沿線おでかけ情報

おいしいを探して

大津〜蹴上エリア

近畿にとって欠かせない水源・びわ湖。そんなびわ湖を背に京津線でびわ湖浜大津駅から蹴上駅まで。このエリアは、古くから続くお店あり、実力派の若手が営む新店ありと、散策にはピッタリの場所です。

Check!
01

BAKERY dry river

ベーカリー ドライ リバー

bakery / パン

キュートな店内に心躍る。自家製の発酵種で長時間低温発酵したバゲットや、キッシュにブリオッシュなど、豊富なラインナップ。そして、SC糖、低温殺菌の木次牛乳を使用するなどの食材選びからは、店主のこだわりが感じられる。パンには一つひとつ手書きのキャプションが添えられており、読みながら選んでいくのも楽しい。ここはまさに、名実ともに大津を代表するベーカリーのひとつだ。

  • 上栄町駅下車 北へ徒歩すぐ

  • 滋賀県大津市逢坂2丁目9-15

  • 8:30~19:00

  • 日・月曜休

Check!
02

mado cafe

マドカフェ

cafe / 喫茶

びわ湖を望む気持ちの良いロケーションと、フレンチ出身のシェフが作るメニューを求め、休日には行列ができるほどの人気カフェ。地元の新鮮な野菜を使った週替わりの煮込み料理は優しい味わい。焼きたての自家製ワッフルには無農薬の滋賀県産の小麦が使用され、ほどよい香ばしさがたまらない。トッピングで、濃厚なクレミアソフトクリームを楽しめるのもうれしいところ。

  • 島ノ関駅下車 北西へ徒歩約4分

  • 滋賀県大津市島の関14 -1 大津市民会館2F

  • 11:00~17:00(LO/16:30)
    土・日・祝日~18:00(LO/17: 30)

  • 月・第3 火曜休(祝日の場合は翌日)

  • http://www.madocafe.net/

Check!
03

茶菓 山川

さか やまかわ

sweets / 和菓子

季節ごとに吟味した素材で、繊細な味が楽しめる和菓子の店。店主自ら、地元・高島市で大納言小豆を有機栽培し、比良山系の伏流水を使用するなど、最良素材にこだわって作る。イートインには、高島小豆のおいしさがしみわたるぜんざいも。生菓子は7種類ほどスタンバイ。

  • びわ湖浜大津駅下車 南へ徒歩約6分
    上栄町駅下車 北へ徒歩約6分

  • 滋賀県大津市長等2丁目10-5

  • 10:00~18:00

  • 月・火・水曜、第1・3日曜休

  • http://saka-yamakawa.com/

水の路
小話
瀬田の唐橋は日本三名橋のひとつ。織田信長により現在の大橋・小橋に整備された。
Check!
04

琵琶湖疏水最初のトンネル

第一トンネル東口洞門

だいいちトンネルひがしぐちどうもん

びわ湖側から琵琶湖疏水沿いの道を進むと見えてくるトンネル。入り口には、初代内閣総理大臣・伊藤博文の揮毫(きごう)により「氣象萬千(きしょうばんせん)」(様々に変化する風光はすばらしい)と彫り込まれた扁額(へんがく)が。疏水工事最大の難所であったとされるこのトンネルも、今では入り口周辺が桜の名所となり、散策には絶好のポイントだ。

  • 三井寺駅下車 南西へ徒歩約5分

  • 滋賀県大津市三井寺町

Check!
05

中国料理ちゅん

ちゅうごくりょうりちゅん

chinese / 中国料理

ボリューム満点の中華が食べたくなったらココ!人気の定食や、クコの実たっぷりのイカの菜の花炒めなど、充実のメニューはどれも豪快。「早くて、安くて、ボリューム満点、味が一番や!」と語る大将の人柄にひかれて通う客も多い。店の奥には座敷があり、ファミリーも利用しやすい。毎日市場に買い出しにいく大将のマグロ料理も密かな人気メニューだ。何だか元気が湧いてくる、そんな料理でパワーチャージしてみては。

  • 京阪山科駅下車 南西へ徒歩約12分

  • 京都市山科区御陵中内町38

  • 11:30~14:00(LO/13:50)
    17:00~21:00(LO/20:50)

  • 木曜休(祝日の場合は営業)・夏期臨時休

Check!
06

白川カフェ

しらかわカフェ

cafe / 喫茶

コーヒーの新境地を求めている方には、[京茶珈琲]を堪能してほしい。[京茶珈琲]とは、西陣の自家焙煎コーヒーと日本茶をブレンドした一品。その専門店として、白川沿いにカフェがオープンした。お店には道行く人やご近所さんも顔をのぞかせ、新たなコミュニティーが生まれる予感も。世界も注目の和のコーヒーを、川を眺めながらゆったりと味わおう。

  • 地下鉄東山駅下車 南へ徒歩すぐ

  • 京都市東山区唐戸鼻町559-4

  • 13:00~17:00

  • 火曜休

  • http://shirakawacafe.com/

水の路
小話
びわ湖の誕生は今から約400万年前。バイカル湖やタンガニーカ湖、チチカカ湖とともに古代湖と呼ばれる。
Check!
07

明治の京を支えた傾斜鉄道

蹴上インクライン

けあげインクライン

明治時代、世界最長と言われた全長約582メートルにも及ぶ傾斜鉄道。その跡地がこちら。1948年に稼働を休止後、1973年にレールも取り払われたが、産業遺産として残すべく1977年5月に復元完了。高低差約36メートルの急勾配で、舟を運ぶ輸送手段として活躍した当時の姿に思いを馳せて。

  • 地下鉄蹴上駅下車すぐ

  • 京都市左京区南禅寺福地町

Check!
08

琵琶湖疎水を巡る船

琵琶湖疏水通船

びわこそすいつうせん

明治時代に完成して以来、貨物や旅客を運ぶ水の路として栄えていた琵琶湖疏水。1951年以降、舟運が途絶えていた運河に、疏水船の運航が約70年ぶりに復活!大津と蹴上を結ぶ疏水路からは産業遺産のスポットを満喫でき、桜や紅葉など四季折々の美しい風景も望める。

  • 三井寺駅下車 南西へ徒歩約2分

  • (びわ湖疏水船受付事務局)
  • 滋賀県大津市大門通3-32(大津乗下船所)

  • 下り便(滋賀・大津発)9:00~15:45
    上り便(京都・蹴上発)10:45~14:30
    ※乗船予約はホームページから可能
    ※乗車料金は時期により変動。その他営業日など詳しくはホームページをご覧ください

  • http://www.biwako-sosui.jp/

水の路
小話
7月1日は「びわ湖の日」。
  • 掲載の内容は2018年3月現在のものです
  • 価格は税込です。予告なく変更される場合があります
  • ゴールデンウィーク・お盆期間・年末年始など、時期によって営業時間などが変更になる場合があります

ページの先頭へ