沿線おでかけ情報

おでかけナビ

  • 条件を
    指定する
    • カテゴリー

2018年通年特別展「大西郷展」 第3期 薩長同盟から大政奉還へ [幕末維新ミュージアム 霊山歴史館]

薩長同盟から王政復古、鳥羽伏見の戦い、江戸城無血開城に主導的役割を果たした西郷隆盛に焦点を当て、その生涯をたどります。直筆の詩書や木戸孝允・大久保利通などの資料、坂本龍馬・新選組など西郷を取り巻く人びとの資料が豊富に展示されます。

2018年5月15日(火)~9月2日(日) 10時~17時(17時30分閉館) ※7/21(土)~8/31(金)は18時まで(18時30分閉館)

エリア
東山
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
祇園四条駅

2018年通年特別展「大西郷展」 第3期 薩長同盟から大政奉還へ [幕末維新ミュージアム 霊山歴史館]

ビッグコミック50周年展‐半世紀のビッグな足跡 [京都国際マンガミュージアム]

2018年に創刊50周年を迎えたマンガ雑誌「ビッグコミック」(小学館)。創刊当時から現在に至る掲載作品の原画や複製原画パネル、資料・雑誌など約200点が展示されます。「大人のためのコミック誌」という領域を切り拓いたそのあゆみが、その誌面を飾った名作の数々とともに紹介されます。 「ゴルゴ13」©さいとう・たかを

2018年6月9日(土)~9月2日(日) 10時~17時30分(18時閉館)

エリア
洛中
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
三条駅

ビッグコミック50周年展‐半世紀のビッグな足跡 [京都国際マンガミュージアム]

「蛇足庵コレクション 江戸のなぞなぞ-判じ絵-」 [細見美術館]

「判じ絵」とは、「絵」を判じて(解く、推理する)答えを導き出す遊びで、江戸時代に広く庶民に流行した絵で見るなぞなぞです。江戸名所や京名所、日本各地の地名、人気役者に力士、動植物など、あらゆるものが判じ絵に取り上げられました。判じ絵を数多く所蔵する蛇足庵のコレクションより、選りすぐりの作品約100点が展示され、人々の遊び ...

2018年6月9日(土)~8月19日(日) 10時~17時30分(18時閉館)

エリア
東山
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
神宮丸太町駅

「蛇足庵コレクション 江戸のなぞなぞ-判じ絵-」 [細見美術館]

【企画展】「蘭島閣(らんとうかく)美術館コレクション 京の日本画家が描く情景」 [京都府立堂本印象美術館]

広島県呉市にある蘭島閣美術館の著名な近代絵画コレクションから、昭和期を中心とする京都画壇の代表作が展示されます。昭和期に活躍した福田平八郎・小野竹喬・山口華楊から、中路融人・竹内浩一といった現代の作家まで、京都では目にする機会の少ない作品が多数紹介されます。

2018年6月28日(木)~9月30日(日) 9時30分~16時30分(17時閉館)

エリア
洛北
カテゴリ
展覧会

【企画展】「蘭島閣(らんとうかく)美術館コレクション 京の日本画家が描く情景」 [京都府立堂本印象美術館]

開館40周年記念 夏期展 樂焼って何だろう? 炎の中の赤と黒 [樂美術館]

約450年前、千利休が考える「侘茶(わびちゃ)」の思想を現す茶碗を創造するため、樂家初代・長次郎はほかに類を見ない特殊な焼成方法で茶碗を生み出しました。樂家では、現在でも変わらず窯の炎を守り続け、新たな茶碗が生まれています。初代長次郎・黒樂茶碗「萬代」や3代道入・赤樂茶碗「僧正」、5代宗入・黒樂平茶碗「古池」、15代吉 ...

2018年6月30日(土)~8月26日(日) 10時~16時(16時30分閉館)

エリア
洛中
カテゴリ
展覧会

開館40周年記念 夏期展 樂焼って何だろう? 炎の中の赤と黒 [樂美術館]

西尾維新大辞展~京都篇~ [京都文化博物館]

「京都の二十歳、西尾維新」というキャッチフレーズでデビューした小説家・西尾維新。京都が舞台にもなっているデビュー作「クビキリサイクル」にはじまる戯言シリーズ、初のアニメ化作品となった<物語>シリーズ、初の実写ドラマ化作品となった忘却探偵シリーズの3つのシリーズを主軸として、西尾維新の小説世界が紹介されます。 ...

2018年 7月7日(土)~9月17日(祝・月) 10時~17時30分(18時閉室) ※金曜は19時まで(19時30分閉室)

エリア
洛中
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
三条駅

西尾維新大辞展~京都篇~ [京都文化博物館]

シリーズ展2「仏教の思想と文化 特集展示:近世京都の寺社参詣」 [龍谷大学 龍谷ミュージアム]

インドで誕生した仏教が、大陸に広がり日本に伝来して社会に浸透するまでの歩みが「アジアの仏教」「日本の仏教」に分けて展示されます。「特集展示:近世京都の寺社参詣」と題して、京の名所を舞台とした遊楽図屛風や、京のガイドブックとして出版された各種名所図会などが展観されます。また、一部が修復を終えた国宝・西本願寺阿弥陀堂の内陣 ...

2018年7月14日(土)~8月19日(日) 10時~16時30分(17時閉館)

エリア
洛中
カテゴリ
展覧会

シリーズ展2「仏教の思想と文化 特集展示:近世京都の寺社参詣」 [龍谷大学 龍谷ミュージアム]

プーシキン美術館展 ─旅するフランス風景画 [国立国際美術館]

風景画というジャンルが生まれて以来、画家たちは様々な場所を絵に描いてきました。本展は、17世紀から20世紀に描かれた風景画の数々で構成されます。モスクワのプーシキン美術館から、クロード・モネが印象派の誕生前夜に描いた《草上の昼食》をはじめとした珠玉のコレクション65点が展示されます。 クロード・モネ《草上の昼食》18 ...

2018年7月21日(土)~10月14日(日) 10時~16時30分(17時閉館) ※金・土曜は20時30分まで(21時閉館)

エリア
大阪
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
渡辺橋駅

プーシキン美術館展 ─旅するフランス風景画 [国立国際美術館]

明治維新150年 NHK大河ドラマ特別展「西郷(せご)どん」 [大阪歴史博物館]

明治維新のヒーロー・西郷隆盛には、肖像写真が一枚も残っておらず、その生涯は謎に満ちています。NHK大河ドラマ「西郷どん」と連動し、西郷隆盛ゆかりの品や同時代の歴史資料などで、西郷の人間像と彼が生きた時代が紹介されます。

2018年7月28日(土)~9月17日(祝・月) 9時30分~16時30分(17時閉館) ※金曜は19時30分まで(20時閉館)

エリア
大阪
カテゴリ
展覧会

明治維新150年 NHK大河ドラマ特別展「西郷(せご)どん」 [大阪歴史博物館]

生誕110年 東山魁夷(ひがしやまかいい)展 [京都国立近代美術館]

戦後の日本を代表する国民的画家とうたわれた東山魁夷の生誕110年を記念した展覧会です。清澄で深い情感をたたえた風景画により、戦後の日本画の世界に大きな足跡を残しました。画業を代表作でたどるとともに、東山芸術の記念碑的大作「唐招提寺御影堂障壁画」が特別に展示されます。 《花明り》1968年、東山魁夷 株式会社大和証券グ ...

20188月29日(水)~10月8日(祝・月) 9時30分~16時30分(17時閉館) ※金・土曜は20時30分まで(21時閉館)

エリア
東山
カテゴリ
展覧会

生誕110年 東山魁夷(ひがしやまかいい)展 [京都国立近代美術館]

  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ