沿線おでかけ情報

おでかけナビ

  • 条件を
    指定する
    • カテゴリー

1〜10件 / 20件 前へ 12 次へ

春季特別展 「慶年の茶」 [北村美術館]

改元の年を記念して、初夏の頃のことほぐ雰囲気を取り合わせます。野々村仁清作「色絵鱗波文茶碗」(重文)、藤原為家筆による掛物「小倉山切 松」、一入作黒楽銘「常盤」などが展示されます。

2019年3月9日(土)~6月9日(日) 10時~16時(16時30分閉館)

エリア
洛北
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
出町柳駅

春季特別展 「慶年の茶」 [北村美術館]

特別展 文房四宝-清閑なる時を求めて [大阪市立東洋陶磁美術館]

文人のための書斎である文房は、書や文学、音楽、芸術のみならず、治山治水までにも秀でていることを求められていた文人たちの修練の場でもありました。本展は、文房に必須の道具である筆・墨・硯・紙の「文房四宝」を中心に、印材、筆架(ひっか)、筆筒(ひっとう)など、中国・明時代から清時代の文房具、約150点が展示されます。 堆朱 ...

2019年4月6日(土)〜6月30日(日) 9時30分~16時30分(17時閉館)

エリア
大阪
カテゴリ
展覧会

特別展 文房四宝-清閑なる時を求めて [大阪市立東洋陶磁美術館]

没後10年・ロニスの愛したパリ WILLY RONIS展 [何必館・京都現代美術館]

アンリ・カルティエ=ブレッソン、ロベール・ドアノーらとともにフランスを代表する世界的な写真家・ウイリー・ロニス。ルポルタージュや広告、ファッションなど幅広い分野で活躍したロニスの作品の中から、パリの日常に焦点を当てた作品約60点が展示されます。 ウイリー・ロニス「バスティーユの恋人」1957年 何必館・京都現代美術館 ...

2019年4月11日(木)~6月23日(日) 10時~17時30分(18時閉館)

エリア
洛中
カテゴリ
展覧会

没後10年・ロニスの愛したパリ  WILLY RONIS展 [何必館・京都現代美術館]

特別展 時宗二祖上人七百年御遠忌記念 国宝 一遍聖絵と時宗の名宝 [京都国立博物館]

一遍(1239~1289年)が鎌倉時代に開いた宗派・時宗を教団として整備し、大きく発展させた二祖の真教(1237~1319年)。本展では、全国各地を遍歴した一遍の生涯を描いた国宝「一遍聖絵」12巻全巻公開をはじめ、真教の足跡もつづられた「遊行上人縁起絵」、一遍や真教ら歴代祖師の肖像画や肖像彫刻などが展示され、時宗の名宝 ...

前期:4月13日(土)~5月12日(日)   後期:5月14日(火)~6月9日(日)  ※期間中、一部展示替えあり 9時30分~17時30分(18時閉館)※金・土曜は19時30分まで(20時閉館)

エリア
東山
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
七条駅

特別展 時宗二祖上人七百年御遠忌記念 国宝 一遍聖絵と時宗の名宝 [京都国立博物館]

企画展 「因幡堂 平等寺」[龍谷大学 龍谷ミュージアム]

京洛のほぼ中央に伽藍を構える因幡堂平等寺は、平安時代の作と伝えられる本尊・薬師如来立像(重文)をまつる古刹です。本尊には、天竺伝来とされる霊像が、因幡国(鳥取県)から飛来してきたものだという説話があります。非公開の本尊をはじめとした平等寺の数々の霊宝に加え、東京国立博物館所蔵の「因幡堂縁起」1巻(重文)などが展示されま ...

2019年4月20日(土)~6月9日(日) 10時~16時30分(17時閉館)

エリア
洛南
カテゴリ
展覧会

企画展 「因幡堂 平等寺」[龍谷大学 龍谷ミュージアム]

第151回ミニ企画展 「平成30年度新収蔵品展」 [大津市歴史博物館]

和邇北浜(わにきたはま)の慶長検地帳をはじめ、近江八景眺望図など平成30年度に新たに収集された資料が公開されます。 近江八景眺望図(部分) 大津市歴史博物館蔵

2019年4月23日(火)~6月9日(日)9時~16時30分(17時閉館)

エリア
滋賀
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
大津市役所前駅

第151回ミニ企画展 「平成30年度新収蔵品展」 [大津市歴史博物館]

企画展 竹宮惠子 カレイドスコープ 50th Anniversary [京都国際マンガミュージアム]

「風と木の詩(うた)」、「地球(テラ)へ・・・」などの名作を生み出し、マンガ界を革新・リードしてきたマンガ家・竹宮惠子の画業50周年を記念した展覧会。2017年より全国を巡回し、同館でフィナーレを迎えます。最後を飾る展示会として京都では、他館では展示されていない未公開原画が展示されるほか、竹宮惠子本人によるマンガ教室、 ...

2019年4月27日(土)~9月8日(日) 10時~17時30分(18時閉館)

エリア
洛中
カテゴリ
展覧会

企画展 竹宮惠子 カレイドスコープ 50th Anniversary [京都国際マンガミュージアム]

クマのプーさん展 [あべのハルカス美術館]

1926年に出版されて以来、50以上の言語に翻訳され、5,000万部以上のシリーズ本が刊行されている「クマのプーさん」。本展では、E.H.シェパードが鉛筆で描いたプーさんの原画のほか、世界最大規模で所蔵する英国のヴィクトリア・アンド・アルバート博物館など、各国から収集された資料によって「プーさん」のすべてが紹介されます ...

2019年4月27日(土)~6月30日(日) 10時~19時30分(20時閉館) ※月・土・日・祝日は17時30分まで(18時閉館)

エリア
大阪
カテゴリ
展覧会

クマのプーさん展 [あべのハルカス美術館]

美の饗宴 若冲と祈りの美 [細見美術館]

江戸時代絵画を代表する絵師・伊藤若冲は精巧な彩色や自由闊達な画風で、生きとしいけるものの姿を独自のスタイルで表現しました。本展では若冲の作品のほか、細見コレクションから選りすぐりの宗教美術品が展示されます。 重要文化財 金銅透彫尾長鳥唐草文華鬘 鎌倉前期

2019年4月27(土)〜6月16日(日) 10時~17時30分(18時閉館)

エリア
洛北
カテゴリ
展覧会

美の饗宴 若冲と祈りの美 [細見美術館]

美を競う 肉筆浮世絵の世界 [京都文化博物館]

版画のイメージが強い浮世絵ですが、肉筆画は浮世絵師が絹本・紙本に直接描く一点ものです。量産される版画とは違う、絵師の手によって描き出された精巧で優美な浮世絵の世界が楽しめます。貴重な肉筆画、美人画を中心に約110点展示されます。

2019年4月27日(土)~6月9日(日)10時~17時30分(18時閉室) ※金曜は19時まで(19時30分閉室)

エリア
洛中
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
三条駅

美を競う 肉筆浮世絵の世界 [京都文化博物館]

1〜10件 / 20件 前へ 12 次へ

  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • 京阪沿線って?
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ