45 老舗テーラーのオーダーメードシャツ
No.44 麹からつくる、昔ながらの自家製醤油
No.43 冠婚葬祭に欠かせない水引細工
No.42 職人技が光るオーダーメードシューズ
No.41 刃物専門店が作る絶妙な切れ味の爪切り
No.40 大阪で育まれた老舗の串カツソース
No.39 住空間を涼やかに彩る竹の花器
No.38 内なる美しさを愛でる切子グラス
No.37 京都のカフェ文化薫るコーヒー
No.36 天然素材で柔らかな肌触りの寝具
No.35 繊細で存在感のある手鏡
No.34 個性が光る革のトートバッグ
No.33 京料理の味を守り続けるお酢
No.32 昔ながらの手作りを貫くおさしみゆば
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • 京阪沿線って?
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • ぶらり歴史びと
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪電車公式LINE
  • 京阪電車公式YouTube
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ