沿線おでかけ情報

祇園祭

神幸祭神輿渡御・還幸祭神輿渡御

神幸祭神輿渡御

「ホイットー!ホイットー!」のかけ声に熱気ほとばしる

八坂神社の神様をのせた3基の神輿が、四条寺町の御旅所へ向かい、24日の還幸祭まで鎮座します。 八坂神社石段下で18時頃から神輿渡御出発式が行われ、氏子区域内を巡行します。「ホイットー!ホイットー!」というかけ声と共に、高々と神輿を担ぎ上げる“差し上げ”は圧巻です。

神輿について
中御座神輿 屋根に鳳凰、六角形が特徴。
御祭神は素戔嗚尊(すさのをのみこと)
東御座神輿 屋根に擬宝珠、四角形が特徴
御祭神は櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)
西御座神輿 屋根に鳳凰、八角形が特徴。
御祭神は八柱御子神(やはしらのみこがみ)
日時 7月17日(火)18時~ アクセス 祇園四条駅 下車
日程 7月17日(火)18時~
アクセス 祇園四条駅 下車

みどころ

優雅な山鉾巡行と対照的に、勇壮で激しいのが神幸祭神輿渡御。2トン余りある神輿を500人以上の男たちが腕の力だけで担ぎます。神輿を天に向かって高々に差し上げると、拍手と歓声がドッと沸き上がります。

神幸祭巡行ルートマップ

ページの先頭へ

還幸祭神輿渡御

厳かに3基の神輿がご還幸

四条御旅所に滞在していた神様が八坂神社に還る神事です。
17時頃から3基の神輿が出発し、それぞれ所定のコースを経て、神泉苑の南にある三条又旅社(さんじょうまたたびしゃ)で神饌(しんせん)を供える「奉饌祭(ほうせんさい)」をとり行った後、八坂神社へと戻ります。24時頃からは境内で厳かに「御神霊遷し(みたまうつし)」が行われ、神輿にのせられた御祭神が本殿に戻されます。

日時 7月24日(火) 17時~ アクセス 祇園四条駅 下車
日程 7月24日(火) 17時~
アクセス 祇園四条駅 下車

みどころ

八坂神社に還幸した神輿は、舞殿の周囲を3周し、ここぞとばかりに力を振り絞りながら、勇壮な差し上げを披露。その後、神輿の御神霊が本殿に戻され、還幸祭は静かに終了します。それまでとは一転した厳かな終わり方が特徴です。

還幸祭巡行ルートマップ

ページの先頭へ