沿線おでかけ情報

おでかけナビ

  • 条件を
    指定する
    • カテゴリー

1〜10件 / 24件 前へ 123 次へ

秋期特別展 樂歴代 魂を映じて Mirrors into the Soul -Raku Tea Bowls through the Ages-[樂美術館]

樂家、そして樂茶碗に大切に受け継がれてきた「The Soul(魂)」に焦点をあてた展覧会。期間中には15代吉左衞門・樂直入氏のギャラリートークも開催されます(要予約)。

2019年8月24日(土)〜12月24日(火) 10時~16時(16時30分閉館)

エリア
洛中
カテゴリ
展覧会

秋期特別展 樂歴代 魂を映じて Mirrors into the Soul -Raku Tea Bowls through the Ages-[樂美術館]

2019年 勝海舟没後120年 龍馬と勝海舟をめぐる人々[幕末維新ミュージアム 霊山歴史館]

勝海舟の没後120年目を記念して開催される展覧会。幕末史を変えたと言っても過言ではない勝海舟と坂本龍馬の実像に迫ります。

2019年10月2日(水)〜2020年1月26日(日) 9時~17時(17時30分閉館)

エリア
東山
カテゴリ
展覧会

2019年 勝海舟没後120年 龍馬と勝海舟をめぐる人々[幕末維新ミュージアム 霊山歴史館]

企画展 茶の湯 禅と数寄[相国寺承天閣美術館]

日本文化を代表するもののひとつ、茶の湯は禅の精神性とともに現代まで受け継がれてきました。本展では、相国寺における茶の湯の歴史を中心に紹介。名品と呼ばれる茶道具も多く展示されます。また期間中には、千家十職の釜師・十六代大西清右衛門や陶芸家・樂直入(十五代吉左衞門)による記念講演や、学芸員によるギャラリートーク、和菓子作り ...

I 期:2019年10月5日(土)〜12月22日(日) II期:2020年1月11日(土)〜3月29日(日) 10時~16時30分(17時閉館)

エリア
洛中
カテゴリ
展覧会

企画展 茶の湯 禅と数寄[相国寺承天閣美術館]

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術[京都文化博物館]

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家、アルフォンス・ミュシャ。没後80年を迎えても残された作品の数々は、今なお世界中を魅了し続けています。本展では、ミュシャの作品のほか、ミュシャに強い影響を受けた明治期の文芸誌の挿絵や1960年代を中心にアメリカ西海岸、ロンドンで一大ムーブメントを巻き起こしたグラフィック・アート作品、さ ...

2019年10月12日(土)〜2020年1月13日(祝・月) 10時~17時30分(18時閉室) ※金曜は19時まで(19時30分閉室)

エリア
洛中
カテゴリ
展覧会

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術[京都文化博物館]

琳派展21 没後200年 中村芳中[細見美術館]

本展で21回目となる恒例の琳派展。江戸後期、大坂を中心に活動した琳派の絵師・中村芳中が特集されます。また、近年「かわいい」と評判の動植物を描いた作品も展示され、琳派が得意とする技法「たらし込み」が堪能できます。 中村芳中『光琳画譜』より「仔犬」 享和2年(1802)刊 個人蔵

2019年10月26日(土)〜12月22日(日) 10時~17時30分(18時閉館)

エリア
洛北
カテゴリ
展覧会

琳派展21 没後200年 中村芳中[細見美術館]

円山応挙から近代京都画壇へ[京都国立近代美術館]

18世紀に、写生画で一斉を風靡した円山応挙が確立した円山派。そして応挙や与謝蕪村に師事した呉春が興した四条派。近代に至るまで京都画壇に大きな影響を及ぼしたこの2派の全貌に迫ります。自然、人物、動物といったテーマごとに表現方法が紹介され、それぞれの特徴を紐解きます。 重要文化財「郭子儀図」(全8面のうち4面) 円山応挙 ...

前期:2019年11月2日(土)〜11月24日(日) 後期:11月26日(火)〜12月15日(日) 9時30分~16時30分(17時閉館) ※金・土曜は19時30分まで(20時閉館)

エリア
洛北
カテゴリ
展覧会

円山応挙から近代京都画壇へ[京都国立近代美術館]

没後60年 北大路魯山人展 ―和の美を問うー[何必館・京都現代美術館]NEW

北大路魯山人の没後60年を記念した展覧会。魯山人の作品から約100点を厳選し、「陶」「書」「茶」「花」「食」の5つのテーマに分け、古材や更紗などと取り合わせて展示されます。使うことでより一層輝きを放つ魯山人の作品の数々が楽しめます。 北大路魯山人「つばき鉢」1938年 何必館・京都現代美術館蔵

2019年11月3日(祝・日)〜1月19日(日) 10時~17時30分(18時閉館)

エリア
東山
カテゴリ
展覧会

没後60年 北大路魯山人展 ―和の美を問うー[何必館・京都現代美術館]

宇治橋と橋姫[宇治市源氏物語ミュージアム]

宇治橋の守り神といわれる宇治の橋姫。『古今和歌集』では、“待つ女”として和歌に歌われています。本展では、江戸時代の古文書から宇治橋、橋姫とともに暮らしてきた宇治の様子が紹介されます。 「源氏絵鑑帖」巻45橋姫

2019年11月20日(水)〜2020年1月19日(日) 9時~16時30分(17時閉館)

エリア
洛南
カテゴリ
展覧会

宇治橋と橋姫[宇治市源氏物語ミュージアム]

企画展 DOMOTO INSHO -驚異のクリエイションパワー– 特別出品:高知・竹林寺の襖絵[京都府立堂本印象美術館]

寺院の襖絵として初めての抽象表現を試みた高知・竹林寺の襖絵を中心に、コレクションの中から創造力あふれる作品や人気の作品が紹介されます。あわせて、印象作品の人気投票が行われます。 堂本印象 風神(全4面) 1963年 高知・竹林寺(前期展示)

2019年11月30日(土)~2020年3月29日(日) 9時30分~16時30分(17時閉館)

エリア
洛北
カテゴリ
展覧会

企画展 DOMOTO INSHO -驚異のクリエイションパワー– 特別出品:高知・竹林寺の襖絵[京都府立堂本印象美術館]

第156回ミニ企画展 大津祭 -近年の修理事業から-[大津市歴史博物館]NEW

大津祭の曳山(ひきやま)を彩る染織品は近年、復元新調事業が進められています。本展では、新旧作品を比較展示。保存と継承の現状が紹介されます。

2019年12月3日(火)~1月19日(日) 9時~16時30分(17時閉館)

エリア
滋賀
カテゴリ
展覧会

第156回ミニ企画展 大津祭 -近年の修理事業から-[大津市歴史博物館]

1〜10件 / 24件 前へ 123 次へ

  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • 京阪沿線って?
  • K PRESSプレゼント
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪電車公式LINE
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ