沿線おでかけ情報

枚方・楠葉でこだわりの店を探訪

枚方〜樟葉エリア

京都の三川が合流した淀川を南に下ると、樟葉駅がお出迎え。大阪を代表する川と面した枚方エリアには、カフェや書店、ベーカリーなど店主の個性が光るお店が多数!のどかな空気を味わいながら、とっておきの店を探してみて。

Check!
01

天然酵母 ひねもすぱん

てんねんこうぼ ひねもすぱん

bakery / パン

「毎日食べても飽きないシンプルなぱんとおやつ」がテーマのパン屋さん。お店仕込みのレーズン酵母と国産小麦・塩・水だけで作られる菓子パン生地は、噛むほどにしみじみと味わい深い。2017年10月の店舗移転に伴い広々としたカフェスペースが併設され、新鮮な野菜のサラダや日替わりの豆スープが付いた食事プレートなどがその場で楽しめる。素材の力を引き出した丁寧な美味しさをぜひ味わって。

  • 枚方公園下車 西へ徒歩約5分

  • 枚方市堤町10-24 鍵屋別館102号

  • 10:00~17:00

  • 日・月曜休(第2日曜は営業)
    ※ほか不定休あり

  • http://ひねもすぱん.com/

Check!
02

ほくとのおうち

ほくとのおうち

sweets / 焼菓子

季節ごとの味が楽しめる焼き菓子やピール、オランジェなどが並ぶこちらの店は2018年4月にオープン。素朴な佇まいのお菓子は自分へのおやつにも、ちょっとした手土産にも。通年で提供される人気のキャラメルナッツタルトは手作りの塩キャラメルソースが決め手。甘く香ばしい歯応えに口の中が幸せいっぱいに。

  • 枚方公園駅下車 西へ徒歩約5分

  • 枚方市堤町10-24 鍵屋別館106号

  • 10:00~17:00

  • 月曜休、ほか不定休あり

水の路
小話
交野市の天野川に架かる「逢合橋」は、七夕伝説の発祥の地と言われている。
Check!
03

草々徒

そうそう

cafe / 喫茶

日本家屋を改装し、オーナー夫妻が手作りで仕上げたカフェには、全国各地で集めたアンティークのイスがずらり。こだわり満載の空間では、30品目近くの食材を使ったランチや、国産小麦ときび砂糖で作った優しい甘みのスイーツを味わえる。ディナーには淡路島から入荷する生パスタや淡路島ポーク、アルコールも充実。

  • 枚方市駅下車 南西へ徒歩10分

  • 枚方市枚方元町1-18

  • ランチ11:00~15:00(LO/14:00)
    ディナー17:00~22:00(LO/21:00)
    日曜、祝日11:00~16:00(LO/15:00)

  • 月曜休(祝日の場合はランチのみ営業)

  • http://www.repos-de.com/

Check!
04

(本)ぽんぽんぽん ホホホ座 交野店

ぽんぽんぽん ほほほざ かたのてん

books / 書店

古本イベントにも多く出店する「ニッチでセンチなおさがり本屋」の実店舗がこちら。伝説の自販機本「HEAVEN」や限定販売の写真集などの希少な逸品から、実家感溢れる昭和雑貨まで扱う店内は発見の連続。店主にオススメを聞くもよし、引かれるまま手に取るもよし。自由で優しい雑多な時間に寄り道しよう。

  • 交野市駅下車 東へ徒歩約2分

  • 交野市私部3-11-9

  • 12:00~20:00

  • 日・月曜休

Check!
05

Note Gallery+Cafe

ノート ギャラリー カフェ

gallery & cafe / ギャラリー&カフェ

アートと食事、どちらも堪能できるスポットがこちら。古民家を改装したギャラリーでは現代アートを鑑賞でき、併設のカフェには、お手製の塩麹を使った惣菜や、おからのケーキなど素材を生かした体に優しいメニューがそろう。窓越しの緑を感じながら、ピクニック気分を楽しもう。

水の路
小話
江戸時代、楠葉の淀川両岸には異国船への防備として、砲台場が存在した。
Check!
06

茶肆 ゆにわ

ちゃし ゆにわ

cafe / カフェ

日本茶と中国茶の専門店。茶葉は常時約40種類と、豊富なラインナップ。二煎、三煎と変化していくお茶の味を堪能しつつ、自家製のお茶菓子も合わせて頂きたい。店の奥には、世界的に活躍する庭職人・庭舎MAKIOKA が手掛けた庭が。季節の花や山野草が生い茂る空間を眺め、小さな四季を体感。

  • 掲載の内容は2018年10月現在のものです
  • 価格は税込です。予告なく変更される場合があります
  • ゴールデンウィーク・お盆期間・年末年始など、時期によって営業時間などが変更になる場合があります

ページの先頭へ