沿線おでかけ情報

おでかけナビ

  • 条件を
    指定する
    • カテゴリー

21〜30件 / 45件 前へ 12345 次へ

霊宝館 春季特別公開[清凉寺]

阿弥陀三尊像(国宝)をはじめ、文殊菩薩騎獅像・普賢菩薩騎象像・四天王立像(いずれも重要文化財)など清凉寺が所蔵する寺宝の数々が公開されます。

2021年4月1日(木)~5月31日(月) 9時~16時(閉館)

エリア
洛西
カテゴリ
社寺行事

霊宝館 春季特別公開[清凉寺]

建礼門院御遺宝特別展観[長楽寺]

平安時代、源氏に追われた平家一門とともに入水した安徳天皇の母・建礼門院が出家のために剃髪したことで知られる寺院。所蔵する建礼門院ゆかりの遺宝が展示されます。また、5月3日(月・祝)・4日(火・祝)には、建礼門院の数奇な生涯をしのび、筑前琵琶と朗読による『平家物語』が奉納されます。 ※平家物語の奉納は14時と16時の2 ...

2021年4月1日(木)~5月10日(月) 9時~17時

エリア
東山
カテゴリ
社寺行事

建礼門院御遺宝特別展観[長楽寺]

企画展 遠州・不昧と大名家の茶 [中之島香雪美術館]

16世紀、千利休によって完成をみた「侘び茶」は、その後の茶人によって、様々に展開します。大名茶人の小堀遠州(こぼりえんしゅう)もそのひとり。遠州は端正で洗練された造形の茶道具を好みました。出雲松江藩主の松平不昧(まつだいらふまい)は、遠州に憧れ、遠州好みの茶道具について、茶入を分類するなど体系化を試みました。遠州から不 ...

前期:2021年4月3日(土)~5月9日(日)後期:5月11日(火)~6月13日(日) 10時〜16時30分(17時閉館) ※4/15(木)、5/13(木)、6/10(木)は19時(19時30分閉館)まで

エリア
大阪
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
渡辺橋駅

企画展 遠州・不昧と大名家の茶 [中之島香雪美術館]

特別企画展 動物絵画はお家芸 ―大坂・森派の絵描きたち―[大阪歴史博物館]

昨年、会期途中で閉幕した特別展「猿描き狙仙三兄弟 -鶏の若冲、カエルの奉時も」をもとに再構成した展覧会です。江戸時代の大坂で名高い絵師のひとり、森狙仙(そせん)。彼は「猿描き狙仙」とも言われ、“もふもふ感”あふれるリアルな動物画を得意としました。本展は、狙仙の次世代以降の画家、森徹山(てつざん)や一鳳(いっぽう)らの作 ...

2021年4月3日(土)〜5月17日(月) 9時30分~16時30分(17時閉館)

エリア
大阪
カテゴリ
展覧会

特別企画展 動物絵画はお家芸 ―大坂・森派の絵描きたち―[大阪歴史博物館]

特別展 豊臣の美術 [大阪市立美術館]

日本史上、最も立身出世を遂げた人物のひとり、豊臣秀吉。織田信長の遺志を継いで天下人となった秀吉とその一族は、強大な権勢と富を手中におさめ、絢爛豪華な桃山文化を隆盛へと導きました。豊臣氏の美術工芸関係の遺品は高台寺蒔絵、唐物茶道具、刀剣、あるいは御用絵師・狩野派による寺院障壁画や太閤秀吉を追慕する風俗画まで、その内容は実 ...

2021年4月3日(土)~5月16日(日) 9時30分~16時30分(17時閉館)

エリア
大阪
カテゴリ
イベント

特別展 豊臣の美術 [大阪市立美術館]

椿、咲き誇る-椿を描いた名品たち-[京都府立堂本印象美術館]

日本を代表する花木のひとつとして古くから愛でられていた椿をテーマとして、尾形光琳、尾形乾山の工芸品をはじめ、横山大観、村上華岳、徳岡神泉、奥村土牛、堀文子などの日本画、岸田劉生、鳥海青児、熊谷守一などの洋画が紹介されます。

2021年4月3日(土)~5月23日(日)  9時30分~16時30分(17時閉館)

エリア
洛北
カテゴリ
展覧会

椿、咲き誇る-椿を描いた名品たち-[京都府立堂本印象美術館]

ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island -あなたの眼はわたしの島- [京都国立近代美術館]

スイスを拠点に国際的に活躍する現代アーティスト、ピピロッティ・リストの回顧展です。本展は、身体、女性、自然、エコロジーをテーマとした作品約40点で構成。身体や女性としてのアイデンティティをテーマとする初期の短編ヴィデオやヴェニス・ビエンナーレに出品された代表作や最新の映像技術を駆使した近年の大規模な映像インスタレーショ ...

2021年4月6日(火)~6月13日(日) 9時30分~16時30分(17時閉館) ※金・土曜は19時30分まで(20時閉館)

エリア
東山
カテゴリ
展覧会

ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island -あなたの眼はわたしの島- [京都国立近代美術館]

特別展 よみがえる承久の乱―後鳥羽上皇 vs 鎌倉北条氏― [京都文化博物館]

2021年は、承久の乱から800年目に当たる年。承久の乱がきっかけで、それまでの朝廷優位の時代から、鎌倉幕府優位のもとで公家と武家が並存する時代へと時代が大きく変化しました。 本展では、この時代の人々の息吹を伝える古文書や肖像画、刀剣、仏画、絵画類が展示され、日本史において重要なこの事件の歴史的意義が紐解かれます。 ...

前期:2021年4月6日(火)〜25日(日) 後期:4月27日(火)〜 5月23日(日) 10時~17時30分(18時閉室) ※金曜は19時まで(19時30分閉室)

エリア
洛中
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
三条駅

特別展 よみがえる承久の乱―後鳥羽上皇 vs 鎌倉北条氏― [京都文化博物館]

春の京阪・御朱印めぐり 2021 [京阪沿線12社寺]

京阪沿線の指定された12社寺をめぐり、「ホトカミ」にて参拝記録や集めた御朱印を投稿すると抽選でステキな賞品が当たります。6カ所以上の御朱印写真の投稿で、7名様におけいはんクーポン5,000円相当、1カ所以上の参拝記録(御朱印の写真は不要)で、30名様にオリジナル御朱印帳をプレゼント。参拝記録は共有できてコミュニケーショ ...

2021年4月9日(金)~5月31日(月)

エリア
その他
カテゴリ
イベント

春の京阪・御朱印めぐり 2021 [京阪沿線12社寺]

史跡 御土居(おどい)の青もみじ[北野天満宮]

境内西側に広がる「史跡御土居」は、豊臣秀吉が洛中と洛外の境界として築いた土塁。現在でもかつての自然林が残っており、中には樹齢350年を越す古木もあります。梅とともにカエデが約350本植えられており、目にも美しい新緑が楽しめます。また、期間中は宝物殿で企画展が行われ、屏風や刀剣など御神宝が公開されます。

2021年4月10日(土)~6月27日(日)※予定 9時〜15時40分受付終了(16時閉苑)

エリア
洛北
カテゴリ
社寺行事

史跡 御土居(おどい)の青もみじ[北野天満宮]

21〜30件 / 45件 前へ 12345 次へ

  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • 京阪沿線って?
  • K PRESSプレゼント
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪電車公式LINE
  • 京阪電車公式YouTube
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ