沿線おでかけ情報

京阪電車で行く ぶらり・まち旅 宇治・伏見

幕末の名残ある酒のまち 伏見

  • みどころ
  • グルメ・ショッピング

酒処として有名な伏見も、宇治と同じく水と関わりの深いまち。以前「伏水」と書かれていたこともある、全国でも屈指の名水が湧き出る土地なのだ。良い水は、酒造りに欠かせない。ここで、この水を使った酒造りが盛んに行われたのも当然の成り行きというわけ。
そして伏見は、日本の歴史に深く関わっている土地でもある。有名なところでは、幕末の戊辰戦争で旧幕府軍と新政府軍が初めて激突した鳥羽伏見の戦場。坂本龍馬が大坂から船を使い、京都に入る際の定宿としていた寺田屋があったことも多くの人に知られているところだ。水と歴史にまつわる話が数多く残る伏見。時間を忘れてゆっくり過ごしてみては。

  1. 1

    江戸時代の船旅を体験! 十石舟・三十石船

    江戸時代に大坂と伏見の間を行き来していた輸送船は、酒や米などの物品のほか旅行客なども運ぶ重要な交通機関だった。そんな船を現在は、期間は限られているものの、濠川を巡る遊覧船として運航。かつて港町として栄えた往時の伏見に思いを馳せながらの遊覧はまた格別だ。

    十石舟

    運航期間 3月24日(土)~12月2日(日)予定
    運休日 月曜(祝日、4、5、10、11月は運航)。8月17日(金)~31日(金)
    料金 1,200円、小学生600円、幼児300円
    定員 20名
    所要時間 約50分
    出航時間 10:00~11:20の間20分間隔で5便、13:00~16:20の間20分間隔で11便
    ※11月26日(月)~12月2日(日)は15:40が最終
    運航コース 月桂冠大倉記念館裏乗船場~三栖閘門下船(見学)~月桂冠大倉記念館裏乗船場 Googleマップで見る
    お問い合わせ NPO法人伏見観光協会
    TEL 075-623-1030 ※乗船に関する問い合わせ、乗船予約
    アクセス 中書島駅下車 北東へ徒歩約5分

    三十石船

    運航期間 3月31日(土)、4月1日(日)・7日(土)・8日(日)・28日(土)~30日(休・月)、5月1日(火)~6日(日)、10月6日(土)~8日(祝・月)、11月3日(祝・土)・4日(日)予定
    料金 1,200円、小学生600円、幼児300円
    定員 30名
    所要時間 約40分
    出航時間 9:35~11:35の間60分間隔で3便、13:35~15:35の間60分間隔で3便
    運航コース 寺田屋浜~三栖閘門(往復) Googleマップで見る
    アクセス 中書島駅下車 北へ徒歩約5分
  2. 2

    龍馬が未来の夢を語った 寺田屋

    幕末の英雄、坂本龍馬が足繁く通っていた船宿。1862年、薩摩藩士が起こした寺田屋騒動や、1866年に龍馬が襲われた事件の舞台であり、幕末を語るうえで欠かせない場所だ。現在は風情ある建物が観光に訪れた人たちを迎える。

    住所 京都市伏見区南浜町263 Googleマップで見る
    見学料 400円
    時間 10:00~15:40
    定休日 月曜不定休、2019年1月1日(祝・火)~3日(木)
    TEL 075-622-0243
    アクセス 中書島駅下車 北へ徒歩約5分、または伏見桃山駅下車 南西へ徒歩約7分
  3. 3

    全国にあるお稲荷さんの総本宮 伏見稲荷大社

    一年を通じて、たくさんの参拝者が訪れる神社。境内には有名な千本鳥居やおもかる石のほか、重要文化財なども数多く、見どころがたくさん。初詣スポットとしても人気だ。参拝後は参道のきつねグッズにも注目して。

    住所 京都市伏見区深草藪之内町68 Googleマップで見る
    拝観料 無料
    拝観時間 終日
    TEL 075-641-7331
    アクセス 伏見稲荷駅下車 東へ徒歩約5分
  4. 4

    勝運を授かる競馬の神様 藤森神社

    学問と馬、そして勝運にご利益のある神社で、「競馬の神様」と呼ばれる競馬ファンの聖地。大レースの前は現役ジョッキーがお参りに来ることも。勝運を授けると言われている「不二の水」や、受験にもご利益があるとされるお守りも好評。

    住所 京都市伏見区深草鳥居崎町609 Googleマップで見る
    拝観料 無料
    拝観時間 9:00~17:00
    TEL 075-641-1045
    アクセス 墨染駅下車 北東へ徒歩約7分

ページの先頭へ