京都ツウのススメ

第百三回 御土居(おどい)

[京都を囲む大城壁・御土居] 戦乱で荒れ果てた京都を改造するために、豊臣秀吉が建設した御土居。巨大な城壁で洛中洛外の境界ともなった御土居をらくたびの山村純也さんが紹介します。

御土居の基礎知識

其の一、
豊臣秀吉が1591(天正19)年に築いた城壁です
其の二、
全長約23kmにわたり洛中を取り囲んでいました
其の三、
江戸時代以降、堤防の役割をする部分以外は取り壊されました

京都改造計画と御土居

天下統一後、豊臣秀吉は応仁の乱で荒れ果てた京都を再建するため、大規模な京都改造計画に取り組みました。御所の修復や政庁兼邸宅・聚楽第(じゅらくだい)の建設を行い、周辺に大名や公家の屋敷町と80もの寺院を集めた寺町を造りました。1591(天正19)年には京都を広範囲にわたって囲む巨大な城壁・御土居を築き上げ、その中に街を完成させました。

秀吉が築いた御土居とは

御土居は、敵の来襲に備えたり、鴨川の氾濫(はんらん)から京都の街を守るために築かれた台形の土塁と堀から成ります。約23kmに及び、東は鴨川、北は鷹ヶ峯、西は紙屋川、南は九条まで建築されました。土塁の内側を洛中、外側を洛外と呼び、要所には洛外との出入り口になる「七口(ななくち)」が設けられました。江戸時代に入ると洛外まで街が広がり、次第に御土居は堤防の役割を果たすもの以外は取り壊されていきました。現在、市内に残る御土居のうち、9カ所が史跡に指定されています。

[秀吉の都市改造計画 京の街を囲む 御土居]京都を大きく取り囲む土塁と堀でできた御土居。史跡として指定されている御土居を紹介します。

詳細

詳細

詳細

詳細

詳細

詳細

詳細

詳細

詳細

[北区紫竹上長目町・上堀川町]京都市内を1周する御土居造りには数万人が携わり、わずか4カ月で完成したと言われています
[北区大宮土居町]保存状態が最も良い約250mにわたって残る御土居。外側からのみの見学ですが、堀と土塁の構造がわかります。

[北区鷹峯旧土居町2]北西角に当たる場 所。名物「御土居餅」を売る和菓子屋・光悦堂で鍵を借りて中へ入ることもできます。
[北区鷹峯旧土居町3]御土居跡公園として整備されていて、土塁の頂上へ登るとその高さや大きさを確認できます。
[北区紫野土居町]住宅地の中に一部の土塁と石碑が残ります。
[北区平野鳥居前町]台形の土塁には芝生が植えられ、現存する中でも、はっきりと形状がわかる御土居です。また、御土居から出土した石仏がまつられています。
[上京区馬喰町]北野天満宮の境内西側を流れる紙屋川に沿って残る御土居。見晴らし台があり、御土居の完成時に植えられたと伝わるケヤキの大木が目印です。秋には約300本の紅葉も楽しめます。
[中京区西ノ京原町]御土居が神体となっている市五郎稲荷神社。土塁に接して社殿があり、鳥居の続く参道が堀の跡だと言われています。
[上京区北之辺町]廬山寺境内の東側に、御土居の一部が約50m残り、実際に登って見学できます。

土居町や鞍馬口町などの地名は、御土居と、京都各所へ通じた「七口」の名残です

ココがツウ

建設当時は堀を含んで「土居堀」と呼んでいましたが、江戸時代以降は土塁と竹林部分を指して「御土居」と言われるようになりました

ココがツウ

御土居の規模と構造

断面図で御土居を見ると、基礎部分の幅約20m、頂上部の幅と高さが約5mの台形状です。土塁の外側には堀があり、幅は約10m、深さ最大約4mと巨大であることがわかります。基盤となる土塁を作るための膨大な土をどこから調達したかは今も不明で、御土居からは多くの石仏が出土しています。また、御土居の上には美観のため、竹が植えられていました。

断面図

京都市内を1周する御土居造りには数万人が携わり、わずか4カ月で完成したと言われています

ココがツウ

制作:2016年11月
バックナンバー
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ