沿線おでかけ情報

祇園祭

期間限定だから手に入れたい 祇園祭グルメ・おみやげ

俵屋吉富の「鉾めぐり」

鉾めぐり パッケージ

鉾めぐり

祭りの風情を映した名店のどら焼き

名菓「雲龍」で知られる老舗京菓子店。こちらの季節限定商品は、ひとつずつ手焼きした焼き皮に、長刀鉾や船鉾、駒形提灯など祇園祭にちなんだ焼き印をほどこした風流などら焼き。やわらかな生地に粒あんと餅、黒糖こしあん、抹茶あん、白粒あんの4種類を挟み、風味豊かな仕上がりです。

俵屋吉富 「鉾めぐり」

価格 5個972円
販売期間 7月1日(日)~24日(火)
※店舗販売
店舗情報
店名 俵屋吉富 祇園店
(たわらやよしとみ ぎおんてん)
電話番号 075-541-2543
住所 京都市東山区四条通中之町216
営業時間 10時~19時
※7月15日(日)・16日(祝・月)は19時45分まで
定休日 不定休
アクセス 祇園四条駅 下車 東へすぐ
公式サイト http://www.kyogashi.co.jp/
周辺地図

ページの先頭へ

茶寮都路里の「都路里のされい」

祇園祭のされい

茶寮本店2階内観

暑さを忘れる夏の2大甘味

老舗宇治茶舗が手がける甘味処では、衹園祭の鉾に見立てたパフェと、山に見立てた抹茶かき氷のセットが衹園本店限定で登場! パフェには抹茶・バニラ・玄米茶のアイスと白小豆、細長い抹茶のマカロンを飾り、抹茶かき氷には、抹茶白玉や甘酸っぱい甘夏みかんのわらび餅が添えられています。

茶寮都路里 「都路里のされい」

価格 1,361円
販売期間 7月1日(日)~31日(火)
店舗情報
店名 茶寮都路里 衹園本店
(さりょうつじり ぎおんほんてん)
電話番号 075-561-2257
住所 京都市東山区衹園町南側573-3
営業時間 10時~21時(L.O.)
※土・日・祝日は20時30分(L.O.)
アクセス 祇園四条駅 下車 東へすぐ
公式サイト http://www.giontsujiri.co.jp/saryo/
周辺地図

ページの先頭へ

うめぞのCAFE&GALLERYの「わらび餅」

わらび餅

前祭宵山そぞろ歩きのお供にぴったり!

老舗甘味処「梅園」直営の町家カフェ。テークアウトでも人気のわらび餅は口の中でほどけるように溶ける“とろぷる食感”が魅力。京都宇治産の風味豊かな抹茶味と沖縄波照間産のコクのある黒糖味の2種類が楽しめます。また数種類の焼き菓子などが入った「焼き菓子セット/1,080円」も見逃せません。

うめぞのCAFE&GALLERY 「わらび餅」

価格 各420円
※イートインは720円(抹茶味・黒糖味2種入り)
販売期間 通年販売
※店頭販売は7月15日(日)・16日(祝・月)
店舗情報
店名 うめぞのCAFE&GALLERY
(うめぞのカフェアンドギャラリー)
電話番号 075-241-0577
住所 京都市中京区不動町180
営業時間 11時30分~18時30分(L.O.)
※7月15日(日)・16日(祝・月)は21時(L.O.)、店頭販売は18時~21時(売り切れ次第終了)
アクセス 祇園四条駅 下車 北西へ徒歩約20分
公式サイト http://umezono-kyoto.com/cafe/
周辺地図

ページの先頭へ

Boulangerie MASH Kyoto の「ちまきパン」

外観

ちまきパン

衹園祭の厄除け粽がパンに変身!

恋愛成就で知られる保昌山のすぐ近くにあるパン屋さん。京都らしい素材を使った和菓子のような京菓子パンが人気で、衹園祭期間には笹の葉を巻いた白焼きパンの中に、白玉団子とこしあんを詰めた「ちまきパン」が並びます。しっとりやわらかなパン生地は口当たりよく、さわやかな笹の香りがふんわりと広がります。

Boulangerie MASH Kyoto 「ちまきパン」

価格 220円
販売期間 7月30日(月)まで
店舗情報
店名 Boulangerie MASH Kyoto
(ブランジュリー マッシュ キョウト)
電話番号 075-352-0478
住所 京都市下京区燈籠町568
営業時間 8時~19時30分
定休日 火・水曜
アクセス 清水五条駅 下車 北西へ徒歩約20分
公式サイト http://mashkyoto.com/
周辺地図

ページの先頭へ

酒菜食房いちの「はもかつバーガー」

はもかつバーガー

旬の味覚・ハモを屋台グルメで堪能!

夏の京都を代表する食材・ハモを手軽に楽しんでもらいたいと考案されたのがこちら。京料理の名店で修業した店主が作る「はもかつバーガー」は、やわらかいパンに肉厚のハモフライ、トマト、水菜などを挟んだボリューミーな一品。上にのせたしば漬け入りタルタルソースとサクサクのハモとの相性もぴったりです。

酒菜食房いち 「はもかつバーガー」

価格 500円
販売期間 7月14 日(土)~16日(祝・月)、22日(日)・23日(月)
店舗情報
店名 酒菜食房いち
(しゅさいしょくぼう いち)
電話番号 075-212-5690
住所 京都市中京区新町通四条上ル小結棚町431
営業時間 11時30分~13時30分、18時~22時30分(L.O.)
定休日 火曜
※土・日曜ランチ休業、7月14日(土)・15日(日)はランチ営業
アクセス 祇園四条駅 下車 北西へ徒歩約20分
公式サイト http://www.kyoto-ichi.net/cafe/
周辺地図

ページの先頭へ

膳處漢ぽっちりの「しみだれ豚饅(ぶたまん)」

大行列の先にある名物豚まん!

数ある宵山グルメの中でも毎年大行列ができる名物店。お目当ての「しみだれ豚饅」には豚肉やタケノコ、中国漬物などしっかり味付けされたあんがぎっしり。フワフワとした生地にしみ込んだ肉汁と香ばしい醤油だれが食欲をそそります。直径10cm以上ある大きさで、食べ応えも抜群です。

膳處漢ぽっちり 「しみだれ豚饅」

価格 500円
販売期間 7月13 日(金)~16日(祝・月)
※店頭販売のみ(売り切れ次第終了)
店舗情報
店名 膳處漢ぽっちり
(ぜぜかん)
電話番号 075-257-5766
住所 京都市中京区天神山町283-2
営業時間 11時30分~14時(L.O.)、17時~21時30分(L.O.)
※7月13日(金)~16日(祝・月)の店頭販売は11時30分~売り切れ次第終了
アクセス 祇園四条駅 下車 北西へ徒歩約20分
公式サイト https://kiwa-group.co.jp/zezekan/
周辺地図

ページの先頭へ

白竹堂の「ぎおん祭扇子」

唐木山鉾

白竹ぎおんさん

涼風運ぶモダンな鉾柄扇子

創業300年の歴史を持つ扇子専門店。祇園祭の鉾がかわいくデザインされた「ぎおん祭扇子」は、唐木染めのシックな扇骨に赤色が映える「山鉾」とすがすがしい白竹が印象的な「ぎおんさん」の2種類。ポップ&カラフルな色柄使いはあおぐ姿も涼やかで、和装にも洋装にもしっくりなじみます。

白竹堂「ぎおん祭扇子」

価格 唐木山鉾・白竹ぎおんさん/各1,944円
販売期間 通年販売
店舗情報
店名 白竹堂 京都本店
(はくちくどう きょうとほんてん)
電話番号 075-221-1341
住所 京都市中京区白壁町448
営業時間 10時~19時
アクセス 三条駅 下車 南西へ徒歩約10分
公式サイト https://www.hakuchikudo.co.jp/
周辺地図

ページの先頭へ

京都インバンの「はんこ鉾」

そろえて楽しい山鉾スタンプ

放下鉾の鉾町に位置する創業105年のはんこ屋さん。前祭鉾建て期間から店頭に並ぶ山鉾33基を描いたゴム印は、蟷螂(とうろう)山のカマキリなどの細かな絵柄や素朴な風合いが魅力的。各山鉾の厄除け粽と合わせて購入するなど、祭りの記念品やおみやげとしてもオススメです。

京都インバン 「はんこ鉾」

価格 各300円
販売期間 7月12日(木)~24日(火)
店舗情報
店名 京都インバン 京都本店
(きょうとインバン きょうとほんてん)
電話番号 075-221-5601
住所 京都市中京区小結棚町443
営業時間 9時~18時
※土曜は16時まで、7月14日(土)・21日(土)は21時まで、7月15(日)・16(祝・月)・22日(日)・23日(月)は23時まで
定休日 第2・4土曜、日・祝日
アクセス 祇園四条駅 下車 北西へ徒歩約20分
公式サイト https://www.kyotoinban.com
周辺地図

ページの先頭へ

二軒茶屋 中村楼の「稚児餅」

祭りの歴史に寄り添う和菓子

もとは祇園祭の稚児社参(13日)の際に八坂神社への奉納とお稚児さんのみがいただけたもので、現在は翌14日から購入可能に。竹串に刺した餅の表面に白味噌を塗り、こんがりと焼き上げた素朴な甘さと香ばしさが絶妙。厄除けの意味もあるという餅は、中村楼併設の甘味処でも味わえます。

二軒茶屋 中村楼 「稚児餅」

価格 5本1,900円
※イートインは二軒茶屋にて1,300円(抹茶付き)
販売期間 7月14日(土)~31日(火)
店舗情報
店名 二軒茶屋
(にけんちゃや)
電話番号 075-561-0016
住所 京都市東山区祇園町南側509
営業時間 11時~19時(L.O.)
定休日 水曜
アクセス 祇園四条駅 下車 東へ徒歩約10分
公式サイト http://www.nakamurarou.com/
周辺地図

ページの先頭へ

東洞院SOUの「活鱧寿司」

写真はイメージです。店頭販売はフードパックでのご提供となります

屋台で食す京の夏の味

旬の食材を生かした本格和食が人気のお店の屋台メニューは、脂ののったハモを特製ダレでじっくりと焼き上げた「活鱧寿司」。柔らかなハモの奥深い味わいは、“ハモ祭”の異名もある祇園祭ならではのごちそうです。このほか「鱧串カツ しば漬けタルタル/500円」などお酒に合うメニューも充実。

東洞院SOU 「活鱧寿司」

価格 600円
販売期間 7月15日(日)・16日(祝・月)
※店頭販売
店舗情報
店名 東洞院SOU
(ひがしのとういん ソウ)
電話番号 075-212-3711
住所 京都市中京区三文字町225
営業時間 12時~13時(L.O.)、17時30分~24時(L.O.)
※7月15日(日)・16日(祝・月)の店頭販売は17時頃~売り切れ次第終了
定休日 不定休
アクセス 三条駅 下車 南西へ徒歩約20分、地下鉄烏丸御池駅下車 南東へ徒歩約5分
公式サイト https://sou.kyoto.jp/higashi-sou/
周辺地図

ページの先頭へ

まんざら亭NISHIKIの「角煮コロッケ」

写真はイメージです。店頭販売は1個から紙袋でのご提供となります

ビールを片手にあつあつをパクリ!

上質な創作和食を気軽にいただける一軒。前祭の宵山限定で楽しめる角煮コロッケは、揚げたてのほくほくジャガイモと店の人気メニューでもある豚の角煮が相性抜群の名物コロッケ。冷えたビールと一緒にほおばれば、ごろっと入った角煮のうま味が口いっぱいに広がります。

まんざら亭NISHIKI 「角煮コロッケ」

価格 1個/250円
販売期間 7月14(土)~16日(祝・月)
※店頭販売
店舗情報
店名 まんざら亭NISHIKI
(まんざらていニシキ)
電話番号 075-257-5748
住所 京都市中京区占出山町317
営業時間 17時~23時30分(L.O.)
※7月14(土)~16日(祝・月)の店頭販売は14時頃~売り切れ次第終了
アクセス 祇園四条駅 下車 北西へ徒歩約20分
公式サイト https://www.manzara.co.jp/nishiki/
周辺地図

ページの先頭へ

ページの先頭へ