沿線おでかけ情報

京阪電車で行く 宇治・伏見

平安文化とおのまち 宇治

  • みどころ
  • グルメ・ショッピング

宇治と聞いて思い浮かぶのは、お茶。室町時代からお茶どころとして栄え、今でも多くのお茶屋さんや、お茶を使ったスイーツのお店が軒を連ねる。そのお茶と切っても切れないのが水。宇治はかつて宇治七名水と呼ばれる水が存在していた水どころだ。さらに十円玉にデザインされた平等院鳳凰堂は池の中に建てられているのをご存じだろうか?ほかにも、紫式部の「源氏物語」、吉川英治の「宮本武蔵」など古今の名作に宇治川が登場することからも、宇治と水の深い関わりが伝わってくる。宇治川のせせらぎを眺めながら、お茶、歴史、そして水のまちである宇治を再発見したい。

  1. 悠久の時を超えて美しさをたたえる世界遺産 平等院(びょうどういん)

    1052年、藤原頼通によって開かれた寺院。世界文化遺産に登録されており、国宝も数多く残されている。

    特集を見る
  2. 季節ごとに顔を変える花の寺 三室戸寺(みむろとじ)

    約1200年前に創建された名刹。あじさい園では様々な品種が毎年6月頃に美しい花を咲かせる。ほかに、春の桜や約2万株が咲き誇るつつじ園、夏のハスなど、季節ごとに参拝客を楽しませる。

    住所京都府宇治市菟道滋賀谷21Googleマップで見る
    拝観料500円・3歳~中学生300円 ※あじさい園[6月1日(火)~7月11日(日)]開園時期中は800円・小中生400円
    拝観時間8:30~16:30(受付は16:00まで)
    TEL0774-21-2067
    アクセス三室戸駅下車 東へ徒歩約15分
  3. 日本最古の神社建築 宇治上神社(うじかみじんじゃ)

    本殿の建立は1060年頃で現存する最古の神社建築。拝殿は1215年頃と推定され“拝殿として現存最古”。両殿ともに国宝のみならず、世界文化遺産にも登録されている。

    住所京都府宇治市宇治山田59Googleマップで見る
    拝観時間9:00~16:30
    TEL0774-21-4634
    アクセス宇治駅下車 南東へ徒歩約10分
  4. 宇治がさらに楽しくなる! お茶と宇治のまち歴史公園 茶づな

    2021年8月、緑豊かな公園と宇治茶と宇治の歴史・文化を知ることができる複合施設が宇治駅北西側に誕生。館内では、ミュージアムやレストランがあり、体験プログラムも楽しめる。
    ※8月21日(土)オープン予定

    住所京都府宇治市菟道丸山203-1Googleマップで見る
    TEL0774-24-2700
    アクセス宇治駅下車 北西へ徒歩約4分

ページの先頭へ