京都ツウのススメ

第百四回 京の通り名

[東西南北に交差する京の道と通り名ばなし] 平安時代より続く京の通り名。京の通り名にまつわる話をらくたびの若村亮さんがご紹介します。

京の通り名の基礎知識

其の一、
平安京の条坊制により東西南北に交差する大路(おおじ)・小路(こうじ)が造られました
其の二、
通り沿いの特徴などから付けられた通り名が多く残ります
其の三、
京都には通り名を使って場所を表す文化があります

東西南北に交差する京都の通り

794(延暦13)年に平安京を都とした桓武天皇は、中国・唐の長安に倣い「条坊制」と呼ばれる都市計画を実行しました。都を東西・南北に真っ直ぐ延びる大路と小路で区切って区画化。東西方向には13 本の大路と26 本の小路、南北方向には中央の朱雀大路を中心に11 本の大路と22 本の小路が設けられ、京都の特徴となる碁盤の目のような町並みが築かれました。

通り名の由来

京都の市街地を走る通りの名前は、平安時代からありましたが庶民には浸透せず、後に名を変えてから知られるようになりました。例えば、寺町通(旧・東京極大路)は豊臣秀吉の都市改造で多くの寺院がこの通りの東側に移築されたことからこう呼ばれ、中立売通(旧・正親町小路)は店を構えない商人たちが立ち売りをしていたからだと言われています。このように、その当時の町の状況や様子などを通り名に取り入れることが多かったようです。

[京の通り名の秘密と法則を探る]京都市街の通りに付けられた名称の歴史や由来を紹介します。

1 通り名の由来

時代の移り変わりと様々な要因により、
庶民が覚えやすい通り名が付けられました。

  • [釜座(かまんざ)通]梵鐘や茶釜の鋳造を行っていた三条釜座があり、今も大西家と言う最も古い釜師が仕事を続けています。
  • [上長者町(かみちょうじゃまち)通]江戸時代より貨幣を取引する長者、すなわち裕福な両替商人の邸宅が立ち並んでいました。
  • [千本(せんぼん)通]葬送地・蓮台野(れんだいの)への道で、千本の卒塔婆(そとば)を立て供養したという言い伝えが残ります。
  • [黒門(くろもん)通]豊臣秀吉が築いた聚楽第の鉄門、別称「黒門」があったことから、この名が付いたと言われています。
  • [両替町(りょう がえ まち)徳川家康によって江戸時代に小判の製造をする金座が設けられ、金融関係の業者が軒を並べました。
御池通と交差する南北の通りの角

現在、御池通と交差する南北の通りの角には通り名やその由来を記した標識が設置されています

2 交差点名の法則

京都の交差点名は、「四条河原町」のように交わる2本の通り名を合わせたものが多いのが特徴です。
平安時代、公文書での通り名の記載順は東西の大路が先だったため、元々は交差点には東西の通り名が先に付けられていました。
その後、室町時代後期に経済力などの理由で町に優劣が生じ始めると、例えば三条通と河原町通が交差する所は、「河原町三条」というように、交差点の名前は有力な町が面する通りが先にくるようになりました。

市電の駅名を引き継ぐ京都市営バスの停留所名は、交差点名をそのまま使用しているものが多くあります

ここがツウ

河原町通周辺の地図

3 住所の表し方

京都では、住所も町名ではなく通りの名前で表し、北へ向かうことを「上る(あがる)」、南へは「下る(さがる)」、東へ向かうことを「東入(ひがしいる)」、西へは「西入(にしいる)」と言います。例えば、四条河原町の交差点から北へ行った場所の住所は「河原町通四条上る」と表し、この呼び方は京都独特の文化として今も残ります。

平安京の北側には天皇が住む内裏(だいり)がありました。そのため、北へ行くことを「上る」と言うようになったと伝わります

ここがツウ

4 通り名を歌にして覚える

京都には、昔から伝わる通り名を覚えるためのわらべ歌があります。
『丸竹夷(まるたけえびす)』は東西に延びる丸太町通から十条通までを歌い、『寺御幸(てらごこ)』は南北の寺町通から千本通を順に歌っています。京都では子供の頃にこれを教わり、通り名を覚える習慣があります。

通り名の歌は「地口歌(じぐちうた)」という、庶民の生活や遊びの中で口伝えで広まったもので、地域によって様々なものがあると言われています

ここがツウ

送り仮名は「上る」?「上ル」?

京都の住所では、通り名を○○通と表記し、送り仮名の「り」は道路標識以外には使いません。また、「上ル」と「下ル」は町名看板などで確認できますが、現在の公文書では平仮名を使った「上る」「下る」が使用されています。「東入」と「西入」は、送り仮名を振らないのが通例です。

明治時代から昭和初期にかけて付けられた町名看板

明治時代から昭和初期に
かけて付けられた町名看板

※由来には諸説あります

制作:2016年12月
バックナンバー
第百十五回 曲水の宴
第百十四回 大政奉還(たいせいほうかん)
第百十三回 パンと京都
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ