沿線おでかけ情報

おすすめスポット OSUSUME spot

国宝・石清水八幡宮の、社殿や楼門など
あちこちにいる動物とは…?
歴史豊かなこの街には、ちょっと深くて
面白い「?」や「!」がいっぱい。
そんな八つの不思議をめぐるおでかけへ、
おけいはんと、さあ、しゅっぱつ!

石清水八幡宮参道

なぜか横にそれる参道?!

国宝の美しい社殿からつづく参道を眺めると、
「あれ、ナナメ向き?」。その理由は、
「お参りした人が神さまに背中を向けたり
しないよう、あえて
参道を社殿正面から
15度ほど横に向けているから」でした。

神のお使い!鳩グッズ

社殿や楼門の正面を飾るのは、はちまんさんのお使いと
される「鳩」。
おみくじや手ぬぐいなど、
可愛いくて癒やされる鳩のお守りアイテムもチェック!

鳩みくじ 500円
鳩手ぬぐい1,000円

石清水八幡宮 目貫の猿(昇殿参拝)

釘を“さされた”夜遊び猿?

社殿の西門にある猿の彫刻を、よーく見ると
目に釘が。
「彫刻の出来が良すぎて夜な夜な
抜け出すので
釘を“さされた”(打たれた)」と
伝わりますが、なんと平成の
修理で彫刻を一時
外したときは、付近に本物の猿が現れたとか!

気分は乙姫!昇殿参拝

不思議の②③を見るには社殿内部を見学できる
「昇殿参拝」へ。ご神職の案内で、
竜宮城をイメージ
した極彩色の空間をめぐり、乙姫気分を味わえます。

石清水八幡宮 流れ左三つ巴紋(ながれひだりみつどもえもん)(昇殿参拝)

間違い?正解?逆さの紋

本殿につづく幣殿の天井には、左に流れる
「三つ巴」の
ご神紋に混じって、逆向きの右に
流れる紋が。もしや制作ミス?!
ではなくて、
「完璧にしないことで栄えつづける」
願かけの意味があるそうです。

都の守護神!はちまんさん

「やわたのはちまんさん」と地元の人々に親しまれる石清水
八幡宮は、
平安時代の初めに都の守護社として創建され、
織田、豊臣、徳川といった
天下人に敬われたと伝わります。

エジソン記念碑

発明王をひらめかせた竹?

境内に堂々と立つ、エジソンの碑。なんと
彼が発明した
「電球」には、八幡の竹が
使われていたのです。
戦時中、敵国の碑として
撤去されかけたとき、
「発明に国境はない」と
守り抜いた当時の宮司も素晴らしい!

努力を実らせる絵馬!

天才エジソンにあやかって合格祈願はいかが?発明に
まつわる竹製の絵馬には、
「1%のひらめき 99%の汗」
の名言が。心が引き締まりそう!

エジソン竹絵馬 1,000円
石清水八幡宮
[営業時間]6:00〜18:00(9/30まで〜18:30、11/1から6:30〜)
[料金]拝観無料 ※昇殿参拝1,000円(2/4〜12/31 11:00〜・14:00〜)
[電話番号]075-981-3001
[アクセス]京阪電車「八幡市※1」駅のりかえ
男山ケーブル※2「八幡市※2」駅から
「男山山上※2」駅下車 徒歩約5分
[URL]http://www.iwashimizu.or.jp/

男山ケーブル 10/1より「石清水八幡宮参道ケーブル」

3分間で極上のおもてなし?!

京阪電車の駅とお社のある山上を約3分で結ぶ
ケーブルは、
お正月や七五三の時期に乗ると、
車内で流れる音楽や
アナウンスが変わります。
とくに音楽は向谷実氏が
ケーブルのために
つくったオリジナルなので、ぜひ聴き比べを。

新装車両で気分アップ!

あっという間の乗車時間だけど、3つの川が合流する
景色や、
金と朱色に輝く車両のすれ違いなど、見どころ
たっぷり。
車内もリニューアルしてピカピカ、快適です。

[営業時間]7:40〜18:45
[料金]片道200円
[アクセス]京阪電車「八幡市※1」駅下車すぐ
[URL]https://www.keihan.co.jp/traffic/cableline/

飛行神社

個人宅の壮大な神社とは?

住宅街に突然現われる和洋折衷のお社は、
日本でいち早く
飛行機研究に取り組んだ
「二宮忠八」が自宅に創建したもの。
世界をひとつにつなぐ空の安全と平和を願って、
航空関係者も多く訪れます。

おみくじフライト体験!

参拝後は、ぜひ“神”飛行機おみくじを。
引いて読んだら紙飛行機にして、
輪をめがけてエイッ!
コントロール抜群の航空関係者もいるとか。

神飛行機 おみくじ200円
[営業時間]9:00〜16:30(資料館15:45まで受付)
[料金]拝観無料 (資料館300円)
[電話番号]075-982-2329
[アクセス]京阪電車「八幡市※1」駅下車 徒歩約5分
[URL]http://hikoujinjya.kyoto.jp/

やわた走井餅老舗(やわたはしりいもちろうほ)

どうして細長い?名物餅

人気の門前名物は、妙にニョロリと
長いお餅。
創業の地・走井の名水で、
伝説の刀鍛冶が鍛えた刀を
かたどったそうです。
時間をかけてついたフワフワの餅と
こしあんが絶妙にマッチ。

おみやげには長持ちの鳩!

日持ちしない餅の代わりにと11代目店主が考案したのは、
鳩モチーフの可愛いもなか。
あんと皮が別々なので、いつ食べてもパリパリ!

走井餅のセット(煎茶)400円(税込)
鳩もなか(プレーン・抹茶)各200円(税込)
[営業時間]8:00〜18:00(喫茶L.O.17:30)
[定休日]月休(祝休日の場合は翌日)
[電話番号]075-981-0154
[アクセス]京阪電車「八幡市※1」駅下車 徒歩約2分
[URL]http://www.yawata-hashiriimochi.com/

安居橋(あんごばし)

橋の真ん中が
張り出しているのは?

駅近くの反り橋は、真ん中が張り出た独特の
かたち。
じつはここ、捕らえた魚や鳥を放って
供養する
「放生行事(ほうじょうぎょうじ)」
の舞台。かつて
お寺だった石清水八幡宮
ならではの、仏教にまつわる行事です。

源氏マツ物語

橋の向かい側、石清水八幡宮参道に生えるLの字型の松は、
あの源頼朝が鎌倉から
持ってきた松の2代目だとか。
武士の元祖、源氏の氏神とされていた証しです。

[アクセス]京阪電車「八幡市※1」駅下車 徒歩約5分
  1. ※1 )2019年10月1日、駅名変更します。
    八幡市駅→石清水八幡宮駅
  2. ※2 )2019年10月1日、ケーブル線通称・駅名変更します。
    男山ケーブル→石清水八幡宮参道ケーブル
    八幡市駅→ケーブル八幡宮口駅、男山山上駅→ケーブル八幡宮山上駅
  • ※掲載情報は2019年9月現在のものです。施設情報・価格・商品・
    サービス等はすべて予告なく変更されることがあります。

ページの先頭へ