• トップページ
  • 沿達おけいはんとは
  • おすすめスポット
  • ミニ検定
  • CM
  • ポスター
  • 舞台ウラ
  • プロフィール
おけいはん、「ひえい」で比叡山 叡山電車の新しい観光用車両で、八瀬・比叡山、沿線めぐり。 おすすめスポット

緑がいきいきと輝く季節、
叡山電車の新しい観光用車両「ひえい」で比叡山をめざす旅へ、さあ出発!
いつもと違う景色や、思いがけない発見に出会って、心も体もリフレッシュする一日が、はじまります。

あれこれ見たいところいっぱい!
おトクなチケットで比叡山めぐりへ出発!
[世界遺産 比叡山延暦寺巡拝チケット]比叡山からびわ湖までチケット1枚でめぐれます。電車・バス・ロープウェイ、比叡山内シャトルバスの1日乗り放題と、比叡山延暦寺巡拝券がセットに。 おトクなチケット情報 別ウインドウが開きます
見どころ満載!新デザイン 叡山電車 観光用車両(えいざんでんしゃ かんこうようしゃりょう)「ひえい」
新たな電車旅をエスコート
「きらら」以来、約20年ぶりとなる新しい観光用車両が、叡山電車に今年3/21デビュー! 「きらら」が展望を楽しむ車両なら、こちらは空間を楽しむ車両。比叡山や鞍馬山の神秘的なムードや自然のパワーが、外観だけでなく内装でも表現されていて、乗るだけで新鮮な気分を味わえます。
楕円にあわせて運転席を中央に!
斬新なデザインの中でも、とくに目を引くのが、先頭に輝く楕円のモチーフ。運転士の視界をさえぎることがないよう、本来なら端にある運転席を中央に配置して実現させたのだとか。どこから撮っても写真映えバッチリ!
楕円車窓からの眺めも新鮮
上質なシートやダウンライトなど、まるでホテルのような車内空間。その雰囲気を高める楕円形の窓を通すと、ありふれた街中の風景まで、どこかドラマチックに映ります。周囲の人に迷惑をかけない範囲で、車内での撮影もOK!
おみやげにはひえいグッズ!
「ひえい」デビュー記念グッズとして発売されたピンバッジは、最も特徴的な車両前面、つまり「ひえい」の顔がモチーフ。深緑と黒、金の渋い色合いで、プレゼントにも喜ばれそう。お買い求めは、叡山電車出町柳駅のインフォメーションで!
【アクセス】叡山電車(叡山本線)出町柳駅〜八瀬比叡山口駅間を運行 ※火運休
【ホームページ】https://eizandensha.co.jp/
「ひえい」ピンバッジ400円(税込) ※品切れの場合もあります。あらかじめご了承ください。
比叡山延暦寺の新!めぐり 比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)
新緑に包まれた修行の聖地
にない堂(どう)(西塔(さいとう)エリア)
比叡山延暦寺は、約1200年前に伝教大師最澄が開いた修行の地。とくにいまも、厳しい修行の場となっているのが、静かな威厳ただよう2つのお堂。弁慶がになった(担いだ)という伝説も残る、均整のとれた姿が、新緑の木立や苔のなかでひときわ美しく映えます。
お守りラテで心もキレイに
延暦寺会館(えんりゃくじかいかん) 喫茶(きっさ)れいほう 梵字(ぼんじ)ラテ(東塔(とうどう)エリア)
びわ湖を一望できる延暦寺宿坊の喫茶スペースで、いま話題の新メニューが「梵字ラテ」。なんと、注文した人の干支に合わせて、その守り仏を表す梵字を入れてもらえます。比叡山の天然水でいれた美味しい抹茶ラテやカフェラテと、仏さまのパワーで心すっきり、幸せ気分に。
約60年ぶりの大改修を目撃!
根本中堂(こんぽんちゅうどう)修学ステージ(しゅうがく)(東塔(とうどう)エリア)《6月完成予定》
10年がかりの大改修がスタートして3年目。ついに根本中堂全体がすっぽり囲われ、本格的な作業がはじまります。その希有(けう)な姿を目の当たりにできるように設けられたのが、屋根の高さまで登れる修学ステージ。約1200年の歴史で初めての貴重な眺め、見ておかないと一生の悔いに!?
MAP Googleマップ
【拝観時間】
《東塔エリア》
 8:30~16:30
 ※喫茶(れいほう)は9:00〜17:00
《西塔・横川エリア》
 9:00~16:00
【延暦寺諸堂巡拝料】 大人700円
【電話番号】077-578-0001
【アクセス《東塔エリア》】
《1》叡山電車「八瀬比叡山口」駅のりかえ、叡山ケーブル・ロープウェイ「比叡山頂」駅から
   シャトルバス「延暦寺バスセンター」下車 徒歩約5分
《2》「三条」駅・「出町柳」駅から比叡山ドライブバス「延暦寺バスセンター」下車 徒歩約5分
《3》坂本ケーブル「ケーブル延暦寺」駅下車 徒歩約10分
【ホームページ】 http://www.hieizan.or.jp/
抹茶ラテ700円 カフェラテ650円(いずれも税込)
根本中堂断面図
叡山電車沿線の注目スポットにも寄り道!
異国の香りにときめく時間 珈琲焙煎所(こーひーばいせんじょ) 旅(たび)の音(ね)
昨年、もと美術学校の校舎にお店を開いたのは、珈琲豆に惚れこんだ店主。世界各地の農園から仕入れた豆の声に耳を傾け、それぞれの個性が引き立つよう焙煎しています。驚くほど鮮やかな香りと旨み、それを引き立てる食器やスイーツのひとつひとつに、豆への愛を感じます。
MAP Googleマップ
【営業時間】10:00〜19:00
【定休日】月休
【料金】珈琲ゼリーパフェ(写真上)
(焼きマシュマロクッキー追加) 900円(税込)
 抹茶テリーヌとオレンジのタルト(写真下) 590円(税込)
【電話番号】075-703-0770
【アクセス】叡山電車「元田中」駅下車 徒歩約5分
【ホームページ】
 http://coffee.tabinone.net/
初めてなのにホッと包まれる 春巻(はるまき)スタンド ラップ&ロール
昨年の夏にオープンした、全国でも珍しい春巻き専門のスタンドです。オリーブ油でさっくり揚げ焼きした美味&ヘルシーな春巻きや、女性店主の優しい笑顔に、つい立ち寄るリピーター続出。
MAP Googleマップ
【営業時間】15:00~22:00(売り切れ次第終了)
【定休日】水・日休
【料金】〈写真手前から〉焼春巻き1本200円、
 生春巻き1本300円、ビール 550円(いずれも税込)
【電話番号】075-755-6504 
【アクセス】叡山電車「修学院」駅下車 徒歩約2分
【ホームページ】
 https://www.facebook.com/harumaki/
秋だけじゃない!緑の誘い 八瀬(やせ)もみじの小径(こみち)
ケーブル八瀬駅のすぐそばにある回遊路。これから夏にかけては、青もみじが爽やかな緑のパラソルとなり、歩く人々を心地よく包みます。もちろん、紅葉に染まる秋も格別。道沿いには「ラジオ塔」や「水力発電所跡」、「平安遷都千百年紀念橖(とう)」など京都の歴史にふれられるスポットも。
MAP Googleマップ
【アクセス】
 叡山電車
「八瀬比叡山口」駅下車
 徒歩約5分
新緑を満喫!比叡山めぐりの定番
叡山(えいざん)ケーブル・ロープウェイ
叡山電車の「八瀬比叡山口」駅から、叡山ケーブル・ロープウェイを乗り継いで、たちまち標高約800mの比叡山山頂へ。澄んだ空気、眼下に広がる緑の海に囲まれて、どこまでも駆けのぼっていけそうな、開放的な気分にひたれます。
MAP Googleマップ
【営業時間】9:00~18:00頃(7/28〜9/2の土・日・祝日、8/7、8/11〜16は21:00頃まで)
【料金】ケーブルカー 片道540円・往復1,080円 / ロープウェイ 片道310円・往復620円
【電話番号】075-781-4338
【アクセス】叡山電車「八瀬比叡山口」駅下車 徒歩約5分
【ホームページ】http://eizan.keifuku.co.jp/
ガーデンミュージアム比叡(ひえい)
少し遅い比叡山の春とともに、天空の花園が今年も開園。厳しい冬を越した喜びを告げるチューリップや、軽やかなドレスに身を包んだシャクナゲなど、色とりどりの花々とともに、新たな息吹きの季節を祝ってみませんか。
MAP Googleマップ
【営業時間】12/2まで10:00~17:00(7/28〜9/2の土・日・祝日と8/7、8/11〜16は20:00まで)
【料金】大人1,200円(11/20〜12/2は600円)
【電話番号】075-707-7733
【アクセス】叡山ケーブル・ロープウェイ「比叡山頂」駅下車すぐ
【ホームページ】http://www.garden-museum-hiei.co.jp
便利な全体マップはこちら 比叡山めぐりにおトク!
  • MAP Googleマップ
  • 印刷用MAP チラシのPDFをダウンロード
  • おトクなチケット情報 別ウインドウが開きます

掲載の商品・サービスはすべて予告なく変更されることがあります。

ページの先頭へ