沿線おでかけ情報

大阪・光の饗宴 2017

OSAKA 光のルネサンス2017

15周年を迎える光のアートフェスティバル。節目の年を記念して、「5つのありがとう」をテーマに特別なプログラムが開催されます。水都大阪のシンボルエリア・中之島の水辺にきらめく光のアートが広がります。

期間
12月14日(木)〜25日(月)
時間
17時~22時
※一部イベントは16時〜22時
※プレビュー点灯:11月12日(日)〜12月13日(水)17時〜23時
アクセス
大江橋駅下車/淀屋橋駅下車/なにわ橋駅下車/北浜駅下車
電話番号
06-6910-1156(大阪・光の饗宴実行委員会事務局)
電話番号
06-6910-1156(大阪・光の饗宴実行委員会事務局)

ウォールタペストリー・
大阪市中央公会堂特別公演

人気プログラム「ウォールタペストリー」。今年は初めて、大阪府立中之島図書館から大阪市中央公会堂へ舞台を移して開催されます。音楽に合わせて繰り広げられる壮大な光の絵画は圧巻です。

期間

1214日(木)25日(月)

時間

17時~21時
※演出は15分に1回、各回約10分

場所

大阪市中央公会堂正面

アクセス

なにわ橋駅下車すぐ/淀屋橋駅下車 北東へ徒歩約5分/北浜駅下車 北西へ徒歩約5分

光の交流プログラム
=台南・光の廟珵(びょうてい)=

今年初めて開催される光の交流。台南から台湾の元宵節(げんしょうせつ:旧暦1月15日)を祝うランタンがやってきます。約1,000個のカラフルなランタンが夜空いっぱいにきらめきを放ちます。

期間

1214日(木)25日(月)

日時

17時~22時

場所

リバーサイドパーク

アクセス

淀屋橋駅下車/大江橋駅下車

大阪市庁舎正面
イルミネーションファサード

「大阪・光の饗宴」のシンボルともいえるプログラム。イベントのロゴマークを中央に配置し、周囲の光のラインは大阪らしい「人と人とのつながり」を表現しています。

期間

1214日(木)25日(月)

※プレビュー点灯:
11月12日(日)〜12月13日(水)

※クロージング点灯:
12月26日(火)〜31日(日)

時間

17時~22時
※プレビュー点灯・クロージング点灯は23時まで

場所

大阪市庁舎正面

アクセス

淀屋橋駅/大江橋駅下車

中之島イルミネーションストリート

「OSAKA光のルネサンス」の会場へといざなうイルミネーションストリート。全長約150mのアーケードが登場します。音楽と光が織りなす粋な演出も楽しめます。

期間

1214日(木)25日(月)

時間

17時~22時
※演出は15分に1回、各回約10分、最終は21時30分スタート

場所

みおつくしプロムナード

アクセス

淀屋橋駅/大江橋駅下車

フランスアベニュー

中之島公園のメインストリート・中之島通が色とりどりの光に包まれた大通りに変身!ケヤキ並木をシャンパングラスに見立てたおしゃれな演出に心躍ります。

期間

1214日(木)25日(月)

時間

17時~22時

12月14日(木)は18時ごろ点灯予定

場所

中之島通(大阪市中央公会堂正面)

アクセス

なにわ橋駅下車

中之島スマイルアートプロジェクト
ひかりの実

アーティスト・高橋匡太氏による参加型プログラム。地域の子どもたちや来場者が果実袋に思い思いの笑顔を描いた「ひかりの実」を樹木に飾りつけます。LEDの光に映し出されたたくさんの笑顔に心癒されます。

期間

1214日(木)25日(月)

時間

17時~22時

場所

大阪市役所正面・バラの小径・中之島公園バラ園(東側一帯)

アクセス

なにわ橋駅下車 東へすぐ/北浜駅下車 北へすぐ

スノーマンパーク in 中之島

「梅田スノーマンフェスティバル2017」とのコラボレーションプログラム。中之島に初めてスノーマンパークを開催します。BIGスノーマン・co-BIGスノーマン親子といっしょにクリスマス気分を楽しみましょう。

期間

12月14日(木)~25日(月)

※BIGスノーマンの展示は12月18日(月)〜
※天候により展示が中止になる場合があります。

時間

17時~22時

場所

中之島公園バラ園(西側)

アクセス

なにわ橋駅下車 東へすぐ/北浜駅下車 北へすぐ

OSAKA光のルネサンス
パノラマビュー

「OSAKA光のルネサンス」の会場を一望できる展望スポットが、4日間限定で開放されます。知る人ぞ知る絶好の夜景スポット。光に包まれたパノラマビューを眼下にロマンティックなひとときを過ごしましょう。

期間

12月22日(金)〜25日(月)
※雨天中止

時間

17時~21時

場所

OMM屋上(西側)

アクセス

天満橋駅下車すぐ

公式サイトでもイベント内容をチェックしよう

公式サイトはこちら

ページの先頭へ