• トップページ
  • 沿達おけいはんとは
  • おすすめスポット
  • ミニ検定
  • CM
  • ポスター
  • 舞台ウラ
  • プロフィール
おすすめスポット
達人・若一光司さんに教わる 坂本〜比叡山めぐり
達人とのストーリーはこちら
  • MAP Googleマップ
  • 印刷用MAP チラシのPDFをダウンロード
  • 坂本・比叡再発見×おけいはん 別ウインドウでwebマガジンが開きます
2つの登録有形文化財の駅と日本一の長さを誇る路線。 坂本ケーブル
1927年(昭和2年)に開業して、今年でちょうど90周年。全長2025mという、現在日本で一番長いケーブルです。比叡山の麓にあたる坂本から山上にある比叡山延暦寺の中心地まで、日本全国からの参拝者を運ぶ足としてつくられました。日吉大社と比叡山延暦寺という2つの社寺に関わる敷地を通るため、不敬にあたらないよう配慮された結果、2つのトンネルと7つの架橋、多くのカーブを持つ複雑な路線となりました。開業80周年にあたる2007年にはバッテリー電源に切り替え、すべての架線を撤去。木々の向こうにびわ湖を望む絶景が、より雄大なスケールで楽しめるようになっています。車窓の風景はもちろん、乗降時にぜひ注目したいのが、麓の「ケーブル坂本駅」と山上の「ケーブル延暦寺駅」駅舎です。工事がはじまった大正時代のモダニズムを感じる洋館建築に、縦長の窓など独特の装飾がほどこされており、両駅とも国の登録有形文化財。「ケーブル延暦寺駅」は「近畿の駅百選」にも認定されており、待合室の優雅なつくりに思わず見とれてしまいます。
MAP Googleマップ
【営業時間】8:00〜17:00(時期により変更・要問い合わせ)
【料金】大人/片道860円・往復1,620円
【電話番号】077-578-0531
【アクセス】京阪電車「坂本」駅からバス、または徒歩約15分
【ホームページ】 http://www.sakamoto-cable.jp/
坂本ケーブル
ケーブル坂本駅
ケーブル延暦寺駅
工事で発掘された数百の石仏が物語る歴史。 蓬莱丘地蔵尊
珍しい中間駅周辺を散策できるのも、坂本ケーブルの魅力。発車5分前までに改札口または車掌に伝え、麓に近い「ほうらい丘駅」で下車。駅のそばにある「蓬莱丘地蔵尊」では、祠(ほこら)の中をおよそ250体の石仏が埋めつくす、神秘的な光景に息をのみます。祠の周囲にまで並ぶ石仏は、すべてケーブルの工事中に発掘されたもの。織田信長の比叡山焼き討ちで犠牲になった方の霊をなぐさめるため、坂本の人々が刻んだと伝えられており、悲しい歴史と人々の想いが心にしみます。
MAP Googleマップ
【アクセス】坂本ケーブル「ほうらい丘」駅下車すぐ
 ※中間駅(ほうらい丘駅・もたて山駅)で乗車・下車する場合は、
  乗車5分前までに改札口または車掌、駅のインターホンで
  伝えてください。
ほうらい丘駅付近
土佐日記を書いた歌人、紀貫之が愛した地。 紀貫之卿墳墓
中間駅から再乗車するには、駅に備えられたインターホンで連絡。やがて到着する車両に乗り込み、もうひとつの中間駅である「もたて山駅」へ。ハイカーにも人気の散策路を歩いてゆくと、「紀貫之卿墳墓」が現れます。日本随一の歌人であり、「土佐日記」を記して日本の日記文学の祖となった紀貫之が、びわ湖を望む景色を愛し、没後はこの地に葬られるのを願ったことから、つくられた墓です。今は木立が深く、びわ湖を眺めることはできませんが、平安の風流人が愛した場所は、今でも山を歩く人々に憩いのひとときを与えています。この小さな墓を盛り立てるように後ろに建つのが、高知県南国市の参拝記念碑。紀貫之は「土佐日記」で、国司として赴任していた土佐(現在の南国市)について執筆し、おかげで「土佐」の存在が都や全国に知れ渡りました。その感謝を忘れず、現在も毎年、南国市の人々が墓参りをしているそうです。
MAP Googleマップ
【アクセス】坂本ケーブル「もたて山」駅下車 徒歩約10分
 ※中間駅(ほうらい丘駅・もたて山駅)で乗車・下車する場合は、
  乗車5分前までに改札口または車掌、駅のインターホンで
  伝えてください。
 ※もたて山駅周辺の散策は歩きやすい服装や靴でどうぞ。
紀貫之卿墳墓
もたて山駅
日本仏教の母と呼ばれる唯一無二の修行地。 比叡山延暦寺 根本中堂
比叡山延暦寺は、坂本ケーブルの終着地「ケーブル延暦寺駅」から歩いて約10分。浄土宗、曹洞宗、日蓮宗など、名だたる宗派の開祖が修行してきた、日本仏教の母体とされる寺院です。その中心となる「根本中堂」は2年前から大改修がすすめられ、来年には外側が完全に隠れる予定。完了予定は2026年頃ですが、改修中も堂内などの拝観は可能です。全国の諸大名が献上した花の天井画や、開祖の志を伝える不滅の法灯など、唯一無二の荘厳な空間の今の姿を、目に納めておいてはいかがでしょう。
MAP Googleマップ
比叡山延暦寺 元三大師堂(四季講堂)
根本中堂のある「東塔」や「西塔」から離れた「横川」にありながら、訪れる人が絶えない「元三大師堂」。正月三日に入滅されて元三大師と呼ばれた天台宗中興の祖、慈恵大師(じえだいし)[良源]を祀るお堂です。その慈恵大師[良源]が人々を導くのに用いた観音籤(かんのんくじ)が、おみくじのルーツ。こちらでは本来のやり方どおり、まずお堂の僧侶に悩みを相談し、引くか引かないか判断していただきます。お願いするには相応の心づもりを。
MAP Googleマップ
根本中堂
元三大師堂
【拝観時間】
《東塔エリア》※根本中堂はこちら
 8:30~16:30(12〜2月は9:00〜、12月は16:00まで)
《西塔・横川エリア》※元三大師堂はこちら
 9:00~16:00(12〜2月は9:30〜、12月は15:30まで)
【延暦寺諸堂巡拝料】 大人700円
【電話番号】077-578-0001
 ※元三大師堂のおみくじは、所要時間20〜60分。1,000円。事前に電話予約(077-578-3683/元三大師堂)も可能です。
【アクセス《東塔エリア》】
《1》坂本ケーブル「ケーブル延暦寺」駅下車 徒歩約10分
《2》「三条」駅・「出町柳」駅から比叡山ドライブバス「延暦寺バスセンター」下車 徒歩約5分
《3》叡山ケーブル・ロープウェイ「比叡山頂」駅からシャトルバス「延暦寺バスセンター」下車 徒歩約5分
   ※叡山ケーブル・ロープウェイ、比叡山ドライブバス、シャトルバスは12/10まで運行予定※冬期運休
【ホームページ】 http://www.hieizan.or.jp/
達人の坂本おすすめグルメ! 芙蓉園 本館
およそ1200年前、比叡山延暦寺の開祖・最澄が、仏教とともに中国から持ち帰ったと伝わる「ゆば」。こちらでは、比叡山延暦寺御用達の上質な「比叡ゆば」を使った料理を、穴太衆積み(あのうしゅうづみ)のある池泉回遊式庭園とともに楽しめます。華やかで食べ応えもある「ゆば重」は女性に人気。
MAP Googleマップ
【営業時間】10:00~21:00
 ※17:00以降は、10名様からの完全予約制
【定休日】不定休
【電話番号】077-578-0567
【アクセス】京阪電車「坂本」駅下車 徒歩約6分
【ホームページ】 http://fuyoen.jp/
ゆば重 1,500円(税込)※ご提供時間は、11:00〜14:00
庭園内には穴太衆積みの洞窟も!※洞窟のみの見学は300円(食事利用の方は無料)
達人の坂本おすすめグルメ! 本家鶴㐂そば
初代は、比叡山延暦寺で食事づくりを任されていた元僧侶。「訪れる方にできるだけ美味しいものを」というおもてなしの精神で、この本店では、昔ながらの手打ちにこだわっています。職人たちがタイミングを合わせて提供する、揚げたての天ぷらとゆがきたての蕎麦の相性は最高。
MAP Googleマップ
【営業時間】10:00~18:00(L.O.17:30)
 ※売切れ次第閉店
【定休日】元旦・第3金休
(1・6月は第3木金休、8・11月は無休)
【電話番号】077-578-0002
【アクセス】京阪電車「坂本」駅下車 徒歩約2分
【ホームページ】 http://www.tsurukisoba.com/
天ざるそば1,760円(税込)
便利な全体マップはこちら 達人とのストーリーはこちら
  • MAP Googleマップ
  • 印刷用MAP チラシのPDFをダウンロード
  • 坂本・比叡再発見×おけいはん 別ウインドウでWEBマガジンが開きます

ページの先頭へ