京阪沿線に此の塔あり

京阪沿線に此の塔あり シリーズ7

仁和寺 五重塔

時代劇にも頻繁に登場する近世の代表的な名塔 若一光司

日本に現存する主要な五重塔は55基に上るが、その中でもっとも多くの人の目に触れているのは、仁和寺の五重塔だろう。京都市右京区御室(おむろ)にある仁和寺に直接足を運ばなくても、映画やテレビなどの時代劇に、仁和寺の五重塔が頻繁に登場するからである。「時代劇に出てくる五重塔の大半は、仁和寺の五重塔」といっても、過言ではないぐらいだ。

これほど多く映像で扱われているのは、仁和寺の五重塔が、「下層から上層に至る各層の屋根の大きさがほぼ同一」であるなど、江戸期の五重塔の様式特徴を、わかりやすい形で備えているからだ。江戸期の時代感を演出する上で、恰好(かっこう)の素材なのである。

仁和寺 五重塔
◆ 9時~16時30分※ 御殿拝観受付は16時10分まで※ 3~11月は17時まで※ 御殿拝観受付は16時40分まで◆ 境内無料※御殿拝観は大人500円・小中生300円◆ 075-461-1155◆ www.ninnaji.or.jp◆ 嵐電(京福)御室仁和寺駅下車北へ徒歩約10分

法隆寺の五重塔に代表されるように、古い時代の五重塔は、上層になるほど屋根のサイズが小さくなる。そうした五重塔では時代感の違いが見えてしまい、泰平下で町人文化が花開いた江戸時代の雰囲気が出ないのだ。

加えて、仁和寺では広大な境内に様々な伽藍(がらん)や建物が配置され、景観変化も多様なので、ロケ・スポットが数多く存在する。

都大路(みやこおおじ)に模されることもある白砂の「参道」や、京都もののサスペンス・ドラマでもおなじみの「二王門」。その二王門を遠景にして艶(あで)やかさを見せる「中門」や、江戸市中の景観演出にもってこいの「観音堂周辺」。それに、城内や大名屋敷内の場面撮影に活用されることの多い「御室御所跡」や、遠景でも近景でも画面映えのする「五重塔」などなど、撮影された場所やモチーフは切りがない。

さらに仁和寺の魅力を高めているのが、季節の彩りのすばらしさだ。境内は桜と紅葉の名勝としても有名だが、とりわけ、中門内の西側一帯にある遅咲きの「御室桜(おむろざくら)」は、江戸期から「庶民の桜」として親しまれてきた。

テレビの人気時代劇『鬼平犯科帳』では、満開の御室桜越しに眺めた五重塔がエンディングを飾っていたが、仁和寺の紅葉の風情もまた格別で、こちらは『遠山の金さん』や『暴れん坊将軍』などで、真っ赤な紅葉透かしの五重塔を、何度か目にしたことがある。

真言宗御室派の総本山である仁和寺は、光孝天皇の発願(ほつがん)を宇多天皇が引き継ぎ、886(仁和2)年に金堂が落成。このときの元号がそのまま寺名とされたが、譲位後の宇多天皇が法皇となって出家し、仁和寺に室(僧坊)を設けたことから、「御室」の呼称が興った。

創建から鎌倉初期まで興隆(こうりゅう)がつづいたが、たびたび火災と復興をくりかえし、応仁の乱では全山が炎上。江戸初期に第三代将軍・徳川家光の支援で再興されたが、現在の五重塔も同時期(寛永21年)に再建されたものだ。

重要文化財でもあるこの五重塔を初めて見たとき、彫刻的ともいえる端正な姿の美しさに、しばし心を奪われた。と同時に、妙に懐かしい既視感を覚えたのは、やはり、映像を媒介としたイメージが、いつしか脳裏に刷り込まれていたからだろう。

醍醐寺・東寺・法観寺の五重塔と並び、近世の五重塔を代表する名塔である。

仁和寺界隈をのんびり散策

和食堂 梵

わしょくどう ぼん

仁和寺の宿坊内にある食事処。京都の老舗湯葉店の大きな生湯葉がのった「ゆば丼」は、梅干しとワサビ、そこへ温泉卵を混ぜていただくと、上品な湯葉の風味にまろやかさが加わり、より印象深い味に。

甘めでコクのあるタレがたっぷりかかった「ゆば丼/850円」。ボリュームがあり食べ応え十分です

写真

いっぷく茶屋

いっぷくぢゃや

ご主人が仁和寺の桜守を務めていることから、メニューには、桜にちなんだデザートがラインナップ。丸みを帯びて咲く御室桜や黄緑色の花をつける御衣黄(ぎょいこう)という八重桜をモチーフにしたアイス、桜団子などの甘味が楽しめます。

抹茶シフォンケーキの上に、香りがさわやかでほどよい甘さの桜アイスがのった「おむろ桜/600円」

  • 9時~17時(L.O.)
    木曜(祝日を除く)・12/28(月)~1/1(祝・金)休業
  • 075-462-8296
  • 嵐電(京福)御室仁和寺駅下車 北へすぐ
写真

佐近

さこん

京料理とフレンチの両方が楽しめる和洋折衷のコースが人気。月替わりで、京野菜や旬の魚介類がふんだんに使われます。店内から仁和寺の二王門が一望できるのも魅力。

メーン・八寸・お造りなど、魚介類が中心の「さくらコース/4,600円」は全7品。季節のご飯も楽しみ

  • 11時30分~14時30分(L.O.)
    17時~20時30分(L.O.)
    水曜(祝日を除く)・12/25(金)~1/1(祝・金)休業
  • 075-463-5582
  • www.sakon-kyoto.com
  • 嵐電(京福)御室仁和寺駅下車 北へすぐ
写真
制作:2009年11月
価格・営業時間・電話番号等が変更される場合がありますので、
おでかけ時には、ご確認くださいますようお願い申し上げます。
バックナンバー
シリーズ15 清水寺 三重塔
シリーズ14 比叡山延暦寺 根本如法塔
シリーズ13 宝塔寺 多宝塔
シリーズ12 四天王寺 五重塔
シリーズ11 三室戸寺 三重塔
シリーズ10 大覚寺 多宝塔
シリーズ9 真如堂 三重塔
シリーズ8 浮島十三重石塔
シリーズ7 仁和寺 五重塔
シリーズ6 比叡山延暦寺 法華総持院東塔
シリーズ5 醍醐寺 五重塔
シリーズ4 石清水八幡宮五輪塔
シリーズ3 法観寺の八坂の塔
シリーズ2 石山寺の多宝塔
シリーズ1 東寺の五重塔
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ