沿線おでかけ情報

京阪電車で行く ぶらり・まち旅 宇治・伏見

平安文化とおのまち 宇治

  • みどころ
  • グルメ・ショッピング

宇治と聞いて思い浮かぶのは、お茶。室町時代からお茶処として栄え、今でも多くのお茶屋さんや、お茶を使ったスイーツのお店が軒を連ねる。そのお茶と切っても切れないのが水。宇治はかつて宇治七名水と呼ばれる水が存在していた水処だ。さらに十円玉にデザインされた平等院鳳凰堂は池の中に建てられているのをご存じだろうか?ほかにも、紫式部の「源氏物語」、吉川英治の「宮本武蔵」など古今の名作に宇治川が登場することからも、宇治と水の深い関わりが伝わってくる。宇治川のせせらぎを眺めながら、お茶、歴史、そして水のまちである宇治を再発見したい。

  1. 1

    悠久の時を超えて美しさをたたえる世界遺産 平等院

    1052年、藤原頼通によって開かれた寺院。世界文化遺産に登録されており、国宝も数多く残されている。

    特集を見る
  2. 2

    中国情緒漂う禅宗の古刹 萬福寺

    1661年、日本からの招請に応え中国からやってきた隠元禅師が開創した寺院。禅師が日本にもたらしたのは、中国の禅風や建築様式のみならず、名前もそのままのいんげん豆のほか、スイカやタケノコなど数多い。寺内では中国風精進料理「普茶(ふちゃ)料理」をいただくこともでき、もどき料理や胡麻豆腐など、多彩な味を楽しめると好評だ。

    住所 宇治市五ケ庄三番割34 Googleマップで見る
    拝観料 500円、小中生300円
    拝観時間 9:00~17:00(受付~16:30)
    TEL 0774-32-3900
    アクセス 黄檗駅下車 東へ徒歩約5分
  3. 3

    季節ごとに顔を変える花の寺 三室戸寺

    約1200年前に創建され、あじさいの名所として名高い名刹。約5,000坪の庭園内にある「あじさい園」には様々な品種がおよそ1万株植えられ、毎年6月ごろに美しい花を咲かせる。また、春の桜やつつじ、夏の蓮、秋の紅葉も見逃せない。

    住所 宇治市菟道滋賀谷21 Googleマップで見る
    拝観料 500円、小中生300円
    ※あじさい園開園期間中は800円、小中生400円
    拝観時間 4~10月 8:30~16:30(受付~16:00)
    11~3月 8:30~16:00(受付~15:30)
    ※12月29日(土)~31日(月)拝観休止
    TEL 0774-21-2067
    アクセス 三室戸駅下車 東へ徒歩約15分
  4. 4

    宇治市源氏物語ミュージアム

    世界で唯一の源氏物語をテーマにしたミュージアム。館内の展示は、光源氏の物語を中心に紹介する「平安の間」からスタート。そして宇治を舞台にした“宇治十帖”の「宇治の間」へと続いていく。映像展示室では、オリジナル映画「浮舟」「橋姫」を上映。気が付けば、ロマンチックな平安絵巻の世界へと誘われているはず。

    住所 宇治市宇治東内45-26 Googleマップで見る
    定休日 月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始
    料金 500円、小中生250円
    開館時間 9:00~17:00(入館~16:30)
    TEL 0774-39-9300
    アクセス 宇治駅下車 東へ徒歩約8分
  5. 5

    宇治上神社

    本殿の建立は1060年頃で“現存最古の神社建築”、拝殿は1215年頃と推定され“拝殿として現存最古”。両殿ともに国宝のみならず、世界文化遺産にも登録されている。境内はさほど広くはないながら、荘厳で優美な雰囲気を醸し出している。

    住所 宇治市宇治山田59 Googleマップで見る
    拝観料 無料
    拝観時間 9:00~16:30
    TEL 0774-21-4634
    アクセス 宇治駅下車 南東へ徒歩約10分
  6. 6

    宇治神社

    元々、「宇治」は「菟道」と書かれていたため、地名の由来とも言われるうさぎに縁のある神社。うさぎが神の使いとされており、本殿に置かれた「みかえりうさぎ」など、境内のあちこちで、かわいいうさぎの像が見付けられる。本殿は、国の重要文化財にも指定されている。学業成就や受験合格、足腰の病気などにご利益があるとも言われ、多くの人が訪れる。

    住所 宇治市宇治山田1 Googleマップで見る
    拝観料 無料
    拝観時間 終日
    ※お守り授与所
    9:00~16:30頃
    TEL 0774-21-3041
    アクセス 宇治駅下車 南東へ徒歩約10分
  7. 7

    興聖寺

    「琴坂(ことざか)」と呼ばれる約200mの参道は、宇治十二景のひとつ。わきを流れる川の音が琴の音色に似ていることからその名前が付けられ、新緑、紅葉の時期の美しさに定評がある。また、境内の祠堂殿(しどうでん)には、源氏物語の宇治十帖ゆかりの古跡にまつられていた「手習(てならい)観音」が安置されている。

    住所 宇治市宇治山田27-1 Googleマップで見る
    拝観料 堂内拝観は300円
    拝観時間 9:00~17:00
    ※行事の際は拝観休止の場合あり
    TEL 0774-21-2040
    アクセス 宇治駅下車 南東へ徒歩約15分
  8. 8

    県神社

    平等院建立の際、その鎮守社になったと言われている神社。良縁、安産などを祈願する人たちが多数訪れる。毎年6月5日から6日未明に行われる「あがた祭」は、祭りのクライマックスが深夜に灯りのない中で行われるため「暗闇の奇祭」としても有名。毎年10万人以上の人でにぎわう。

    住所 宇治市宇治蓮華72 Googleマップで見る
    拝観料 無料
    拝観時間 自由
    TEL 0774-21-3014
    アクセス 宇治駅下車 南へ徒歩約10分
  9. 9

    鵜飼

    宇治の夏のお楽しみといえば、宇治川の鵜飼を外すことはできない。平安時代にはすでに行われていたと言われ、現在はふたりの女性がその鮮やかなテクニックを見せてくれる。伝統的な装束に身を包み、炎に照らされる鵜匠の姿は必見だ。船に揺られながら、ひと味違った夏のアトラクションを楽しみたいならぜひ!

    開催期間 7月1日(日)~9月30日(日)
    18:00頃~受付、18:30~乗船、19:00出船
    ※9月1日(土)以降は17:30頃~受付、18:00~乗船、18:30出船
    住所 宇治川中の島付近一帯 Googleマップで見る
    TEL 0774-23-3334(宇治市観光協会)
    ※一般の問い合わせのみ
    ※貸切予約は0774-21-2328(宇治川観光通船)
    アクセス 宇治駅下車 南東へ徒歩約10分

ページの先頭へ