京阪・南海 花めぐり

京阪電車・南海電車の沿線には 、四季折々の花がいっぱい 。さあ、電車でぶらりと、四季を愛でるハナタビへ。

京阪 Keihan
南海 Nankai

はる

菜の花・桜

1山科疏水

鮮やかな黄色とやさしい桜色に染まる、春らんまんの光景。

疏水沿いに一斉に咲き誇る菜の花は、地元のボランティアの方々が手入れしたもの。同時期に咲く桜とともに春の美しい風景を楽しめます。

●アクセス:京阪電車 御陵駅・京阪山科駅・四宮駅下車 徒歩10分

●見頃:3月下旬~4月上旬

桜

9狭山池

大阪で最も早く、長く花見が楽しめる。

大阪府内で一番に花見ができる名所を目指しており、池の周遊路に並ぶ早咲きのコシノヒガンは3月下旬から開花。4月中旬に咲くヤエザクラ類もあります。

●アクセス:南海電車 大阪狭山市駅下車 徒歩約10分

●見頃:3月下旬~4月上旬

桜

2淀川河川公園

せわりていちく

背割堤地区

約1.4kmにわたる桜のトンネルは圧巻。

宇治川と木津川に挟まれた堤に、約250本のソメイヨシノが咲き誇り、ほのかなピンク色のトンネルをつくりだします。

●アクセス:京阪電車 八幡市駅下車 徒歩約10分

●見頃:4月上旬

ばら

10浜寺公園

バラの鮮やかな彩りと甘い香りにうっとり。

日本に自生する原種やオールドローズなど、約300種・6,500株のバラが観賞できます。毎年見頃の5月には「浜寺ローズカーニバル」が開催され、多くの人でにぎわいます。

●アクセス:南海電車 浜寺公園駅下車すぐ

●時間:10時~17時(入園は16時まで)

●見頃:5月上旬~6月上旬、10月上旬~11月上旬

ばら

3ひらかたパーク

600種・4,000株のバラが咲き誇る
「ローズガーデン」は必見。

園内のローズガーデンは 、優雅な香りのオールドローズや豊富な色彩のモダンローズなど、各品種の特徴を生かした構成やバラの美しさを引き立てる演出にこだわった庭園です。

●アクセス:京阪電車 枚方公園駅下車 徒歩約5分

●料金:1,400円、2歳~小学生800円(入園料)

●時間:10時~17時 ※時期・曜日によって異なる

●見頃:5月中旬~6月上旬、11月

ツツジ

11浅香山緑道(旧浅香山浄水場)

堺市の花木・ツツジの巨木は一見の価値あり。

浅香山緑道と旧浅香山浄水場の600mにわたり、約2,500株もの華麗なツツジが咲き誇ります。中には樹齢約80年の大きなツツジもあり迫力満点。 毎年ゴールデンウィークには「浅香山つつじまつり」が催されます。

●アクセス:南海電車 浅香山駅下車 徒歩約10分

●時間:常時散策可(浅香山つつじまつりは10時~17時)

●見頃:4月下旬~5月上旬

トップへ戻る

なつ

あじさい

4三室戸寺

幻の品種も楽しめる、日本を代表するあじさいの名所。

約50品種・10,000株のあじさい園が6月に公開される、通称「あじさい寺」。ライトアップされた幻想的な景観を楽しむことができます。

●アクセス:京阪電車 三室戸駅下車 徒歩約15分

●料金:500円、小中学生300円(拝観料)

●時間:8時30分~16時(16時30分閉門) ※ライトアップは19~21時   (6月11日~26日の土、日のみ)

●見頃:6月上旬~7月上旬

あじさい

12和歌山森林公園

地元住民の手作りのあたたかみを感じるあじさい。

「日本一のあじさい園」を目指す森林公園。毎年の植樹祭を恒例とし、地元の方々が大切にアジサイを育てています。森林公園はリアルな巨大恐竜公園としても有名です。

●アクセス:南海電車 加太駅下車 徒歩約30分

●見頃:6月上旬~下旬

トップへ戻る

あき

萩

5梨木神社

なしのきじんじゃ

約500株の萩が優美な姿で魅了。

「萩の宮」ともいわれ、京都を代表する萩の名所。毎年9月に行われる「萩まつり」の日には、可憐に咲き誇る萩の花を愛でる多くの参拝者でにぎわいます。

●アクセス:京阪電車 出町柳駅下車 徒歩約15分

●時間:6時~17時

●見頃:9月中旬~10月上旬

コスモス

13ハーベストの丘

見渡す限り広がるコスモス畑に心躍る 。

広大な丘陵地に広がる体験型農業公園。吊り橋を渡った「村のエリア」にある約3,000平方メートルの花畑に、約40万本のコスモスが可憐な花を咲かせます。

●アクセス:泉北高速鉄道 泉ケ丘駅からバス ハーベストの丘下車すぐ

●料金:900円、4歳~小学生500円(入園料) ※時期によって異なる

●時間:9時30分~18時 ※時期によって異なる

●見頃:10月初旬~中旬

コスモス

6ガーデンミュージアム比叡

コスモスを絵画とともに楽しめる庭園美術館

標高約840m比叡山の山上に、フランス印象派画家たちの絵画の世界を再現。「藤の丘」は、秋になると濃淡のピンクや白のコスモスが咲き競います。

●アクセス:京阪電車 三条駅・出町柳駅からバス比叡山頂下車すぐ
叡山ケーブル・ロープウェイ比叡山頂駅下車すぐ ※冬期運休

●料金:1,030円、小学生515円※時期によって異なる

●時間:10時~17時30分 ※時期によって異なる

●見頃:9月下旬~11月上旬 ※冬期休園

菊

14国華園 和泉本店

30万本もの菊花が咲きそろうさまは壮観。

日本最大級の園芸店。毎年、日本全国の菊作り名人が技を競う「日本菊花全国大会」が開催され、約1万坪の会場に30万本の菊が並びます。

●アクセス:南海電車 河内長野駅からバス福瀬新田下車すぐ

●時間:8時30分~17時30分

●見頃:10月下旬~11月下旬

紅葉

7東福寺

約2,000本のモミジが迎える京都屈指の紅葉の名所。

広大な境内を約2,000本の紅葉が彩ります。特に、本堂と普門院、開山堂を結ぶ「通天橋」から見下ろす景色は圧巻です。

●アクセス:京阪電車 東福寺駅下車 徒歩約10分

●料金:400円、小中学生300円(通天橋・開山堂)

●時間:8時30分~16時(16時30分閉門)※時期によって異なる

●見頃:11月下旬~12月上旬

紅葉

15観心寺

荘厳な景観を彩る紅葉に心が洗われそう。

大阪・奈良・和歌山の境に位置する古刹。金堂や建掛塔など文化財がたくさんあり、赤のモミジや黄色のイチョウとのコントラストが重厚な雰囲気を醸し出します。

●アクセス:南海電車 河内長野駅からバス観心寺下車すぐ

●料金:300円、小中学生100円(拝観料)

●時間:9時~17時(入場は16時30分まで)

●見頃:10月下旬~12月上旬

トップへ戻る

ふゆ

梅

08大阪城公園

都心にいながら楽しめる艶やかな梅の花々。

天守閣の東側には広大な梅林があり、早春には約100品種・1,270本の梅が色とりどりの花をつけ、大阪城の勇士な姿とともに見事な景観をつくりだします。

●アクセス:京阪電車 天満橋駅・京橋駅下車 徒歩約15分

●見頃:2月下旬~3月上旬

水仙

16蜻蛉池公園

とんぼいけ

清楚な佇まいが美しい
6万本のニホンズイセン。

「水仙郷」と名付けられた斜面に6万株のニホンズイセンが咲き誇り、一帯に甘い香りが漂います。見頃には「水仙春待ちまつり」が開催されます。

●アクセス:南海電車 岸和田駅からバス蜻蛉池公園前下車すぐ

●見頃:1月中旬~下旬

トップへ戻る

京阪・南海乗り換え案内図

トップへ戻る

暮らしに素敵な彩りをプラス!
もっとお花を楽しむオススメ情報

京阪沿線・南海沿線エリアには、ほかにお花や緑に親しめる注目スポットが。こちらも要チェックです!

◎枚方公園駅

京阪園芸ガーデナーズ

花や緑のある快適な暮らしと育む楽しさを提案するガーデニングショップ。

バラを中心とした季節の草花や園芸全般の商品がそろいます。オンラインショップでも多彩なバラ苗や培養土 、テラコッタ鉢といった園芸資材のほか、ギフト商品を取り扱っています。

◎京阪電車 枚方公園駅下車 南西へ徒歩約5分
◎京阪園芸ガーデナーズ
https://keihan-engei.com/gardenars/

お花のスペシャリストによる、多彩なガーデンセミナーを開催!」

バラに精通し、テレビ番組などでも活躍中の講師が、栽培方法などについてわかりやすく楽しく解説するセミナーをはじめ、初心者の方にもお楽しみいただけるプログラムが充実してます。

◎なんば駅

PARKS GARDEN(パークスガーデン)

自然とふれあい、感動を提供するなんばパークスの都市公園

2階から9階まで連続した段丘状に多種多様な植物が生い茂る、特徴的なガーデン。常駐の専属ガーデナーが毎日巡回して植物の管理を行っており、いつでも美しい景観を楽しめます。

◎南海電車 なんば駅下車すぐ
◎なんばパークスガーデン
http://www.nambaparks.com/parks_garden.html

ガーデナーの案内で、約1時間ガーデンを散策

パークスガーデンガイドツアー

植物のお話やガーデンの楽しみ方をレクチャーするほか、ガーデニングなどの質問もOK。ゆっくり散策できるツアーです。

トップへ戻る

プロが教える!
お花の撮影テクニック

スマホで手軽に、より素敵にお花を撮影するためのコツをご紹介します。

広く見せたいときはヨコ、高さ・長さを強調したいときはタテに。

point1

例えば、風景全体を撮りたいときにはヨコ、伸びやかな枝ぶりを見せたいときにはタテに。さらに、空など 「ヌケ」を作ると奥行きをだすこともできます。

「三分割構図」でまるでプロの写真に

point2

「三分割構図」は 、プロも使う基本の構図のひとつで、画面のタテヨコを三分割し、その交点に撮りたいものを置くというもの。風景写真にはよく用いられ、バランスの良い、安定感のある写真を撮ることができます。

背景をうまく使ってハイセンスな写真に

お寺や神社などであれば、建物と花をコラポしてみたり、また青空も花を引き立ててくれます。コツは、枝を画面に対してななめに配置すること。写真にグッと動きが出ます。

point3

背景をぼかして幻想的な風景に

point4

まずは奥行きのある場所を選びましょう。そしてズーム機能を使ってメインの被写体に近づき、背景が遠くにみえるようにします。ここで画面の被写体をタッチすれば、うまく背景をぼかすことができます。

トップへ戻る

ページの先頭へ