京都ツウのススメ

第百五回 京の門前菓子

[長年愛される社寺ゆかりの菓子] 門前菓子を食べるのも参拝の際の楽しみのひとつ。それぞれの菓子の由来をらくたびの森明子さんが紹介します。

基礎知識

其の一、
平安時代の菓子には、宮中などに献上するものと庶民が食べるものがありました
其の二、
社寺の参道などで売られる菓子を門前菓子と呼びます
其の三、
門前菓子には、それぞれの社寺の縁起やご利益などが込められています

門前菓子とは

門前菓子とは、神社や寺院のそばに店を構えて社寺と深い関係を持ち、参拝者がその場で食べたり土産にできる菓子のこと。平安時代、京都では菓子と言えば、宮中や公家、社寺などに納める貴重な上菓子と、庶民が日常的に食べる餅菓子がありました。その後、両方の菓子が門前菓子として売られ始め、誰もが気軽に食べられるようになりました。社寺が多い京都では、門前菓子を食べることのできる老舗和菓子店や茶屋がよく見られます。

門前菓子の由来

門前菓子の由来は様々です。例えば、伏見稲荷大社の「いなり煎餅」や三宅八幡宮の「鳩餅」は、神の使いとされる動物をモチーフにしています。また、「幽霊子育て飴」は、赤ん坊のために母親が幽霊となって飴を買いに来たという逸話が題材です。このようないわれを含め、門前菓子は社寺を訪れる楽しみのひとつとして長年愛されています。

[社寺の名物・門前菓子]京都には、社寺の参道で名物の門前菓子をいただける店が
多くあります。社寺と菓子にまつわる話を紹介します。

今宮神社とあぶり餅(もち)

スサノオノミコトがまつられている今宮神社。平安遷都後に流行した疫病や、災厄を鎮めるために創祀されました。名物のあぶり餅は、きな粉をまぶしたひと口大のお餅を、今宮神社に奉納された串に刺して炭火で焼いて白みそのタレをかけたもので、厄除けのご利益があるそうです。参道に2店舗あり、そのひとつの「一文字屋和輔(一和)」は創業約千年の日本最古の和菓子屋です。

あぶり餅

上賀茂神社とやきもち(京都市北区)

神山の頂きに賀茂別雷神(かもわけいかずちのかみ)が降臨し、その後に社殿が造営されたと伝わる上賀茂神社。参道にはやきもちを名物とする2店舗があり、「神馬堂」では粒あん入りの餅を鉄板で手焼きしています。正式名称は葵餅と言い、毎年5月に行われる葵祭などでも食べられていました。

やきもち

下鴨神社とみたらし団子(だんご)(京都市左京区)

平安時代以前からあると伝わる下鴨神社。境内にある糺(ただす)の森の御手洗池(みたらしいけ)に湧く水の泡をかたどって作られたのが「加茂みたらし本舗」のみたらし団子です。みたらし団子発祥の地としても知られています。

みたらし団子

鎌倉時代、後醍醐天皇が御手洗池の水をすくうと大きな泡がひとつ、続いて4つの泡が浮いたため、1番上の団子は少し隙間を空けて串に刺しています

ここがツウ

北野天満宮と長五郎餅(ちょうごろうもち)(京都市上京区)

学問の神様・菅原道真をまつる北野天満宮。平安京の北西の守り神として創建。厄除けや災難除けとして信仰されています。薄い餅皮にこしあんが入った長五郎餅は、1587(天正15)年に豊臣秀吉がこの地で催した北野大茶湯の際に出された菓子です。

長五郎餅

伏見稲荷大社といなり煎餅(せんべい)(京都市伏見区)

全国の稲荷神社の総本宮である伏見稲荷大社。境内には、神の使いであるキツネの石像が多くあります。「総本家いなりや」のいなり煎餅は、鳥居の上をキツネが跳ねている柄で、生地には白みそとゴマが入っています。

いなり煎餅

いなり煎餅と同じ材料で作るきつね煎餅は、伏見稲荷大社御鎮座1300年祭のお供え物に選ばれ、縁起物としてご利益があると言われています

きつね煎餅

ここがツウ

西本願寺と松風(まつかぜ)(京都市下京区)

“お西さん”の名で親しまれる、浄土真宗本願寺派の本山・西本願寺。松風は、小麦粉や砂糖、麦芽飴に白みそを合わせて焼き上げた菓子です。1570(元亀元)年から11年間続いた織田信長と石山本願寺の合戦の中で、「亀屋陸奥」の三代目が顕如上人(けんにょしょうにん)に献上したという菓子が由来です。

松風

この菓子は合戦の際に食料とされ、信長との和睦に力を注いだ顕如上人が詠んだ歌から松風と名付けられたと伝わります

ここがツウ

制作:2017年1月
バックナンバー
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ