沿線おでかけ情報

おでかけナビ

  • 条件を
    指定する
    • カテゴリー

11〜20件 / 47件 前へ 12345 次へ

特集展示 蒐集家・高島唯峰(たかしまゆいほう)―明治期考古学の遺産―[大阪歴史博物館]

日本の考古学がまだ古物趣味や珍品目当ての蒐集などと未分化な状態にあった明治時代に、関東地方を中心に採集活動を行った高島唯峰。高島は東京銀座で歯科医を営むかたわら、縄文時代の貝塚出土品を収集していました。本展は、高島が行った採集活動をその遺品から探るとともに、彼のコレクションがたどった経過、さらにはコレクション研究の現状 ...

2021年1月13日(水)〜3月22日(月) 9時30分~16時30分(17時閉館)

エリア
大阪
カテゴリ
展覧会

特集展示 蒐集家・高島唯峰(たかしまゆいほう)―明治期考古学の遺産―[大阪歴史博物館]

平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ)1989-2019[京都市京セラ美術館(新館 東山キューブ)]

美術評論家の椹木野衣(さわらぎのい)が企画・監修を務める展覧会です。経済的な停滞と未曾有(みぞう)の災害に繰り返し見舞われた平成の時代にアーティストたちはどう応答したのでしょう。「うたかた」と「瓦礫」をキーワードに、アーティストたちの集合的活動にフォーカスし、椹木独自の視点で選定された平成年間(1989〜2019年)の ...

2021年1月23日(土)〜4月11日(日) 10時〜17時30分(18時閉館)

エリア
洛北
カテゴリ
展覧会

平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ)1989-2019[京都市京セラ美術館(新館 東山キューブ)]

栖鳳(せいほう)の時代 ~匂いまで描く [福田美術館]

幕末期、江戸時代から続く日本画の技法のうち最も主流であった四条派に学び、その後円山派や狩野派、南画など他の伝統的な画風をも身につけた竹内栖鳳。日本画だけでなく、ターナーやコローといった当時最新の西洋画や写真の要素までも貪欲に取り入れました。画面上の余白が人々の想像力に訴えかけ、匂いや音、湿気までもが感じられる独特の画風 ...

前期:2021年1月30日(土)〜3月1日(月) 後期:3月3日(水)〜4月11日(日) 10時~16時30分(17時閉館)

エリア
洛西
カテゴリ
展覧会

栖鳳(せいほう)の時代 ~匂いまで描く [福田美術館]

ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展 [あべのハルカス美術館]

オーストリアとスイスに挟まれた独立国家の君主であるリヒテンシュタイン侯爵家は、歴代にわたる美術作品の収集によって高い名声を得ています。本展では、ルーベンス、クラーナハ(父)、ヤン・ブリューゲル(父)ら侯爵家秘蔵の油彩画63点をはじめ、華麗な宮廷の空間を彩った陶磁器など全126点のコレクションが展示されます。 フェルデ ...

2021年1月30日(土)〜3月28日(日) 10時~19時30分(20時閉館) ※月・土・日・祝日は17時30分まで(18時閉館)

エリア
大阪
カテゴリ
展覧会

ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展 [あべのハルカス美術館]

特別展 源氏物語の絵画―伝土佐光信「源氏系図」をめぐって[中之島香雪美術館]

紫式部によって著された『源氏物語』は、物語が成立して以来、数多くの写本が作られ、愛読されました。また、源氏物語を絵画化した「源氏絵」は、平安時代から今に至るまで描き継がれ、優れた物語に裏打ちされた抒情性豊かな世界を多彩に展開し、多くの人々に享受されてきました。香雪美術館が所蔵する新出の「源氏系図(作中人物を、略歴を付し ...

前期:2021年1月30日(土)〜2月21日(日) 後期:2月23日(火・祝)〜3月14日(日) 10時〜16時30分(17時閉館) ※2/18(木)、3/11(木)は19時(19時30分閉館)まで

エリア
大阪
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
渡辺橋駅

特別展 源氏物語の絵画―伝土佐光信「源氏系図」をめぐって[中之島香雪美術館]

木梨憲武展 Timing -瞬間の光り-[京都文化博物館]

2014年から2016年にかけて全国8会場を巡回し大きな話題を呼んだ「木梨憲武展×20years」を契機に、アーティストとして高い評価を受けた木梨憲武。2018年6月にはロンドンでの個展開催を実現しました。木梨自らが会場ごとに展示方法を決め、雰囲気が異なる木梨憲武流の美術展で、開催中にも新作の追加や既存作品の手直しなど ...

2021年2月16日(火)〜3月28日(日) 10時~17時30分(18時閉室)※金曜は19時まで(19時30分閉室)

エリア
洛中
カテゴリ
展覧会

木梨憲武展 Timing -瞬間の光り-[京都文化博物館]

なにが見える? -よく見るということは- [宇治市源氏物語ミュージアム]

普段の生活の中で私たちが見ているものは、私たち自身が意識しているものです。見えるものを増やすには、意識するものを増やすしかありません。本展は、「よく見る」ためのキーワードを手がかりにした源氏絵などの作品が紹介されます。

2021年2月17日(水)〜4月25日(日) 9時~16時30分(17時閉館)

エリア
洛南
カテゴリ
展覧会
最寄り駅
宇治駅

なにが見える? -よく見るということは- [宇治市源氏物語ミュージアム]

シリーズ展 仏教の思想と文化 -インドから日本へ- 特集展示:仏像ひな型の世界Ⅱ[龍谷大学 龍谷ミュージアム]

昨年1月に開催された同タイトルの展示に続いて開催されます。江戸時代から平成まで15代にわたって系譜を連ねた京仏師・畑治良右衛門(はたじろううえもん)が伝えてきたひな型の中から、前回展示されなかったひな型が、新資料を交えながら紹介されます。 写真:賀茂明神坐像(江戸時代)

2021年2月20日(土)〜3月28日(日) 10時~16時30分(17時閉館)

エリア
洛南
カテゴリ
展覧会

シリーズ展 仏教の思想と文化 -インドから日本へ- 特集展示:仏像ひな型の世界Ⅱ[龍谷大学 龍谷ミュージアム]

開館30周年記念企画展 芭蕉翁絵詞伝と義仲寺[大津市歴史博物館]

松尾芭蕉の研究・顕彰に生涯をかけた五升庵蝶夢(ちょうむ)が、芭蕉の百回忌に向け、11年の歳月をかけて制作した「芭蕉翁絵詞伝(ばしょうおうえことばでん)」。初の本格的な松尾芭蕉伝である芭蕉翁絵詞伝は、義仲寺(ぎちゅうじ)の寺宝として長く門外不出の扱いを受けています。本展では、芭蕉翁絵詞伝のすべてが公開されます。 芭蕉翁 ...

2021年2月27日(土)〜4月11日(日) 9時~16時30分(17時閉館)

エリア
滋賀
カテゴリ
展覧会

開館30周年記念企画展 芭蕉翁絵詞伝と義仲寺[大津市歴史博物館]

大涅槃図(だいねはんず)公開[真如堂]

江戸時代中期の僧・厭求(えんぐ)と海北友賢(かいほうゆうけん)の共作の涅槃図で、縦約6.2m・横約4.5mの大きさ。釈迦が入滅する様子を、極彩色を多用し非常に細かな筆遣いで描かれた傑作です。哺乳類や魚類などを含む127種類の生物が描かれており、この数は日本最多と言われています。

2020年3月1日(月)~31日(水) 9時~15時45分(16時閉扉)

エリア
洛北
カテゴリ
社寺行事

大涅槃図(だいねはんず)公開[真如堂]

11〜20件 / 47件 前へ 12345 次へ

  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • 京阪沿線って?
  • K PRESSプレゼント
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪電車公式LINE
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ