沿線おでかけ情報

京阪電車で行く ぶらり・まち旅 宇治・伏見

戦国武将にされた 八幡

  • みどころ
  • グルメ・ショッピング

江戸中期の貴重な建築物として国宝に指定された石清水八幡宮が中心となるまち八幡。標高142.5メートルの男山にある石清水八幡宮の社殿は、織田信長による修復、豊臣秀吉・秀頼による廻廊再建・社殿修復を経て、徳川家光が造営したという記録が残されている。数々の武将たちに愛された石清水八幡宮のあるまちをのんびり楽しんでみてほしい。

  1. 1

    男山ケーブルに乗って別世界へ 石清水八幡宮

    平安時代の初め、八幡神社の総本山である宇佐神宮から分霊された神社。2016年2月に国宝に指定された。

    特集を見る
  2. 2

    空と旅の安全を願う 飛行神社

    日本で最初に飛行原理を発見した二宮忠八が創建。航空事故の犠牲者などの御霊をまつり、空の安全を祈願する。ギリシャ風の拝殿のほか、境内に飛行機のエンジンが展示されるなど、ほかの神社にはない魅力がある。

    住所 京都府八幡市八幡土井44 Googleマップで見る
    拝観時間 9:00~16:30
    資料館入場料 300円、小中高生200円(9:00~16:00)
    TEL 075-982-2329
    アクセス 八幡市駅下車 南東へ徒歩約5分
  3. 3

    壁に書いて成就を願う らくがき寺 単伝庵

    約200年前に再興された臨済宗のお寺。ここでは願い事を境内の大黒堂の内壁に書くことができる。このユニークな祈願方法から「らくがき寺」と呼ばれ、全国から参拝客が訪れる。

    住所 京都府八幡市八幡吉野垣内33 Googleマップで見る
    参拝日 土・日曜 9:00~15:00
    拝観料 100円 ※らくがき祈願は300円
    TEL 075-981-2307
    アクセス 八幡市駅下車 南東へ徒歩約10分
  4. 4

    川沿いの桜の名所 淀川河川公園 背割堤地区

    宇治川と木津川に挟まれた堤防で、全長約1.4kmにわたって続く散策道。ソメイヨシノが約250本あり、春には見事な桜並木が楽しめる。地元では知らぬ人はいない桜の名所だ。

    住所 京都府八幡市八幡在応寺先 Googleマップで見る
    TEL 075-633-5120(淀川三川合流地域 さくらであい館)
    アクセス 八幡市駅下車 北へ徒歩約10分
  5. 5

    地元で愛される木製橋 安居橋

    男山のふもとを流れる大谷川(放生川)にかかる木製橋。9月15日に開催される石清水祭では、橋の上で「胡蝶の舞」が奉納される。見事に反ったたいこ橋は地元の誇りであり、改修を重ねつつ維持されている。

    住所 京都府八幡市八幡高坊 Googleマップで見る
    アクセス 八幡市駅下車 南東へ徒歩約5分
  6. 6

    淀川三川合流域 さくらであい館

    地上約25メートルからの眺めが楽しめる展望塔を備え、周辺市町の観光案内や旬な情報を集めることもできる。また、JA京都やましろの人気商品を取りそろえた「さくらShop」があるほか、マルシェイベントなども開催されている。

    住所 京都府八幡市八幡在応寺 Googleマップで見る
    時間 9:00~17:00 ※展望塔は~16:30(受付~16:20)
    入館料 無料 ※展望塔は背割堤さくらまつり期間の3月31日(土)~4月10日(火)(予定)有料(300円、小中生100円)
    休館日 12月29日(土)~2018年1月3日(木) ※さくらShopは3月31日(土)~4月10日(火)と土・日・祝日のみ営業
    TEL 075-633-5120(淀川三川合流地域 さくらであい館)
    アクセス 八幡市駅下車 北へ徒歩約10分

ページの先頭へ