京都ツウのススメ

第九十七回 言いまわし・ことわざ

[京都発祥の雅な表現の世界] 歴史背景を知るとさらに興味深い、京都発祥の言いまわしやことわざの世界を、らくたびの田中昭美さんが紹介します。

京の鴨川の基礎知識

其の一、
教訓などを伝える巧みな表現を、言いまわしやことわざと呼びます
其の二、
言いまわしやことわざの中には、京都に由来するものがあります
其の三、
京都の長い歴史や出来事、人物がモチーフとなっています

京の歴史が生んだ言いまわしやことわざ

「埒(らち)があかない」「清水の舞台から飛び降りる」「玉の輿(こし)」など、日常会話でよく使われるこれらの言いまわしやことわざは、人に何かを伝える際、わかりやすくするために生活の知恵として例えを用いたことに始まります。かつて都であった京都には、歴史上の出来事や要人も多く、言いまわしやことわざが生まれやすかったと考えられます。社寺にゆかりのものや、当時の貴族や武家の社会、庶民の生活が垣間見えるものがあり、今も親しみをもって使われています。

日常会話にも頻繁に登場

「清水の舞台から飛び降りる」「弘法にも筆の誤り」などは小学校の教科書にも登場するなじみのある言葉。日常に起こった事柄を、ユニークかつわかりやすく伝える言葉として子供の頃から教えられています。また、京都特有の物事をストレートに言わないという気質は、京都発祥の言いまわしやことわざが多数あるということにも表れていると言えるでしょう。日頃よく使う言いまわしの中で、京都発祥のものをご紹介します。

京で生まれた言いまわし・ことわざ

堂々巡り
話し合いが前に進まないこと

清水寺では本堂の周りを繰り返し回るお百度参りが行われていました。お参りの際、何度も同じ場所を回ることから転じ、話が先に進まないという意味に。

ココがツウ!

本堂の側面には、真っ暗で辺りが見えない夜にお参りする際、目印とした傷が今も残っています

埒があかない
物事に決着がつかない様子

上賀茂神社では古くから競馬(くらべうま)という行事が行われています。この行事では敗者が勝者に苦情を申し立てるのが恒例で、その決着がつくまで「埒」と呼ばれる馬の通用門が開かないことからこの意味に。

弘法にも筆の誤り
どんな名人でも失敗することがある

今昔物語の中の逸話で、嵯峨天皇の命令で弘法大師が京の大内裏の応天門に掲げる額の字を書きました。流麗な字で「應天門」と記しましたが、「應」の字の点をひとつ書き忘れてしまいます。弘法のような書の名人でも書き誤ることがあるという意味。

ココがツウ!

後で間違いに気付いた弘法大師は、慌てることなく筆を額に投げつけ、足りなかった点を打ったと言われています

清水の舞台から飛び降りる
決死の覚悟で物事を実行すること

清水寺には高い崖に張り出して造られた、いわゆる「清水の舞台」があり、そこから飛び降りてけがをしなかったら望みが叶うと言われ、身を投げる者が絶えませんでした。それぐらいの覚悟を持って物事を実行するという意味。

後の祭り
時機を逃して手遅れになること

かつて祇園祭では、山鉾が華やかに巡行する「前(さき)の祭り」と、山鉾が少なく地味な「後の祭り」が行われていました。にぎやかさに欠ける後の祭りを見に行っても意味がない、時機を逃した、ということからこの意味に。

ここがツウ!

2014年、48年ぶりに「後祭」が復活し、今では華やかな山鉾巡行が行われています

玉の輿
女性が結婚して裕福になること

江戸時代初期、西陣の八百屋の娘・お玉(後の桂昌院)は、江戸城で侍女として仕えていたところを将軍・徳川家光に見初められ側室となりました。お玉が豪華な輿に乗る身分になったことから「玉の輿」という言葉が生まれました。

制作:2016年4月
バックナンバー
第百十二回 京に伝わる恋物語
第百十一回 鵜飼(うかい)
第百十回 扇子(せんす)
第百九回 京の社寺と山
第百八回 春の京菓子
第百七回 幻の京都
第百六回 京の家紋
第百五回 京の門前菓子
第百四回 京の通り名
第百三回 御土居(おどい)
第百二回 文学に描かれた京都
第百一回 重陽(ちょうよう)の節句
第百回 夏の京野菜
第九十九回 若冲と近世日本画
第九十八回 京の鍾馗さん
第九十七回 言いまわし・ことわざ
第九十六回 京の仏師
第九十五回 鴨川
第九十四回 京の梅
第九十三回 ご朱印
第九十二回 京の冬の食習慣
第九十一回 京の庭園
第九十回 琳派(りんぱ)
第八十九回 京の麩(ふ)
第八十八回 妖怪紀行
第八十七回 夏の京菓子
第八十六回 小野小町(おののこまち)と一族
第八十五回 新選組
第八十四回 京のお弁当
第八十三回 京都の湯
第八十二回 京の禅寺
第八十一回 京の落語
第八十回 義士ゆかりの地・山科
第七十九回 京の紅葉
第七十八回 京の漫画
第七十七回 京の井戸
第七十六回 京のお地蔵さん
第七十五回 京の名僧
第七十四回 京の別邸
第七十三回 糺(ただす)の森
第七十二回 京舞
第七十一回 香道
第七十回 天神さん
第六十九回 平安京
第六十八回 冬の京野菜
第六十七回 茶の湯(茶道)
第六十六回 京の女流文学
第六十五回 京の銭湯
第六十四回 京の離宮
第六十三回 京の町名
第六十二回 能・狂言
第六十一回 京の伝説
第六十回 京狩野派
第五十九回 京寿司
第五十八回 京のしきたり
第五十七回 百人一首
第五十六回 京の年末
第五十五回 いけばな
第五十四回 京の城
第五十三回 観月行事
第五十二回 京の塔
第五十一回 錦市場
第五十回 京の暖簾
第四十九回 大原女
第四十八回 京友禅
第四十七回 京のひな祭り
第四十六回 京料理
第四十五回 京の町家〈内観編〉
第四十四回 京の町家〈外観編〉
第四十三回 京都と映画
第四十二回 京の門
第四十一回 おばんざい
第四十回 京の焼きもの
第三十九回 京の七不思議
第三十八回 京の作庭家
第三十七回 室町文化
第三十六回 京都御所
第三十五回 京の通り
第三十四回 節分祭
第三十三回 京の七福神
第三十二回 京の狛犬
第三十一回 伏見の酒
第三十回 京ことば
第二十九回 京の文明開化
第二十八回 京の魔界
第二十七回 京の納涼床
第二十六回 夏越祓
第二十五回 葵祭
第二十四回 京の絵師
第二十三回 涅槃会
第二十二回 京のお漬物
第二十一回 京の幕末
第二十回 京の梵鐘
第十九回 京のお豆腐
第十八回 時代祭
第十七回 京の近代建築
第十六回 京のお盆行事
第十五回 京野菜
第十四回 京都の路地
第十三回 宇治茶
第十一回 京菓子の歴史
第十回 枯山水庭園の眺め方
第九回 京阪沿線 初詣ガイド
第八回 顔見世を楽しむ
第七回 特別拝観の楽しみ方
第六回 京都の着物
第五回 仏像の見方
第四回 送り火の神秘
第三回 祇園祭の楽しみ方
第二回 京の名水めぐり
第一回 池泉庭園の眺め方
  • おすすめ!
  • おでかけナビ
  • わが町自慢 京阪あの駅散策マップ
  • 京阪・文化フォーラム
  • 京阪沿線の情報をつぶやき中!
  • 京阪電車公式Facebook
  • 京阪電車公式Instagram
  • 京阪グループおトク情報
  • 他社線から京阪電車へ
  • おトクなチケット案内
  • 京阪グループ沿線の遠足・社会見学施設のご案内
  • ひらかたパーク
  • 京阪グループのホテル・レジャー予約
  • 比叡山へいこう!
  • アートエリア ビーワン

ページの先頭へ