沿線おでかけ情報

京都ツウのススメ

第百四十二回 京の社寺と動物

社寺ゆかりの動物京都の社寺にはいろいろな動物の石像やお守りなどがあります。その動物たちの意味を、らくたびの田中昭美さんが説明します。

基礎知識

其の一、

古来より、自然界には様々な神仏が存在すると考えられていました

其の二、

人々は、動物や空想上の生き物も神仏の使いとして見るようになりました

其の三、

社寺によって、まつられる動物や意味が異なります

神社や寺院にいる動物は神仏の使い

古来、自然の中に神様の存在を感じてきた日本人は、動物や空想上の生き物たちを神仏の使いとし、神仏の気持ちを代行すると考えていました。例えば、稲作文化が定着して行く中で、穀物を食い荒らす鼠(ねずみ)を食べる狐が稲の神(=稲荷大明神)の使いとなったという説があります。また、禅宗寺院の法堂の天井に描かれている龍は、釈迦が生まれた時や悟りを開いた時に龍が駆け付けたと伝わることから、仏教の守護獣とされています。

様々な形で社寺を守る動物たち

社寺には多くの動物がまつられており、魔除けとして入り口や本殿・本堂の脇に置かれる狛犬、狛鳩(こまばと)、狛猪(こまいのしし)などが代表的です。動物をモチーフにした像・お守り・お札などもあり、いろいろな形で社寺を守り続けています。まつられている動物の意味を知ると、社寺参拝がもっと楽しくなりそうです。

由来になるほど!社寺と動物の深いつながり

由来になるほど!社寺と動物の深いつながり

この神社・寺院にはなぜこの動物が?その理由を知ると社寺参拝がより面白くなります。

妙心寺 [右京区] 建仁寺 [東山区] 貴船神社 [左京区] などの龍

禅寺の多くでは、法堂(はっとう)の天井に龍が描かれています。龍は仏教を守護する異教8種の神・八部衆(はちぶしゅう)のひとりで龍神とも呼ばれ、法の雨〈仏教の教え〉を降らすと言われています。また、龍神は水を司ることから「火災から守る」というご利益があり、水神として神社でもまつられています。

妙心寺妙心寺

北野天満宮 [上京区] の牛

祭神・菅原道真が丑(うし)年生まれで、丑の月・丑の日に亡くなったことが理由のひとつです。また、道真が九州の太宰府へ向かう際に乗っていた牛が刺客から守ったなどの説があり、ゆかりの深い動物です。

北野天満宮

伏見稲荷大社 [伏見区] の狐

稲荷大明神の使いである狐は、野山の狐ではなく、目には見えない存在であるため白〈透明〉の白狐(びゃっこ)です。

伏見稲荷大社

檀王法林寺 (だんのうほうりんじ) [左京区] の猫

古くからまつられている主夜神(しゅやじん)の使いが猫。江戸時代中期に作られた右手を挙げた黒い招き猫が有名です。

ここがツウ

社寺に置かれた招き猫としては最古のものと伝えられています

檀王法林寺

石清水八幡宮 [八幡市] 三宅八幡宮 [左京区] の鳩

宇佐八幡宮(現・大分県の宇佐神宮)の八幡神を全国にまつる際、白い鳩が使者の道案内をしたと言われることから神の使いに。

三宅八幡宮三宅八幡宮

新熊野神社 (いまくまのじんじゃ) [東山区] 熊野神社 [左京区]
熊野若王子神社 (にゃくおうじじんじゃ) [左京区] の烏

平安時代に紀州(現・和歌山県)の熊野大神を勧進して創建。神武天皇の道案内をした3本足の八咫烏(やたがらす)は、全国にある熊野神社に関係する神社の御神鳥です。

狸谷山不動院 (たぬきだにさんふどういん) [左京区] の狸

平安京造営の際、北東の鬼門守護として一乗寺村の狸谷に創建された寺。参拝者たちが、地名や本尊の咤怒鬼(たぬき)不動明王にちなんで狸の置き物を置いていきました。

ここがツウ

狸の置き物は、願掛けのために、また、願いが叶ったお礼として置かれ、増えていきました

狸谷山不動院

藤森神社 [伏見区] の馬

菖蒲(しょうぶ)の節句発祥と言われる神社。“勝負”にかけて勝ち運と馬の神様として親しまれ、馬の神事である駈馬(かけうま)神事も行われています。

藤森神社

鞍馬寺 [左京区] の虎

鞍馬寺を開山した鑑真(がんじん)の高弟・鑑禎(がんてい)が、寅(とら)の年・寅の月・寅の日・寅の時刻に鞍馬山にたどり着いたことや、本尊の毘沙門天の使いが虎であることに由来します。

鞍馬寺

護王神社 (ごおうじんじゃ) [上京区] の猪

平安京遷都に尽力した和気清麻呂(わけのきよまろ)を祭神とする神社。天皇の位を奪おうとした僧・道鏡(どうきょう)のたくらみを阻止した清麻呂が、道鏡に足を切られるも猪の守護で歩けるようになった故事にちなみます。

ここがツウ

猪を使いとする摩利支天(まりしてん)をまつる建仁寺の塔頭・禅居庵(ぜんきょあん)も猪の寺として知ら れています

※由来には諸説あります

護王神社

制作:2020年2月
バックナンバー
第百四十二回 京の社寺と動物
第百四十一回 鳥居(とりい)
第百四十回 冬の食べ物
第百三十九回 能・狂言と京都
第百三十八回 京都と様々な物の供養
第百三十六回 京都とビール
第百三十五回 京都と鬼門(きもん)
第百三十四回 精進料理
第百三十三回 明治時代の京の町
第百三十二回 皇室ゆかりの建物
第百三十一回 京の調味料
第百三十回 高瀬川
第百二十九回 蹴鞠
第百二十八回 歌舞伎
第百二十七回 京都に残るお屋敷
第百二十六回 京の仏像 [スペシャル版]
第百二十五回 京の学校
第百二十四回 京の六地蔵めぐり
第百二十三回 京の七不思議<通り編>
第百二十二回 京都とフランス
第百二十一回 京の石仏
第百二十回 京の襖絵(ふすまえ)
第百十九回 生き物由来の地名
第百十八回 京都の路面電車
第百十七回 神様への願いを込めて奉納
第百十六回 京の歴食
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • 京阪沿線って?
  • K PRESSプレゼント
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 「京阪沿線ぶらり巡礼」歴史講座
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪電車公式LINE
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ