沿線おでかけ情報

おでかけナビ

  • 条件を
    指定する
    • カテゴリー

1〜10件 / 28件 前へ 123 次へ

第5回「大マンガラクタ館」 少女マンガのルーツか!? パリ20世紀初頭の風俗マンガ雑誌[京都国際マンガミュージアム]

“世の中に忘れられたマンガの先祖たちを掘りおこし、現代マンガのルーツをさぐる”ことを目的に荒俣宏館長がプロデュースする「大マンガラクタ館」。5回目の今回は、館長自身のコレクションからパリの最先端ヴィジュアル雑誌が展示されます。パリの絢爛かつ繊細なイラストレーションを堪能できるとともに、大正時代の日本への系譜を知ることが ...

2019年8月3日(土)〜11月30日(土) 10時~17時30分(18時閉館)

エリア
洛中
カテゴリ
展覧会

第5回「大マンガラクタ館」 少女マンガのルーツか!? パリ20世紀初頭の風俗マンガ雑誌[京都国際マンガミュージアム]

秋期特別展 樂歴代 魂を映じて Mirrors into the Soul -Raku Tea Bowls through the Ages-[樂美術館]

樂家、そして樂茶碗に大切に受け継がれてきた「The Soul(魂)」に焦点をあてた展覧会。期間中には15代吉左衞門・樂直入氏のギャラリートークも開催されます(要予約)。

2019年8月24日(土)〜12月24日(火) 10時~16時(16時30分閉館)

エリア
洛中
カテゴリ
展覧会

秋期特別展 樂歴代 魂を映じて Mirrors into the Soul -Raku Tea Bowls through the Ages-[樂美術館]

コレクション特集展示 ジャコメッティと II[国立国際美術館]

20世紀最大の彫刻家と言われるアルベルト・ジャコメッティ(1901〜1966年)の彫刻作品「ヤナイハラ Ⅰ」の収蔵を記念して開催される展覧会。「ジャコメッティと I」に引き続いて行われます。本展では、「ヤナイハラ Ⅰ」とともに20世紀終盤から今日までの新しい作品が展示されます。 写真:アルベルト・ジャコメッティ《男》 ...

2019年8月27日(火)〜12月8日(日) 10時~16時30分(17時閉館) ※8・9月の金・土曜は20時30分まで(21時閉館) ※10〜12月の金・土曜は19時30分まで(20時閉館)

エリア
大阪
カテゴリ
展覧会

コレクション特集展示 ジャコメッティと II[国立国際美術館]

レスコヴィッチコレクション 広重・北斎とめぐるNIPPON[細見美術館]

春信、広重、歌麿、そして北斎、写楽など日本でも人気の高いビッグネームの作品を所蔵することで知られるパリ在住のポーランド人コレクター、ジョルジュ・レスコヴィッチの浮世絵コレクション。中でも、英泉と広重が分担し、江戸と京都を結ぶ中山道を題材として描いた「木曾街道六拾九次」は、シリーズすべての図がそろい、またすべてが初摺とい ...

2019年8月27日(火)〜10月20日(日) 10時~17時30分(18時閉館)

エリア
洛北
カテゴリ
展覧会

レスコヴィッチコレクション 広重・北斎とめぐるNIPPON[細見美術館]

日本・オーストリア外交樹立150周年記念 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 [国立国際美術館]

19世紀末から20世紀初頭にかけて、ウィーンで花開いた装飾的できらびやかな「世紀末文化」を紐解く展覧会。画家グスタフ・ロース、エゴン・シーレの作品をはじめとするウィーン・ミュージアムの所蔵品約300点が展示されます。 写真:グスタフ・クリムト《エミーリエ・フレーゲの肖像》1902 年 ウィーン・ミュージアム蔵 ...

2019年8月27日(火)〜12月8日(日) 10時~16時30分(17時閉館) ※8・9月の金・土曜は20時30分まで(21時閉館) ※10〜12月の金・土曜は19時30分まで(20時閉館)

エリア
大阪
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
渡辺橋駅

日本・オーストリア外交樹立150周年記念 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 [国立国際美術館]

辰野金吾没後100年 文博界隈の近代建築と地域事業[京都文化博物館]

京都文化博物館別館(旧日本銀行京都支店)の設計者である辰野金吾の没後100年にあたり、その功績を振り返ります。また、京都文化博物館界隈に多く建ち並ぶ近代建築と、その魅力を活かした地域事業も紹介します。 写真:京都文化博物館 別館ホール

2019年8月31日(土)〜10月27日(日) 10時~19時(19時30分閉室)

エリア
洛中
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
三条駅

辰野金吾没後100年 文博界隈の近代建築と地域事業[京都文化博物館]

2019年秋季特別展 見て、知って、楽しむ 茶碗の世界[野村美術館]

茶の湯の確立とともに、形や意匠に変化を遂げてきた茶碗。本展では、年代や産地によって様々な特徴、魅力を持つ茶碗が展示されます。仁清や乾山など、名品と呼ばれる作品も多数登場します。

前期:2019年8月31日(土)~10月14日(祝・月) 後期:2019年10月16日(水)〜12月1日(日) 10時~16時(16時30分閉館)

エリア
洛北
カテゴリ
展覧会

2019年秋季特別展 見て、知って、楽しむ 茶碗の世界[野村美術館]

令和元年 秋季茶道具取合展 令和の秋[北村美術館]

改元の年を記念して、ことほぐ雰囲気を取り合わせます。茶道具のほか、与謝蕪村による「鳶鴉図」(重文)も展示されます。 重文 蕪村筆 鴉図

2019年9月3日(火)〜12月8日(日) 10時~16時(16時30分閉館)

エリア
洛中
カテゴリ
展覧会

令和元年 秋季茶道具取合展 令和の秋[北村美術館]

源氏の舞台となった宇治[宇治市源氏物語ミュージアム]

源氏が登場する2つの物語『源氏物語』と『平家物語』。両者の舞台にもなった宇治を、名所図や地誌類などで紹介します。 写真:宇治川大合戦図(宇治市歴史資料館蔵)

2019年9月4日(水)〜11月17日(日)9時~16時30分(17時閉館)

エリア
洛南
カテゴリ
展覧会

源氏の舞台となった宇治[宇治市源氏物語ミュージアム]

イラストレーター・賀茂川-イロドラレルモノタチ-展[京都国際マンガミュージアム]

「京都国際マンガ・アニメフェア2019(京まふ)」の連動企画。京都市交通局の「地下鉄に乗るっ」プロジェクトなどで知られるイラストレーター・賀茂川氏の作品約100点が展示されます。 ©Kamogawa

2019年9月21日(土)〜11月24日(日)

エリア
洛中
カテゴリ
展覧会

イラストレーター・賀茂川-イロドラレルモノタチ-展[京都国際マンガミュージアム]

1〜10件 / 28件 前へ 123 次へ

  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • 京阪沿線って?
  • K PRESSプレゼント
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪電車公式LINE
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ