沿線おでかけ情報

京都ツウのススメ

第百十一回 京の鵜飼(うかい)

夏の夜を楽しむ鵜飼 夏の訪れを告げる風物詩・鵜飼の見どころをらくたびの山村純也さんが紹介します。

基礎知識

其の一、

鵜飼は古代から行われている川魚を捕る方法です

其の二、

平安時代には、宇治川・桂川で鮎漁として村人たちが鵜飼を行っていました

其の三、

平安時代、清和天皇が嵐山の大堰(おおい)川で貴族の舟遊びとして鵜飼を始めました

村人の漁から王朝人の風流な楽しみに

鵜飼は、川での漁法のひとつです。平安時代の『蜻蛉(かげろう)日記』には、宇治川の鵜飼の様子が記され、嵐山の大堰川では、平安時代に清和天皇が、貴族の優雅な船遊びとして宮廷鵜飼を始めたと言われています。在原業平の「大堰川 うかべる舟のかがり火に をぐらの山も 名のみなりけり」という歌は、嵐山の鵜飼を詠んだものです。

鵜飼の復活と現在の様子

かつては全国各地で行われていた鵜飼ですが、江戸時代から明治時代にかけて、その多くが途絶えてしまいました。しかし、宇治川では1926(大正15)年に、嵐山では1950(昭和25)年に再興し、宇治川では全国でも珍しい女性鵜匠がいち早く登場。また日本で初めて海鵜(うみう)の人工ふ化に成功し、鵜匠によって育てられた鵜が毎年鵜飼デビューを果たしています。現在の鵜飼は夏のイベントショーとして行われ、伝統的な川漁を今に伝えています。

夏の風物詩 鵜飼

観覧船と鵜船の距離が近く、
臨場感たっぷりの鵜飼の見どころなどを写真とともに紹介します。

鵜飼とは?

水に潜って魚を捕る鵜の習性を利用した漁法。ひとりの鵜匠が紐につないだ5羽ほどの鵜を、船の上から巧みに操ります。鵜が魚を飲み込んだところで、鵜匠は紐を引き寄せ、鵜ののどにたまった魚を吐き出させます。

鵜飼
1観覧船
観客は船に乗ったまま、目の前を行き来する鵜飼の様子を楽しみます。乗合船と貸切船(要予約・飲食可)があります。
2かがり火
鵜船の舳先にかがり火を焚きます。かがり火は照明としてだけではなく、魚を驚かせておびき出す役割もあります。
3
鋭いくちばしと爪を持つ海鵜。鵜は魚のうろこが光に反射するのを見て水中に潜り、魚を捕らえます。
4とも乗り・中(なか)乗り
鵜船には、鵜匠のほかに、とも乗り・中乗りと呼ばれる2人の船頭が乗り込み、船を漕ぎ、櫂(かい)で船の縁をたたくなどして魚を驚かすなど鵜匠のサポートをします。
5鵜匠
伝統的な装束を身に付け、声をあげながら鵜を操ります。
6
鵜匠たちが乗る船で、鵜船(うぶね)と呼びます。

ここがツウ

宇治川の中洲・塔の島にある鵜小屋では、日中くつろぐ鵜の姿や、鵜匠が餌やりなどの世話をする様子も見ることができます

鵜匠(うしょう)

宇治川の鵜匠 澤木万理子さん

宇治川の鵜匠 澤木万理子さん

風折烏帽子(かざおれえぼし)
90cmほどの長さの藍染めの木綿生地を頭に巻き付け、かがり火から頭髪を守ります。
漁服・胸あて
藍染めの木綿の服を着ます。その上に火の粉から身を守る胸あてを付けます。
腰蓑(こしみの)
ワラを束ねたもので、水しぶきから身を守る防水と、体が冷えないようにする防寒の役割があります。

(う)

鵜

  • ・海鵜を鵜小屋で年中飼育し、シーズン前になると訓練をします。
  • ・ある大きさ以上の魚は 飲み込まないよう、のどに紐を巻いています。紐の巻き加減で捕る魚の大きさが決まり、小さい魚は飲み込ませます。

ここがツウ

宇治川では、人が飼育する環境では卵を産まないと言われていた海鵜の人工ふ化に全国で初めて成功しました(2014年以降毎年ふ化し、今年誕生した5羽を7/9(日)までの土・日曜に公開中)

平安王朝復元宮廷鵜飼

ここがツウ

嵐山で行われている鵜飼には、平安装束をまとった船頭が操る、華やかな王朝風に装飾された観覧船「平安王朝復元宮廷鵜飼」もあり、貴族になった気分で楽しめます

制作:2017年7月
バックナンバー
第百十六回 京の歴食
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • K PRESSプレゼント
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ